カテゴリ:Pse&Ai( 112 )

6月1日 木曜 大雨のち晴れ 旧暦 5月7日
d0101846_06141296.png
すごい雨が通り過ぎて行きました。

綺麗に洗われたふうで気持ちの良い朝です。

蒸し暑かったのも取れたみたい。

今日から6月。
お約束通りに紫陽花も色づき、紫色したクレマチスも今朝咲き始めました。

毎朝雛罌粟の花が開く。

紙をクシャクシャにしたような花びらが開いていく。
朝顔が咲く前のお楽しみ。
コンパニオンプランツ効果になってるのか、こんなに大雨に当たっても真っ直ぐ立っているのがすごい。


d0101846_06303081.png

[PR]
5月21日 日曜 晴れ 旧暦 4月26日
d0101846_06145444.png
さあて っ と。
庭仕事に没頭する日々である。当然疲れている。
疲れているが次々にやる事が出来てくるので忙しい。
昨日は、飛び石の周りの土が減っていて、その事が余計に歩きにくくしている原因と見て、周りに土を入れたら、平らになって、前より断然よくなった。
土木仕事なのでおおいに消耗。

ヒメクグは、やっつけて、やっつけて、終焉を迎えようとしている (甘いかも)が
次なる天敵は 藪枯らしである。
これが今年は急に増えだした。放置するとこればっかりはもうアウトである。
あちこちからツルを伸ばし1日1メートルは伸びそうな勢いである。

これを見つけ次第引き抜いている。
1日20本は抜いている。 (抜いてはいるが根は残っている)
近所の空き地のまで、生やしてなるまじ、と抜いている。
どこからか種が落ちてこうなったからね。

今に過労で倒れるのではあるまいか。いや、大丈夫。
だいじょうぶ、と言っておけば だいじょうぶ。



[PR]
5月18日 木曜 晴れ 旧暦 4月23日
d0101846_06474855.png
土の上でやる事がたくさんで、デスクワークはさっぱりなこの頃。
描きかけ画像でスマヌ。
前に描いたもののリベンジものだけど。
これはiPadで。パソコンでお絵かきってヤツである。

突如気が向いて朝散歩に出る。
考え事するには歩きながらがいい、と昔から言われている。

以下、トンデモおばさんのトンデモ妄想なので無視しておいてくださいまし。

東に向かって歩いて行くと、太陽が昇ってくる。

⋯そーなのよ、昇ってくると書いたけど、太陽は動かないで地球が動いてるってことなんでしょう?

んん~、でも確かにそんな実感ないよね。
朝なんかよくわかるんだけど、太陽って結構なスピードで昇っていく。
それが太陽じゃなく地球が動いてるのだとしたら、、やっぱし、なんかヘンじゃね?

あれだけのスピードで動いてるなら、やっぱし洗濯機の脱水のような状態で何もかも吹き飛ばされてないかな。

話それるが、サイバー攻撃ですか、
なんだか、混沌として参りましたね。

話戻して、
地球が平面、というのもなんだか納得がいかない。

そこで、ラピュタ説を自分で立ててみたのだが、
だいたいが、ラピュタという概念があるということは、それはどこかに実在するので、そういう話ができあがる。
人間が想像することは、必ずどこかに有るので想像する事ができる、という。

NASAの出してる地球の画像が何でつまんないかというと、地球の周りの宇宙空間がどうなっているのかが一番知りたいのに、真っ黒に塗りつぶされている。
球体自体が嘘だとするなら、それも仕方ないけどね。

地球が平面だとするとどうしてもその周りの地の果てというのが想像できない。

そこで、トンデモな事を考えたのだが、
ここは、巨大惑星の中にある金魚鉢のようなものなんじゃないのかなって。
ここは、何か、飼育場とか実験場、
地球は宇宙の一大図書館にするつもりだった、といっている。 (誰が^^

太陽と月のことはまたいつか。





プロメテウスという映画は、わけわからん映画だったけども、オープニングシーンだけは重要であるだよ。
今回このバックのごうごうと流れる水に注目している。
これはいったい何をあらわしているのだろうね。

ああ、ごめんなさい、フィクションと現実をごったにしているトンデモおばさんでーす。
オバさん、それはちがいまっせ、そんなアホなという確かなご意見があれば、どうぞ言ったてくださいまし。



