<   2009年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

d0101846_6425485.jpg

JAPAN COUNTORY LIVINGのエイミー加藤さんは最近は「おたふく」にはまっておられるようです。
日本のいいものは外からの目線で教えてもらうということが多いですね。
お多福の由来、はて?
[PR]
d0101846_5344139.jpg

JAPAN COUNTRY LIVING
もう20年程前に見つけた本で、時々眺めては恍惚としている。どのページも素敵だ。
著者のことなど気に掛けてなくて改めて調べてみるとエイミー加藤さんというアメリカ生まれの方で、麻布十番にBLUE&WHITEという和雑貨のお店をやっている方と知る。
日本語版も出ているようだが、これはそれが出る前の海外向けの本のようだ。

30年程前にはアメリカン・カントリーなどに心酔していたが、この本を見てから日本のカントリーライフほうがいいやという気持ちになった。
なんとなく今の潮流のクーネルとか天然生活などといった雑誌のルーツのような本だ。
ここに載っているような歴史のある重厚な家には住めないが、
還暦でも通過したら、こういう世界を見習ってもっとしっとりとした(きちんと片付けられた)質の高い生活をしよう、などと考えたりするこの頃。

More
[PR]
d0101846_8554148.jpg

目が覚めて時計をみてびっくり。。
まだ頭の中は活性化していないけど、とりあえず。
前は一日8時間睡眠が普通だったのが、最近6時間経つとぴたっと目が覚める。それをなんとか修正して8時間に戻そうとしたのが失敗。二度寝の罠に落ちてしまった。

けさはうれしい気持ち満載のはずでありました。
きのう、畳が新しくなったのであります。 思えば自分たちの代になって畳を張り替えるなんてこと初めて。何もかも分からないことだらけでありました。
とにかく畳が新しくなり、襖も、壁紙も張り替えて、とってもうれしい。
こうなったら一日も早く晴天を待ちたい。けさは生暖かな気味の悪い風が吹く。雨も時折どしゃぶり。
[PR]

d0101846_632059.jpg

おかげさまできのうなど、便座の暖かスイッチをいれたくなるほどの涼しさ。
天気予報を見るとずっと曇り及び雨マーク。
このまま続けば、これはいつぞやのタイ米を食べた年とよく似てはいないか。
とにかく、なんだかんだでもうすぐ8月。なんだかんだで夏が過ぎていけばそれでよろしい。
[PR]
d0101846_5471914.jpg

太陽は何処へいってしまったのだろう、果てしなく曇天・雨天が続く。

子供の頃、といっても7歳のころだが、家に対してこうあるべきという明確なイメージがあった。

やや奇妙なことであるが、家というのは外見がボロくなくてはいけない、腐りかけた胡桃の殻のような外観であって、それでいて、一歩中に入るときちんと手入れがされて、気持ちよく、なにかしら心躍るものが飾り付けられている。 
外がきらびやかな家というのはちっとも面白くないと思った。外だけきれいで中が荒んでいるなんて最低だと思った。 外も中もきれいな家より、外が汚くて(といっても汚れているという意味ではないが)中がきれいな家でなければと絶対そう思った。
その当時、このことを誰かに話したことがあるが理解してはもらえなかった記憶。

考えてみると家というのは私にとって大きな箱だったのだ。
箱にとって大切なのは中身である。
[PR]
d0101846_6143928.jpg

ただ今和室の改装中であります。畳、襖、壁紙など新しくするのであります。
そんなことで、きのうはクロスの張り替えに職人さんが夕方までいたもので、晩のご飯を作るのも気ぜわしく、スーパーの出来合いもので済まそうと、夕暮れ時のスーパーに行った。

だいたいがスーパーには時々しか行かないもので(宅配便を利用)、最近のスーパーの価格競争、話題にはなっていたが、すごいものがあるなと驚く。
まず、もやしが一袋5円だったので2袋購入。うどんと焼きそばはなんと、1円である。
弁当売り場に行くと、味噌カツ弁当が298円だったので、これに決定。

しかし、スーパーのレシートというのは個人情報満載、これを見れば買い手の性格とか生活状況とか、なにやら察しがつくようでおかしい。
バナナが特売の78円のでなくこっそりいいバナナにすり替えられてあるは、こすい相方の仕業であろう。
[PR]
d0101846_7314734.jpg

涼をとるため、緑のカーテンは効果的であります。
朝顔を植えたり、ゴーヤを植えたりで日差しを遮るとかなりの効果はあります。

うちの場合、やることが大胆です。
家の南っかわに栴檀の樹なんか植えちゃいました。
ガーデンブログのほうでは、それは止めたほうがいいというご意見多数。

この栴檀という樹、異常に成長が早く、植えてまだ3年目にしてもう二階のベランダまで届く。
冬場は樹の幹だけ残してすっぱり切っているのだが、この日除け作戦いかに。
[PR]
d0101846_734966.jpg

夏は鰻もいいけどすき焼きも、という意見もありました。三島亭の牛肉食べたい。

今年ももう夏休みが始まっているようで、朝音もなく子供たちが集まってこっそりとラヂオ体操を行って音もなく去っていく。。
オバチャンはシンクロナイズドスイミングを見るのが好きなのだが、怒っている。
なんであんなにしゃべらないかん。。音楽もなにも聞こえやしない。腹が立つので音を消して見た。
つまらんので早々に寝る。
[PR]
d0101846_6135148.jpg

きのうは残念ながら皆既日食は見えなかったが、テレビで観た太平洋上の船の上のはよかった。
太陽が完全に隠れる場所ではああいうふうになるのだとわかる。
とても映像では実際の感動は表現できるものではないのだろう。運良く巡り合わせた人におめでとうといいたい。

ああいうものに実際遭遇すると、ちょっと世界観が変わったりするものだが、奇しくも私も15年前の今日、夜八時頃に外で夕涼みをしている時に、夜空に火をふく隕石が落ちていくのを見たのである。以前にもこのことは書いたが、見た目、月くらいの大きさの火の玉が火の粉を引きながら西の空から東の方向に飛んでいったのであります。

何もかも分かったつもりでいても、何も知らなかったということがいっぱいあるものです。
世界は不思議に満ちているのです。 好き嫌いもあっておススメはしませんが、蝶の幼虫がサナギになったり、サナギから蝶が出てくるなんていうのは、まったく訳の分からない不思議の世界です。

シュガーとクリーマーのセットは多分アメリカンビンテージもので、メーカーとかは失念。
庭で取れたブルーベリーでゆるいジャムを作る。
[PR]
d0101846_703911.jpg

夜も更けて、戸棚の上に眠る猫。
背中の斑点がなにやら面白い。 宝島の地図のようだ。

よう降りますなぁ。雨。
山口は洪水だそうでお見舞い申し上げます。
今日でしたか?皆既日食。四十数年ぶりとか言ってましたね。そういえば小学校の頃、そういうものを校庭で見ようとした記憶がある。ガラス板に黒い墨かなんか塗ったのでなんとかした記憶。でも、結局見えなかったんだよね。太陽を直接見ると目がつぶれる、ということはその時教えられたような覚え。
[PR]