カテゴリ:パレット( 788 )

2月21日 火曜 晴れ 旧暦 1月25日
d0101846_10451816.jpg

よく晴れて洗濯日和。
太陽の位置が北の方に動いて来て、部屋の真正面から光が入る。
よく晴れているのに、雪が舞っていたけどね。

この黒うさぎ、クロスケとか呼んでたっけ。
元は人形だった。
このキャラクター面白いので、もう一回人形を作ってみようかな。

会計仕事はもう一息なので仕上げてしまわないと。
その前にやりかけだった、捨てたコートの裏地、キルトになってて、これが優れものなので、裏だけ残しておいたのだ。
ベストにしてコートの下に着るインナーにしようかと二、三年寝かせておいたのを、やっと作る気になり出して、作りかけたのが、会計仕事が挟まり、
会計仕事のもろもろや、生地や裁縫道具が部屋に散乱。

とにかく、一つ一つやり終えて、片付けなきゃ。

と言いつつ、またぼんやりしているのだが、
脳ってボンヤリしてる時間ってのが必要だと聞いて、とても納得がいく。
脳を働かせ詰めでは酸欠になるのだろうな。





[PR]

12月13日 火曜 雨
旧暦 11月15日
d0101846_07443806.jpg
また雨。暗いよ。

野菜のスープにお餅を入れたの食べたらあったまったので、それでよい。

今日はこの絵を基にしてキャラクターをつくろうかね。



[PR]
10月9日 日 雨 旧暦 9月9日
d0101846_07264474.jpeg
また雨。しかもしとしと降ってる。
うちはまだ金木犀が咲かない。

朝から新しいiPadちゃんにトラブル発生するも、問題解決。

パソコン系で何か問題が発生すると、その解決法を考えて、問題を解いて答えを出す、というのが、実は楽しい。(ささいな問題に限る)

色々攻略したいものがあって気がセクが、とりあえず絵を描くアプリとして、Adobeのスケッチというのを入れた。
Adobeに氏名年齢を登録されて若干うざいが従う。

筆の種類は課金すれば増やせるらしいが今のところ5種類かな。
どんなふうに描けるか試して見たもの。
うまく描いてやろうという欲がない絵なので、割と気に入っている。
次に2枚ほど同じような絵を描いたが段々うまく描こうという欲が出てきて小さくまとまってしまった。
タッチペンの描き心地は上々である。
ところが、今気がついたが、スクロールしようとしても反応しない。
ん?電源切れ?いや、違う感じ、設定?

はやく雨止まないかな。
あ、明日も休みなんだね。

[PR]
9月21日  水  曇り       旧暦 8月21日
d0101846_06302119.jpg

痩せた迷い猫だったクロリは近頃でっぷりと貫禄である。
「クロちゃんは運が良かったね」と毎朝ごはんをあげながら声を掛ける。
脳は主語を理解しないから、運が良い、という言葉は言葉を発した自分に返ってくる。
「コーヒーおいしい!」と声に出して言うと脳はだまされて、おいしいのだ、と反応するのだろう、胃の辺りがぽっと暖かくなってくる。

これは不思議だがホントの話である。

さて、台風行き過ぎたみたいだが相変わらず曇天。
次また発生するのかしら。
熱帯のどこやらで雹が降ってるような気候なので今までの常識では通用しないかもね。

気温の方は急に秋になって、もう今日は夏服ではいられない。
秋の服を出さないといけない。
どんな服があったのかもう忘れている。
せめて毎日似合う服を着て、明るい気分で過ごしたいね。




[PR]
9月18日  日  雨         旧暦 8月18日
d0101846_08063638.jpg
夜中に起きてたら広島の方ですごい雨が降ってたようだけど、だいじょうぶかな。
こちらも、時おり激しく降り油断ならない。
今日は蓮根の産地の道の駅に行く予定だったが、雨だしやめておく。

ほんとに、ほとんど毎日蒸したり雨だったりで困った九月だ。

今年、蜂の巣をとうとう一度も見なかった。
蜂は台風が来そうな年には、風がよく当たる南側には巣を作らないと言う。
どうもイヤな予感がするよ。台風って大きいとほんとに怖いよ。

蜂の変わりにトンボが今年はたくさん飛んでいる。

でも、九月に来て、まだ今年は草かぶれを起してないので上々。
密かに、粕漬けや、糠漬けの効果もあるのでないかと思っている。
油っぽいものも危険。聞くところによると、サラダ油ってのは相当危険なのだそうだ。


最近見る夢は古代史ものが多い。語るにも残念ながら、内容はほとんど覚えていない。





[PR]
9月13日  火  雨         旧暦 8月13日
d0101846_09041722.jpg
明け方すごい雨が降ってる中、カレーライスなんか食べてしまったらまた眠たくなった。
すごくたくさん夢をみていたみたい。

この間の大雨で北海道などたいへん被害が出てるようなのだが、最近ネットのニュースもあまり目を通さないので世の中で何が起こってるのか分らず、のんきなものである。
なんだか平和な感じさえして、
亭主に、今なにか事件起こってる?と聞くと、
築地の市場が新しい建物に近々移転するはずだったが、その新しい建物の地面に空洞が開いてたとか、危険な薬剤が染み込んでいるのだ、とかで、おおいにもめていて大騒ぎだ、と言う。

ふう〜ん、、しかし、そういうの伏せておこうと思えばいくらでも伏せておける事柄であるのに、それが暴露されて、もう建物が出来上がっているというのに、ごちゃごちゃもめ出すというのは、
それはあなた、あのオリンピックのエンベラム、、だっけ、とか競技場と同じ理屈でっせ。
何かが水面下で起こってるちゅうことですがな。





[PR]
9月11日  日  曇り       旧暦 8月11日
d0101846_05573792.jpg
あったかいほうじ茶などが恋しい季節となりました。
しばらく天気はスッキリしないようです。

今日は9月11日なんだ。
あの事件のこともだけど、三年前の9月11日のこの日、死にかけてた猫が、とうとう死んだと思って、箱を用意したりして最後に「ピタコちゃん!」と呼び掛けたら、なんと生き返っちゃって、その後また何日も生きたのだった。。という思い出ね。
あの年は暑い夏だった。


なんだかんだと夏の疲れが抜けないお年頃。
外にでて庭仕事でもせんかい自分、とはっぱを掛けているが、相変わらずぐだぐだしている。
皇室の系図一覧などじっと眺めていると、[〜氏]というのも載っていて、その辺をwikiで調べてみるだけで、今まで知らなかった事がいっぱい見えてくる。

そのような事を知ってどうする、と思われるかもしれないが、こういう事は知りたい人だけが知る事が出来るのである。
ミシルは、民は知る事が苦痛なのです、と言い、
ソンドクは、知識を民に開放する事は民にとって希望です、と言う。

善徳女王、やや飽きて来ましたが、このまえ、戦の中で凧が出て来てですね、
凧に紙の袋が付けてあって、その中にビラが入ってるんですよ。上の方に上がって行くと風でその袋が破れてビラが飛び散るのです。
あっ、伝単ってこういうのが起こりだったんだ、ってちょっと嬉しくなりました。
昭和の頃、飛行機からビラがまかれて、子供のtotiさんそれを拾うのが嬉しくってね。
その頃は商店の売り出しの広告でしたが、元々は戦争の心理戦に使うものなのです。
アドバルーンなんてのもありましたね。
ああいうのにも、きっと元になるものがあるのだろうな。





[PR]
8月5日  金  晴れ         旧暦 7月3日
d0101846_06143509.jpg
毎月1日から数日の時間の経つのの早さよ、もう5日ではないか。
これももう二三日前の事であるが、お子達が登校日だというので学校に行った。
登校日って、まだ夏休み入ったばっかりなのに?といぶかしむと、もう二週間経ったのだと!
えぇっ!夏休みに入ってもう二週間も経っちまってる?!!、、と驚いたのである。
でもおばあちゃん、昼ご飯二回程しか作った記憶がないけど、というと、そんなことはない、少なくとも5回は食べた、というのである。
そして孫っち達は一回目は何何で次はアレでその次はアレを食べたとコト細かく覚えているのである。

暑さとトシの加減でだいぶゆるんできておる。
何にしろ超特急で夏が過ぎて行くのは望ましい事だ。


今日は、茄子が4本食べごろに成っているので焼き茄子と、お好み焼きにでもしようまい。こういうこともすぐに忘れて昼近くになって慌てるのだ。





[PR]
8月2日  火  曇り         旧暦 6月30日
d0101846_05372144.jpg
八月十一日って何の日やねん、って調べたら山の日やって。知らんかったわ、いつからできたん?
夏ばっかりは駆け足で過ぎ去って行って欲しいですわ。

今年蜂の巣を一個も見てないですが、これは蜂が天変地異を察して、このような平地には巣は作れんとどっかに行ってしまったのでしょうか。
台風のでっかいのが来るんじゃないかと心配ですわ。

きのうも変な地震速報出たらしく、すぐ誤報だと訂正されたようですが、何かの合図ですかね、あれ。

八月って葉月ってことですね、風情がありますね、こういう呼び方。
緑濃い季節です。





[PR]
7月29日  金  晴れ         旧暦 6月26日
d0101846_05425118.jpg
最近見つけた言葉に「こしらえる」というのと「かいらし」というのがある。
つくる、というより、こしらえる、と言った方がいいし、
可愛らしいとか、かっわいい〜、と言うより、かいらし、と言った方がいかにもかわいらしい。

ふと手に取って借りて来た「ワタノハスマイル」って本に載ってるこの子たちが、もうかいらしいて、かいらしいて。ほんまにかいらし。


宮城県石巻市にある渡波(ワタノハ)地区の子供達が東日本大震災で発生したガレキでこしらえた楽しいオブジェの作品集だ。
どんな事も笑顔に変えてしまう明るく楽しいこども達の力がたっぷり詰まっています、

と書かれてある。

あんまりかいらしいので、絵に描いてみたくなった。
一つ一つがキャラクターだ。
この表情、こどもってどうしてこんな単純な線でものごとを言い表す事ができるのだろうね。



d0101846_06012951.jpg




[PR]