カテゴリ:食べもん( 169 )

10月19日 木曜 雨 旧暦 8月30日
d0101846_06083478.jpg
油断して軽く風邪をひいてしまったようなので、缶詰のカレーにした。
我が家の非常食はこういう時に登場するのである。
ゆで卵をぶちまけてリンゴ一個食す。
白雪姫の毒リンゴのような、このリンゴはいったいなんなんだ。

カレーで温まって風邪気は何処かへ霧散したようだけど。


この前から顔を洗うたびに眉毛の骨の辺りが痛むので何でだろうとと思っていたのだが、思い出したのだ。
あの時、打ったのだ。

ぢろりちゃん (たくさんのコメントありがとうございました) の最後のほうは、トイレまで行き着くことが出来ず、床に粗相をした。
それを拭いて掃除しなければいかんかったのだが、膝を傷めてるるワタクシ、かなり困難。
この歳でも前屈マイナス15センチの特技があるので、前屈して床を拭いていて、
起き上がった時、机の角だったか、掃除機の柄だったかに思い切り眉の辺りをぶつけてしまったのだ。
弱り目に祟り目って感じで、思わず「ちくしょー」なんて言ってたっけ。

トイレの粗相は一週間程続いただろうか。
そんな打撲までしてしまって、猫本人は腎臓が弱ってきたのかトイレの回数も多くなり、えらいことやのうと、ついツレに愚痴をこぼした。
「今まで安楽に飼ってやったのに恩も忘れて最後の最後にこんなんで人にいつまで迷惑かける気やろうね、この猫」というようなことをぶつぶつ言ってたら、

聞こえたのだろうか

次にトイレに行く時、なにか意を決した感じで、スタスタと猫トイレまで行き、よろっと倒れてしまった。

聞こえてたんだね。

どうも自分は (言わずと知れたことだが) いい人間とは思えない。

だんだん猫の元気の「気」が失せてくると、その姿を見るのが辛くなってくる。
見るたび気が滅入るので、いっそ早く死んでくれないかなとも思う。

いやだねぇ、自分ももう直にそうなって、家族の気を滅入らせる姿になっていくというのね。

でもね、どうだろ、そういう気持ちって普通にあることなんじゃないのかなって。

うんざりする時もあるけど、可哀想で見捨てることなどできないし、
トイレのことは謝ったし、もうどこでやってもいいのだよと言ったし、
二つの気持ちはせめぎ合うわね、こういう時。

長年闘病していた家族が亡くなった時、これで終わった、とぼそっと言ってらした方があるけど、すごく正直な方だと思って、益々好感を持った。




[PR]
10月16日 月曜 雨 旧暦 8月27日
d0101846_07144356.jpg
d0101846_07150208.png
まだあと一週間、晴れマークゼロの当地であります。
だんだん気分がズブズブしてくるではないか。
こうも長雨が続くと洗濯にも困る。
暖房機能重視で買ったエアコンの出番か。

昨日の見目麗しい生地は不良品であることが発覚、体に巻き付けたら穴があいてしまいました(爆 !
もう撃沈でございます。ズブズブズブ⋯
教訓。 試作品には気をつけよう。

そんな訳でもありませんが、夕食は穴の空いた蓮根のおかず。
キンピラですが、フライパンに対して量が多過ぎてカラリとはいかず、何やら見た目は悪いが、味は上々でありました。

カリモリ漬けは、今このような状況で時々食卓に登場。
感想としては、ちょっとばかり甘さがきつい。
塩の量は前年と変わらずの筈だが、そういえば塩を変えた。
そのことで微妙に味が違ってきてるということもあるかもしれない。
が、微妙なことであり美味しくいただいております。

