カテゴリ:パレット( 801 )

1月20日 土曜 晴れ 旧暦 12月4日
d0101846_06225400.jpeg

昨日は歯医者に行くことができた。

(歯医者に行く? 医者に行く?ってふつー使うけど、ヘンだね、でも歯医者に行った)

今度、歯医者を変えたのだ。というより前に戻った。
しばらく若造の歯医者に掛かっていた。いい先生だったが、いつのまにか拝金主義に汚染されたふうに見受けられたのでやめた。

昔の診察券見て予約入れたのだが、どうも話が通じないなと思うたら初診日が8年となっている。平成8年なのか?
22年前ではないか。

行くと驚いたことにまだ同じ人が受付に座っている。
せんせーも、受付もビジュアル的には様変わりしてるが、患者である私も同じく経年。

おいるおいる わたしはおいる

こちらのせんせーは職人肌で歯のことに興味を持っている。

心配していた歯は虫歯になってはいなかった。
使いすぎで負荷が掛かっている、ということだった。

思い起こせば硬いものを噛みすぎた。

ピーナッツ、沢庵漬け、ゴボウ、などなど。

ストレスを歯で噛み砕くことで発散するタチなので、これは困りましたね。



;今日の拾い言葉 中山千夏の詩の一部 「おいる」より

いま
このときに
わたしはおいる

花の盛りに
小鳥たちの
さえずりに

おい
じゃなくて
おいる

わたしはおいる


......


ふわりと浮いて
ゆるゆる落下


......



どきどきわくわく
魅惑のトラベル

終点はどこ?

何がある?
たのしみでたのしみで

どきどきわくわく
わたしはおいる







d0101846_06452869.jpeg
スタンドのスイッチの玉が気になって気になって。

d0101846_06481068.jpeg
d0101846_06483614.jpeg





中山千夏 検索してたら、中村晃子さん発見。
今までで一番誰々に似てる、で言われたのがこの人でね。
ああそうだったか、こんなだったんだ、とか、思えば遠くへ来たもんだ的感傷に浸る。
その次に誰々に似てるで言われたのは、范文雀さんね。
あの方はもう亡くなったっのだっけ。

格言; 過去は思い込みで出来ている






1月9日 火曜 曇り 旧暦 11月23日
d0101846_06152624.jpeg

やっと猫が寝た。
って、今、まだ夜明け前なんだけども、猫は朝ご飯を満足すると昼までは静かなのである。
それまでがたいへん。

「いったいどんだけご飯たべるんやぁ〜!!」

という下品な怒号が飛び交う我が家である。
もらえるまで戸棚に手を掛けてガリガリ爪を立てる。

もう根負けして、食べたいだけ食べな、って大量にあげると、案の定お腹をこわしているし。


今週中頃からまた気温が下がってくるようだ。
外の水道管に何か巻きつけておかないといかん。
ムスコんちのも、毎年ついでにやっておくが、あたいが消えた冬は水道管が凍って水が出ないという事態が発生するだろうことを、やつらは知らない。
そういう時は上の方からいひひと笑ってやろう。
一回自分で経験しないことには、人に言われても分からんのである。



d0101846_06290901.jpeg
33ちゃんのまだほんの子猫だった頃の写真。
ちゅーるに必死の形相でかぶりつく33。

ちゅーるって、ここ最近売り出されてヒットしている液体状の猫のオヤツなのだが、どの猫もこれが大好きである。
ぢろりちゃんもこれのおかげで何ヶ月か寿命が伸びたかもしれない。
薬を飲ます時もこれに混ぜてあげるとすんなり食べれる。

この時も爪をしっかり立ててしがみついているが、今はもう危険でこういうあげ方は出来ない。
お皿に絞り出してからあげる。手も血みどろになりそうだし、舐めるなんて生易しい食べ方はしない。アルミ製だかなんだか知らないが袋ごと食べてしまいそうな勢いだ。
(これ、危険だよね。野良猫なんかに袋ごとあげないようにというか、その辺に放置すると危険だよね)

お正月にネズミのお人形のぶら下がった猫の為のおもちゃを買ってあげたが、ものすごくコーフン。
その毛皮で出来た(何の毛皮か知らないが)妙にリアルなネズミ人形を食べてしまいそうな勢いなので、慌てて仕舞い込んだ。
こりゃダメだ…。、





12月9日 土曜 晴れ 旧暦 10月22日
d0101846_07011946.jpeg
どえりゃぁ冷え込む朝でありまして、霜もおりているよう。
これで白菜も美味しくなる。

さて、昨日からの暇つぶし。

図書館で借りたエドワード・ゴーリーの「むしのほん」というの、これが、エドワードゴーリーとしてはさっぱりとした話で、いたく気に入った。

仲良く暮らしていた虫のコミュニティの中に一匹の異質な黒い虫がやってきて、仲良くしようとしたが、そうはいかなかった、自分たちの世界が壊される、じゃどーしよう、崖の上から石を落として殺してしまおう、というストーリーなのだが、

あらすじ書いてると、やっぱりブラックだなぁ、、(笑
でもね、何で人はこういう話、エドワード・ゴーリーなんて作家の本を読みたがるんでしょうね。
いい人のフリをしてるけど、ほんとはそうじゃないんだ、心の中は真っ黒なのよ、って感じなのかなぁ。

ブログを始めるまでエドワード・ゴーリーなんて知らなかったんだけど、そのブログも今日から12年めに入る。

何人かのブログを拝見しているが、見知らぬ人のたわいない日常を少しだけ共有している。ほんの少しだけど更新してくれると嬉しい気持ちになるので続けて行ってほしい。
きっと、自分のブログを見てくださってる方も、そういう気持ちなのかなと思う。

それで、エドワード・ゴーリーの絵本でそう記憶に残るものもないのだが(私がブラック度が薄いのだと思うている)が、この虫の話は単純で、しかも深い何かがある。

そう言えば自分で作った虫キャラクターがあったので、真似して自分の虫たちを置いてみた。
半分くらい描いてもう飽きて来てるので最後まで描けるかどうか解らない。

d0101846_07214095.jpeg
d0101846_07215761.jpeg
d0101846_07221480.jpeg


9月28日 木曜 雨かな曇りかな 旧暦 8月9日


d0101846_06464798.png
暗くて写真撮れず。
昨日から妙に蒸し暑く、咲き始めた金木犀がまた引き返した感じ。

何かスケッチでも出そうとしたが、wifiを最近変えたので、あららスキャナーとが繋がってない。うーむ、自力であれこれするより隣にヘルプした方が早そうだ。
というわけで、あり合わせ画像。

ファミリアバッグなるものが神戸の高校生の間で大流行なんだとか。

うーむ、ワンポイント巾着なんてのを作って大当たりとか、いかないものかね、と夢想する。

自分の生まれ育った環境に商売と関係する人がいなかった。
だもので、そういう方面の知識とか考え方とか、まったく身に付いていなかったなとこの頃感じるのだ。
何年間か作ったものを店に出して売っていたりしたのだが、もっと知恵を働かせればよかったのかもしれないな、とか、近頃思うのである。

商売とかお金とか、まったく未知の世界だったのだと気がつくのであった。
そしてすごく洗脳された考えに囚われていて、ここんとこの壁、もうちょっと壊していったらいいのではないかなと今、思っている。




今日の拾い言葉


「脱皮しない蛇は死ぬ」









9月20日 水曜 曇り 旧暦8月1日
d0101846_06383489.png

昨日は、びょういんに行くつもりが、びよういんに行った。
病院は今日行こうかしら。

毎朝咲く斑入りの朝顔を1日一コ、描いている。


絵描いたり、服作ったり、人形作ったり、小物作ったり、庭作ったり、
いろいろやっているが、
自分がほんとうにやりたいこと、いや、やるべきこと、使命?
というのは、じつは他にあるのだな、ということが、うっすらと見えてきた。



:今日の拾い言葉:

顔の筋肉は自分で動かせる


点を結べ










9月18日 月曜 祝 晴れ 旧暦 7月28日
d0101846_07030584.png

台風の被害いかがでしたでしょうか。
夜9時ごろから急に風が吹き出しましたが、なんとぐっすり朝まで寝てしまいました。
起きてみると、門扉が壊れてましたぁ。

今日の絵はiPadで描いた電子絵画?です。
ちょい構図とか素材が寂しげで迫力ないです。

ツルものが巻きついてるのなど好んで素材にしてますが、
こういったものに惹かれるというのも、何かを表しているのかも。
巻きつかれた方は黒く枯れちゃってますね。
伸びてる朝顔はやたらな勢い。

くらべると紙の方が元気がいいですね。慣れればまた変わってくるかも。
其々に利点欠点ありますが、
iPadの方は色は無尽蔵、消せる、レイヤー重ねが出来るなどがいい点ですね。
欠の方は、味ですかね。どう味を出すか、それが問題です。

休み明けたら整形外科に行こう。
とにかく行こう。
天気が良くなればケロっと治るかもしれないけど。
整形外科行ってもどうなるものでもないが、気休めにはなって、それで治ることもあるのだ。



9月17日 日曜 曇り 旧暦 7月27日
d0101846_06334746.jpg
台風待機の、何の音もない朝。
どよんと眠気はする。
気温は、一気に暖房つけたいくらいに冷え込んできた。

刺激を受けて
ガマズミの実を描いてみた。
いつもと違う水彩用の紙に描いてみたが、いつもと様子が違うのと、久しぶりの彩色の植物画でヘロヘロ。

窓の外に見えるクロガネモチの実が丁度このくらいの黄色い色になってきている。
ぎっしりと実がついているので、これも描いてみたい気持ちが起きる。
台風の風できっと枝が折れて少しばかり落ちてくるに違いない。

描きたいと思う植物はだいたい渋めのものが多く、華やかで綺麗なものはあまり描く気になれない。

そうだ庭の彼岸花が首をもたげてきていた。
今年の秋は早いな。
去年彼岸花が沢山ある土手を見つけたから、今日は台風で駄目だとしても明日には見にかなくては。



8月27日 日曜 晴れ 旧暦7月6日
d0101846_07195390.jpg
ブルーベリー
d0101846_07200977.jpg
藪枯らし
d0101846_07204100.jpg
灸花(ヘクソカズラ)


やってきました、これぞ晩夏。
宵には虫の鳴き声も聞こえ、空気は澄んでいる。

昨日は今日ほどには爽やかでもなかったけれど、植物のスケッチをした。


d0101846_07243537.jpg
庭にリッピアという地面を這う丈夫な草を植えた。
踏んづけても平気なので、ここに裸足で立つ。
気持ちいいのよ。 足の先から頭に抜けて、地球の磁場とドーナッツ状に合体する感じ。

また買い出しドライブに行くので、今日は河原に降りてみよう。
そして裸足で歩こう。








7月8日 土曜 晴れ 旧暦 閏5月15日
d0101846_06230171.jpg
涼しいです。まるで高原にでもいるように。
昨晩は七夕なのに星が見えたという、大変珍しいことで。
七夕の日って、ほぼ90パーセント以上の確率で曇りまたは雨。晴れて星が見えたのって本当に珍しい。月も満月前夜。


今日はお弁当は作っていない。買い出しに行くからね。
お弁当の参考にするもの何かないかなと探ると、そうよ、あの「まつおか」のお惣菜弁当を目標にしようと、ずるずると写真を眺めた。
「まつおか」はデパ地下に入ってるお惣菜屋でお弁当も売ってる有名どころだよね。
いつもおいしそうだ。
私はここをずっと「おかまつ」だと思い込んでいたのだけどね。

ほらね、やっぱり生の葉っぱなんか入れてないよ。
なんで入れないかは明白だよね。
何時間で売り切るのか知らないけども、途中で葉っぱがしおれたり変色しちゃ売り物にならないしね。
それに、食中毒のことも考えると生の野菜などもってのほかだよね。
と、、弁当に生野菜はおかしい、ということに執拗にこだわる天邪鬼なオバさんですまぬ。


駅弁もいいよね〜
写真見てるだけで、もう美味しそうでうっとりするよ。
これも基本茶色系が特に美味しそうに見える。
各地の駅弁写真を見比べてみたら、なんだか地元 名古屋の駅弁が結構いい線いってる。
だるまっていうお弁当屋のが特に私好みで、これは是非名古屋駅まで行って駅弁を買って試食してみたいものだ。
味噌カツ弁当だとか鶏のお弁当だとか、めっちゃ美味しそうだ。

なんだか⋯最近食べることにしか興味が持てないよね^^;

もう直ぐ夏休みがやってくるのだ。
春夏冬の休みの時はまごっち達のお昼ご飯を担当している。
なかなか大変だけど、今年はお弁当で乗り切るのだ。
何事も苦を楽に昇華していかなくては。なむなむ。



今朝の朝顔。崑崙朝顔。コンロンアサガオ。キリッと咲いてます。
d0101846_07203898.png


7月5日 水曜 曇り 旧暦 閏 5月12日
d0101846_07232130.jpg

ぁ、今日はガラス瓶など捨てる日だ。なむなむ。

台風はまたしても風の吹かない台風であった。(予想通り)

たいくつ たいくつ と、退屈感が迫ってきている。
退屈と思えるのは有難い。
うんと退屈すると、次が広がる。
退屈することでまた広がっていく。
今まで面白かったものが面白くなくなるので、そこから離れられる。

退屈なので植物スケッチをしてみた。

ニイニイゼミが2日ほど前に鳴き始めていた。

そろそろシャキーンっ! としなきゃね、とつぶやいたら、
やめてやめて、シャキーンとせんといて、と、連れが云う。
ネジの二、三本緩んでるくらいが丁度いい、と云うのだが、ネジの二、三本どころか、常時八本は緩んでるんですけど〜。