ももいろおさけ

d0101846_6204652.jpg

映画館で見そびれた「スウィーニー・トッド」のビデオを見る。
床屋のカミソリの話だから、こわいこわい。とても正視出来ない場面が多かったが、
女優のヘレナ・ボナム・カーターが、すごい迫力だった。私的には、ジョニーデップさまは、今回霞んでいたような・・(怖い場面をほとんど目隠ししていたせいかも)
ボナム・カーターさん、すごく老け込んだように見えたんだけど、あれは、特殊メイクなのかな。 そのきたならしく老け込んだところが、迫力だったんだけど。。ジョニーデップも、相変わらず、きたならしいのがお好きのようで。ほんとは、美男子なんだけど、あそこまでメイクで汚くするかって、いつも感心してしまう。
なにはともあれ、描かれたロンドンの街はステキだった。

※ 画像は去年仕込んだ「ゆすらうめ酒」


d0101846_23271683.jpg

[PR]
by daikatoti | 2008-06-29 06:34 | 今日の美しいもの | Comments(20)
Commented by mototyo at 2008-06-29 08:36 x
嗚呼、幸せそうな夢見ごこちの梅さんたち・・・。
ひどい雨だけどもうじき出かけなければ。 梅さんになりたい。
Commented by nobukoueda at 2008-06-29 08:43
いろっぽい ももいろおさけですねえ。
下の積み木いいねえ。そういえば、我が家にも古い積み木が
アトリエのこどもたちに絵をかてもらおうかしら・・・
Commented by mican-lingo at 2008-06-29 09:32
あぁ!「スウィーニー・トッド」 
先週見ました。ヘレナ・B・カーターさん、
「十二夜」の頃の初々しさもよかったが,
スウィーニートッドのど迫力もええわ。
登場人物のひとりひとりがそれぞれにそれらしくて、うれしかったです。
船員少年は完全に金子國義好みでしたね。
Commented by daikatoti at 2008-06-29 18:04
★motototさん あ〜いやな雨です。こういう日はお出かけなさったほうが気が晴れていいですよ。気晴らしにブックオフで買った本がまた暗かったぁ。。たまりましぇ〜んーー;
Commented by daikatoti at 2008-06-29 18:07
★nobukouedaさん  ええ色でしょう? 去年梅酒もつくったんやけど、結局そんなに飲めませんね。甘いし。。
あぁ、古い積み木、ぜひこういうふうにしてみられてはどうでしょう。用済みのが、大概ご家庭の隅に残ってるかも。
Commented by daikatoti at 2008-06-29 18:15
★micam-lingoさん  ご覧になりましたか。 このような赤い○がどばどば出まして気味悪かったですぅ。去年、血液センターに社会見学行ったんですが、あの臭いに気分が悪くなりました。 あんな(映画ですが)ことやってたら○の臭いが充満して、悪事はすぐ露呈するのではないか、リアリティがないわいと思いながら見てしまいましたぁ。 なに、金子國義ふう美少年とごらんになったというわけですね。 わたしゃ、パイレーツに出てくるクリスオドネルでしたっけ、あれの路線やなぁとおもいましたぞ。
Commented by ねじ at 2008-06-29 18:50 x
今日はしんどいので、明日見る予定になっとります(笑)
ドバっとゆうのぜんぜん平気でしたが・・・最近ちょっと弱くなった(ぷ)
覚悟しておきます・・・はい
Commented by mican-lingo at 2008-06-29 22:12
ああ、血の匂いのことなんか考えもいたしませんでした(鈍い私)
ねじさま
どぅあいじょうぶです。
CGってよく分かる鮮やかな血がどばああっっっと・・・。
Commented by カズミッシモ at 2008-06-30 00:50 x
積み木・・・古い物に描かれたのですね。どのように作られたのかなと考えていました。
映画なかなか行かないのですがもうすぐ「エリザベスゴールデンエージ」のDVDが借りられそうなので見ようと思います。最近見た「トスカーナの休日」はよかったけれど、「ミスポター」は今一でした。
 ハンニバル 程度なら見られますしレクターさんが好きですが、スイニートッドは、説明によると 怖そうでチョット勇気が出ません。
Commented by daikatoti at 2008-06-30 05:55
★ねじさん  かみそりというのが、たまに切ったことあるので、痛さが分かってるからナイフその他の凶器よりリアルやね。
なんか、こういう散髪屋さんを題材にした小説日本でもあったね、知ってる?  むか〜しむかしだけど、ドラマで、死にたくてたまらん男がいて、でも自分で死ぬのは勇気がなくて、散髪屋でひげ剃ってもらってるときに散髪屋を挑発して怒らせるのよ。そうして思いをとげるという話があったなぁ、散髪屋って怖いところだね(^^)