そろそろ沢庵漬けの季節だ。
うん、今年も漬けようっと。





[PR]
10月9日 月曜 曇り 旧暦 8月20日

d0101846_20301132.jpg

冬物がどうのこうの言ってたのがアホらしくなる夏日復活。
暖房を冷房に切り替えた。

それでも買い出しドライブの景色は緑がかすれてきて、川の水の色も群青色に変化。

季節なので、一度くらいは家人に栗を食べさせてあげるべく 立派なずっしりと重みのある栗を買った。

昔は栗ごはんを作ったが、皮を剥く時、手を切る恐れがあるので勘弁してもらっている。
ただ茹でて、半分に切ってスプーンでこそげて食べる。

栗のおいしい茹で方、なんてのをググっていると、ただ栗を茹でるだけなのに、いろんなやり方があって、頭がこんがらがったので好きに茹でよう。

あと、蓮根なんかも登場していた。
写ってる長い南瓜は すくな南瓜だろう。ずいぶん小ぶりだけどちょうどいい大きさ。
今季2度目のすくな南瓜。ねとっとしてないところがいい。


休日なのでまったりと映画を観た。
「殿、利息でござる!」というのがなかなかよかったです。
知らない役者さんが多かったが皆 熱演。
仙台藩の財務官僚みたいなのに松田龍作。こういう役もこなせる人なんだ。




[PR]
9月23日 土曜 曇り
d0101846_06573056.jpg
お彼岸らしくない曇り空である。
お彼岸とお盆ってどう違うのか、なんてことも忘れてしまったので、調べてみると、お彼岸にはお日さまが真西に沈み、あの世は真西に存在するとされていて、ご先祖と一番繋がりやすい日なのだ、というような事らしい。

魂に先祖はいない、という意見を聞くとほっとする。
いただいた体はDNAでつながっているかもしれないが、魂は、自分だけのもので永久不滅なのだ、というのもほっとする。
自分は自分だけで自分なのである。
先祖だけでなく子孫だって、あの子らはあの子らの別の魂があって、自分の分身ではないのである。
そうだとすると気が楽である。
みんな魂の友達同士なのかもしれない。

死ぬということは、古くなった車を乗り換えるようなもので、また次新しい車に乗れるのである、という意見も頼もしい。

次にもっといい車に乗れるように魂を磨いておく、という意見もいい。
先祖ももう生まれ変わっていて、新しい車に乗っているのかもしれない。





人生相談、皆おどろおどろしくて気が滅入るようなのが多いが、
これはちょっといいいなと思ったので貼っておく。
この相談者の苦悩は出来事がすぐにでもドラマになりそうで、でわかりやすい。
こういう分かりやすい例は少ないだろうな。



ヒカリソース。
ご当地ソースであるが、これぞ、ソースという味してる。








[PR]
9月14日 木曜 晴れ 旧暦 7月24日
d0101846_06553112.png
d0101846_06543271.jpg
予想外に冷え込む朝。ちょうど出来たばっかりのスエットパンツを履いて、いつものズボンを重ねてちょうど良い。
スエットパンツの写真は、どのように撮れば股引に見えなく写るのだろう。。
大変満足な形だったのだけど。

冷え込む朝にちょうどよい 乾物で出来るインスタント玉子スープをご紹介しましょう。

節麺というのがありますね、饂飩を干した後の竿に掛かってた部分ですね。
このスープにはこれがちょうどよいのです。

まずラーメン作るくらいの水を鍋に入れ、玉子、水溶き片栗粉以外のものを入れて、3分ほど煮るとやわらかくなります。
そこに、薄めの水溶き片栗粉を入れ少しとろみをつけます。
そこへ玉子を入れて出来上がり。

具はワカメとか糸寒天とか海藻を乾物にしたのが売ってるのを用意しておくと便利です。
これは酢の物にしてもおいしいです。

乾物を結構常備してます。

今日のはあり合わせの乾物と玉子があれば出来る温かいスープです。

もちろん、ちゃんと出汁を取れば最高。ネギなどのトッピングもお好みで。

節麺の代用は効くのかしら。
節麺、別茹でしなくていいし便利なんです。味噌汁の中にも入れられます。
これは稲庭饂飩の節麺。普通のよりやはりおいしい。


そうだそうだ、干しシメジも入れればいいのだ。
きれいに干し上がりましたよ。
後で写真追加ね。


d0101846_08045406.jpg
はい、写真追加です。
しめじちゃん、きっちり干し上がりました。
香ばしい匂いがプンプンします。
昨日は肉じゃがの中に入れてみました。いい出汁が出る感じ。
肉じゃがには仙台麩も入れたよ。

