カテゴリ:食べもん( 162 )

8月21日 月曜 曇り 旧暦 6月30日
d0101846_06231817.jpg
テンション落ちるな、気分あんましよくないぞ、
やっぱり、
台風発生してる。

あとひと月はこういう日が多いよね。

いちぢくのシーズンだね。

これからおいしい果物の季節でもあるし、

うす緑のマスカットだって登場。


※ ※

牛乳石鹸はこの頃よく使ってる。
コンビニに置いてあるから買いやすい。
青箱より赤箱がいい。

このCMが今、話題というか物議を醸しているらしい。
私も観て、なんとも言えぬ複雑な心境に落ちているのだが、この複雑な思いの正体はなんなんだろう。と、宙をさまよっている。








[PR]
8月15日 火曜 雨、曇り 旧暦 6月24日
d0101846_06405496.jpg
雨が降ってきて涼しくなってきた。

カリモリ漬けその後。

8月10日

去年の粕に漬けて塩抜きした第一弾のものを、新しい粕に漬け込む作業。
第2弾、カリモリ9本塩漬けにする。

8月14日

第2弾の塩漬けを半日日干しして後、今度は新しい粕の中に直接漬け込む。
粕が少し足りないので、もう少し買い足そう。

d0101846_06410975.jpg
順番は逆であるが、練り粕3・5キロにザラメ1キロを混ぜている所。
今年のは何故かえもいわれぬ芳醇な酒粕の香りがしないのが不安である。

d0101846_06412261.jpg
これまた順序が逆だが、使用する桶とそれに敷き込む漬物用ビニール袋、
酒粕とザラメという材料と道具を並べてみた。
漬物をするにはやはり道具をちゃんと揃える事が効率的であります。

8月10日に新しい粕に漬け込んだカリモリを試食してみたら、まだ塩気は多いものの、お茶漬けのお供などには充分食べられて、美味しく出来ていた。
夏は塩分は多めに取った方が体がシャンとする気がする。





[PR]
8月10日 木曜 曇り
d0101846_06301086.jpg
今日はまた除湿がいる天気。しかたない、
この先雨なのかというとそうでもないようだ。

夏休みも、明日からお盆休みとなり、お昼ご飯作りも休憩に入り、前半終了ということになる。

左上から、
里芋とサツマイモの蒸しただけ。 買い出しドライブに行った日の買いたての野菜を即蒸した。
蒸した里芋に生姜醤油をつけて食べる、これはおいしい。
サツマイモは、蒸すより天ぷらがスキ。

右上は、ワンプレートランチ。
この日は和風のものが多い。
ご飯には海苔の佃煮。これもたまには食べたくなる食品。
目玉焼きに、お揚げの焼いたんと、モヤシのポン酢かけ、レタスに冷奴、という感じ。

右下は、
夏には一度は食べてみたくなる胡瓜サンド。
これは黒瓜を使っているが、若干ひねていて、歯ごたえがぐんなりしてて残念。
もうちっと早い時期に黒瓜は食べなきゃ。
もう一回質のいい胡瓜をはさんでパリパリ食べてみたい。
けれども何はともあれ、バターを染み込ませたトーストにマヨネーズまでつけてあるので、それだけで最高に美味しい。
イギリス人って胡瓜サンドを有難がって食べているようなので、なんなのよ、きゅうりだけのサンドイッチって、と気になって始めたのが最初。

左下、はこれまたある日のワンプレートランチ。
この日のメインはハヤシライス。
冷凍の串カツを揚げるついでに、庭で取れたての野菜を揚げてみる。
そりゃぁ、揚げたて野菜の方がおいしいよ、串カツよりもね。
特に獅子唐の葉っぱも付けて実を天ぷらにするのが、美味しいのだ。
獅子唐の葉っぱ、唐辛子のいい香り。
自分ち野菜ならではの調理法。
ミニトマトも天ぷらにした。


