<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0101846_745498.jpg

木蓮の葉っぱもがさりと枯れ落ち、その上にもしっとりと朝露降りるころでございます。
春、いっせいに若葉が出たのち、季節がふたまわりし、枯れ落ちる時は様々であり、その姿も様々。
葉っぱの一枚一枚にも運命というのがあると感じ入る落ち葉の季節でございます。

一番先に紅葉する葉あり、虫に喰われた葉あり、最後まで木にぶら下がる葉あり。
若葉の頃はみな大差なく凡庸であったのに、
紅葉した葉は、同じように見えてもみなそれぞれに微妙に色が違う、などいとおかし。なんちゃって。
[PR]
d0101846_8254829.jpg

なにやら画像に迷いが生じる今朝でありました。
上から屁くそ葛、むかご、クスノキ、椋などの秋の実りを描いてみました。
相変わらずこれらを食べにくる鳥で、やたら騒がしい毎日。

ほんとは出て行くのは面倒なんだけど、今少し旅の夢想などして楽しもう。
駅まで出てしまえば何処か行こうと思い、行ってしまえばそれは楽しいのだけど、
なんなんだこのおっくうな感じは。
[PR]

d0101846_782874.jpg

甘木さんの所で知った内田百閒の「第一阿房列車」を読んでいる。

十代の頃の趣味が、電車に乗って行き当たりばったりの旅をするということであった。
行き先を特に決めず、なんとなく適当に切符を買って、ただ電車に乗る。
電車に乗ることが目的のようなものだから、そのままホームから外に出ずに引き返してきたこともある。
かなり、理解しがたい行為かもしれないが、この本の旅はちょうどそのような旅なのである。

行ったことのない場所に独りで行くという緊張感が若い頃は好ましかったが、今、ちょい不安のほうが先に立つ。
が、思い切ってまたこういう旅をしてみてもいいなと思えてきた。
毎日3時間くらい鈍行列車に乗って移動する。さいきん駅前にはたいがいシティホテルのようなのがある。朝9時くらいに電車に乗って、3時間程車中で過ごし、着いたらばその辺でお茶でもして時間を過ごし、あと宿に入ってぐうたらする、というくらいなら体力的に保つかもしれない。

地図を見て夢想するのこと。
一日目は神戸辺りまで行く。次の日は尾道あたりがいいかな。次は関門海峡辺りにたどり着けるが、どうしたものか。九州にまで行けるだろうか。それとも日本海側に回って鳥取、石川県経由で一回りするか、っとか。
どうも傾向として西へは行きやすいが東はおっくうである。今までにあまり東には行ってないからである。
[PR]
d0101846_773375.jpg

毎日が矢のように過ぎ去るかんじ。今日、土曜日?
毎日のように、年賀状ご無礼しますの通知が届く、今日この頃なり。

今日のマッチラベルは写真がピンボケというのでもなく印刷がピンボケなのであった。
変形のマッチですな。
[PR]
d0101846_7234931.jpg

この前行った書の作品展で分けていただいてきたもの。
紙ではなく布に書いてある。
この飾り棚にちょうど合うかなと目論んで呼び寄せたのであるが、ちょうどぴったりのバランスで収まる。
早口言葉の「裏庭には二羽、庭には二羽ニワトリがいる」と書いてある。

室礼(しつらい)という言葉を知ったのも最近のことである。
よく理解出来てないとおもうが、季節季節、折々の行事などに合わせてこういうところの飾り方を工夫するなど、ゆっくりした生活ではありますまいか。
[PR]
d0101846_7114499.jpg

久しぶりに見た夢は、最近よく見る地下迷宮のような古びた都市の中を迷い歩くというものであった。
人の流れに沿うていくと映画館の中に入り、その映画は見たくない映画なのだ。
これは後戻りする方が賢明であると頭の片隅で聞こえるが、出口らしいものも見えているにもかかわらず、横のトイレに続くようなへんなところに迷い込んでますます迷路は深くなっていく。
最後にはカリフォルニアのプールのようなバカに青くて明るい場所にたどり着いたのは、ハッピーエンド、ということであろうか。

画像は旧作でありますが、家ですね。たしかゴッホの黄色い家を参考に作った記憶。
[PR]
d0101846_891383.jpg

どー云う訳かすっかりお寝坊してしまった今朝でありんす。
首と肩が寝違えたように凝っている。
この前、美容院に行ったとき、いつもはマッサージをしてもらうと夢見ごこちになるものが、いたたたとひどく痛かったのは、吉兆であるのかはたまたナニであるのかナニである。

蚊はやはりおりました。
きのうたたき潰してやりましたです。ということで証拠の品も添付なり。
[PR]
d0101846_7322762.jpg

瑞々しいものを描くより、枯れたものを描く方が得意なのも事実であろう。
(描く本人も枯れてるからね)

雨上がり、窓の外を見るとドウダンツツジの紅葉が進んでいるのを発見したりする朝であります。
雨って紅葉を進ませるのかしら。
今日は百舌の「ギチギチギチ」という縄張りを張る鳴き声が聞こえ、今年は百舌は来ないのかと心配してたので一安心。
今日は祝日でありましたか。ナンの日だったっけか。
[PR]
d0101846_771589.jpg

今日は雨である。久しぶりのような気がする。少し乾燥気味で埃っぽくもあったので、ちょうどいい。
そんなことで、取り置き画像です。
常滑焼きで有名な常滑(トコナメ)にある焼き物散歩道というところです。
↑これは民家を改造してガラクタやとカフェをやってるんですね。でもクローズのお札が。。

d0101846_714673.jpg














左端の多肉の鉢植えの飾り方が微笑ましい。立てかけてある錆びた鉄の穴あきの道具、懐かしいですね。これに炭を入れてガスにかけて火をおこすものじゃなかったっけ?
d0101846_7175119.jpg
















土管で出来た道。
土管って最近使わなくなったのかな。エンビの管より素敵なことは確かだ。

ご記憶の良い方は以前にも登場した場所です。
今年は京都の紅葉がとても良い具合だとか聞きました。
明日もお休みだったんですね、明日は混むだろうな。
窓から眺める庭もだんだん黄色くなってきました。いい季節です。

_____________________________
[PR]
d0101846_8251147.jpg

なんでも、どっさりあるということは何かしら嬉しいものだ。

今日も晴天。昨日は少しだけ庭仕事をする。
スコップで土を掘り起こしていると、固まりがほぐれ、空気を含んで、だんだんとホクホクになってくる。
土っていい。
[PR]