<   2008年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

d0101846_8122480.jpg

今日は普通サイズより小さいのを2点。
普通のサイズのが「5.5×3.5」なのに対し左は「4.5×3.2」右は「4×2.7」(単位㌢)

なにやらこれも相当古そうでわくわくするのだ。
いいデザインだ^^とほれぼれ。この大きさが魅力。
[PR]
d0101846_726742.jpg

これは、案外難しいのです。その場の勢い、というのがいりますからね^^

さて、皆さんにご心配いただいた背中の湿疹は帯状疱疹であることが判明して、現在治療中であります。
これとは関係のない話ですが、先日友人に喝を入れられてしまいました。
「totiさん、ぜったい、運動不足!!」って。。
はい、そのとおりです。帯状疱疹が完治した暁には、毎日歩きます。足が弱ると、老化がはやいですからね。出来るだけ外出もいたしましょう。
[PR]
d0101846_7465761.jpg

年収80億だったら、どういうふうにお金を使うだろうと、明け方考えていたら、
すっかり二度寝してしまった。 楽しい夢も見られなかった。
2億円宝くじであたったなら、考えもつくが、年収80億は、ちと想像がつかない。
皆さんだったらどういうふうに使うかな?

at 京都ホテルオークラ
[PR]
d0101846_654247.jpg

こういう本は、若い人が読む本だろうか。何年か前から本屋に積み上げられていて、いまだにお見かけする本です。○十を目の前にしてまだ惑っているワタクシはまだこういう本を読んでいる。こういうのって、ちょっとアメリカ的な考え方のようにも思えますが、なるほどと、頷けるところも多いので、側に置いて時々読み返します。
著者の紹介にこうあります。

ジェリー・ミンチントン
アメリカの著述家、多年にわたり経営者としてビジネスに携わるうち
「人が自尊心を高め、自らの価値を確信することが、人生における成功や幸福に直結する」ということに気づき、自尊心に関する研究をおこなう。

この本の目的は自尊心を高め、セルフイメージを高めるということです。
50項目の短い文章で的確に語られております。

ひとつだけ、短めで、とびっきりポジティブなのを引用しておきましょう。

17:夢を実現するために行動する
将来のために緊密に立てた計画が実現しなかったとき、がっかりした経験はないだろうか。そういう経験をよくするようであれば、なくてはならない要素を省いてしまっているのかもしれない。それは何だろう。
 夢を持って将来設計をすることは素晴らしいのだが、願望を抱いているだけではほとんど何も起こらない。願望を現実に変えるには、願望を抱く以上のことが必要なのだ。
何らかの目標を達成したいと思うなら、それに向けてかなりのエネルギーを注ぐ必要がある。

More
[PR]
d0101846_6494640.jpg

これは、陶器の模様を模写したもの。

さて、怪しの皮膚病を抱えつつも、昨日「ブーリン家の姉妹」など観て参りました。
ナタリー・ポートマンもスカーレット・ヨハンソンもどちらもご贔屓の女優さん、加えて、脇を固める俳優陣も、よく知らない人達ではあるが、なかなかよいぞ。

「エリザベス」のお母さんの話なのだが、これを観ると、あの「エリザベス・ゴールデンエイジ」の銀色の鎧を着て髪をなびかせ馬に乗っていたあのシーンが深く理解できる。
この映画、エリザベスで気になった、男優さんのアクの濃さがなく、ナタリー・ポートマンの悪女ぶりもそりゃあもうピカ一で、私的にはたいへん◎でありました。
[PR]
d0101846_6404972.jpg

今回ひいた風邪はほんとに変な風邪だった。いや、まだ過去形にはならないのだが。

2週間程前、それまで一週間程喉が痛かったのだが、じわじわひどくなり、この、じわじわ感も、なにかいつもと違うという気がしたのだ。で、とうとう一週間目に、なんだか、起きているのも辛いなという具合になり、そう熱が出るでもなく、べったり寝付くほどでもなかったのだが、ただ、咳が一週間ほど続いた。

その咳もやっとおさまり、これで回復と思った先週初め頃より、なにか、背中がチクチク痛がゆい。毒虫にでも触ったかと最初おもっていたが、どうもへんだ変だと思ううち、見ると、背中に、猫の足跡くらいの赤い発疹が出ていて、その周りが、どしっと、腫れているように痛い。おまけに、腕の内側から脇にかけてのリンパ腺が腫れている感じがする。
ネットで検索してみたら「ウィルス性発疹」というのが出た。風邪の症状が治まってから、一、二週間後に現れると書いてあるあたりが当てはまりそうなのだ。 医者に見立ててもらった訳でもないし確かなことではないが、こんなことは初めてであります。
[PR]
d0101846_6524876.jpg

これはgyuさんところで、マヨルカ刺繍のお教室の写真が載っていたのを興味深く読ませていただいて、そのお写真のほんの一部をお願いしてお借りし、コースターに仕上げてみました。なんだかすっかり萩の模様になってしまって、元々のスペイン、マヨルカの雰囲気の欠片もないふうに仕上がってしまいましたが。。

マヨルカ刺繍というのも初めて聞いたのですが、全体にステッチはチェーンステッチで刺していくもののようです。お客様用のタオルにびっしり刺繍してあるものやら、もう、とてももったいなくて使えない。西洋の方って、細かいことをされるものだなぁと、今更ながら頭が下がりますね。

チェーンステッチというのは、線がまっすぐに出て、仕上がりがきれいに見えていいですね。 ステッチの方法は「刺繍 ステッチ」でGoogle検索していただくと出るはずです。
[PR]
d0101846_6141056.jpg

何度もいうようだが、このコレクションは、ほぼ40年前、古本屋で買った一冊のスクラップブックに貼ってあったものだ。 場所は京都。
これを集めていた方、よっぽど、「ハマムラ」を贔屓にしていたのか、「ハマムラ」のマッチがたくさんある。 その中でもこれは古そうだ。

「ハマムラ」という中華料理屋さんは今でも京都に幾つかあるようで、私の知っているのは、河原町三條のバス停前にあるハマムラをよく覚えている。 若い頃の何年間か、そのバス停の前からバスに乗って仕事に通っていたからだ。
この、顔の造作をハマムラというカタカナで表したところがおもしろい。
元々の発祥の地は、祇園とホームページに書いてあったから、ここのことかもしれない。
80年以上前のようだ。
支那料理などと書いてある所が、昔っぽい。
[PR]
d0101846_651551.jpg



d0101846_6522536.jpg

ステッチはチェーンステッチです。


d0101846_6551380.jpg

[PR]

d0101846_20303851.jpg
このところ、不思議なことに検索ワード「ブライス・型紙」で、どんどん人が入ってるようなのだ。なんだろうとおもって検索してみると、去年の10/15に「面白い型紙見つけた&お絵描きブライス」という記事があるのだが、それが、ブライス・型紙でひっかかっているらしいのだ。 型紙が載っていることを期待して入って来て見える方に申し訳がないし、ここらでブライスの服でも作らないかんかしらと考えている。
ちょうど、型紙の載ってる本もあるしぃ。。

あら、久しぶりのブライスネタだったわ。去年の記事はこちらから
[PR]