昨日はやっと美容院に。
ああ、さっぱりした。




[PR]
8月4日 金曜 曇り 旧暦 6月12日
d0101846_07140964.png
夏って騒がしいのだ。蝉が。
もし、蝉がいない夏になったら、ずいぶんと変だろう。
いつも物音一つしないような場所なのに朝から晩まで騒がしく鳴き続けている。
そのせいか開放的な気分になって、窓を開け放ったまま昼寝なんかしてしまっている。
あぶないあぶない。
寝るつもりはないのだが寝てしまう。

私どもの子供の頃は、街角に子供の声が騒がしかっただろうが、今は、夏休みといえども、子供達は何処へ行ってしまったのだろう、というほど静か。
ただただ、蝉が鳴く。


夏休みのお子の昼ごはんを週何回か担当してる。
何作っていいやら悩ましいが、昨日はカフェめしふうにしてみた。
内容は、出来合いコロッケとかさ、、
とうもろこしご飯とか、ポテトとかさ、、
みんな食べてくれたからよかった。

さて、今日は何にするかな。


[PR]
7月27日 木曜 曇りだったり雨だったり 旧暦 6月5日
d0101846_07041158.jpg
ったく、食もほそる今日この頃でごぜえます 、ってとこですかね。

私はね、竹輪が大好きなんですよ。
煮物にも入れたいし、
炊き込みご飯なんかにも入れたい。
キャベツと竹輪を炒めて甘辛醤油で絡めるなんて料理も好きだし、
もやしと竹輪のポン酢和えなんてのも食べたい。

んがっ、亭主というのかツレというのか、同居人のおっさんというのか、
が、
竹輪が嫌いなんです。。

きらいや、きらいや、いうもんやから、どうしても遠慮して竹輪料理は出さないようにしてますし、五目ご飯にもホントは入れたいけど、入れないのです。

しかし、これってえらい理不尽な仕打ちやと思いません?
なんで、自分で料理するのに、自分の好きな物が食べられへんの。

嫌いや言う人の人権は守られて、好きや言う人の人権は無視されている。

自分の分だけ作らはったらよろしいいやん、と言うご意見もおありでしょうが、いくつもいくつもおかずを作るが邪魔くさい。

嫌いやいうならその気持ち、ずっと貫いたらまだ許せるのだけども、
この方、テレビで、鯖が体にいい、とか、サーモンが体に宜しいと絶賛されたりすると、もう途端に、昨日までの鯖嫌い、サーモン嫌いをあっという間に宗旨替えしてしもうて、鯖や、サーモンやのお祭り騒ぎ。

どっかのテレビ局で竹輪は体に良いと言っていただけませんでしょうかねぇ。





[PR]
7月25日 火曜 雨や曇り 旧暦 6月3日


まぶたの垂れ下がってくるような天気。
雨雲、北のほうに通過中。
d0101846_06205338.jpg



今年もカリモリを漬けることにした。
梅干しは三年前に漬けたのがまだある。
カリモリ漬けも保存が効くので非常事態用保存食と考えれば、大変有効な食品。
冬まで待てば奈良漬けになる。
と言っても美味しいもので、夏いっぱいで浅漬けのまま食べきってしまうのだけどね。

7月23日夜に
カリモリ8個、半分に切り、種を丁寧に取り除き、
凹んだ部分に塩をたっぷり入れる。
8個でどんぶり鉢いっぱいくらいの塩がいったので、びっくりな塩分だが、ここで塩をケチっては失敗する。
キツイ塩分で瓜をカリカリにしないことには、不味いのである。
塩分はその後ぢわりと塩抜きしていく。

カリモリ8個で5キロくらいだそうだ。中身だけだと4キロくらいだという目安。



d0101846_06210820.jpg
7月25日朝、
できる限りの重石を掛けて、水分がこれだけ出た。
明日朝まで、重石を乗せてこのまま待とう。

練り粕も購入済み。
芳醇な香りのいい粕だ。
お値段少々高い。3・5キロで1400円。カリモリは一個100円くらい。

8個では足りないのだけど、この容器、8個分くらいが精一杯なので、また第二弾ということで数を増やしていこう。

メモ: 去年黒瓜というのでも漬けてみたが、カリカリ感足らずで×



追記


今回2日目で、一度引き上げ、二度漬けというのをしてみる。
上がった水を捨て、もう一度並べて(塩は入れず)重石をしておく。
1日経って、心配したが水は徐々に上がってきている。

塩抜きが多少できるのでないかと期待しての作業。


追記

7月28日
二度漬けも水が上がって来たので、早いかなと危惧しつつも、三時間ほど干して、去年の粕の中に漬け込む。
ここで塩抜きをして、本漬けに入るつもり。

連日高温多湿。


d0101846_11310394.jpg
粕の中に去年の秋に漬けたハヤトウリが残っていた。
こちら、塩分が未だまだキツイ。お茶漬けのお供にはよし。




[PR]
7月19日 水曜 晴れ 旧暦 閏5月26日
d0101846_06240391.jpg
昨日はメンテナンスがあって、すぐに終わるかと思えば、とうとう夜まで掛かったみたい。
そんなことで穴が空いてしまった。
ログインできなかったのだけども、更新している人もいるということは、部分的にメンテナンスがあったのか解せぬ気分。
前もってお知らせがあったのか、見逃してたのか、その辺もやや解せぬ。

さて、
畑をみたら、オクラが育ちすぎていた。
オクラは取る時期を見逃すと1日で倍くらいに大きくなってる。
これを蒸して、朝ごはんにしよう。

着るものや食べるものが自分で作れると、
何やら得体の知れぬ自信 ? 自己肯定感 ? ようやってるやん、じぶん、という気分が湧き上がってくる。



今日の猫さん。
窓の外で隣の猫が喧嘩してるのを高みの見物。



d0101846_09171597.png






[PR]
7月15日 土曜 曇り 旧暦 閏5月22日
d0101846_05554556.jpg
まだまだ、どんよりは続く。
昨日のゲリラ豪雨で近くの川が溢れたとか。いつも買い出しに行くあたりも落雷の被害も出ているらしい。
少し離れただけで、雨の降りかたも違ってくる。

ここは、なんとかトマトのキも立ってるし、今週から赤くなったのを収穫して食べている。
やや皮が硬いが味は濃厚。
プチトマトのアイコも出来てきた。これも皮が硬いよ。
どうしたら柔らかくなるのだろうね。野生的な味だ。

雨でプチトマトのアイコの株は八岐大蛇のようになってきた。
脇芽はこまめに摘んでいたのだが、二、三日の間に、あれよあれよと伸びてしまって支柱も何もなく、その辺を這いずっているありさま。

sumus2さんがパリでマルシェ袋などを持ち帰ってくださり送っていただいた。
外国に行く人にお土産はいらんから紙屑を頼む、と言ってもツボを押さえてくれる方は稀である。みなぽかんとして、ピント外れのゴミを持ち帰ってくださる。
sumusさんは紙屑仲間であると勝手に決めつけている。
ええのう、パン屋の袋。

d0101846_06091341.jpg
オクラも成りだした。おいしいよ。

毎日、二人ぶんくらいの野菜は自給自足出来る。
衣服生活も自給自足率8割ほど、下着と靴と靴下以外は自分で賄える。
野菜もいい線いってる。
冬野菜もこの際頑張りたい。
冬野菜を植えるには8月中に畑の準備をしておかないと。草だよ、草、草との勝負だ。