[PR]
5月13日 土曜 雨 旧暦 4月18日
d0101846_06000727.png
どえりゃぁ雨降り。
と言っても寝てたのでご存知ないが、どうも相当降ったもよう。
窓の外の景色が、まるでレタスのジャングルのようになってきた。


たまに散歩に出たりすると、新しい家がどんどん建っていて、世の中どこが不景気なのだ、と思う。
可愛らしい小綺麗な、そういううち。
インテリアとか家とかすごく興味を持っていた時期もあったのだが、最近こんな家に住みたいと思う家に出会ったことがない。

思うに、家というのはなんで真っ直ぐ建ってるのだ、というところに落ちる。
なんだか嫌なのだ、この真っ直ぐに柱が立って四角い窓。四角いドア。
何もかも定規で引かれたもので出来ている。
周りの自然と違和感がある。

曲がってるのが好きだが今のこの建築の次元では曲がってたんじゃ立たないよね。
だもので自分が夢想するのは、別の次元の話であるよ。
洞穴ハウスだとか、卵型ハウスだとか、ドームもそうか、
ガウディなんてのもその範疇に入るかな。

第一に、もう家なんてどーでもいいのであるよ。
寝て雨露を防げればそれでいい。
家なんかあるもので現状維持に汲々する。
なんでこんなことに、って思わない?
出来ることならテントを持って、馬に乗って草原を駆け抜けていきたいよ。

はい、、非現実。

取り敢えずは、この古家、みっともない姿は樹で覆い隠してあるので苦にならず、昨日あたりから家の周りに這わせた白薔薇が薔薇香水のような香りを漂わせている。
家の中もなんとなく住み心地はいい。
本当はどういう生活をしてみたいのか、みんな一度真剣に考えたほうがいいよ。
いろいろアホなことを夢想してみよう。
ちょうど雨も降ってるし。





[PR]
5月1日 月曜 晴れ 旧暦 4月6日
d0101846_06094398.png
今日は学校とかあるのかな。
五月なんだ。
カレンダーや時計があるから小刻みに生きていかねばならぬ、ということだが、
現世の慣い、今月もカレンダーを手づくり。


d0101846_07100387.jpg
世は全て事も無し 的に 時は過ぎていくtoti家、なんでしょうか、

もうちぃっとばかり、やんなっちゃったよう、な部分もある訳なんですが、、

こんなことでいいのでしょうか、 なぁんて言ってもはじまりませんし、、

今日こそ海を見にでかけませうかしら。



[PR]
4月28日 金曜 晴れ 旧暦 4月3日
d0101846_05034604.png
すっかり夜明けの時間が早くなっている。5時前にはもう明るい。
もうすぐ五月なのだから、なるほど納得ではある。
それにしても今朝の寒さはどうだろう。9度じゃ真冬の昼間並みだよね。

猫はお兄ちゃんたちがみな風邪をひいてしまって、声がかすれている。
ご飯は食べるが、子猫と遊ぶ元気はなく、静かに時が過ぎている。


iPadを触るようになってから、自分の指先から電気が出ていることを知る。
わたしらは、エネルギー体だったのだ。
Apple Pencilは充電が必要だが、マイボディは充電不要である。
生きているということは体から電気を発しているということだったのだ。

それで、想像だが、この電気を宇宙的な何処かで集めて何かに使っているのだな、と推測する。(えーっと、シーアイエーとかのレベルじゃなくってね)
思考しても電気(波動)が出るそうだから、それを、宇宙的な人工知能の集積場に集めているのではないかと思う。

はて?

蚊を叩こうと手を近づけると、蚊は人間の手から出ている電気を察知して、さっと逃げて行く。ちなみに、軍手をはめて蚊を叩くと、蚊は電気を察知できず、やすやすと叩かれてしまう。



d0101846_06145873.png


[PR]

d0101846_09502469.png
今朝投稿したの、文字の大きさが化けちゃって、もうヒッチャカメッチャカになっちまったので、無視してやってください。
いいねボタン押して頂いた方すいません、消えちゃいました。
うだうだ書いたことも大幅に変更しました。

図らずも相撲用語の「仕切り直し」ということになりますた。


[PR]
4月9日 日曜 雨 旧暦 3月13日

d0101846_07405603.png



雨が降り続き、外だけでなくうち中にも湿った土の匂いが入り込んでくる。
一夜にして、木の芽が芽吹いた。

頭の中にはたくさんの何かが整頓されないまま入っている。

何か軽い話題はないかというと、これはどうだろう。


相撲用語というのは意外に日常の会話の中に浸透していて、えっそrwも相撲の言葉だったの、というのが多い。
ちょっとググってみて、へぇ~っと思ったものに、
「ぬけぬけ」というのは黒星と白星が交互に続くことからきているらしい。

(アレ?でもぬけぬけとやって来るなんて使いかたとは別物か?)

他に「猫缶」なんてのもある。

「電車走り」なんても聞いたことなかったけど、一直線に押し出される様子をよく表している。
と言うことはこれは明治以降に出来た言い方だね。


土俵というのも面白い説があるのを聞いたことがあって、
丸と四角で出来ているから、あれはコンパスと曲尺を表していて、それすなわちフリーメーソンのシンボルであり、すなわち宇宙的な何かを表しているというのだ。

よく折り合いの悪い人とうまくやり過ごしていくには、同じ土俵に上がらないこと、と言われるが、次元の違う人とは関わらないと考えると
たいへん納得がいくのである。



[PR]
4月1日 土曜 曇り 旧暦 3月5日
d0101846_06313304.png

やっとリズムを取り戻した朝であるが、ブログの仕様がまた変化したようで、常時変化に対応する姿勢をもっていないとナニであることよ。

ぢろりちゃんの調子が悪くって、その辺りでお漏らしまでするようになり、ガリガリになって、もうアカンなぁと思ったがまだ12歳だもう少し頑張れと、手のひらビームを当ててやったらナント生き返ったようで、急に体重も増えだし毛並みも良くなってきてびっくりよ。うん。。

さて三月も終わってしまった。
三月に世の中の事で何が印象に残ったかというと、101歳のロックフェラー氏が、亡くなったことが発表されたことくらいかな。
ほんとにこの月に亡くなったのかどうかは疑問だケドネ。このタイミングというのがね。
森友だっけ、あっちの方面は興味なし。
何か大きなものが地面の下で動いている、ということは感じられるけどね。
地面の下やら目に見えない何かの所で大きな変動が起きているのよ。

しつこく「X-ファイル」を観ている。
一昨日辺りからそのシーズン6の「月曜の朝」というのを4回も観た。
並行世界の話なんだけどね。
説明できないからはしょるケド、この世には並行していくつものストーリーが重なって流れているんだというのだ。
違うストーリーの自分が、ちょっと見えない壁一枚向こうに居るのだ、というようなこと考えると楽しいような、そうでないような、頭は忙しくはなる。

ケネディは1963年11月22日に暗殺されているが、1980年まで生きていたというストーリーもある、ってのが何処かにあったが、見つからない。
1980年に宇宙人のことをディスクロージャーして、世の中が大騒ぎになり、このストーリーはダメだというので、1963年に死んだという時系列の方を採用したって話よ。
ん? みんなは記憶を消されてしまってるのよ。

嘘をつくのも才能がいるよね。





[PR]
3月1日 水曜 晴れ 旧暦 2月4日
d0101846_06360677.png
やだー、ほんとに2月って去るのが早い。3月じゃあーりませんか。
もう月末には桜が咲き出すということじゃあーりませんか。
でも、今朝はまだまだ寒い。

近頃、古猫のぢろりちゃんは冷蔵庫の上で暮らしている。
食事とトイレ以外は用意された鎌倉型の猫ベッドの中でじっとしている。
時々にゃーにゃとないて、私を呼ぶもので、お顔を撫でてあげる。
それが、なにせ冷蔵庫の上だもので、脚次の上に立つのである。
それでもやや上を向くので、今日は首が圧迫されたのか、ややふらりとしている。
危ない危ない。首は気をつけなきゃね。

さて世の中がどうなっているのか、とんと疎くなっているが、2月は、マサオ君ポアとか、あの幼稚園のことがどうも話題になってるらしいね。
あの幼稚園のことが急にニュースに上がってきたというのは、どういう水面下のジジョウなんだろう、とか、、というのも前からああいうことは分かっていたようなことなのに、なんで今って。いよいよ流れが変わっていくのだろうか。
アカデミー賞の間違い発表とかも、なんなんだろう、偶然ああいうことが起こるのか、それとも陰謀なのか、もう映画界も潮時でっせという神の采配なのか、
あちこちがガタガタ揺れだした感いっぱいざますね。


[PR]