光ねこ

3月21日  土  晴れ   旧暦2月2日    春分 すずめはじめてすくう
d0101846_07012623.jpg
春の朝って雀の鳴き声で始まる、ということをこの地に来てから知ったのであったっけ。もう40年も前のことになるが。。
その頃まだ、家の前の楠はそんなに大きくはなかった。

しゃて、読みたい本はたくさん積んであるし、庭の手入れもやりたいは、服も作りたいわで、気持は忙しい。
そんなわけで、庭にはびこった蔦の根を引っこ抜くという単純作業をユーチューブの歴史講座などをiPadで聞きながらやっていると、意外にはかどるのだ。

それで、歴史のことは南北朝に行ったり、藤原氏に行ったり、聖徳太子、水軍、なんてのにバラバラに攻めて行っているのだが、非常に絡まった糸の先には、シュメールだとか、エジプト、イスラエル、もっと言えばエイリアン、爬虫類人、とどう繫がって行くのかというのを見据えて、糸の絡みをほぐしたいわけ。

で、その不思議の一つの象徴がアークと三種の神器なんだけどね、
アークなんて言っても、三年前の私なら、なんですかそれ?だったんだけど、ざっと言えば三種の神器を入れた御神輿みたいな箱のことね。
それが剣山に隠されてるだとか、ちょっとそういうマニアックな人の間では有名な話なんだけれど、そんな何千年前のものかわからないものの何がいったい大事なのか?ということが、訳が分らなかったんだけど、だんだん分ってきた。
アーク、契約の箱とかも言われているけど、あれは、超古代のスーパーハイテクノロジーで、放射能兵器のようなもの。プラズマ兵器とも言える。ということがだんだん見えてきたってことね。
近寄った人はみな血反吐を吐いて死ぬんだって。それで、それに近寄っても平気な人、というか人種?そのへんのことはまだよくわからないが、そういう特別の人がいるらしいのよね。

あ、ちょっと夢の話っぽくなってきたね、夢じゃないよ。ほほ。






[PR]
by daikatoti | 2015-03-21 07:36 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード