カテゴリ:今日の美しいもの( 386 )

9月6日 水曜 雨 旧暦 7月16日
d0101846_06400089.jpg
雨だ。窓から見える樹々の緑がうれしげだ。
今日は睡眠がうまくいって、ちょうど好い加減な時間に起きたので、ガスレンジの下の不用品を分別してゴミに出す仕度をした。

中くらいの大きさの重たい石が二個出てきた。
銀杏を割る時の台にしたり、ちょっとしたお漬物の重しにする石だ。

ところで、これ、どれが石なのかわかるかな。
石でないものも混じっているのだが。

この石は、層になっていて、ミルフィーユのようである。
この石がどうやって出来たのか、興味は尽きない。
この中の1つはよく行く川の側の小山で拾ってきたが、その山の立て札に書いてあることには、二億年前の地層が盛り上がりまた、再び沈んで、また再び盛り上がった、というようなことが書いてあった。
二億年前! ロマンだ。

この前行った岐阜城の石垣もこの石で出来ていた。もっとも昔からのものかどうかは疑問だけど。この石がこの辺り一帯によく産出するようだ。



昨日は黒沢映画の「羅生門」を観て、原作の「藪の中」も読んだ。
どちらもネットで直ぐに調達できる便利な世の中である。

前に観た時はフィルムに雨が入ってるというか、とても見辛く途中できっと寝てしまったのだろう。
今度のはアマゾンのプライムにあったのだが、デジタル加工されててずいぶん見やすくなっていた。
京マチ子、すげ~。
真相が解らないこと、人によって見方が全部違うという現象をアメリカで外来語として「ラショーモン」というふうに使われているというので、みてみたのだ。

人の記憶なんてほんとに当てにならないのだ。



今日の拾い言葉

人は見えてるものを見るのでなく 見たいものを見るのだ
(どこで拾ったか忘れた)



d0101846_06401201.png






[PR]
8月7日 月曜 曇り 旧暦 6月16日
d0101846_06205143.jpg
台風のせいか、カーテンを開けたら、外が黄色かった。
何かと忙しい8月7日。

d0101846_06312200.jpg
梨の初もの。
一個食べてみたら、たまたまのハズレだったのかも知れないが、甘みまるで梨。と、ダジャレてる場合でもないが、なんだろう、気候不順のせいか。
去年はあんなに甘かった生産者直売梨。



暑い暑いとクーラーをつけ、体がやっぱり冷え込んでしまっている。
くるぶしから上20センチほどは、触っても冷たくなっている。
なんとかしなくては。
このまままでは喫茶店も入れない。
スーパーも冷蔵物の売り場は駆け足で通り過ぎねばならない。
なんとか、この星で適応していかないと。

この台風が過ぎ去ったら、自然の風の中に戻ろう。
また次が来るのかもしれないけどね。




[PR]
8月5日 土曜 曇り 旧暦 6月13日
d0101846_06324699.jpg
電気代の請求がきたが、なんと前月比プラス2000円で収まっている。やった。

あ、晴れてきた。

うつ伏せに寝てしまったのか目が腫れている。


※ ※


空想は知識より重要である。
知識には限界がある。
想像力は世界を包み込む。

(アインシュタインの言葉)

アインシュタインと言えば、あの あっかんべー してる写真が目に浮かぶが、
案外あれ本気で あっかんべー してたんじゃないかな。
じつはトンデモナイ詐欺師だったりしてさ。

イロイロと聞きかじりの知識を元に想像すると、

私の他に、もう一つの私が地球の外から私を見ている。
ここにいる私はゲームの駒。 アバター。
私の思考は宇宙に飛び、巨大なAIに収められエネルギーとなる。
円錐形が二つ、リボンのような形、。
思考は光よりも速く宇宙に飛ぶ。

なんちゃって。

d0101846_06304384.jpg
問題をつくりだした時と同じ考え方では、その問題を解決することはできない。

(アインシュタイン)



[PR]
6月20日 火曜 曇り 旧暦 5月26日
d0101846_06081012.jpg
去年もやっていたが、芥子の花がもう直ぐ終わりなので、咲きたてを摘んでこんなことして遊んで、朝から調子いいようだが、疲れている。

ぼんやり度も忍び寄ってるようで、先日、ATMでお金を引き出した後、信じられないことに、キャッシュカードを置き忘れた。
全く気付かず、ピーピーピーと鳴る警告音も耳に入らなかった。

場所はショッピングモールのATMコーナー。
横に休憩所のようなソファーが置いてあるのでそこでバッグの中を整頓して、この間30秒くらいかな、その後ATMの前を通り過ぎた辺りで、若い赤ん坊を抱いた女の方に呼び止められて、キャッシュカード、忘れてませんかと差し出された。

えええっ、まさかまさか、と老眼の目をこすって名義を見ると確かに自分のものである。
舞い上がってしまって、とにかくその親切な可愛らしい若奥さんに超ド級に感謝のありがとうを伝えたのだ。

舞い上がって、状況を尋ねるのを忘れてしまったのが悔やまれるのだが、
なんだか、タイムラグがあるのである。
その奥さんが自分の後ろに並んでいて、ATMの前に立ったらピーピーと鳴っていたのだろうか、自分の用事を済ませたあと、人のカードを持って、持ち主を探しにうろうろしてたんだろうか?
それとも自分の用事を投げ打って私を追いかけてくれたんだろうか。

うーむ、自分だったら、他人のキャッシュカードに手を触れるのは、憚られる。
どんな災難が降りかかるかわからない。
まず、見渡して忘れ主が居なかったら、ボタンを押して係員に委ねる。

あの若い親切な奥さんは、若くて純粋なのだ。
私などはもう古狸で垢にまみれているのだ。

けれど、世の中には親切な方がいっぱいいる。
私はそういう人に当たっている。
世の中は悪い人ばっかりとは、とても思えないのだ。

渡る世間は鬼ばかりと脅かされていたが、そうではなかったのである。
以前も財布を落とした事があって、中に電話番号を記したものがあったらしく、電話をしてくれて、近所の商店街だったけれども、そこで待っていてくださった方もあったのだ。
不器用なタチで、咄嗟のことに、なんの物質的なお礼もしていないことが悔やまれる。

だから、できる限り、自分も人に親切をお返ししたい、そう思っておる。






[PR]
6月18日 日曜 曇り 旧暦 5月24日
d0101846_07310131.jpg
外に出たら、雨が降る前の土の匂いがした。
やっと雨が降る。
雨雲は今はまだ南の海にいるが、今夜は雨マークが出ていた。

自分へのご褒美にラピスラズリを買った。
ラピスラズリ 瑠璃とも言う。
瑠璃という言葉に昔から惹かれていたっけ。
ルリ子さんって名前にも憧れた。

この前普段行かないショッピングモールに行った時、ふと天然石の店に入って、その時は水晶のカケラとか見ていて、なんだか、そっち系ぽいよな、と自分を笑っていた。

家に帰ってから、その店にあった2センチ玉くらいの水晶のブレスレットが気になったが、いや、この際、ラピスラズリが欲しいと思ったのだ。
で、しばらくラピスラズリのことを考えていたら、何ヶ月も行っていないデパートの催しでまた石やが出ていた。
こういうのは巡り合わせとしか思えない。
ラピスラズリを持ちなさい、というお告げのような気がしたのだ。

ラピスラズリのパワーを調べてみると、これまた今の自分にぴったりな事柄。

邪気を退け、
怒りや危険を回避してくれて、
心にある誤った考え方を正して、
魂を磨くサポートをしてくれる、

なぁんてことが書いてある。
他の石のパワーも調べて見たが、どれもピンと来るものはなく、これが一番ぴったりなのだ。
お告げでしょうね。なむ。

[PR]
6月11日 日曜 曇り 旧暦 5月17日
d0101846_06350446.jpg
なんなの、温暖化より、やっぱ寒冷化なのか。寒いよね。

あまりニュースに反応しなくなってますが、「南極 棚氷 分離崩壊寸前」
というニュースには少々反応しております。
なんでも、千葉県くらいの大きさの氷の塊が分離して行くそうです。

ということは、南極の辺りはいつもより温度が高いということなのかな。???

南極って鍵だよね。 うふ、なんの鍵だって聞かれても困るけど。。秘密が多いってことで。

小学一年生という雑誌に華々しく南極観測隊の絵が出ていて、タローだかジローだかの犬がヒーローだった。
子供心に、変だなと思ったものよ。
ビンボー人は麦を食え、なんてことが物議を醸している貧しい時代に、なんでわざわざ氷の世界に出て行って、いったい何をしようとしているのか不思議だったわ。

今考えると、下々にはわからない何かがあるのね、きっと。

一体これから何が起こるのだろう。ワクワク。






[PR]
6月9日 金曜 晴れ 旧暦 5月15日
d0101846_06535014.jpg

寒いので、わずかに残っている既製服の長袖シャツを着てみたが、肩が凝る。
やっぱり自作の服の方が快適。

さて、金曜なので、宣言どおり食器を一部捨ててきた。

いやはや、食器を捨てるは、おおごとなり。
重いもので指定のやわいゴミ袋には少ししか入らない。
毎回少しずつ、じわじわと捨てていかねばならない。

今日の写真は、捨てようとしてゴミ袋に入れたのだが、やっぱり取っておこうというブツである。

これね、レストラン廃業セールで買ったんだけど、⋯ 使い道ないよね。。
ソフトクリームうちにないもん。

でも、レアなものだからなんとか使い道を見つけたいと思って。

手始めに台所のスポンジ置きに。

うん、蟹を食べる時のおしぼり置きなんてのはどうだろう、とか。

そーいうことで、物を捨てるのはほんと大変よ。



[PR]
5月16日 火曜 晴れ 旧暦 4月21日
d0101846_05563316.jpg
ネットサーフィンをしていたら、地球平面協会 ってのを見つけた。
地球は球体だと信じられているが、じつはそうではなく、平面なんだという考えの人の集まりなんだそうだ。
⋯いや、、そこまでいくと、いくら私だって、それは有り得んだろう、と。

