<   2007年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

d0101846_7174122.jpg

この前、街に出たときに、友人が古着屋さんに連れて行ってくれて、そこで、セーターを
2枚購入。 こういう買い物が正解かハズレか、よくわからない。中古といえども、普通の新品が買えるほどの値段がする。 (でも、これの新品は買えないのだ。)
コム・デ・ギャルソン、ここ、定価で買うと、どうだろう、このセーターだって、えっという価格。 が、昔からここのファン。他の服とは、同じようにみえても、どこか違うのだ。
20年前に買ったパンツはまだはける。 高かったけど、これだけはければ安いものだ。

「おしゃれ消費ターゲット」という面白い本がある。 もうだいぶ前に出た本だが、世代別に、
特徴的な消費傾向があるということで、それを分析している本だ。 これが、あながちはずれてもいないので、他の世代のことを知るのにとても参考になった。

この本では以下のように世代分けしている。

キネマ世代    (1936~45)
団塊世代     (1946~51)
DC洗礼世代   (1952~58)
ハナコ世代    (1959~64)
ばなな世代    (1965~70)
団塊ジュニア世代(1971~76)
プリクラ世代   (1977~83)

totiさんは、一応、団塊に属しているが、何事にもハシリなのでDCブランドに、いち早く食いついた世代であります。 よって、コム・デ・ギャルソンはいまだに贔屓なのです。

こちらをご参考に
http://www.okayama-u.ac.jp/user/hasep/yh-seminar/2006/Sakimura_60622.htm
[PR]
d0101846_6561465.jpg

昨日、朝、なににも煩わされない、というようなことを書きましたが、犬と猫には煩わされています。ゆっくりお茶を飲む間もなく、「はよう散歩に連れて行かんかい」コールが始まります。
夏の間は元気がなかったのか、妙におとなしかったのですが、ここのところまた、綱をぐんぐん
引きまくり、老いぼれの肩、腰・・・いつまでもつか、、という状況。
 猫は猫で秋の気配をかんじるやいなや、冬ごもりの準備か、ものすごい食欲で、やってもやっても餌の催促。 もう、おまえ充分豚猫になっとるよと心配になるほど食べる。きのうなど、いただきものの饅頭まで泥棒された。  夏の間毛がゴッソリ抜けるのが、冬に向かって、隙間なくぎっしり生えるわけだから、栄養も必要なのだろう。

ところで、画像がカメラからパソコンに転送できなくなりました。 
更新してなかったらカメラが壊れたということです(泣
[PR]
d0101846_7263932.jpg


月曜日の朝、・・・なにもせかされることなく、いつ何をしていてもいい・・・なんだか、とてもありがたい。。ありがとう
     ありがとう
[PR]
d0101846_13495746.jpg

iwishさんから、子供用の浴衣の染め見本をいただきました。
なんと、昭和30年代、三丁目の夕日のころのものですって。。
ほんの一部ですが、かわいいでしょう、ミッキーマウスですよ~
さて、何に利用させてもらうか・・・あんまり可愛いものはハサミを入れたくないのですよね。
iwishさんありがとう。
出番を待ってるキレがいっぱいです。 布好き、これも立派な病気かもしれません。

きのう、また布を買ってしまいました。  名古屋には大塚屋という大きな布屋さんがあります。
品数が多いのと、値段が安いのが魅力です。 キルト芯などがとても安いのです。

もう一軒、大塚屋のすぐ近くに、隠れ家のように小さなDisseという手芸用品屋さんがあります。
ここはお値段はそれなりなのですが、とにかくかわいいものが揃っています。
アドレスは  http://disse.jp/ です。
きのう、こんなものを買ってしまいました。 こういうピン捜していたのです。ピンの下の小さいキレも売り物で15円でした。 ウサギの枕くらい作れるかな。

名古屋市内、土日祝と8日専用の、地下鉄バス乗り放題の一日乗車券600円、ドニチエコ切符というの発売されてたのね、知らなかった。デザインは見るに耐えないので裏返しておく。
d0101846_1413094.jpg
[PR]
d0101846_6201974.jpg

クロスケ達は、木の実を採りに、toti山にでかけました。toti山には木の実がいっぱいあるときいたからです。

山にはほんとうに木の実がいっぱいありました。
d0101846_6224511.jpg

クロスケ兄ちゃん、これでジャムをつくろうよ。
そして、ウサギ印のジャムを作って売ろうよ。

まめすけ、そりゃあいい考えだよ。  さっそく始めよう。


d0101846_6275776.jpg

あっ! 砂糖がない!!




d0101846_62934100.jpg

ジャムを作るための砂糖がないことに気がついたクロスケとまめすけは、
しかたなく、うさひめさまに、砂糖を借りることにしました。

                                                つづく
                                 (しかし、続きはまだ出来ていない)


過去の人形芝居は←カテゴリーの人形から入っていただくと見られます。
[PR]
毎週金曜日は昭和37年ごろに集めたガムの包み紙のコレクションを発表しております。
d0101846_7511884.jpg


d0101846_7513634.jpg

本日はかなりなレアものですぞ。
リリーのブルーミントガムとなんと、不二家ですね、ターザンガム。

ターザンガム、クイズ付きだ。シマウマは何頭いるでしょう・・・答えは水につけるとでてくるだって! 
[PR]
d0101846_7215771.jpg

クロスケ一家は、相変わらずの貧乏暮らし。
これからやって来る冬を前に呆然としておりました。

そうだ、クロスケにいちゃん、山でうんと木の実をとってこよう。

そうだな、まめすけ、木の実をうんと拾ってこよう。
[PR]
d0101846_7544845.jpg

大好きは雑草、イシミカワ。  今、庭のほうでわんさか青い実がなっているが、撮るのが難しい植物。ピントがなかなか合ってくれない。
つる性の植物で、逆さ向いたトゲがいっぱいついてる、ちょっと困った植物です。
これの花は見たことがないのを今気付きました。 実の美しさは絶品です。
実だけでなく、葉の造形のおもしろさにも惹かれます。
さあ、今日は庭でこれの写真を撮ってみるか。

鉄瓶に活けてみました。  朽木村の青空市で購入。
d0101846_756345.jpg
[PR]
d0101846_7335075.jpg

どうよ、この腕前。

・・・・・・・・・だれか、突っ込み入れてね~~~~~!


こっそり、お料理ブログもやってます。

More
[PR]
d0101846_7201967.jpg

同名の芥川賞を取った荻野アンナさんの小説もあるが、 
背負い水という言葉を初めてきいたのは、徹子の部屋に、
ドラえもんの声優さんの大山のぶ代さんが出た時だ。

人が生まれてくるときに、自分の一生の間に使う水を背負って生まれてくる。
その水を使い切った時、死を迎える。 使える量は決まっているから、大事にしないとあとで足りなくなる。だから水は大切にしなければいけないよ、という教えだ。

水でも電気でも石油でも、お金払っているから、いくら使ったって構わない
というのは間違いだ。 食べ物だってそうだ。 みな、限りある資源なのだ。
必要のないところで無駄使いすると、後で足りなくなるよ。

昔のひとはこういって無駄使いを戒めたのだ。
[PR]