ル・コルビュジエ

d0101846_7472289.jpg

先日、図書館で何げなく手に取った本の1ページ。
ル・コルビュジエ  フランスの建築家 一度テレビで見たくらいの知識しかないが、
この写真を見ていると、楽しい気分になる。 なんて、楽しそうに造った家だろう。
真ん中の家がそうなのだが、元来こういうタイプの家は好きではないはずなのだが、
この家は、見ていると、ここで営まれる生活の様をあれこれ想像してしまう。
真ん中のバルコニーのようなもの、また、それについているドア、窓のとりかた、それらがみな
抜群のバランス感覚で考えられてある。
この家のこのショットが、一枚の抽象画のようだ。
モダンでありながら、両隣の古風な家ともよく合っている。

テレビで紹介されていたスイスレマン湖のほとりの「小さな家」というのも素晴らしい家だ。
[PR]
by daikatoti | 2007-10-08 08:07 | 今日の美しいもの | Comments(10)
Commented by dangobongo at 2007-10-08 11:49
これまた荻須高徳の絵のよう~~。
素敵ですぅ(素敵しかコメントできないこのおばか)、いや、素敵という言葉は封印して別の言葉で表現してみますねー。
ドアの上に窓があって、中から見るといいだろうなーって、繊細でもなく、あったかい感じ。くすんだガラスから外の寒空ながめてみたい。
Commented by EKreidolf at 2007-10-08 11:59
わたしもテレビみましたー。コルビュジェの哲学は突き詰めると日本の茶室、犬山の如庵などの建築にも通ずる、というところが面白かったです。コルビュジェの建てた教会なども、テレビでみただけですがすご~く好きです。その本にも載ってましたかしら?
Commented by LEFFIE at 2007-10-08 16:30
Villa Planeix ですね。このおうちのキッチンやちいさなタイルのバスルームも素敵。しばらく住んでみたい気持ちにさせる家ですね。
お隣に中華食堂もあるし・・・なぁんて。

ブログタイトル賞に一票、ありがとうございました !!!
Commented by daikatoti at 2007-10-08 18:35
ダンゴボさん  現在のこういうタイプの家はみな、元祖はこれなんですかねぇ。 これは家自体が何処から見ても絵になってます。どうです、ここにブライスを置くと似合いますよ~~どんなドレスがいいかな~
Commented by daikatoti at 2007-10-08 18:39
EKさん  う~ん茶室ですか、きっちり計算されつくし極められた空間
というとこですかナ  教会は載ってないですね。 「ル・コルビュジエ
パリ、白の時代」という本です。  テレビ、だいぶ前ですよね、美の巨人
だったのかな。
Commented by daikatoti at 2007-10-08 18:49
LEFFIEさん  さすがエッフェル塔!その小さなタイルのバスルームも
載っとります。隣は中華食堂なんですか!いいですね、

ブログタイトル賞、なんていってますが、じつは、LEFFIEさんが、ご休憩中に、「それがどうしたエッフェル塔」なんて、コメント欄で啖呵きってたんです。スイマセン・・・ でも、ほんとに人目を惹くステキなブログタイトルだとおもいますよ。  ブログサーフィンするとき、面白そうな、ブログタイトルのとこいっちゃいますものね。 なんだろうな、このブログ、とおもわせるタイトルです。
Commented by Nicole-ay at 2007-10-08 21:24
私も観ましたその番組。って今頃遅いですか?記憶力がこの頃・・・なのでうろ覚えですがあっさりした作りつけの家具のあるお部屋、居心地良さそうでした。あと、はっきりと印象に残っているのは光の取り入れ方。修道院の地下の礼拝室は外から見るとなんか暗そうな印象やったのにカメラが中に入ると天井近くから灯りがはいってきて心やすらぐ空間が広がってました。灯りで空間の雰囲気って決まるんやと改めて感じました
Commented by daikatoti at 2007-10-09 16:06
Nicoleさん、ふむ、その教会というの覚えていないですね、途中からみたのかもしれません。 そうです、光ですね、でも明るいだけじゃなく、
陰の部分もつくっているとこがすごいです。 よく似た現代住宅で、ぺらぺらに、どこもかしこも明るいというのは耐えられませんね。
Commented by oshibanayoshimi at 2007-10-10 22:00
 今朝早くのニュースで、上野のコルビュジェ設計の国立西洋美術館を世界文化遺産にと言ってましたね。
Commented by daikatoti at 2007-10-11 08:37
oshibanayoshimiさん  あれ、日本にもあったんですか、コルビジェの設計。 ワタシは住宅の建築物が好きで、公共の建物はさほど興味がわかないのです。住宅は世界遺産になりにくいですね、残念。いい住宅がどんどん取り壊される。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード