カテゴリ:日々のこと( 771 )

4月27日 木曜 曇り 旧暦 4月2日
d0101846_05394569.jpg
もう来週はゴールデンウィークなんだな、と、3日遅れの筋肉痛に腰をさするナニでございます。
3日前、草取りしたり鍬を振り回したりしましたもので。。

今朝は大好きな雨上がり。
みんなみんな洗われてきれいきれい。 里山ガーデン2

さて室内にも花を絶やさずにおこうとしておるのですが、
外にわんさか花が咲いてくると、何を選べばいいのか、わけわからず、却ってやる気が失せるものであります。

まっ黄きの山吹が綺麗だなと摘んできて、シャガだとかツルニチニチソウなどの青系と合わせてはみたものの、平凡な感じで、別容器にこれまたまっ黄きなラナンキュラスと、捨てるほどあって有り難みのない シラユキゲシを一本添えてみました。

もう一つは、この場所には合わないガラス容器ですが、たっぷりの花を飾ってみようとしてみましたが、イマイチこれまた気力が。

なにもかもてんこ盛りにしてみたい衝動にかられますが、ここの場所は引き算を極めないといかんですね。
うむ、足し算より引き算が難しいぞ。

いずれにしても、みみちゃんがこれから大暴れするので、おちおち花など飾っておれなくなりそうです。


今日のネコズ
d0101846_05402230.png

[PR]
4月24日 月曜 晴れ 旧暦 3月28日

d0101846_06324378.jpg
d0101846_06343701.jpg
川は水かさを増して流れていた。
晴れすぎて、色相がおめでた過ぎる。
川の水は山から流れてくるという。雪解け水が流れてくるという。
どうしてこんなに絶えることなく流れていくのだろう。
いつもの場所で、しばらく川の流れる音を聴いた。
景色は宝だ。
よい景色、それがいちばん必要。


d0101846_06470140.png

今日の子猫ちゃん。名前はまだない。

クロリがこの子を咥えて台所に連れてくる理由がわかり始めた。
縁側で遊んでいるのだが、そこにメダカの水槽が置いてある。
好奇心旺盛なチビちゃんが、水槽の中にはまりかけるので、安全な台所に連れてくるのだ、ということらしい。
亭主がそれを目撃したそうな。





[PR]

4月22日 土曜 曇り 旧暦 3月26日

d0101846_06122271.jpg


猫をもらいに行った時、時間調整で「めーえき」に立ち寄った。

世間にまったく疎くなっていて、松坂屋跡地に高島屋のゲートタワーモール というのがちょうど今週月曜にオープンしたようなので見てきた。

だいたい、私は松坂屋が建て替えるのだとばっかり思っていたのだが、高島屋が入ると聞いて驚いたのだ。

お向かいの大名古屋ビルヂングも去年オープンしたらしいが、未だに見に行ってない。

そういう事にもうすっかり興味を失っているのは、老化なのか進歩なのか?

ゲートタワーモールもモールという名が付いている如く、イオンモールのようなものだった。つまらん。

ただ、駅前はニョキニョキと高層ビルが建っていて、それはなかなかステキだった。


※「めーえき」とは名古屋駅のことをこちらではこういう。

d0101846_06265516.png
そして、今日の猫顛末は、くろりちゃんがすっかり、子猫の保護者になってしまった、ということ。

右上の写真は、二人でじゃれ合って大騒ぎしていた。カバーがグシャグシャになるくらい。

で、勢い余ったクロりの猫パンチが子猫の顔に命中し、「いたいよう、にいちゃん、なにするねん」と泣いてるとこ。

くろりちゃんはすっかり意気消沈し(その辺がかわいい)

しまった、子守をする時は、爪はしっかり収めて肉球だけにしないと、子守失格だ、と、ひどく反省したようだ。


遅ればせながら、子猫をお風呂に入れて洗ってやった。



花粉で目の具合悪いので休養の為今日はコメント欄閉じます。



[PR]
4月16日 日曜 晴れ 旧暦 3月20日
d0101846_06001067.jpg
d0101846_06024813.jpg
長年生きてくると、生きているうちに、なにかしら信念のようなものが出来上がると思うが、それを書き出してみた。
ああ、そうだよな、と感じたことで、なにかしら自分のベースになってるような考え方。

「ええもんと、悪もん」というのはこれはじつに6歳くらいの時によく、親に連れられてチャンバラ映画をよく見に行ったのだが、悪もんは悪もんだっていうことでバタバタ切られて死んでいく。だけど、あの悪もんだってお家に帰れば可愛い子がいて、ええお父ちゃんなんかもしれへんやん、という疑問を。
んだもんで、100パーセント悪人で100パーセント善人なんてことは有り得んだろう、というのが自論である。
人に悪く言われている人でも、自分でそれを確かめないことには納得がいかないタチでありますよ。
あの人は良い人だ、というのにも当然疑いを持つ。

「まるいもん描くときはまるい気持ちで」 ということに気がついたのは、仕事で図案を製図していた時に気がついた。
フリーハンドでまっすぐな線を引いたりする時、曲がるんじゃないだろうか、なんて思ってしまうと必ず曲がる。
真っ直ぐに引く、と思って描くと真っ直ぐに引ける。
「考えたことが形になる」とか「できると思うと出来るし、出来へんと思うと出来へん」というのも同類である。


最近、こういう考え方を、「思考は現実化する」という言い方で言っているヒトがいる。
いや、ヒトじゃないそうだ、地球外のヒトだそうだ^^。

去年くらいまでは胡散臭い分野であったのだが、この頃しごく真っ当なことを言っているのだ、この宇宙の人たち。(チャネリングというのだろうか)
今まで自分がそうなんだよねと、信念化してきたことがみんな一致するのは、どういう訳?

疑い深い私は、いちおう疑ってはみるのだ、
やたら近頃、引き寄せの法則だとか言われ始めているのは、これは、噂に聞く、世界統一宗教なんじゃないのか、、とかね。

んだけど、いいのだ、いいのだ。共鳴して納得できるならそれでいいのだ。
自分が考えたつかなかった考え方も提供してくれていて、たいへん興味深い分野だ。
もし、まがい物だとしても、それを判断するには知っておかないと出来ないしね。

たぶん、今のところ、ほとんどの人が理解できない世界であると思うよ。
若いおねいさん達がスピリチュアルなんてブームに安易に流されるってのは危険だともおもうしね。


[PR]
4月12日 水曜 晴れ 旧暦 3月16日
d0101846_06234305.png
晴れているが西の方には暗雲がある。
今日もまだ寒い。

今朝は鮮明な夢を見たので記録しておく。
何百羽というカラスが画面の右下から現れて左上に上昇。
それがいつか塊になり、そして一羽一羽のカラスが足に苔と羊歯の生えた土を掴んでいたもので、それが塊になり、ラピュタのような飛ぶ島になった。
カラスの夢と言えば不気味な気がするが、さにあらず、カラスの漆黒と羊歯と苔の若緑の対比が美しく明るい夢だった。

ということで映画のようなすごい夢だったのだが、
それはまぁ、置いといて、
人というのは物事のありのままをを見ずに、つい自分の持ってるフィルターにかけて物事をみるようだ、というのを図式化してみたのだが、ちとショボいプレゼンですまぬ。

真ん中がありのままに見たらこう見えるという写真で、フィルターをかけると左右の写真のようになる。

出来事は悲劇にも喜劇にもなる、というようなことを言いたいわけだが伝わるかな。

例えば、自分は人に嫌われているというフィルターを持っている人は出来事に色は付いてないのに、嫌われているという色を付けて見る。というようなことだ。
なるたけ、ゼロ地点に自分を置いて偏った色眼鏡で見ないことだね、ということをオバさんは言いたいのだ。

[PR]
4月5日 水曜 晴れ 旧暦 3月9日
d0101846_06191210.jpg
花飾りの記録ってとこです。三月から四月に掛けて。
椿、菜花 時計回りに モクレンと蕗の薹、
雪の下にクロッカスの葉を合わせてマーガレット二本、
サンシュはうちには無いのだけれど産直で農家の方が売りに出していたのを買った。土佐水木と合わせて隣のマグカップは菜の花で。

昨日、野菜を買いに行ったが、買った覚えのない椎茸がなぜかテーブルの上にあった。
店で椎茸に触った記憶もない。
念のためレシートを調べてみたけど、椎茸の記載はない。
家人も知らないと言う。
どこから椎茸は来たのだろう。


今日の疑問

王様はだれ どこから来たの ?


[PR]
4月2日 日曜 晴れ 旧暦 3月6日
d0101846_08034337.jpg
写真は出しきれないほどストックがあるというのに、これを出すことないだろうに、、
でも、前から気になってた天ぷら鍋の顔が目の前にあったもので。。
可愛いよね、このコ。

うーむ、今朝はソファでうたた寝よ。
どうも睡眠が乱れている。

ついでに天ぷら鍋のことしゃべっとこうかな、
前にねステンレスの買ったことがあるのだけど、揚げ物の揚がりが悪くてね、どうにも満足いかなかったので、鉄のに変えた。
この可愛い顔の鍋はもう20年ほど居るのかな。

それでね、すぐダメになるテフロン加工のフライパンもやめて、鉄のフライパンにしてみた。
まだ使って3ヶ月だからなんとも言えないが、いい感じよ。
長く使えそうな予感。
熱伝導率がいいね。
今までと全く違うのでこげつかさないよう注意だけど。

[PR]
3月29日 水曜 晴れ 旧暦 3月2日
d0101846_06282961.jpg


今、自分に要るのは、今までとは違った目線でものごとを捉えることなのだ。

庭で自炊生活をするということではない。
これはただ、園芸屋に寄ったらば、廃材で作ったようなコンロがいい味してて、めったにない衝動買いをしてしまったのさ。

それで、いま春休みで孫っちたちのお昼ご飯を担当してるので、庭で毎日ご飯を食べたら楽しいよね ってんで、ここで火を起こしてみたが、
このコンロ 炭を置くにはいいかもしれないが、枯れ木など燃やしても燻るだけで余り用を成さなかったのである。
買う時の動機の一つに、蚊取り線香置きとしても使える、と思ったので、蚊取り線香置きとして使ったり、あるいは野草を生ける花器として使っても良さそうだ。

いちご

店で売っている苺にはいつも失望する。
美しいがゴリゴリである。
傷みが出ないように、そういうふうに品種改良してあるのか。
そもそも苺の季節は5月なのに冬に出回る。
昔ながらのジューシーな苺が食べたい。

少し前、一箱900円の立派な苺と、この鉢植えの苺が並んで売っていて、まだ熟していない実がたわわに付いている。値段が同じく900円。
さぁ、どーする。
絶対鉢植えだよね。

我が家に来てから実はどんどん小さくなってるが、すこぶる甘くて柔らかい。
これぞ苺本来の味であるよ。


d0101846_06284281.jpg


[PR]
3月27日 月曜 曇り 旧暦 2月30日
d0101846_05582198.jpg
川の側の魚屋で釣ったのは アブラボウズ の切り身であった。
ググるとすごい顔が出てくる !
煮魚にするのが一番ということでやってみましたら、たいへんおいしゅうございました。
毎週、珍しい魚が食べられて至福。
そういえば、今まで決まった種類の魚しか食べたことがなかった。

昨日は天気がぐずついていたので川原で弁当はやめたが、この側に屋根付きの公共施設があり、テーブルと椅子まで用意しておいてくださる親切な自治体。
そこで、買ってきたサンドイッチや巻き寿司などを食べました。
今度からお弁当を手作りしよう。(余裕のある時だけ)
そして川原でお茶を沸かして飲むんだ。

川の中に流れ着いて育った樹からは新芽が出ていた。
早咲きの桜も少しは咲いていたし、来週あたりからごろっと風景も違ってくるだろう。
川というのは毎回表情も違うし、流れの様子も微妙に違うようなのだが、気のせいなのだろうか。


[PR]
3月24日 金曜 晴れ 旧暦 2月27日
d0101846_05555677.jpg
d0101846_05553660.jpg
最近またハマってるものに、いわゆるスピリチュアルと言われるものの動画、
これは妙に甘い香料の味付けがしてあったりするので、オススメする事はできないのだが、
言っている事は腑に落ちるのである。
音楽が癒し系なので聴きながら瞑想っていう使い方も出来る。

それで時々、こういう言葉を書き留めているのだが、
右側に書いてある職場のイヤな同僚のことね、
こういう人は身をもって貴方に教えを与えるために登場するのだ、というような事を言っている。
同僚ではないけれど、身近にいる人がまさにこれで (ちなみに連れではない)
私はまさにこの人を分析 研究の対象にさせてもらって、実に多くの気づきを得た。

この人を研究していると、どうしてこの人の人生がうまくいかなかったのか、それが明確にわかってくる。
まず第1が「言葉」であって、口から発する言葉がその人の人生を決めるという実験のような人生を見せてもらった。
発した言葉はそのままその人の人生を作ってしまう。
意識は現実化する っていうことである。

だから、悪いことを考えそうになったときは、早急に頭を切り替えるか、何も考えないようにすることだ。

言葉に呪われた人は自らの意思を持ってこの負のスパイラルから抜けようと固い決意をしないことには抜ける事は出来ない、
ってなことをこの宇宙人なんだかよくわかんない人が言うのだが、
これって、何十年もかけてこの困った人を観察研究して来た研究成果そのものなんだよね。


[PR]