<   2007年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

毎週金曜日は昭和37年頃に集めたガムの包み紙のコレクションを発表しております。
d0101846_8491296.jpg


d0101846_8493289.jpg


グリコのジューシィガムと、ロッテのオレンジガム。  ロッテのは破れちゃってますが、、
この、ロッテのガム、もしかして、そんなに古いものじゃないかもしれない。時々、昭和37年から飛んで、別の時期のも混ざってる可能性がある。 ガムはこの時期を過ぎると、ロッテの独占状態となり、他は一斉に姿を消した。
[PR]
d0101846_8472448.jpg

この前、何年かぶりの友人に逢って、お茶をした。 ・・お茶をする、、という言い方は、全国的に通じるのかな?   
いろいろとマメな方で、今回もなんかかんか、刺激をいただいた。この画像は、彼女が、つくったノートなのだが、針山をコレクションしているそうだ。いろんな作家さんの作った針山を買い集め写真に撮って、このような本にされていました。
針山というのは、小さくて、集めるにはいいな。 作る側としても、ちょこちょこっと作れるし、別に針山として使わずとも、飾っておくだけでも楽しいものだ。
本の上に置いてある赤い丸いものは、彼女のはめていた指輪、フエルトで出来ている。

他にも、昭和の古い縫いぐるみの本など見せてもらい、後日コピーして、型紙まで送っていただいた。
ちょこちょこっと作れるはずの針山も、なかなか作れない現実ですが、こういう刺激をいただくとまた、作りたい意欲も湧いてまいります。

このページの右はしのがtoti作らしい。 なんとなく記憶が・・・いいボタン使ってるんだよね。売りたくなかった。。

d0101846_848244.jpg
[PR]
d0101846_7294829.jpg

伯母が亡くなったときに、このツィードの防寒コートを貰った。

子供の頃、盆と正月に伯母一家がうちに遊びに来てくれるのが、たいへん楽しみでありました。伯母はころころ笑う明るい人柄の人で、たいへん可愛がってもらった。その伯母が着ていたこのコート地、手ざわりがよく、暖かで、子供の頃これを着ていた伯母によくまとわり付いたものだった。このボタンもおもしろくって、よくいじくっていた。

あるとき駅で、伯母達を見送ってしまった後、いいしれぬ静寂がおとずれた。
母も、ハレの顔を仕舞って、また不機嫌な顔に戻る。
伯母達が帰ってしまうと、また元の、寂しい暮らしなのだということに気付いたのは、自分の一つの成長でありました。その時、なにか自分で楽しむことをみつけないと、とても、この寂しさからは抜けれない、そういうふうにおもったかもしれない。 ガムの包み紙を集めたり、猫に夢中になったりしたのは、その後だった。

身近にあるものの中に楽しみを見つけようとおもったのは、そのころからだ。
よく見てみると、楽しいことはいっぱいあった。 この間の瓶の行列ではないが、毎日小さい楽しみごとは何かしらあるものなのだ。
[PR]
d0101846_1836114.jpg


d0101846_18372511.jpg
[PR]
d0101846_16515578.jpg

三連休終わって、ブルーな月曜をお迎えの方もおられるだろうが、totiさんは、月曜がくるとほっとする。  なんということのない日常が続いていくのが好き。 大きいしあわせがドンとくるより小さいしあわせが続いていくほうが好き。 この、小瓶の行列のように・・・
[PR]
d0101846_83962.jpg

なんだか、狸が化けたような水差しであります。
友人同士の持ち寄りガレージセールで購入。 作家ものらしいが、まだこの当時、若手だったらしいようなことを聞いた。  なんともユーモラスで、楽しい。 夏には出したくないが、こういう、木枯らしの吹く季節には、ちょうどいい。 さて、3連休最後の日、今日も天気はいい。

d0101846_88258.jpg
[PR]
d0101846_7412872.jpg

すっかり寒くなった。 カーテンを冬用に取替え、窓をすっぽり覆ってしまうと、なんだか穴の中に入ったようで、落ち着く。
冬篭りといきたいが、今日も生身の人間に会う予定。 最近急に生身人間と接する機会が多い。    しかし、、秋は、どうなったんだろう、秋ってあったっけ・・・
[PR]
毎週金曜日は、昭和37年頃に集めたガムの包み紙のコレクションを発表しております。
d0101846_846035.jpg


d0101846_8461564.jpg

一枚目のRoyalなどというメーカーは大変珍しいのではなかろうか。

森永のコーラガム、 コーラを始めて飲んだのは、東京オリンピックの年だった。 学校でも、オリンピックに関する行事があって、それにかり出された生徒に、ご褒美として振舞われて、飲んだのが最初であります。  飲料として出回る少し前から、こういったガムなどが発売されていてコーラというのは、一種、謎の飲み物であったわけです。  その後数年で、街にはコーラの自動販売機が姿を現す。 缶ではなく、あのウエストのくびれた瓶が、出てくるのです。ファンタのグレープとオレンジも並んでいた。
[PR]
d0101846_6421659.jpg

日射しが斜めになってるせいか、こんな影法師がおかしかったので。。
・・・こんな輪郭です。  一句でてくるといいのだけど、、教育テレビのフォト五七五、また見逃したが、昨夜、「知るを楽しむ」を見た。 なりゆきを生きる という言葉にじーんとした。なるたけなるように、なるように、流れに逆らわずにいきたい。  近頃に、大事な方を亡くされた知人がいるが、 それでも生きていかなければなりませんからねえ とおっしゃった言葉が耳に残る。
[PR]
d0101846_737717.jpg

バックなど作ろうとして、途中で放り出してある布。 バックにしても小さいサイズだから使うあてもないし、手放すには手間が掛かりすぎてい手放したくない、というわけで、箪笥に眠っている。
しわになっているところは絞りをいれて固めている。

d0101846_7373075.jpg
[PR]