Commented by daikatoti at 2008-06-30 06:01
★mican-lingoさん ふっふっ。 ねじさんどぅあいじょうぶですってよ。こんど散髪屋」に行くときはお気をつけてね。
子供の小さい時近所にうまい散髪屋がいてね、そこへ連れていってたんだけど、そこのオヤジ、腕はいいんだけど、すごく怒りっぽいひとでね、最後にその店に行った時、散髪しながら奥さんを怒鳴り散らしてるのよ、カミソリもったままでね。。いくら腕がよくても怖いので止めましたわ。
Commented by daikatoti at 2008-06-30 06:07
★カズミッシモさん  あ、エリザベス・Gは映画館で見ました。
「トスカーナの休日」は知りませんでした、題名だけでよさそうな雰囲気ですね。 おやや、ハンニバルが見れたら、スウィーニートッドなんかぜんぜん大丈夫ですよ。なにせミュージカル仕立てですからね(^ ^)


Commented by ねじ at 2008-06-30 11:47 x
どぉ~も・・・mican-lingoさん・・・ぷぷ
ここに書き込むとイジラレキャラになるな(笑)・・・くわばら、くわばら

しらんかった・・・ミュージカル仕立て!!!?
こっちのほうが苦手かも!!(爆)
寝てしまうかもね・・・
Commented by daikatoti at 2008-06-30 16:28
★ねじさん うだうだいってないではよ見なさい。
新作やから2泊3日ちゃいますのん。
Commented by mican-lingo at 2008-06-30 21:57
え”、私、当日返却しましたわよ。
そう言えばミュージカルやったけど,違和感無かったですよね。
あ、ねじさん、多分お初なのに、ふざけたこと言うてごめんなさい。
エリザベス・Gはまだレンタル始まってないですよね。
Commented by ねじ at 2008-06-30 23:45 x
いま見終わりました・・・感想はちょっと微妙やな~?
ミュージカルも<どばっ!>も平気でしたけど・・・消化不良ぎみ(笑)

mican-lingoさん、いえいえ、totiさんに鍛えられてますし(ぷぷぷ)
ボクのほうこそワルノリしましたf.m.
ヘレナ・ボナム・カーター・・・<ヴァージン・フライト>が印象的でした個人的には・・・
血のりは、タイトルバックはCGですが本編部分は違うとおもいますよ(笑)
Commented by daikatoti at 2008-07-01 06:29
★mican-lingoさん そうそう、ミュージカルは違和感なしでした。
デップは自前の声だったらしいけど、ヘレナ・B・カーターも自声だったのかしら?うまいよね。  
エリザベスは映画館で鑑賞済み。 あれの拷問シーンのほうが過激でしたよ。(指の間からしか見てないけど)
Commented by daikatoti at 2008-07-01 06:36
★ねじさん じつはわたしも途中、あのイタリア人の散髪屋が殺されるシーンの間寝てしまっていたんです。 あんな衣装ケースに詰めてあとどうやって洗うんやとか、どうも所帯くさいことばっかり考えてしもうて、あきませんねぇ。。
タイトルバックの血のり、あれは、あまりに絵の具っぽかったね。ティムバートンのタイトルバックはいつも、最高によくできてるけど、こんどのはちょっと、、次の船のシーンに焦点を合わしたかな。
Commented by ねじ at 2008-07-01 10:21 x
<ナイトメアー・ビフォア・クリスマス>がベース?(雰囲気が)になっているんでしょうが
なんかテーマが中途半端に感じてしまいましたけど・・・
Commented by daikatoti at 2008-07-01 11:15
★ねじさん ボナム・カーターの演技はそれっぽかったですよね。
イエスイエス、そうですよね、あれだけの復習に駆り立てる動機の部分がイマイチ描ききれていなかったような・・それが中途半端に感じたのかな、 ただの、ホラーめいてましたけど、案外ティムバートンのは娯楽映画っぽいですから、そこまでは考えてないかなという諦めも。 ちょっと秋葉を連想しちゃいましたぁ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード