カテゴリ:クロスステッチ( 10 )

12月7日  日   曇り   旧暦 10月16日  大雪 そらさむくふゆとなる
d0101846_08104327.jpg
寒さのせいなんでしょうか、パソコンからブログを呼び出しても、サーバーに繫がっていません、という表示。
やっと繫がったけど。。

もう寒いの寒いの。
こんなに急に寒さがやって来て、ちょっと付いていけない。
まだ寒さを迎える準備ができてないのに、やってきちゃった、って感じ。
客が約束の時間より早く来るってとこかな。

なにかそういう映画があったな、客が約束の時間より早く来た、早く来た、と嘆く映画。なにか別の意味があるのだろうな。

そんなこんなで、きのうは雪までチラついたのでした。

家の中から庭を見ると、葉が落ちた木蓮や土佐ミズキに、早くも花のつぼみがぷっくらと付いているのが見える、そんな冬の朝であります。



[PR]
12月4日  木  小雨   旧暦 10月13日
d0101846_07295446.jpg
さて、テレビも新聞も読んでないとなると、世間さまの話題からどーもずれるようであります。
なにやら老人をだまして財産をかすめ取ったという中高年のおばさんの話が忘年会で出たのでありますが、わたしゃ、それが数年前の同じような事件の事を言っているのかと思えば、さにあらず。今度は結婚相談所をフルに活用し、何回も何回も相手を手玉に取って殺しちゃった、、(らしいの?)なぁんて事件らしいですね。

テレビをつければその話で持ち切りだとか。
あれ?でもその話、ネットでぜんぜん引っかかってこなかったんだけどなぁ。
亭主が数日前そういうこと言ってたけど、また古い話をするなぁと思っておったのだ。
前の事件でもそうだが、今度の事件の主役も一様にみんなが言うには
「なんであんなレベルの人にころっとだまされるのやろう、おとこって」
というのが共通した感想なのであります。
あれが、超美人だったりすると、我々は納得がいくのであります。

ついこの間、自分には「くねくね力」というのが欠けている、とハタと気が付いたのでありますが、きっとこういう人たちはその手の達人なのよね。うむ。達人よ。
達人の域にまで達しないとあかんのよ。

くねくね力のないワタクシは、きのうのゴミの日に出さねばっ、っと、固い段ボールを無理こじ平らにして、紐で結ぶのに体力限界まで使い、挙げ句、また歯の根がうずいているのでありますよ。
もう、こういう時に、くねくねっとしてやってやってとやらさないかんのやね。

あ、ところでね、その事件ってコトが発覚したのは去年ではないの?
それが今頃話題になって世間をにぎわしてる、というのがどういう意味か考えたほうがいいと思うなり。
みんなの関心をそちらに惹き付けて、何かを誤摩化してるのよ、きっと。







[PR]
12月2日  火  晴れ    旧暦 10月11日
d0101846_07311782.jpg
残念。銀杏並木の銀杏はもうこの風で落ちてしまっただろう。
今年も銀杏並木を見逃してしまった。
今日出かける用事があるのでついでに見てこようと思っていたのに。
樹から落ちた落ち葉がまだあるだろうか。
勇んで見に行って、清掃車が来てたりしたら、またショックで熱が出そうだし。。

さて、めっきり寒くなりまして省エネの為早起きしても、じっと布団の中で瞑想して、今日のブログは何を書こうかな、とか考えていたのですが、考えた事はすべて忘却の彼方。

電気絨毯を敷いて机に向かっていると、いろんなものが出来上がってくる。やっぱり何か作るのって楽しい。
そうそう、こういう手仕事やら絵を描いている時って、呼吸が深くなるのではないだろうか。
私は肺活量とか握力が人より可成り劣っていて、呼吸法とか深呼吸しなさいとか言われて呼吸を意識すると、呼吸困難な感じになるのだけども、こういう糸をすうっと刺してすうっと抜く、とかいう動作をする時は、呼吸がいい具合になっているのではないかと思うのだ。

このクロスステッチ用の布目、かなり細かくて、続けてやっていると目がかすんで来て布目が見えなくなり、写真で見ると落ちてる所もあったりめちゃくちゃであるが、よく見えないからいいのだ。
これをブローチにするね。



[PR]
d0101846_7233198.jpg

この季節にしてはみょ〜に生暖かな変な朝です。
クロスステッチなんか始めてみました。何年ぶりだろう。目が疲れると言ってはこんな事やってたんじゃダメですが、なんだか出鱈目のかんじでちくちく刺してます。ほとんど布目が見えてない感じ。
クロスの方向がきっと上下の重なりとかバラバラになってんだろうな。
これも編み物と一緒で深く考えず手だけ動かしてればいいから気分転換になる。

