<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0101846_1324060.jpg

昨夜、何気にテレビをつけたら、寺山修司のことを、いろいろやっていた。
途中からみたもので、どういう趣旨の番組だったのかよくわからないが、書を捨てよ
街に出よう とか 大山でぶ子 だとか、懐かしいものを見た。

こんなことを書いても、若い人はおろか、数年時代が下の人に云っても判らない話題かもしれない。  状況劇場の唐十郎が、作品を寺山修司に見せて、批評してもらったと言っていたので
今日の画像は、唐十郎の「吸血姫」という、状況劇場の芝居の台本のような本の表紙だ。
装丁は四谷シモンとなっている。

状況劇場というのは1960年代の終わりごろ、京都でいえば京大西部講堂というところに
赤いテント小屋を張り、そこで、観客はゴザの上に座り、役者と観客段差なしの舞台で
なんともミステリアスなおどろおどろしい芝居のひと時を、役者と観客が共有するという
世界だ。  totiさんはこれに熱中した。こんなステキな世界!みどり色と桃色電気に照らされて、回転木馬がくるくる回るような世界、うまく表現できないのが悔しいが、ああいう世界に
じかに触れられたというのが他の世代にはない体験をしているような気がする。

もっとも、この世代のひとが皆、こういうことに興味を持ったかというと、ほんの一部の人に
受け入れられたに過ぎないのだが、なんだか、ほんとに60年代の終り頃って、異様な
パワーに溢れた時代だったなぁと思う。あの時代だけなんか、別の色なんだな。
週末は必ずといっていいほど、街にデモ隊が繰り出した。  学生運動の時代だった。
totiさんは団塊の世代の一番最後にくっついてる世代だけど、あの、デモに参加していた
人たちが、もうすぐ定年になって、街にあふれ出す。 どうなるのだろう、これから。
[PR]
d0101846_1423981.jpg

ひょんなことで急に探し物をしていたら、こんなのが出てきたのでだします。
今日から世間様は連休で、なんかタルイかんじだし、糸巻きのほうはお休みにしよう
としていたのですが、ちょうど今日は昭和の日だということで、ちょうどいいやという感じです。
これは昭和60年前後ですね。これ全部消しゴムです。子どもと文房具屋をのぞくたび、
なんぞめぼしいものはないかと、買い集めてため込んでいたものです。
一応みんな消しゴムとしての機能はあるみたいです。
[PR]
d0101846_9583497.jpg

4月15日の記事でお洋服を着ていなかったこたちに、着せてみました。といっても、
ちいさいこは、アンティークレースのドイリーを巻きつけただけなんですが・・・
(切るのが勿体なくて・・)召使の方は、しばらく麻のパンツルックにしておきます。
そのうちドレスに替えるかも。

d0101846_959124.jpg
[PR]
毎週金曜日は昭和37年ごろに集めたガムの包み紙を発表しています。
d0101846_1340124.jpg


d0101846_13401857.jpg

[PR]
d0101846_8211821.jpg

今日までの3枚、ポーズがみんな同じだったことに気づかれましたか。
それに、手足が少しでこぼこして固い感じでしたね。
これは、紙粘土で作った人形がモデルになっていて、これが原型のようなものです。
紙粘土の人形は残念なことに人手に渡っております。 スケッチしておいた図があったので
それが元になっています。
それで、この絵をトレーシングペパーに写して、トレースダウンしたものに、着せ替え人形
のごとく、気に入ったお洋服を着せていった・・という訳なのです。

はい、種あかしでした。

花材は、ナスターチュームとムベの花です。
[PR]
d0101846_857753.jpg

はい、今週はこれでいきます。
[PR]
d0101846_8322830.jpg

そんなことで、やや固まりかけた絵の具のチューブを絞りだして、描いてみました。
[PR]
d0101846_8154939.jpg

う~ん・・・久しぶりに絵でも描こうかな・・・
[PR]
たまには猫ちゃんの写真でも・・・
里山ガーデンのほうでは、時々出演しているのですが・・・
d0101846_8112446.jpg

何の変哲も無い、平凡な猫であります。 おまけにこの模様、写真写りわるいのよねぇ・・

d0101846_813893.jpg

お・おい・・・

d0101846_8135420.jpg

ふにゃ・・   まあ庭で散々遊びまくったあとは、こうしてバラ模様のシーツの上などで
日がなとろとろ寝てくらしております。 お気楽な猫たち・・

人形兄弟はうんと昔、子どものおもちゃに作ったものです。 顔がなんともいえぬお間抜け
でしょう? これ子どもに描かせたんです。大人が どう逆立ちしても出せない味です。
左の子は、今や懐かしい、モンチッチのお洋服を着ております。
[PR]

d0101846_10163095.jpg
昨日、さそわれるままに、この地方でかなり有名なリサイクルショップへ行ってきた。
上の画像は戦勝品の一部であります。

生成り色のフレンチスリーブブラウス・・・・¥52
白のキルティング ジャケット・・・・・・・・・・¥157
Tシャツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥31
介護用のアンダーシャツ・・・・・・・・・・・・・・¥210
アイスノン入り熊・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥157
下の丸いのはアイスノン足冷やし・・・・・・・・・¥63
額縁・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥157
下においてある水玉Tシャツ・・・・・・・・・・・・¥20
黒のシャツは別のところでゲット・・・・・・・・¥350

といったところです。ワハハ 安いでしょう!

(キルティングからのぞいている顔は、画像を引き締めるための演出ブツです。)
[PR]