2017年 03月 31日 ( 1 )

3月31日 金曜 曇り
d0101846_08542657.jpg
妙齢の毎日ブログを更新している方がふいに現れなくなると、つい ああ、旅立たれたのでは、と勘ぐってしまうが、
大丈夫、またしても二度寝の刑である。春ということだろうか。

ツクシを胡麻油で炒めて甘辛く味付けしたのを韓国海苔の上にご飯を乗せた上に乗せて食べて見たら、すごく美味しかったので、もう一回作った。
ツクシを取る時は頭の開いてないのを取るといいよ。開いてくるとゴワゴワするからね。

ツクシは袴を取り去る作業が大変である。
水に漬けておいてぼちぼちやっても大丈夫。

ツクシの袴を取りながらのフーフの会話を載せておく

※ ※

さっきね、ゴミ捨てに行く前だけどさ、ふっと、そう言えば近所のあの人この頃顔見ないな、どうしてるかな、って思ってたんだよ。
それで、ゴミ捨てに行ったら、なんと

その人が居たっちゅうんやろ。
え〜〜ねぇ、思ったことがすぐ現実になるんやね~

わはは、そーなんよ。

そぉ言えばね、閻魔さんって知ってるよね。それについて面白い説があるんだわ。
死んだあと閻魔さんの前に連れて行かれて、お前は天国に行くか地獄に行くか決められるっていうじゃん、
それね、天国か地獄かってんじゃなくって、今言った 思ったことがすぐ現実になる、というのが関係してるんだわ。

閻魔さんはね、その人の魂の中に恐れや不安がどれだけ残っているか調べて、
残ってる人はもう一回生まれ直してやり直すんだって。
でないとね、不安や恐れのエネルギーが残っている魂が、思ったことがすぐに形になる次の次元に入ってしまったら、どんな騒動が持ち上がるか知れないじゃない。

だって現実に今、武器を作る競争をしたり、蓄財をして人を支配したりする人達って、心の底にみな恐怖心を持ってるからでしょう?

そういう人はみな閻魔さんにチェックされて上の次元には行けないようになってる、という説よ。

ね、すごく分かりやすいじゃない。納得よ。
ほら、佐野洋子の百万回生きた猫だって、最後は白猫に出会って、恋をして満足して生きて、そして二度と生き返らなかったっていうじゃない。
(この辺りは独り言ね。百万回生きた猫などご存知ないからね)


[PR]