カテゴリ:猫( 49 )

4月26日 水曜 曇り 旧暦 4月1日
d0101846_07034319.jpg
いつも、こんなに寒かったっけ な 昼間はぬくいが朝晩冷え込む今年の気候。

なんなんですかね、テレビ見てるツレのいうことにゃ、
アッチ方面からナニカ飛んで来るのだという話題でもちきりらしいのですが。
まったくこちらにそんなニュース ミミに入ってこないので、そんなことは自分の現実にはないのだと、ノウテンキに猫と戯れて生きております。

今日はこれから雨になるのかなぁ。
カラカラに乾いてるので、歓迎の雨だわ。

子猫の名前は、3月3日に生まれた女のコってことで、
「ヒナちゃん」「やよいちゃん」「みみちゃん」
などが候補に上がっておりました。
ヒナちゃんってなんだか漫才師みたいだし、やよいちゃんもどこかで聞いた覚えのある名前だし、33のゾロ目がめでたい みみちゃん ということで みみちゃんです。
感じで書くと実々ちゃんかな。

書き忘れてますが、同じ日に生まれた三姉妹、全部貰い手決まり貰われて行ったというおめでたさ。
これはきっと、店の前に張り出されたポスターが、明るい波動に満ちていたのが良かったのだと思う。
人通りの多い所で目につきやすいというのもあるけどね。
「びっくり! 産まれてた」「私たち3月3日に生まれた三姉妹」「誰かもらって !」
ね、なんか明るいでしょう。ああもらいたいという気分になるよね。
因みに、みみちゃんのママは、人通りの多い道の郵便ポストの下で毎日うだうだ寝てるそうですよ。



d0101846_07035973.png
ぢろりがくろりを舐めてます。犬猿の仲だったのに !
「なかよくなるよね、なかよくなるよね」と唱えたからね^^
ぢろりちゃんも冷蔵庫の上から、戸棚の上に移動し、今はもう戸棚からも降りて、元どおりソファの背に座っておりますよ。




[PR]
4月23日 日曜 晴れ 旧暦 3月27日
d0101846_05551877.png
晴天なり。
早朝庭に出て見ると木香薔薇の枝が垂れ下がるのを掻き分けて、足を踏み入れると、そこは夢の庭。花盛りの森 ?

里山ガーデン

花粉になど負けてはいられぬ。
塩水で鼻うがいを決行したら、スッキリした。
そう難しくはないが実行するのはハードルが高い。
ポイントは塩水濃度が海水くらい。いや、もう少し薄くてもいいな。
それと温度が体温くらい。 これを間違えると鼻にツーンとくる。

目が悪いのになんで鼻洗い、というご意見もあろうかと思いますが、目も鼻もつながっておる。


さてまた猫であるが、毎日いろんな事が起きて面白くてしょうがない。
写真は、子猫が食事をしているスキに、こっそり後ろから匂いを嗅ぎ、身元調べの儀。
猫はこれで相手のことを判断するのだそうだ。
そして、これは身分の高いものからやらなければならない。
三日経って、ぢろりの方も慣れて来て、この儀式の後、急に心を開くようになった。

子猫の方も環境変化でか、ご飯をあまり食べなかったのだが、慣れてきて急に食欲が出て来た。
トイレ躾もよし。

くろりはすっかり親猫気分である。
なんと、クロネコヤマトのマークみたいに口にくわえて連れ歩くということまでする。
こんどこそ写真に撮ろう。

[PR]
4月21日 金曜 晴れ 旧暦 3月25日
d0101846_05323010.jpg
↑午前8時ごろの三匹の距離間

一昨日は、子猫を縁側に独りで置いたものだから、寂しがって泣いたんだけど、昨日の晩は、ソファーで猫仲間と寝られたので私もゆっくり寝ることができた。

さて、経緯を説明すると、家人の通勤路にある飲食店が世話してる猫ちゃん(これがクロリと同じ模様) が3月3日に子猫を産んだそうだ。
店の前のポスターに貼り出された写真を見て欲しい欲しい、もらいたいもらいたい、と言うので、なんだか子猫を飼ってもいいんでないか、という気に急になって、貰い受けることにした。
ここのうちに住んで最初に飼った猫がちょうどこんな猫だった。
一年余りで家出してしまったので、長い間心残りだったのだ。


d0101846_05415800.jpg
先住猫とうまくいくのか心配した。
特にクロりの方は、噛みつき猫である。小さな猫をガブっと噛んだらどうしようと心配したのだが、こういうことは蓋を開けてみなければわからない。
このとうり↑の優しい猫だった。 午後2時ごろ。
反対にヂロリの方は興味は示すものの、シャーシャー攻撃、チビ猫の方も気がきつくて、お互いシャーシャーしてる。
今日はもう慣れてきてるけどね。

だいたい新しい猫が来ると先住猫は1週間ほどは寄り付かないくらいなので、上々の収まり方であります。

d0101846_05473845.jpg
ひょえ~っ、かわいい〜な夜写真。


[PR]
4月20日 木曜 晴れ 旧暦 3月24日 穀雨
d0101846_05592163.jpg
d0101846_05562981.jpg
d0101846_06523013.jpg