しかし、頭から否定はしない。
どういう根拠でそういうことを言っているのか、確かめずにおれない。
何しろその団体、南極に行く船をチャーターして、地球の端っこがどないなってるのか、実際に確かめるとまで言っている。 その後どうなったのだろう。
その団体曰く、地球は円盤型になっていて、中心が北極で周辺は南極で40メートルくらいの氷の壁になっている、、と言うのだ。(人間が落っこちないように)
(落っこちたらどこへ行くのかそれにおおいに関心がある)

その人たちの最大の根拠は、事実(とされているもの)と実感が合致しない、ということらしい。
確かに地球が1日1回転してるって計算すると凄いスピードらしく、洗濯機の脱水機に例えられると、ふーむ、、と沈黙してしまうのである。

しかしながら、宇宙は球体のもので出来ていると言う頭があるものだから、だって月も太陽も、星も球体ではないのかえ? そんな円盤型と言われても、、

しかし、今見てる星なんかはイリュージョンだという説もある。

この人たちの言っている事で、おおいに共鳴することは、太陽は言われているほど遠い距離にあるのではない、と言っていることだ。
これは前々からの持論で、
これは雲間から差し込む光の様子など見てると、とても何万キロも離れた所にあるとは思えないし、第1、そんな遠いところから熱が届くってのが最大の謎。
それに、太陽と月の大きさって肉眼で見てほぼ同じというのもアレよね。

え?NASAの画像? あれはニセモノよね、そうそう、nasaのマークの赤い部分って、あれ蛇の舌なんだよ。ナサって言葉も騙すという意味があると言っている。

円盤型だとしたら、それって天空のラピュタみたいなもの? くくく、もし本当だったらほんとどうして頭を組み立て直したらいいの。

で、なんでそんな嘘つく必要があるのか、ってみんな思うだろうけど、そこよ、そこがポイント。
なんでいろいろ秘密があるのかってことよ。



タティングレースの美しさに惚れ惚れして自分でもやってみようかなと、思ったのか思わなかったのか、、道具を買って◯に進呈したら、ちょこちょこやっているらしい。
おおすごいぞ。細かい。
もう一つ、アルテミアの卵というのが送られてきた。
へんな◯◯である。


d0101846_07572753.png
今日のみみちゃん
カメラの紐にじゃれつく。



[PR]
5月8日 月曜 晴れ 旧暦 4月13日
d0101846_06322983.jpg
連休明け、月曜の朝。行ってらっしゃいまし。

連休明けのゴミ捨て場はちょー満パイ。
カラス除けのネットを被せてあるのだが、もうこの時間で一杯。
見るとカラスに関係のない植物の切り屑の袋がたくさんある。
ちょうど、積極派のAさんが現れたので、いっしょに切り屑のゴミだけネットの外に出した。
何事も臨機応変に考えを巡らすということが大事であるヨ。
カラス除けのためにネットがあるのであり、カラスにつつかれる恐れのないものまでネットの中に入れたのじゃ、肝心の生物の入ったゴミ袋がネットからあふれてしまう。

そう、臨機応変がダイジ。

[PR]
5月6日 土曜 曇り 旧暦 4月11日
d0101846_07145459.png
ちょこっとだけ残された自然な砂浜で貝を拾う。
陶片と青いガラスのかけらも拾う。

昨日は急に夏のように暑くなって、気分がすぐれなかった。

朝、やっとこ耕したわずかな畑に、トマトを二本と茄子を一本、獅子唐を二本、植えた。
この前植えつけたアスパラからは、細〜い細〜い玩具のようなアスパラが出ていた。

あと、そうだな、モロッコインゲンなど植えたいな。

春先に植えたサニーレタスと、焼肉用のレタスはよく育って来た。
豌豆にはまだ花は咲かない。

そうそう、去年何か植えてた所から、蒔いた覚えのない向日葵や、藍のような植物、麦のような葉っぱなどが出て来てるが、だれか種を蒔いたのか聞いてみなければ。


d0101846_07291226.png
くろりが水を飲むときの音は天下一品の音楽である。
じつに、うれしそうな、美味しそうな音をたてて飲む。

猫が行方不明や迷子になった時、水を何処で飲むのだろう。
うちには、何箇所か水を飲む所がある。
バケツの水でもいい、水辺が少しだけあると、生き物が生きていける。お助け水。
鳥が水浴びに来たりもする。
お堅いことは抜きにして、少しだけ優しくあれば。トオモフ。




[PR]