昨日の続きみたいな感じですが、この人おもしろいこと言うな、とのめり込んで読んだり聞いたりする時、気をつけてるのは「洗脳されちゃいかん」ということを頭に置いてるんですが、そう心配せずともこういうのって月日が経つとなんとなく見えてきますね。
三年前、この先生のいうことはちゃんと聞いておかなきゃと思って一生懸命読んでたものが三年経つとどうも胡散臭く思えてくるのは、これは自分が成長したからかもしれない。

人が洗脳されてると、あああの人達洗脳されてるとか他国の人を笑ったりしてるが、笑ってる人がほんとうはどっぷりと洗脳されている事に気が付いていない、ということもある鴨しれない。
[PR]
d0101846_7451461.jpg

未発表(多分)のクロスステッチ。
一時期、この細かいクロスステッチが楽しくてね。このステッチのいいところは図案を布に写さなくてもいいところかな。パズルみたいにどんどん刺していけば形になってくるし。

でも、もうだめ、目が疲れちゃっていけません。

どんどん目も悪くなっていくし、今描いてる小さな絵なんかもそのうちキツくなるだろうなと思うております。そうなったらそうなったで、念願のえいやっと元気よく描く絵に変わっていけるかなと、それもまぁ、楽しみではあります。
[PR]
d0101846_5194113.jpg

昨日は主義を曲げて、部屋にクーラーを入れたので、久しぶりに撮影会をした。
画像は、たんまり蓄積。

今朝は3時に起きてしまった。夜明けを待ったが、ひと月前に比べると随分夜明けの時間が遅くなった。ついこの間まで4時には明るかったのに、5時近くにならないと、明るくならない。季節は秋に向かって進んでいたのだ。
[PR]
d0101846_734884.jpg

これが、我クロスステッチ歴最大の作であります。 例によって、刺しただけで形にはなっておりません。  もう、クロスステッチのストックはないぞ。。 いっちょ新作に取り掛かるか、、小さいものをね。
(コサージュのようなのは、フリーマーケットで入手。マフ、あのロシア人が手首に手袋代わりに使うものね、それに付いていた飾り。 どこのだったか忘れたが結構なブランド品)
[PR]
d0101846_761229.jpg

こんなのもあったのだ。  ステッチだけして、仕立てていない。 一時、クロスステッチしか
しなかった年があった。  これも、目が疲れる仕事だ。

米   米
シニア割引で「三丁目の夕日」を見てきた。   シニア割引とは、50歳以上のカップルで行くと映画料金が一人千円になる割引だ。 映画も随分ご無沙汰している。 ずっと一緒に行っていた映画友達と疎遠になったので、しかたなく、亭主と行く。 映画館って車でないと行けない場所にあるからしかたがない。
期待しなかった「三丁目の夕日」だが、冒頭のシーンだけで、500円分の値打ちはあった。
拍手。
薬師丸ひろ子のお母さん役がいい。  セーラー服の薬師丸ひろ子ちゃんが、いつのまにか
目じりにもそれなりのしわをつけて、お母さん役をやっている。 ~月日は流れた。。
[PR]
d0101846_8574762.jpg

実家にわすれてきた眼鏡、宅配便で届きました。  
あらためて眼鏡がないと何もできないということを痛感。
わたしにとって一番大事な道具は眼鏡ってことになるかな。
眼鏡の話などあまりしたくありませんが、それまで眼がいいほうだったもので、もろに
老眼がやってきました。40代半ばごろからやってきます。最初百均のもので間に合わせていたのが、どうにも、眼が辛くて、5年ほどまえ、初めて眼鏡というものを誂えました。
かなり乱視も入っていたようで、それも調整してもらったら、とても楽になりました。
ただ、近くのものを見るときだけのものですから、つけたり外したりの面倒なこと・・・

外したときに立てておく眼鏡ケースを作りました。
手遊びで始めたクロスステッチで、アヒルの連続模様。
テープ状のステッチ用の布に刺してます。このテープは便利ですね。
[PR]
d0101846_10273963.jpg

昨年、それまで せっせと、そう もう20年もいろんなものを、つくりに つくっていたのが
急に しゅわしゅわしゅわ~っと、やる気が抜けてしまったんです。
そんな時、以前素晴らしいクロスステッチをみたもので、一度やってみようと 始めたのです。

とにかく 初めての分野でしたので、図書館で図案集を借りて、その通りにやってみたんです。
わたしの場合お手本どおりにやる ということがほとんどなかったので、逆に心地よくって、楽しくって ハマってしまいました。

クロスステッチのいいところは、布に図案を写さなくてもいいところですね
最初いったいどこから始めたらいいのか戸惑いますが、いったん針を入れると、次々繋がっていくのが また楽しいのです。    布と糸だけで、散らかることもないので、結構 私としては
ストレス解消になりました。    出来上がった時の嬉しさも格別のものがありますよ


ということで、今日はデジカメのケースをご紹介
図案はふるーい「私の部屋」という雑誌に 載っていたのを使いました。 色はオリジナルです。
[PR]