ねむい、疲れた





[PR]
2月12日 日曜 晴れ 旧暦 1月16
d0101846_06552238.jpg
天気が悪かったので忘れていたが満月の日であった。
朝になっても西の空にくっきり浮かんでいる。
今の時間ならまだあるかもしれない。

そして、雪だったので映画は延期になった。
前に映画館を出たら急に大量の雪が積っていて、車をどこに停めたかわからなくなり、イオンの駐車場で遭難しかけたのだ。

去年の今日は、庭に住み着いていた野良猫のくろりちゃんが、野良のボス猫に追いかけられて檜の木に登ってしまい降りられなくなって、一晩木の股の所で凍えていた日だ。
高さとしては三階の窓くらい。
まっすぐの木だから足掛かりがなく降りられなかったのだ。
木の上から、悲しそうに、「降りたいよう降りたいよう」と泣く。
空にはカラスが狙っている。
あの時ほど地球の引力を思い知ったことはない。

結局、消防署のお世話になった。

それ以来、我が家のお猫さまとなって踏ん反りかえっている。
恩などケロリと忘れるところが猫のいいところである。



[PR]
1月4日 水曜 曇り 旧暦 12月7日
d0101846_08031506.jpg
性悪猫は、今朝、この場所からゲロリンをしたのである。

ったくもうっ。

お正月ももう四日となり、そろそろ気分を入れ替えなきゃね。

今年は健康管理が大事になってくると思う。
いかに心身ともに健康をキープできるかってとこね。
そう言えば、少しだけ来る旧知からの年賀状が、ほとんどすべて、お元気ですか?という文面で始まっていたのは、どういうこっちゃろう。
もうお互いに相手の無事を確認する年齢になったということだろうか。

お正月三日間はほんとうに穏やかな天気であったが、今日はちょっと冬型っぽいね。
さぁ気分を入れ替えよう。




[PR]
9月26日  月  曇り       旧暦 8月26日
d0101846_08013276.jpg


天気予報見ると、またまた晴れマークが姿を消してますね。
思えば自分も辛抱強くなりました。
これだけ曇りや雨が続くと前はたいへん滅入ってたんですけどね。

猫ちゃんにベッドを買い与えましたが、喜んで入ってたのは三日間くらいでした。
ぢろりちゃんの行き場がなくて困ってます。いぢめるんです、クロリが。




[PR]
8月17日  水  晴れ        旧暦 7月15日
d0101846_07070773.jpg
今日もどえりゃぁ暑い。
今夜は十五夜の月。蝉に変わって、虫の声が順調に聞こえ始めています。

d0101846_07111803.jpg
ソファの場所をクロリに奪われてしまった可哀相なぢろりちゃん。。
でもここの方が涼しいよね。

う〜む、今日も除湿なしでは過ごせませんのう。今日を限りとしてくださいませんかのう、この蒸し暑さ。




[PR]
8月7日  日  曇り        旧暦 7月5日
d0101846_06481365.jpg
今年の夏をやや見くびっておりましたが、やっぱり堪らん暑さ。
昨日は体温近くまで気温が上がったようです。
早めに寝て、目が覚めたら12時過ぎで、蝉がうるさく鳴いておりましたわ。
気温みたら29度でした。

猫は汗かかへんけど、どうやって体温調節してるんやろ。

それでも今年はまだ我が地方、最高気温ベスト3はおろかベスト10にも食い込まないのですけど。。
いつもは多治見と群馬の館林あたりで日本一を争ってるんですが、群馬の方もべスト10から外れておりますねぇ。

なるたけ汗かいて風呂で流して乗り切ろうと思うてますが、湿気の多い日はクーラー頼みです。
湯上がりに、汗が引くまで浴衣でも羽織ったらいいのでないかと、箪笥から40年日の目を見なかった浴衣を引っぱり出して洗って干してみたんですが、アチコチすごい染みだらけ。仕舞っておいただけなのに。
もういいや、洗濯機でガっーと洗うてしまおう。
いろんなもん、溜め込んでおいてもしようがない。この辺りで使い切ってしまわないとね。



[PR]
6月27日  月  晴れ         旧暦 5月23日
d0101846_05515904.jpg
晴れた月曜日。

猫の風邪は快方に向かっている。
最初ぢろりちゃんが発病し、自然と治ったが、どうやら流行病だったらしく、くろりちゃんにも移ってしまった。
そのうち治るだろうと楽観していたが、どんどん重篤になり、あれま、儚い命だったかなと哀れな気持に。

医者に寄ると、年寄り猫には免疫があるからひどくはならないのだろうというコト。

猫が鼻を病むと気の毒である。こじれるとこれまた大変。
免疫が落ちて口内炎になってよだれを垂らしたり、そのうち鼻汁もたらすようになるらしい。

さて、元気を取り戻した猫は、また噛み付いてくる。
どうもこの猫、愛情表現が噛み付く、ということらしく、それで同居猫にも嫌がられているのだ。
時々、首を伸ばして、声もなくなくときがあって、なんだか、『うつぼ」みたいだなと思うのであった。






[PR]