カテゴリ:日々のこと( 762 )

3月24日 金曜 晴れ 旧暦 2月27日
d0101846_05555677.jpg
d0101846_05553660.jpg
最近またハマってるものに、いわゆるスピリチュアルと言われるものの動画、
これは妙に甘い香料の味付けがしてあったりするので、オススメする事はできないのだが、
言っている事は腑に落ちるのである。
音楽が癒し系なので聴きながら瞑想っていう使い方も出来る。

それで時々、こういう言葉を書き留めているのだが、
右側に書いてある職場のイヤな同僚のことね、
こういう人は身をもって貴方に教えを与えるために登場するのだ、というような事を言っている。
同僚ではないけれど、身近にいる人がまさにこれで (ちなみに連れではない)
私はまさにこの人を分析 研究の対象にさせてもらって、実に多くの気づきを得た。

この人を研究していると、どうしてこの人の人生がうまくいかなかったのか、それが明確にわかってくる。
まず第1が「言葉」であって、口から発する言葉がその人の人生を決めるという実験のような人生を見せてもらった。
発した言葉はそのままその人の人生を作ってしまう。
意識は現実化する っていうことである。

だから、悪いことを考えそうになったときは、早急に頭を切り替えるか、何も考えないようにすることだ。

言葉に呪われた人は自らの意思を持ってこの負のスパイラルから抜けようと固い決意をしないことには抜ける事は出来ない、
ってなことをこの宇宙人なんだかよくわかんない人が言うのだが、
これって、何十年もかけてこの困った人を観察研究して来た研究成果そのものなんだよね。


[PR]
3月17日 金曜 晴れ 旧暦 2月20日
d0101846_06472020.jpg

ツマ サウジの王様に勲章だってさ、知っとる?で名前がサルマン国王? なにそれ、 ホビットにもそんな名前の出てきたよう な、、

オット ⋯

ツマ 知っとるきゃぁ? 東京大空襲指揮した軍人が戦後日本の勲章もらっとるんよ、

オット ぇ? それ誰から貰っとるの。

ツマ そりゃぁ、勲章だから〇〇じゃないのかね。


(オットここで自分の知識を披露する)

オット 知っとるか、東京大空襲の時も落としていいとこと悪いところ考えて落としたんだぞ

ツマ そうだ、〇〇には落とさんかったっ。

オット 神田の本屋街も落とさんかったらしい。

ツマ んだから、その意味ってのをよーぉ考えてみんかい ‼︎

なぜにテレビで言うことなんでもそうかそうかと、ろくに考えもせずに、ぼ ーぉっと 感心して聞くのかねぇ、ええ加減に目ぇ覚ましたらどうやねんっ!

オット ま、またそれや、、 (すごすごと退散)

(ツマさんはネットの情報鵜呑みにせんように気をつけましょう)


[PR]
3月13日 月曜 曇り 旧暦 2月16日

d0101846_06464721.jpg
妙なことでこの本を買ってしまったのだが、今、銅版画をやるつもりはない。

猫エサを買おうとして密林探索をしていた。
モンプチに変えてみようかなと探ってたんだけど、猫エサの中になんでだか急に銅版画のプレス機が登場した。
なんなんだこれ、どうして猫エサの中にこんなのが混じってるのよ、とよーく見るとこの機械の名前がモンプチって言うらしい。
引き寄せられるようにクリックしてみて銅版画の世界に迷い込んだ。
銅版画のプレス機って、とても家庭内に置けるようなものじゃないと思い込んでいたが、小型のものもあるんだね、というようなことがわかる。

ずっと以前に銅版画家の方とお知り合いになり、銅板をいただいて、やってみなさいと言われ、釘かなんかで彫ったものを、プレスしていただいたことがある。

これの出会いもなんだか不思議な感じで、何故にわざわざ親切に銅板を下さり、プレスまでしていただいたのか、ってことが不思議なことで、その時は、銅板を釘で傷付けるのに力がいって、あまり乗り気になれなく、それっきりになってしまっている。
習いに行こうかしらともチラッとは思った覚えがあるけど、出不精なのでやめた。

という経緯があって、今回のモンプチである。
なんだかこれは「お告げ」というか「引き寄せ」というか、そういうものを感じたので、本を買うだけ買って積んでおくことにした。

こういう偶然を軽視しちゃいけない。
本はパラパラ見たがいかにも面倒そうで今の所読む気は無い。



[PR]
3月11日 土曜 晴れ 旧暦 2月14日
d0101846_06415101.jpg
我が家に太陽がやってきた。

居場所の正面の壁に鏡を取り付けた。
家人のひとりが持ち込んだ趣味の悪い丸い鏡を取り敢えず取り付けたのだ。
座っていて外の様子がうかがい知れる。
あ、今日はよく晴れてるなとか、雨降ってるのかなとか、時々は県道を通る車も見える。
鏡で世の中と接しているというのも如何なものか、、ではある。

今朝はこの鏡の真正面に太陽が昇ってきて、部屋の中に太陽がやってきたのだ。

d0101846_06475258.jpg


しばらく朝外に出てなかったが、やはり太陽の光は直接浴びなきゃというので庭に出てみると、寒い。薄く氷が張っていた。
薄氷を剥がしてプリムラを一輪添えてみた。









[PR]
3月9日 木曜 晴れ 旧暦 2月12日
d0101846_05113456.jpg
よかった、灯油買っといて、そんな朝。

冬中この場所にべったり座り続けて、掛けてあるファブリックが擦り切れてまいりました。
横の壁にモノが増殖し始めました。
ビニール製のウォールポケットが小物整理に役に立っています。 100sです。


d0101846_05110138.png
昨日は雪の舞い散る中街中に出た。
テイシュが林檎屋に行くののお供。

何か思わぬことが起こり大喧嘩になりはしないかという心配は 無用であったのでホッとした。

栄になどもう滅多に出没しなくなったが、やはり都会というのは刺激的かな。
ふと、歩道を見ると、年の頃50〜60くらいだろうか、女の人が台車に生活用品らしき荷物をいっぱいくくりつけたものを押して歩いて行く。

あっ、女の人の路上生活者がいるよ。
よく見るとその女の人はそんなに汚れてもいないし、着ている服もファッショナブルと言えなくもない格好をしている。
髪だってソバージュにしていて、80年代の大橋歩さんの絵に出て来るような人だ。
長いウールで出来た タックスカートをはいて、上の方の色はすごく鮮やかな色のものを。

何なんだろう、成りたての路上生活者なのか、 女の人の路上生活者って珍しいよね、でもあの荷物はどう見ても路上生活者っぽいよね、とか言い合った。

そして林檎屋で無事お買い物も済んでふと店内を見ると、なんとさっきの路上生活者だって思った彼女が店の中にいるのだ。
店員さんと元気に話をしている。
えええっ、なに?どういうこと?
路上生活者だなんて見たのは、やっぱり私の早トチリだったのか。
でも、例の台車は店の前に置いてあったとテイシュが言う。

あの人もう一回会いたいな。
何だか「師匠っ、お会いしたかったです!」ってかんじ。
何だか、悟りをすでに開かれているような崇高なものを感じるのが勘違いなのかどうか確かめてみたいのだ。

[PR]
2月11日 土曜 粉雪降り積もり中 積雪2センチ 旧暦 1月15日
d0101846_07512667.jpg
選択肢が多過ぎるよ、って最近ずっと思ってて、
そう、何をするにも選ばないといけない。

ちょうどピッタリなTEDの動画があって、溜飲が下がる。



この動画では、スーパーにドレッシングの種類が175あったとかの例が上がってる。
身につまされるのは電話だよね。
ずっと先延ばしにしてるフレッツをどこかに変えなければいけない。
携帯も未だガラケーと言われる旧式の。
これも近い将来なんとかせねばならないのだが、

もうっ!わかんないっ!

いろんな選択があり過ぎるんだもん。

すごく安いのも出てるし、タブレット端末って選択もありそうだし、タブレットに受話器を差し込むってのにも惹かれるし(笑

電話だけじゃないよ、最近は電気も自由化されちゃって、こちらにするとお安くなりますよ、とかのオススメも来る。
でもこういうのってしっかり調べないとね、、とこれも先延ばしに。。

で、結局調べるのにすごく時間掛かるし、決断もできないし、この動画が言ってるように、

無力感に陥る。⋯ってことに。

医者に掛かっても、治療法を自分で選択しなきゃならないなんてむごいよね。
こういうのって、あっちにすればよかった、っていう不満がずっと付いてまわるよね。

化粧品を買おうとドラッグストアなんかにいってごらん、どうやってこのたくさんの中から選べばいいのよ。
前に買ったのが気に入ってても次補充するときそれがあるとは限らない。
化粧下地、気に入ってて使ってたの、無くなったので買いに行ったら、同じのがない。
あれぇ、これ色が違うよね〜ま、いいか。
って買って帰って顔に塗ってみたら、シミ隠し用だったらしく、ものすごい密着度で、洗っても落ちない ! 洗顔クリームでやっても落ちない !
歌舞伎役者級にべっとり白く張り付いちゃって、オリーブオイルでやっと落とした。
と、いうような失敗も。
前に使ってたのもよく読んで見ると、目の周り用だったらしい。
こんなの顔中に塗ってたんだけどいいのかしら。

選択肢が多いのはいいことなんだろうけども、やっぱりこうも種類が増えると無気力になっていくってのわかる。
精神的にはかなり負担。

思い出してみると、前はちゃんと選んでくれる販売員がいたけど、最近は自己責任で選ぶんだよね。
それってヒジョーに面倒なことだよね。

結婚や就職に関してだって、いろんな選択肢が有り過ぎて、それが幸福なのか不幸なのかわかんなくなってるよね。

[PR]
2月8日 水曜 晴れ 旧暦 1月12日
d0101846_07152351.png

グルグルつばめ食堂さんちで、とっても感動なYouTubeが出てたのでシェアします。
動画を見る時間が取れない方のために、ボードの言葉を集めてみました。
(気になったら時間のあるとき見てみてね)

何から感想書いていいか頭がまとまっていないが、
「どーせ無理」って言葉で夢を潰されちゃった人多いだろうな。
ひょっとしたら自分だって加害者になってるかもしれない、と思うとちょっと怖いね。

もし、まごっち達が、野球選手になりたいだとか、ジャニーズ事務所に入りたいだとか言ったら⋯⋯

つい言ってしまいそうだよね^^

夢を持ちなさいと言われて、持ったらばそれは無理って言われてしまったら、何をしていいかわかんなくなるよね。

人には自信がいるよね。自分を信じられなきゃ人も信じられない。
自分に自信がないと人に意地悪するよね。

お金で自信を買うってのもカナシイ。

どーせ無理、なんてこと言わないで、だったらこうしたら、って言えばいいよね。
野球選手になりたいと言えば、練習して誰にも負けないような腕を磨きなさい、っていえばいいし、
ジャニーズに入りたいといえば、お顔をちゃんと洗ってお手入れしなさい、爪もきれいにね、音楽と踊りも精進せよ、と言ってあげればいいのだ。

思いは叶う、思わなければ叶わない。思うこととそれを行動に移すことだよね。
卵を割らなきゃオムレツは作れない。

TEDってのは、「価値あるアイデアを広める」ための非営利組織 だって。



[PR]
2月7日 火曜 晴れ 旧暦1月11日
d0101846_07500640.jpg
寿命を決める
という提案が何処かにあった。
なるほどねぇ、いつ死ぬかわからないけども、いつまで生きるのかもわからない。
これでは何をするにも心もとない。
決めたからといってその通りに行くはずもないが、こういうのも人の勝手ってことで。

周りを見回しても平均寿命以下で亡くなる人は稀な方で、だいたい80、90になっても元気である。
途中で死ぬよりもその頃まで生きる確率の方が高いのだ。

ちょっと遠慮気味に設定。
こういう日にちも計算して毎日知らせてくれるアプリ(あと何日)があったので付けてみた。
何月何日に死ぬのかも決めなければならないのが問題であるが、これを決めなきゃあと何日が出てこない。
あと何年よりあと何日の方が俄然真実味が増してくる。
一日一日、ご機嫌よう過ごさなあかん、という思いが増してくる。

ちょうどこの間スーパームーンがあって、今度スーパームーンが見られるのは18年後って言ってたからちょうどいいや、と日を調べたら11月26日だった。18年後のね。
自分は何月に死ぬのだろうとふと考えるがイメージできなかった。
11月の末というのはこの世を去るに相応しい時期ではないか。
樹の葉は紅葉真っ最中である。
なんかキリのいい所で現在6501日なのである。

全く外れて鬼が笑ってもそこはご愛嬌で。
いや、こういう目標を設定しておくと、健康管理にも気を使うし、自転車で無茶な運転をするということも控えるだろうし、木から落ちるなんて事も避けられるかも。
案外その通りになるのであるよ。


[PR]
1月31日 火曜 晴れ 旧暦 1月4日
d0101846_07342376.jpg
一月は今日で終わりだ。
長く感じられた一月だった。短く感じられる方がシアワセなんだろうか。

鏡越しに県道を走っていく車が見える。相変わらずソファに根を下ろしている。

ソファに根を下ろしつつ思うに、
これからは、思い込んでいたことを全て帳消しにして、洗い流したい、そんな気分。
知らず知らずに自分の中に出来上がっている他人の考え、そういうのが案外多いのだよ。
頑固に思い込んでいる正しいと思うこと、そういうのがクセモノだ。

今日は氷張ってるかな。
今日も2時台に目が覚めてしまったので再眠。
夜寝る時間をもう少し遅くしてみよう。

[PR]
1月23日 月曜 曇り 旧暦 12月26日
d0101846_07095220.jpg
今朝も冷えるのぅ。

久しぶりに買い出しドライブに行ったので、河原に降りてみた。
曇っていたので水の色は暗いが水鳥が泳いでいる。

d0101846_07153563.jpg
この鳥の団体はカラスである。
どうしたことかカラスの大群が群れていた。

d0101846_07170692.jpg
橋の欄干にこういうふうに並んで止まってると怖いですよ。



魚屋ではニシンの刺身が出ていたので珍しいので買ってみる
ニシンが刺身で食べられるとは思わなかった。
どんな味だろうと興味深かったが、秋刀魚の刺身のような味で特に特徴はない。
生で食べるとニシン独特のエグ味のようなのは無いのだった。



d0101846_07221381.jpg
このような方にお目にかかれるとは思わなかった。
鷹である。
鷹匠と言うのでしょうか、鷹使いの人が、いつもの産直にイベントで来ていた。
カラスが群れて河原にいたのはこれを先程離したからだと言っていたが、ほんまかいな。
これそんなに大きくないよ。カラスとそんなに変わらない。
これ一羽があれだけのカラスを山から追っ払ったの ? え~? 信じられないなぁ。

亭主はテレビでそういうのやってたって言う。






[PR]