カテゴリ:庭仕事( 24 )

8月13日  土  曇り       旧暦 7月11日
d0101846_07405967.jpg
朝顔がぼちぼち咲き始めた。
これはお店で買った、涼しげな斑入りの西洋朝顔。

d0101846_07433982.jpg
ここは開きかけ。

昨晩は鰻の蒲焼きを6本買ってきて、家族7人で食す。
一本を六つに切って、一人五枚。
六に切るという事は、切れ目は五本だ、というような会話。はぁ?知らんがなそんな事。
謎は一枚余るはずだったが、余らなかったのはどういうわけだろう。
(亭主がこっそり自分の分に盛りつけたに違いない)

私は、昼間ニトリに行って、冷房にやられ、案の定お腹の具合が悪くなり、鰻は回復してから食べる、と言ったものの、見てるとおいしそうになり、少しだけ食べると言って、結局全部食べてしまった。
それで、またお腹が痛くなったのであった。

というような、夏休みの絵日記的な今日の書き込みでした。








[PR]
6月18日  土  晴れ       旧暦 5月14日
d0101846_05511054.jpg
どんどん起きる時間が早くなる。
まだ6時にもなっていない。きのうの朝抜いた草をゴミ袋に詰め、箒で掃いて地面を整えるとなんと通路が現れて来た。
あまり花は咲いていないがこういう緑の庭も好きだ。
もうすぐ、夕霧草と、花魁草が咲く。真ん中上あたりの秋明菊の株が張り出して通路を塞いでいるのだ。

朝の空気は気持いい。

今日の仕事はこれでおしまいかな。
今朝は晴れているが毎日蒸し蒸しして体調すぐれぬ。
昨日はびよういんに行った。ぁ、びょういんじゃなく、びよういんね。
(漢字で打てばいいんだけど、漢字で書くとなんだかうら恥ずかしい言葉だ、びよういんって)

今日は33度くらいになるらしい。今は寒いくらいだけど。


[PR]
6月13日  月  雨      旧暦 5月9日
d0101846_06002206.jpg
ベランダに置いていてよく伸びてフェンスに絡まっていたのだが、冬に室内取り入れを怠ったため、枯れちゃったね、やっぱり、と、すっかり諦めていたマダガスカルジャスミンに芽が吹いているのを今朝発見。
よく復活したね。
水もちっともやってなかったのに。
マンデビラという、最近流行っている夏に咲く蔓性の花も外に放置していてダメだこりゃ、と諦めていたのも芽が出ていた。

おお、みんなごめん、ごめん、お世話が行き届かずふてくされてたのね。
よし、復活したしちゃんと咲かせてみせよう。

この所また園芸熱復活の兆しで、昨日は野菜の苗を買って植え付けたり、花苗を買ったりした。
先月植えたモロッコインゲンが、小振りながらも成って来て、店で買うより柔らかくて甘くておいしい。
去年も野菜は植えたが、梅雨明け後、草に埋もれてしまった。
今年はどうなることやら。


庭の入り口

[PR]
5月24日  火  晴れ     旧暦 4月18日
d0101846_06263044.jpg
急に着る服の数が少なくなり身軽になった。
もう夏になってしまったのだ。

咲いたばっかりの雛罌粟を摘んで皿に入れてみた。少しだけどお水が入れてあるよ。
咲いたばっかりの雛罌粟を見てると元気が出てくる。

いい季節だ。

このお皿の仲間にナガミヒナゲシも入れてあげればよかった。
ナガミヒナゲシって繁殖力強く、道端でも見掛けるようになった。
花びらは約4枚である。
なんだか駆除指令が出されているそうな。
生態系を乱すから、と言われているが、じゃ、ヒメジオンだとかハルジオンもずいぶんと道端に咲いているが、あれはどうなのよ。
道路沿いに生えている植物って今やほとんど外来種なんじゃないのかな。
こういうの研究するといいかもね。

オオキンケイギクっていうどぎつい黄色のコスモスのような花が今道路脇等によく咲いているが、あれは黄色がきつ過ぎて個人的には余り好きではないが、あれも駆除命令が出てるらしい。

いっとき、セイダカアワダチソウが河原等を占領したが、最近減っているようだ。
ああいうものは増え過ぎるといずれ、自ら廃れていくものなのだ。

琵琶湖でブラックバスが大繁殖して従来の鮒などが駆逐されていると聞くとイヤなものだし、植物の外来種も駆逐しなければいかんのかとも思うけども、なんだか解せない。

世の中の大多数の人は植物になど余り興味も関心も持っていない。
駆除、などと言われると、即、有害植物、とか勘違いされてしまう恐れがある。
水仙の球根を間違えて食べて中毒をおこした、などと聞くと、水仙=毒、というふうにインプットされて抜かれてしまう恐れはないかと心配している。
水仙も彼岸花も鈴蘭も毒を持っているが、食べなければそれで済むのである。
ついでにケシ=麻薬だと思っている人も多い。
茎や葉に毛がはえてないのが麻薬になるケシらしいよ。
あんぱんに付いてるツブツブがケシの種だってこと知ってるかな。
あれはほんとに麻薬になるケシの種らしい。もっとも発芽しないように処理されて輸入されてるとか聞いたけどね。

人間の体は赤い赤血球で出来ていて、植物は赤の補色である緑の葉緑素で出来ている。
どうも人間と植物は思う以上に関連しているっぽいので、もっと世の中の人が植物に関心を持ってくれることを望みたい。

庭の入口



[PR]
5月14日  土  晴れ      旧暦 4月8日
d0101846_07161906.jpg
こんな所に鳩が巣を作っちゃってよぅ、、ずいぶん大胆な鳩だ。
人をちっとも怖がってないぞ。
通路のすぐ脇なのだが、人が通っても何とも思っていないようだ。
ぁ、ひょっとするとこの鳩、三年前廊下で保護してた鳩?‥なぁんてことも考えてしまう。

d0101846_07132211.jpg
卵が一個。その後増えてるのかもしれない。

ところで、コメント欄の設定が勝手に変わっちゃってて、承認制になってるんですけど、何処を触ると元に戻るのかしら。
なんで?エキサイトさんがシステム変えてるの?

なんだか人の住んでる庭とは思えない景色だけど、夕方この一画に座り込んで日が暮れていくのをぼんやり眺めてる、というような人生が好きなのである。

好い季節だねえ、よく晴れている5月の昼間は、音が光に吸収されたみたいに妙に静かなんだ。
音がかき消されたみたいにシーンとしてるんだ。

池にも蛙が戻ってきた。
小さいのばっかりだな、大きいのはどうなったんだろ、と心配していると、切り株の横で発見。
d0101846_07263930.jpg



[PR]
4月27日  水  曇り      旧暦 3月21日
d0101846_06420045.jpg
懲りずに野菜を植えた。
今のところ草はすぐ除けられたが、夏になるとどうにもならなくなる。
モロッコインゲンと胡瓜を植えた。
果たして収穫できるのでしょうか。

後でヘロヘロになるが鍬を持ってサクサク土を耕すのは気持いい。

d0101846_06461089.jpg
ウズラくん達も生きている。
d0101846_06472729.jpg
アマガエルもいるよ。

なんだか季節がいつの間にか進んでいる。でもそれもそのはずだよね、もうじき5月じゃあーりませんか。29日から連休突入じゃあーりませんか。

d0101846_06510679.jpg
咲いたばっかりのナガミヒナゲシ。
あれ〜、、今日は庭ブログみたいになってきたね。




[PR]
3月20日  日  晴れ      旧暦 2月12日
d0101846_07011179.jpg
なんだまだ寒いのか、とちょっとガッカリな朝。
昨日は半袖で庭作業。すっかりガーデナーな一日であった。
あれ〜、それにしても3月の過ぎ行く早さ、びっくりぽん。もう20日ですか。

いいですよね、春になると勝手に咲き出す庭。最近この辺りがお気に入りの場所で、こちら側がちょっとばかり土が盛り上げてあり、見下ろす形で眺めたりしております。
それで、夢想したんだけど、やっぱり八重桜があるといいよねって。
花の中で一番ゴージャスなのってやっぱり八重桜なんだな、自分的には。

この写真に写ってる場所なら水道管に根が絡まる事もないし、
よっしゃ!植えてやろう。
自分の寿命考えると、桜が大きく育つまで保つかどうかわからぬが、そんなことは知ったこっちゃない。
もし、90くらいまで保つとしたら、充分春の慰めになるではないか。

さっそく苗木を買いに行こう。
一葉より関山の方がいいかなぁ、あまりピンクの濃いのは好かぬのだが、ボリュームのある手鞠のように咲くのがいいなぁ。
八重桜の写真を見てるだけで元気が出るよ。


里山ガーデン


[PR]
2月19日  金  晴れ     旧暦 1月12日
d0101846_07340867.jpg
今日は雨水だそうな。あめみずと読むなかれ、うすい、と読んでたもれ(って知ってるよね、失礼します田)

二十四節気の中でも雨水というのは印象深い季節。
この頃になると、春っぽい雨が降って成る程な、と納得するのである。
今年は、ごらんのように今朝もキツい霜が降りちゃってますが、地球さんのご機嫌もうるわしからずなので、多少のズレは致し方あるまい。

蕗の株を植え替えたら地面がフカフカしてるせいか、今年の蕗の薹は大きい。もったいなくて食べてないが、もっと増やしたら心おきなく天ぷらに出来そう。

鍬などぶんぶん振り回す体力があれば、自給自足の食料生産もやりたいのだが、体力はもうない。

山奥の廃村になりかかっている村に移住するニートな人が増えてるらしいが、いいことだと思う。
オバさんも仲間に入れてもらいたいくらいだ。
オバさんは毎日(豚が入ってるかいないかは哲学しだいだが)大鍋にトン汁を作って、みなに振る舞いたい。
畑で採れた野菜は振る舞われたい。
時々は洋服も作るし。
そういう共同生活にちと憧れる。

テイシュに言えば、「共同生活?ふん、ムリムリ。おまえさんにそんなこと出来る訳ない」
と、言われてしまったが、たしかにその通りではある。




[PR]
12月30日  水  晴れ    旧暦 11月20日
d0101846_06481966.jpg
早く起きても何もする事はないのだが、日が昇ってから起きようとすると、ずいぶん寒いのである。ずっと朝6時半から7時くらいの間に置きていたが、今思うとその時間って一日のうちで一番寒い時間だったのだ。
4時台に起きるとそんなに寒くないということに気が付いた初老の年の暮れ。

しかしまぁ、今年も後残り二日となりましたが、
毎日、くだらんことを書き綴っている方も、方だが、読んで下さっている方も、まことに、まことに。。感謝を‥
しかし、毎日、何かしら書く事があって、写す写真の被写体があるということは、体と心がまだ健康を保っているということで、
もし、どちらかでも崩れてしまったなら、もうあきませんでしょうね。
いつまでも、心と体が健康でいられますように。なむ。

ヒヤシンスの水栽培をやってみたかったが、いい球根を探しているうちに時期を逸してしまい、花屋で、鉢植えにされてすでに芽の出たのがあったので買ってみましたが、早くも花が咲き出して。
縁側は冬の間、寒さに弱い植物の避難場所となりごったがえしております。

逆に言えば、毎日ブログを更新しているおかげで心と体の健康が保たれている、ということもあろうかと思います。
毎度お付き合い頂きまして誠にありがとうございます。
来年も宜しくお願い申し上げます。
って多分あしたも現れるとおもいますが‥


[PR]
12月19日  土  晴れ     旧暦 11月9日
d0101846_07373893.jpg
寒いけれど霜は降りてなかった。よく晴れている。

Wikipediaによると、日本の原子力発電所が出来る発端となったのは、
1954年3月に中曽根康弘らに寄って原子力研究開発予算が国会に提出。
と、ある。

1954年3月?
はて、第五福竜丸事件が起こったのも1954年3月1日。

はてさて、これはいったい。
片や国民に核アレルギーを起こし、片やこっそり核を使った発電というのに予算がつき始めた。

このことによって、どういうストーリーが考えられますかねぇ。。





[PR]