2017年 07月 03日 ( 1 )

7月3日 月曜 晴れ 旧暦 閏5月10日
d0101846_06362017.jpg
意外に爽やかに晴れ上がった今朝であります。
湿度の方も少し収まったかな。

所々で垣間見るお弁当写真がすごく綺麗なので、自分もああいうふうにお弁当が作れたらなぁ、と。
どうも詰め方の要領が分からず、こんなふうが日常的なのである。

もっとカッコよくスタイリッシュに詰めることが出来るようになるだろうか。

いやまて、弁当は詰めて美しければいいというものでもなかろう。
美味しいというのが先ではないか。

華やかな路線を外して、出来ることなら茶色いお弁当の道を極めたい。
(今日のは茶色くはない)
焼き豆腐の煮たのとか椎茸の甘煮だとか、色が失せたようなインゲンの煮物とか、そういうのが入っていると好ましい。

どのようなものがお弁当に適したオカズなのか、そういうことも探求したい。

お弁当は子供が高校生の時に毎日作ってたはずだが、いったいどんなお弁当を作っていたのだろう。

お弁当を朝作っておくと、昼ごはんを作ることから解放される。
例えば洋裁などやっている時に、12時が近づくともう少しやってしまいたい、と、思えど、そこで中断されて、時間の使い方に無駄が出る。
お弁当があれば午前から午後にかけての時間がもっと自由に使えるではないか。

いつまで続くか分からないが、お弁当という選択、これはアリだな。

このお弁当のオカズは、獅子唐とトリの甘辛煮。
インゲンと人参の胡麻和え。
卵焼き。

獅子唐とインゲンは畑で採れたて。




[PR]