1月16日 月曜 時々雪 旧暦 12月 19日
d0101846_07184316.jpg



d0101846_07190610.jpg
今朝も雪が断続的に降っている。
土日はみなが休みだからいいけど、ウィークデーに雪が降ると何かと気遣う。

昨日は一昨日よりも積雪があり、と、言っても10センチにも満たないけれども、孫っちたちがカマクラを作った。
そんなこと知らなくて、午後になって聞いて現場に行ってみたらもう崩れかけていたがまだ形は残っていた。
いいないいな、カマクラ。
大昔の小学生雑誌には、冬になると大概カマクラの中で火鉢を置き、お餅を焼いている写真や図が出て、いたく憧れたものだった。
こういった巣のようなものにひどく憧れた。
蟻の巣、というのも心を惹かれた。
果てはダンボールの中だとか、押入れの中だとかにも強い憧れがあった。

私は昨日真人間になり、洋裁をした。
あと、スラッシュポケットを付けて、袖口と裾をまつれば出来上がる。
すごくいい形。
出来上がるのが楽しみである。

[PR]
1月15日 日曜 晴れ 旧暦 12月18日
d0101846_19521437.png
今日も雪である。
うとうと寝過ぎてしまった。
夢を見ていた。久しぶりに一部覚えているが、明るい夢だった。

雪は昨日よりはサラサラである。

グウタラばかりもして居れないので、ストライプの生地の残りでもう一枚同じのを作った。
同じのが二枚あると制服のようで楽だ。
丈が短めだったのも日常に着るには、この方が便利。

注文しておいた型紙も届いたので昨日はあの濃紺の生地を裁断。
今日は縫い始めよう。
ほつれやすい織りの生地なので首回りやあちこち接着テープを貼ってから縫い始めよう。

雪の日にストーブが焚かれている暖かい部屋で猫は眠り、人はまったりとビデオを見て過ごす日曜日、これも有り難きことなり的。


[PR]
1月14日 土曜 雪 旧暦 12月17日
d0101846_07011860.jpg

月満ちて夜半に初雪が降り積もる、、なんて様をスラスラ句なり歌に出来ればよいなぁ、と残念である。
ちなみに最近、「カササギの渡せる橋に置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける」というのが気持ちにピタリくる。
夜は更けているのである。

雪の写真を撮って部屋に帰ってきたら、珈琲の香りが満ちていた。

しばらく注視していなかった自分の手のひらの手相を見てみると、動きがあった。
手相というのは、大きな配置は変わらないが、支線は伸びたり消えたりするので、自分の人生は自分で占う。
生命線が先の方で切り替わっている。
切れたのかと思ったけれども、同じ太さで1ミリほど横に伸びている。
これは自分なりに解釈すると新しいステージに入る、、そういうお告げのような気がするし、右人差し指の下あたりに前にも増してたくさんの井桁と星が浮かび上がって来ているので、これは吉兆だと見る。

[PR]
1月13日 金曜 曇り 旧暦 12月16日
d0101846_07180478.jpg
あきませんがな、やめられない止まらないのXファイルよ。
ずるずるに観てしまって、罪悪感でいっぱいよ。どうするのこんな自堕落なことしてて、って思ってしまうのは何故だ。
いいのだいいのだ、観たければ観たらよいではないか。しかし目が疲れたり、気味の悪い音楽で頭が疲れるから程々にしとかなきゃね。

モルダーとスカリーというキャラが好きで、デイビッド ディカヴニーとジリアンアンダーソンがスキ。
ちょっと古臭いところがまたいい。
なにせもう20年前のものだもんね。
ドラマの中に出てくるパソコンやら電話が古いのよ。
初期の携帯って、今の電話機の子機より大きいの。

話の内容は少年マガジンの読み物みたいな不思議話が多いのだけど、深く詮索しないで娯楽として観ていきましょう。

そうそう、昨日見た「タトゥ」ってのに麦角(バッカク)というのが出てきた。
ライ麦などの稲科植物に出来る菌らしいのだが、何か大変危ないものらしい。
知らなかったなぁそれ。
もしこんなのが大量発生したらば大変なことになるよ。





[PR]
1月12日 木曜 晴れ 旧暦 12月15日
d0101846_07282389.jpg
冬ってこのくらい寒くないと冬じゃないよね。
キリッと引き締まってよいのだけれども、キッと冠状動脈なども縮みあがってる感じで、ヘタすると儚い命になるやもしれぬ。

なぁんてことも無いとは思うが無きにしもあらずなお年頃。
気をつけませう。

というようなことは置いておいて、また新しい生地を買ったのでルンルンな気分。
濃紺なのだが、一見、黒に見える。
おもしろい織りの生地。
分厚く見えるが、透かすとスキスキで割と薄い生地ね。
素材はウール、、だと思う。
これでね、長袖のゆったりしたワンピースを作っておこうと思って。
リトルブラックドレスじゃなく、ビッグブラックドレスってのをイメージしてる。
ちょいフォーマルを狙ってる。
今回型紙を購入。
届いたらまたご紹介。


[PR]
1月11日 水曜 曇り 旧暦 12月14日
d0101846_07504971.jpg
やっと注文していたものが届く。
真ん中のノートが、180度パカっと開く文庫本サイズのノート。
MD ノート 文庫 無罫 というもの。
今年は、マイブックと並行して使ってみよう。良ければ来年からこれに変えようかな。
厚みはマイブックよりやや薄い。
書き味がウリのようだが、試してみましょう。
(値段が比較して高いのが欠点)

右端の、この前100円ショップで見つけた。
バッグに入れておく軽い筆記道具が欲しかった。
これ、カバーがジップロックになっててモノが入れられる。こういうのって何かと便利。
それと、ジップロックと手帳の間の隙間にもちょっとしたものが挟める構造になっている。
おちゃらけたカバーが付いていたのを外し、適当な模様紙を入れてみた。
小銭も入れられるので、コンビニに行くときなんか財布がわりにいいかも。

電子機器は便利だけど何もかもでなしに、紙のものとも並行していく。


[PR]
1月10日 火曜 晴れ 旧暦 12月13日
d0101846_07544973.jpg
正月も一段落したね。
月も十三夜。


iPadのアプリに最初から付いてるiBooksというので見つけた昔の童話本。
「目で楽しむ日本の古典」というとこに入っていた。
無料本であるというのがなんともうれしい。

国会図書館のデジタルライブラリーに入っているものかな。
試しに二本ダウンロードしたが、絵も文もおもしろい。
国会図書館のデジタルライブラリーって面白いものがあるけど、なんだか見にくくって、目が疲れたりするんだけど、こういう形になってるととても見やすい。

しかし、電子書籍のことはあまり詳しくない。iBooksとKindleとはまた違うのよね。?
KindleってGoogleのなかまだったっけ??
というようなことで、今Kindleのアプリは入れてないのだが、
あれ?、Amazonprimeのサービスの1ヶ月に一冊無料で読めるってのはKindleを使うんだっけ、、と、
世の中はどんどん便利だけれども複雑になっていくズラ。

iPadを新しくしてから佐野洋子の本をこれで買って読んだが、慣れると、紙の本より明るくて字も大きいので読みやすい。


[PR]