[PR]
7月7日 金曜 晴れ 旧暦 閏5月14日 豪雨お見舞い申し上げます
d0101846_06005030.jpg
今朝作った弁当。 シャケフレークご飯に、おかずは野菜と竹輪の煮たの。炒り卵。
ご飯とおかずの仕切りには海苔を使うなり。一般的にはレタスや青じそだけどね。青臭いもんは弁当にはいれとうない。
d0101846_06011195.jpg
茶色いお弁当を実践。
とうもろこしご飯に厚揚げの煮たの。これがおいしい! 茄子の豚肉巻きというのも入っているのだが厚揚げとの区別がビジュアル的に難しかったね。

d0101846_06013405.jpg
この日は人参鶏ご飯に、卵焼き、オクラと豚肉、春雨の煮たの。


さて、以上のようにお弁当生活は続いているのだよ。
昨日、お弁当を作れなかったのだが、そうすると、よっこらしょと疲れた体に鞭打って
(おっさん)ツレの食べる昼ご飯を作らねばならない。
7月の今日この頃、庭はもさもさで、やることはいっぱい有り、みんな体力仕事である。
朝の元気なうちにお弁当を作っておく。これ正解なり。

おべんとうはいいね、食器も弁当箱一つ。
これを普通の食事風に盛り付けるとしたら、ご飯茶碗にお皿にあれやこれや、その割に見栄えがしないので、ツレのガッカリ感がつーんと伝わってくる。
お弁当に詰めておくと あ、お弁当だ と単純に嬉しがってるので都合がいい。

(この方昼ご飯は焼きそば卵焼き乗せ、だとか、ラーメンだとか、そーいったお子様好みのものが好きなのである)

(そして、冷蔵庫の中に入ってる作り置きオカズを出してきて、勝手に食べるということが出来ない困った人なのである)

(もうほんまにいつ迄、こんなことやらないかんのやろと思うことあり)

(昼ご飯くらい自分で勝手に采配してたべられんのかね、他所のうちではご主人が食事担当って方だっているというのに。ほんまに羨ましいわ)

てなことで、今日は七夕でしたね。
コンビニの前に笹飾りが飾ってあって七夕なんだと気がつく次第。

そうそう、昨日ぢろり爺さんが、棚の上からバスケットごと落ちてきました。
吃驚こきました。



[PR]
7月6日 木曜 晴れ 旧暦 閏5月13日
d0101846_06272396.jpg
日の出とともに庭の紫陽花の刈り込み。
今日は柏葉紫陽花を切った。 自分の頭も刈り込みたい。美容院、美容院。それ行け美容院、と言い出してから半月以上は掛かってしまうのは如何に。

よう働いた。
働いて、綺麗にサッパリなっていくのは大変うれしい。

この前の楊梅の氷砂糖漬けはこれだけ水分が出た。
水は使わず、砂糖の力で水分を出させる。
梅ジュースみたいなもの?
梅ジュースは作った事ないなぁ。

汗をかいた後、このシロップを匙に二杯ばかり取り、炭酸ソーダで割って飲むと至福。
ところが今日は炭酸が切れていたので水で割って少し残念だが、
水割りの方が楊梅自体の味が感じられるね。

甘くて美味しいけど、このどろりの正体は氷砂糖の溶けたのだと思うと、すごい砂糖の量なので自制が必要。
氷のようなのが浮いてるがこれが氷砂糖であるよ。
砂糖というのはやはり程が過ぎるとドクであると自分は認識している。

もう直ぐ色付いてくるブルーベリーでも拵えるといいよね。
うちのブルーベリー煮ても焼いても食えない感じのジャリジャリしたブルーベリーなので、これならいいかも。

熱も使わないから栄養素も壊れないよね。


※ ※

「この地球に山や森は存在しない」の動画を観た人達が自分の感想を述べた動画を次々に発信している。

こういうことが突破口になって行くのか。
日常をよく観察してみること。
学校やその他で習ったこと教えられたことを何の疑いもなく受け入れていないか、
そういう事に今、若い人たちは気付き始めている。

これは希望じゃないだろうか。
この人の言うように、また元の世界に戻ろうとしているのだ。

https://m.youtube.com/watch?v=_MIRsyiwyE4

https://m.youtube.com/watch?v=V5xI0V3FPE0





[PR]