<   2007年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

d0101846_8245093.jpg

暑い夏が始まった。冷房嫌いなもので、いろいろと工夫する。
見た目だけでも涼しくという作戦だ。
その一つに、リビングのカーテンを夏用に取り替える、ということがある。

これは、憧れのラルフローレンのシーツを、格安で手に入れることができたので、
カーテンにした。 惚れ惚れする大好きな布であります。

変人の窓辺は他にも妙です。

More
[PR]
毎週金曜日は昭和37年頃に集めたガムの包み紙のコレクションを発表しています。
d0101846_11342476.jpg


d0101846_11345133.jpg

色が違うだけではないんですね、車オンチにはわかりませんが、シボレーとフォード
なんですね。 景品付きで、特賞がマツダR360クーペ とあります。 他にも、カメラ
だとか万年筆、野球道具セット・・・など、当時としてはたいへんな贅沢品だったんです。
仁丹ガムで乗用車を当てたひとが一人いるのですね。
[PR]
d0101846_7493677.jpg

昨日の鏡台の上に置いてあった小皿の拡大画像であるが、この、べっこう色した花の彫り物はすでに後の金具が壊れてしまっているのだが髪留め、バレッタであります。この葉をこりこりと彫ったところととか、なにやら洗練された雰囲気、流石フランス製と思わせるつくり。 壊れてたって捨てられない。 ちなみに、べっこうではなく樹脂製、並びにこれを止める髪はもうない(?
ついでに小皿のことも・・・これは、表の公園に落ちていたもので、何でしょう、車の部品の錆びたもののようです。

それで、これだけでは画面がまとまらないので、下にロシア絵本の復刻版をコピーしたものを敷いてみました。
このロシアの1920~30にかけて作られたという絵本はほんとに素晴らしい。
2年前に展覧会があって、友人が行って、復刻版を買ってきた。

※※
昨日、北朝鮮がまたミサイルを撃ち込んだらしい。
うちの周辺に自衛隊の基地があるのだが、午後、戦闘機のようなのが、爆音をたてて
飛び立っていった。 無関係?  イラクに行く時に水色に塗った飛行機も時々見かける。

More
[PR]
d0101846_912211.jpg

きのう話題にでた、月三回開催の手作りマーケットに、まだ赤ちゃんだったきりえちゃんを抱っこしてよく来てくれたHTさん。  この鳩は、きりえちゃんが幼稚園くらいのときに描いた絵をアップリケにして、クッションの中心部に貼り付けていた。これは自分が使って、同じ図柄のポシェットを、きりえちゃんにプレゼントした。
そのクッションも随分使って、とうとうボロになったので引退した。 
 
それで、それをぽいと、ゴミ箱に捨てるようなことはしない。布というのは最後の最後まで使い切るのが私の理想とするところであります。(これだけ物の多い時代そうもいっていられないのが現実なのだが)  鳩の胴体部分は擦り切れてしまっていたので、太目の糸で刺し子風に刺した。銀の糸も少し使ってみた。あと、ほつれを繕って、鍋つかみに変身した。これでまた3年くらいは使えるだろう。   クッションの残りの部分は、今、バスマットに変身中であります。

HTさん親子にはご無沙汰しているが、きりえちゃんはもうすっかり大人になっているということだ。

d0101846_933648.jpg
[PR]

d0101846_85198.jpg

もう15年は前であるが、名古屋の八事に、古い学生下宿を利用して、毎月5のつく日だけオープンする手作りのものなどを売る館があった。その名も学集院などと言う名前で、
タンテボレさんというお店がお膳立てしてくださったのだが、2階建て学生下宿上下で20程ある4畳半一間のアパートの一室を借りて、月3回、お店を開いていた。
売り物は全て自作のものだから、せっせせっせと作った。4年ほど続けた。その間、いいかげんな教室までやって、生徒さんをケム(煙)にまいていた。

この芋はその頃、注文を受けて作ったもので、その試作品が一個残っていた。
商業用の仕事はほとんどしなかったが、数少ない、それのひとつ。
一時、三越の鬼饅頭屋さんのショーケースの中に納まっていた。今、まだあるのだろうか。

この芋の製作法は結構、画期的で誰も知らない。
[PR]
d0101846_11262744.jpg

きのう登場したウサギさんが、わかり辛かったのでもう一度登場。
ついでに、もう一匹お仲間を作ってみました。(これは、いつもデットストックものばっかりの登場ですが、ほやほやの作りたて^^ボンドもまだ乾いていません。

昨日のウサギの股間の怪しいものは、アクセサリーのパーツの欠けらで、こんなのをつけてみたら、おもしろいかな、なんていうイタズラです。

このひとたち、どっちも可愛くありませんね。 ・・・・・

製造過程
[PR]
d0101846_11242633.jpg

これは、何年か前に閉店するレストランの食器の処分市で買ったものたちだ。
特にこの、クリスタルの、からし入れがお気に入り。クリスタルと、蓋とおさじのプラスチック、
そのてっぺんのステンレスの微妙な取り合わせが素晴らしい。

もっと見たい?うちのうさぎも登場
[PR]
d0101846_936321.jpg

お絵描き帳だけ撮るつもりが、範囲が広がってしまいました。

お絵描き帳の説明。  これもビーチコーミングものなのですが、海で拾ったものを絵に描いてみました。 説明がむつかしいのですが・・子供の顔のようなのは、平べったい石にアクリル絵の具で顔を描いたものを、また、絵にかいたものです。
左端のは、細かい細かい貝のかけらの絵。

今年の夏の課題、手 も描いております。 まだまだであります。

ふとみると、鉛筆削りカス入れの缶が、なかなかアートでした。
(なんで、タマネギの皮が入っているんやろ・・)

d0101846_9474384.jpg
[PR]
一昨日の、パソコン処理をする前の状態です。
d0101846_19322271.jpg

これは今まで作った布絵の中でも一番手の込んだ作品。
もう2度とこんな面倒なことは出来ないかも。
大きさも20×15と小さい。

元になった写真も公開しようとしたがやめときましょう。
[PR]
毎週金曜日は昭和37年頃に集めたガムの包み紙を発表しております。
d0101846_839404.jpg


d0101846_8395641.jpg

今日の出し物は、現在タバコのヤニ取り歯磨きなどを売っているスモカのスモカボーイガムと
フルヤ製菓のコーヒーガムです。フルヤ製菓はどうなったんでしょう。不明です。

今日のセレクトポイントは黒+赤のさっぱりデザインということで選びました。

※    ※     ※
ガム騒動
おとつい2歳半の孫一クンと遊んでいたら、眠くなってきたので、眠気覚ましにとついガムを孫一クンの目の前で食べてしまった。そしたら、ガムに異様な興味を示した孫一クン、「孫一ちゃんもがむ!」といってきかない。なんとかごまかしたのだが、昨日になってもまだ覚えていて、「がむちょだい!ちょだい!」としつこく迫る。しかたないので噛んで後出すんだよと言い聞かせて、食べさせてみた。孫一クン初めてのガムに、ニンマリしてちょっとづつ口に入れてご満悦だったがなんのことはない、みな飲み込んでいる。あわてて残りを取り上げたら、まあ、泣き喚くこと、泣き喚くこと・・・・えらいめにあいました。
[PR]