大根を5ミリくらいの輪切りにしたのも綺麗に干せました。
半干しくらいで煮物にしてもいいかも。
あの網、虫も埃も入らないので安心して干せる。どんどんいろんなもの干してみよう。
薬草茶を干すのにもいいね。



[PR]
9月12日 火曜 雨 旧暦 7月22日

d0101846_06390624.jpg
なかなか朝が明るくならなくなってきました。
雨が上がればまた季節が進んでいることでしょう。
アメリカのハリケーン イルマ どうだったんでしょうね。台風って怖い。

いちぢくでゼリーを作ってみました。
果物ってそういえば最近、そう積極的に食べなくなってるんですけど、
家にはツレが買ってくる果物がいつもありますが、、
なんだかアチラは果物が好きなようですが、こういうのカブトムシ?

これだけは好き、季節になれば食べなきゃというのに、今出てる緑色の皮ごと食べられるマスカットと、2月ごろ出るグレープフルーツ、それとゴールデンキウイは好きだな。
いちぢくも当たり外れがあって、なかなかいいのに当たりません。
おいしいイチヂクはすこぶるおいしいのですけど。

※ ※


変な夢みましたね。
うまく説明できませんが、時間を逆行したのです。
ホテルのようなところで爆弾が爆発したのですが、
そこのレストランの糸南瓜の料理が美味しくて食べようとしたところ爆発したので残念、と思ってると時間が逆行して、また糸南瓜を食べるんですが、
あ、これから爆発があるんだけど、ちょい離れた場所だからここは平気と悠然と構えているのです。

糸南瓜ってなんね? 意味不明です。

アマゾンプライムの映画に、前から気になってた「ダークシティー」が入ってました。
随分前に、日曜の昼間やってるテレビの映画を昼寝しながらウトウト観てたんだけど、なんだか不思議な映画でね、悪夢のような映画なのよ。
昼寝しながらだったので題名もストーリーも分からずで、
でも、ずっと気になってて。

それで観始めたんだけど、重くてね。
最近なかなか映画にのめり込めなくって。
きっと冬になれば、暖かな部屋で寝袋にくるまりながら、まったりと観れると思うよ。


話長くなるが、クロネコヤマトが値上げするらしい。
アマゾンはクロネコさんが届けてくれるのだけど、プライムなどのサービスなのか、届くのがやたらに速いことあるよね。
なんだか従業員の人がすごく大変みたいね。
客としては、そんなに驚異的に早く届けてくれなくてもいいよ、って言いたい。
無理はいけないよ。
ゆっくりやればいいじゃん。よくやってくれてるんだから。



[PR]
9月1日 金曜 晴れ 旧暦 7月11日
d0101846_07412631.jpg
月が変わったがカレンダーはまだ出来ていない。
今日も快晴である。

腕を出して寝ていたら、急にやってきた秋の気配に寝冷え気味だ。

昨日は海老フライの昼食後、急に岐阜城に登ることになった。
まごっちたちを連れて4人で出掛けた。
ロープウェイで登るので見くびっていたが、ロープウェイを降りた所からお城までが凄い山道なのであって、明日ぐらいからきっと足がすごい筋肉痛を起こしそうだ。
年をとると筋肉痛が二、三日後にやってくるのは どういう訳なんだろうね。

そんなこんなで夏休みも終わった。

海老フライの海老を買った時、
好きな数だけ袋に詰めてレジで数えてもらうシステムだったのだが、
レジの人が7本ですか、というのに8本です、と正直に答え、レジの人がニッコリした。

7本ですと言ってしまえば98円得をするように思えるが、さにあらず。
ズルして98円少なく払っても、なんとなく押し寄せる後ろめたさは98円分の損では済まない。



d0101846_07581103.png
岐阜城からの眺め。北西の方向。山の向こうは越前方面か。
平野の中に山が重なっていく景色。
川は長良川。ここの平野には三本の大きな川が流れている。

信長や斎藤道三はこういう眺めを見ていたんだね。
しかし、毎日この城に登るのは大変だったろうな。
400メートルくらいの岩山の上に建ってるお城。これは敵に攻め落とされる事はなさそうだ。
お城は建て替えられたもので、味気ないが、いつ元のお城は消失してしまったのだろう。
今、名古屋城が工事をしていて面白い観光地になりそうだ。
名古屋って、何も観光の目玉がないものね。おかげ横丁のようになるとか。
期待しよう。







