猫のいる家

1月10日 水曜 晴れ 旧暦 11月24日
d0101846_20535994.jpeg
北側の家の壁に朝日が反射して 北の窓から朱い光が差し込んでくる。
そうそう、この時期の光。

今日は じゃっかん睡眠が乱れた。いつもより起きるのが遅かった。



d0101846_20540941.jpeg

図書館で借りた、この本がよかった。

「猫ヲ読ム」というタイトルで、ハガキくらいの大きさの小さな本。
文筆家・漫画家が綴る、ネコセトラ というふうにまとめてある。
去年の末に出たばかりの本かな。

d0101846_20542522.jpeg

1ページめくるたびにこういう絵と共に二、三行の猫に関する文が紹介されてて、
電車の中やカフェで読むと、つい、ムハハ、だとか、ククククク、とかググっ、とかいうのどで笑う声が出てしまいそうなので注意がいるかも。

猫好きの人にはとても楽しめる本であります。

絵がいいよね。猫のことが大好きな人が描いたことがわかる絵。



:この本からの拾い言葉 (小池真理子)

猫のいる家というのは不思議なことに特有の気配があるものだ。


(その解説として)

家の中のどこかで猫がぐっすりと眠りこけているというだけで
家全体が暖かく、豊かに息づいて感じられる。




by daikatoti | 2018-01-10 07:32 | 日々のこと | Comments(16)
Commented by buribushi at 2018-01-10 07:49
猫ひとつ居ればほのかにあたたかき家よと思ひ日暮れを帰る

と、いうのは遠い昔の私の歌です。
Commented by naco at 2018-01-10 08:54 x
おはようございます(^ ^)
あ〜〜いいですね、この本♬ 手元に置いて時折読むのにちょうどいい!
ポチッとしちゃおうww
ご紹介ありがとうございます(*^^*)
Commented by pikorin77jp at 2018-01-10 09:51
この本のイラストtoti さんのイラストかと思いました。
今日の写真もいいですね! 猫がいる家、のイメージにぴったりです。
Commented by m_nonohana at 2018-01-10 10:05
猫のいる家。
totiさんちじゃね。

イラスト。
猫さんのしぐさ。
ほんと、どれもこれも、猫さんの日常じゃ。
Commented by 19510909 at 2018-01-10 11:18
自分以外に命あるものが…
とてもホッコリさせていただきました。
Commented by 19510909 at 2018-01-10 11:26
Amazonさんで、さっそくポチッと(笑)
アメリカの古着屋さんの香りとともに!
Commented by daikatoti at 2018-01-11 08:02
★すばるさん
すごい、そのものズバリで、絵になりそうな光景ですね。
猫はいいですね。
猫と一緒に暮らしていけるってことなら何年何百年でも生きられそうですよ。
退屈しないで。
Commented by daikatoti at 2018-01-11 08:04
★nacoさん
絵がページごとに描いてあるから絵本ですね。
すぐ読めちゃったで読み残しがないか探してます。
Commented by daikatoti at 2018-01-11 08:06
★pikorinさん
いやはや、とてもとても^^
この絵は柔らかくてほんといいです。猫の特徴がよく描けてます。
家に猫がいないと、、やっぱり何か足りない感がしますね。
Commented by daikatoti at 2018-01-11 08:08
★nonohanaさん
猫が居ないとすると、、随分味気ない、と思うよ。
猫が居てこそ。
って割には猫とは素っ気ない関係かもしれないけど、猫の方も素っ気ないので、そういうところが相性がいいというか^^
Commented by daikatoti at 2018-01-11 08:10
★1951さん
夜原稿書いてて、自分を信頼して身を寄せてくれている動物の一家が部屋の隅にいるだけで、なにか暖かいものを感じるってのもありました。
猫っていいです。動物だもん。
Commented by daikatoti at 2018-01-11 08:10
★1951さん
気にいるといいですね。
Commented by buribushi at 2018-01-11 09:26
今年はもうポチッと本を買わない。という新年の誓い?を早くも破り、「猫ヲ読ム」注文してしまいましたがな。
図書館へ行くのには、長岡駅までバス(片道440円)、乗り換えて図書館までバス(片道200何十円)。コウキ高齢者のご機嫌見て足をたのむか。ポチを恃むか。と、いうことになるわけです。
ねこには弱い。自分を許す。
くろりちゃん、そこへどうやって上がったの?
Commented by daikatoti at 2018-01-11 15:42
★すばるさん
がまんしたり辛抱したりは体に悪いですよ^^
気に入っていただけるといいのですが。

図書館遠いですね。交通費も掛かるとちょっと考えますね。

くろりちゃんのここへ登る方法は、左のテーブルから飛び上がるか、直で垂直飛びに飛び上がるかです。

猫が宙を舞ってる家で困ってますよ。
カーテンレールの上も歩いてる人がいるし。。
Commented by koro49 at 2018-01-12 15:33
あら、楽しそうな本♪
で、表紙も好き。
ネコちゃん飼いたくなるな^^;

↑冷蔵庫やら食器棚やらうごかしたんですね。
左肩がいけないから、今の私には無理っす。・・・orz
ま、箸が持てたら万歳ってことで(*^^)v
Commented by daikatoti at 2018-01-12 19:38
★koroさん
大人の為の猫好き絵本、あるある猫ってそうだよねー ってふうな本^^

うん、動かした。
動かそうと思わないと動かせないと思う。
もう一回やれと言われても やれないだろうな。
koroさん、肩やら、歯やら悪くてたいへんだ。
koroさんの肩や歯が早く治るといいな。
私の脚はずいぶんよくなった。
年取るともうこれ治らないのかな、と思ったんだけど、案外治るもんだなぁって。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード