<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

d0101846_7271048.jpg

雨の月曜日。
この雨は、地面が動き出す雨だね。
雨はだいたいきらいだけど、この雨はちょっといい。

_____________________________
[PR]
d0101846_7334020.jpg

再登場でもありますが、おひなさんやし、毎年だすもんね〜。(というか一年中飾り戸棚の中に‥)
これは、土人形の本の中にこういうのが載ってたのを一目惚れして、自分で紙粘土でつくりましたん。
表面に和紙が貼ってあって、素朴な感じをだしています。

今朝方、やたら地震がある。震源は高山の方らしい。2時半に窓ガラスがガタガタ鳴って、覚醒。その後寝られず。久しく揺れなかったが、最近ちょこちょこ揺れ出しました。

__________________________
[PR]
d0101846_748940.jpg

さて、今朝はずいぶんと冷え込みます。
まだまだ気を引き締めていかなと。

「蒼穹の昴」読み始めました。
占いばぁさんが出てくるあたりが、物語的でよろしいねぇ。主人公と一体になって希望を持てます。
宦官の詳細はこわかった。
[PR]
d0101846_7145253.jpg

おはようございます、っといったところでしょうか。
今日も雨。
庭の白しだれ梅もほころび始めて、いよいよ春到来。
桜の季節にはまた電車に乗りたいものであります。
[PR]
d0101846_1143677.jpg

確定申告データはなんとか出来上がりました。‥ちかれた。

謎のマトリョーシカ人形はもう少し手を加えたほうがよいのかどうか、思案中。


________________________________
※明日は早朝より関西方面に。少し不定期になります。
[PR]
確定申告のデータが出来上がるまでブログ休みます。
きっぱり
[PR]
d0101846_724682.jpg

網の中でちょっとヒントを拾ってマトリョーシカを刺繍してみる。
これは立体にしたい。
マトリョーシカには手足はないが手足もつけたい気分。

さて、15度を越えるとヒートテックは拷問となる事を知る。


図案追加しておきます。
d0101846_120653.jpg

形はじゃっかん違います。立体にすると痩せます。
実寸は13センチです。コピーで調整してください。
[PR]
d0101846_7154191.jpg

このバイユータペストリーというものから図案をちょうだいした刺繍、完成したのを出したのかどうだったか、もはや記憶にない。
バイユータペストリーというのは西洋の刺繍で綴られた長大な歴史絵巻のようなものであります。
本物はバイユー・ステッチと呼ばれる独特のステッチで刺されてありますが、これはチェーンステッチで。あっさりとした形のポーチにしてみました。
(ファスナーに赤い玉をつけると全体が締まります。)(予定)

パソコン画面上に羽のある小さな虫発見。春だ。

Twitterで5千円あれば何に使いますか、というお題がでていた。
考えつかなかったが、そうだ、アスパラの根を5株買おう、とかひらめく。
昨日一株買ったが、毎日アスパラがにょきにょき出てくるとしたらば、それはなんと楽しみなことよ。

More
[PR]
d0101846_7593198.jpg

ヒヨドリがしおらしく鳴く、春っぽい朝であります。

さて布本はちょこっとずつ進展しております。
引き出しの中に片方だけの手袋。
片方は、ウィーンのさる宮殿観光の際に落としてしまったのであります。
異国の地にひとり取り残された片方の手袋はどうなったのでありましょう。。
とか、思いにふけっていると片方も捨てがたく引き出しの中に眠っておりました。
手袋でリスの人形をつくるパターンを見つけたので、そうしてみようかなと思うも、このままこの布本に貼り付けておいたほうがよいかしら、などとも思うのであります。
[PR]
d0101846_7105191.jpg

オバさんは朝から機嫌が悪い。
また、郵便受けに郵便局の不在お預かり票が入っているのだ。配達時間を見ると18日17時04分。居ますがな、ちゃんと家に。
何でこういうことが度々起こるのかという原因は分かっている。
うちにベルがないからだ。
ピンポンがきらいなのであるから取り付けないのだが、今の人はピンポンがなければ人のうちを訪なう術をしらないのか?
毎日、鳥の声に耳を澄ます生活である。表で「こんにちわ」と呼ばってくだされば、すぐにも玄関先に登場できるのである。
この不在票がまためんどくさい。届けてもらう日を指定しなければならない。しかも音声ガイダンスである。字は非常に小さく印刷してある。その時点でもうかぁ〜っとハラが立つのであります。
昨日もムスコ宛に荷物を持ってきていて、なんとなくゴソゴソッとした気配で外を見てみると、持ち帰えろうとしているところだったので、あわてて預かりますというと、怪しまれた。
なんやねん、親がムスコ宛に来てる荷物預かったらいかんの?
ほんとに郵便局はハラが立つ。
クロネコさんと佐川さんは、ちゃんと家族構成を理解していて、届けてくださる方も同じ人で顔見知りである。なんで郵便局にはそれができない。

ベルがなくとも昔は問題がなかった。優秀な番犬がいたからである。‥ん。。‥
[PR]