[PR]
8月21日 月曜 曇り 旧暦 6月30日
d0101846_06231817.jpg
テンション落ちるな、気分あんましよくないぞ、
やっぱり、
台風発生してる。

あとひと月はこういう日が多いよね。

いちぢくのシーズンだね。

これからおいしい果物の季節でもあるし、

うす緑のマスカットだって登場。


※ ※

牛乳石鹸はこの頃よく使ってる。
コンビニに置いてあるから買いやすい。
青箱より赤箱がいい。

このCMが今、話題というか物議を醸しているらしい。
私も観て、なんとも言えぬ複雑な心境に落ちているのだが、この複雑な思いの正体はなんなんだろう。と、宙をさまよっている。








[PR]
8月15日 火曜 雨、曇り 旧暦 6月24日
d0101846_06405496.jpg
雨が降ってきて涼しくなってきた。

カリモリ漬けその後。

8月10日

去年の粕に漬けて塩抜きした第一弾のものを、新しい粕に漬け込む作業。
第2弾、カリモリ9本塩漬けにする。

8月14日

第2弾の塩漬けを半日日干しして後、今度は新しい粕の中に直接漬け込む。
粕が少し足りないので、もう少し買い足そう。

d0101846_06410975.jpg
順番は逆であるが、練り粕3・5キロにザラメ1キロを混ぜている所。
今年のは何故かえもいわれぬ芳醇な酒粕の香りがしないのが不安である。

d0101846_06412261.jpg
これまた順序が逆だが、使用する桶とそれに敷き込む漬物用ビニール袋、
酒粕とザラメという材料と道具を並べてみた。
漬物をするにはやはり道具をちゃんと揃える事が効率的であります。

8月10日に新しい粕に漬け込んだカリモリを試食してみたら、まだ塩気は多いものの、お茶漬けのお供などには充分食べられて、美味しく出来ていた。
夏は塩分は多めに取った方が体がシャンとする気がする。





[PR]
8月10日 木曜 曇り
d0101846_06301086.jpg
今日はまた除湿がいる天気。しかたない、
この先雨なのかというとそうでもないようだ。

夏休みも、明日からお盆休みとなり、お昼ご飯作りも休憩に入り、前半終了ということになる。

左上から、
里芋とサツマイモの蒸しただけ。 買い出しドライブに行った日の買いたての野菜を即蒸した。
蒸した里芋に生姜醤油をつけて食べる、これはおいしい。
サツマイモは、蒸すより天ぷらがスキ。

右上は、ワンプレートランチ。
この日は和風のものが多い。
ご飯には海苔の佃煮。これもたまには食べたくなる食品。
目玉焼きに、お揚げの焼いたんと、モヤシのポン酢かけ、レタスに冷奴、という感じ。

右下は、
夏には一度は食べてみたくなる胡瓜サンド。
これは黒瓜を使っているが、若干ひねていて、歯ごたえがぐんなりしてて残念。
もうちっと早い時期に黒瓜は食べなきゃ。
もう一回質のいい胡瓜をはさんでパリパリ食べてみたい。
けれども何はともあれ、バターを染み込ませたトーストにマヨネーズまでつけてあるので、それだけで最高に美味しい。
イギリス人って胡瓜サンドを有難がって食べているようなので、なんなのよ、きゅうりだけのサンドイッチって、と気になって始めたのが最初。

左下、はこれまたある日のワンプレートランチ。
この日のメインはハヤシライス。
冷凍の串カツを揚げるついでに、庭で取れたての野菜を揚げてみる。
そりゃぁ、揚げたて野菜の方がおいしいよ、串カツよりもね。
特に獅子唐の葉っぱも付けて実を天ぷらにするのが、美味しいのだ。
獅子唐の葉っぱ、唐辛子のいい香り。
自分ち野菜ならではの調理法。
ミニトマトも天ぷらにした。


昨日はやっと美容院に。
ああ、さっぱりした。




[PR]