<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0101846_8261158.jpg

きのうですね、震災後内閣参与に任命されてた小佐古さんという東大のせんせいが、もういややいうて辞めはりました。
記者会見では泣いてはります。
拡散図を出せゆうても採用されへんかった。年間被爆量を20mSvに嵩上げされた事に自分の良心が耐えられない。といったような理由らしいです。

昨晩このニュースは国営放送のニュースでさらりと1分程流しただけで、英国ロイヤルウエディングに切り替えられました。
ニュースステーションではどうなのかな、前半では放送なしだったような。ロイヤル系長々とやってましたね。


小佐古内閣参与が抗議の辞任 政権の原発対応遅れ批判




記者会見全文

原発の電気は安くない。原発の電気料金が安いとされてきたのは政府補助金を計算に入れてないからだ。補助金(税金)を加えると火力9.9円、水力3.9円、原子力10.68円。バックエンド費用(放射性廃棄物の処理など発電後にかかる費用)もこれには含まれていない。大島堅一氏 東京新聞4.30


福島3号機外国からの情報
燃料プールが爆発?
[PR]
d0101846_724018.jpg

ゴ−ルデンウィークが今年もまたやってきたのですね。
ずいぶん寒いんですけど。暑いところもあるようで、よくわからん気候です。ここは寒くて凍えております。

今日はイギリス王室の結婚式が日本時間午後7時から生中継があるので見ます。
皇太子ご夫妻が出席を取り消されたのは残念ですが、致し方ないですね。
天皇陛下、美智子さま、もうご高齢、ご病気などお持ちなのに,連日のご公務ほんとにあれ疲れますよね。
なんとか半分くらい変わってさしあげられないものかとか庶民は心配するわけです。

イギリス王室のご婚約者,今日の花嫁さま、ケイト・ミドルトンさんと覚えていたのですがテレビ欄でキャサリンさんとなっているので、ちょいとまどう。

キャサリン・エリザベス・ミドルトンというのが本名?じゃ、ケイトというのはどこからでてくるの?
翻訳物小説で挫折するのは、主人公の名前が本名で書かれたり,愛称で書かれたりしてそのうちわけがわからんようになるんです。。





プルサーマル3号機は核爆発だった?
あまり日本では報道されなかった爆発の瞬間の映像。




________________________これ以下の広告は当方と無関係です
[PR]
d0101846_7512277.jpg

産直の野菜を買った日は、まるで花束を買ったように浮き立つ。
しゃきしゃきの採れたて野菜。
わけぎ、蕗、新玉葱、ほうれん草、露地物らしき苺、産みたての卵。春大根。

温室で育った季節外れの野菜にはこのパワーがない。
[PR]
d0101846_739641.jpg

震災の現場からもうなにもいらないとか、ほんの少しのもので人間暮らしていけるものだ、とかの肉声を聞く。
私もそう思うが、多くのものに埋もれて暮らしている。

経済を復活させるにはみんながおおいにお金を使わなければいかんと言われる。
そういう論法を、そういうものなのかと聞いているが、
これはなんだかトリックみたいな気もするのだ。
経済が成長していくことが果たしてそんなにいいことなのか、っとか、難しい分野なのでわかりやせんが、なんか、おかしいんじゃないのそれ?ってどっかで思ってる。

だって、殆どの人はもう物はいらないって思ってるし。
買ったものは一生大切に使いたいと私は思ってるし。
どんどん買ってどんどん捨てて、それで国が栄えるなんて、なんだかヘンなかんじ。
ものを大量につくるには電気だっているし。
電気がいると原発なんてのもいるんでないかというふうになるし。

とうとうこんなんまで出て来てるようです。決死隊募集ちゅうことかしら。
これを募集してるひとはどういう人なんだ、というのはようわかりませんが。
[PR]
d0101846_713167.jpg

至福の時がまたやってまいりました。
なんだかんだいっても幸せな人生であります。
お葬式はひっそりとすませる予定ですが。。メッセージもだしません。。
[PR]
d0101846_612184.jpg

いつの間に54基もの原子力発電所ができたのだろう。
どうも世の中がキャンディーズだとかピンクレディだとかで浮かれている間に、こっそりと、あっちにもこっちにも出来ている。
福井県の敦賀の原発の前まで行ったことがある。
1970年に出来ているようだから、できてすぐである。(画像はその時に撮った周辺の村の写真)

原発について何も知ろうとしなかった自分を今、恥じている。
何か自分にはわからない高度な技術で電気を起こすものだ、くらいにしか考えておず、それを管理する人も一流の技術者で、間違いのない最高の技術で管理されているものと勝手に考えていた。

ハテナと思ったのは、何年か前の臨界事故。なにやらバケツでなんとかしたらえらいことになったというニュースを聞いて、えっと驚いたのだ。

今回の事故で、にわかに知識を得て、火力発電も原子力発電も要はお湯を沸かしてその蒸気でタービンを回して電気を出すという単純なものだと知る。お湯を沸かす燃料が核であるということである。

それで、話は結論に急ぐが、これの一番困ることは、いらなくなったからといって、ゴミ箱にぽいと捨てられないということであります。
使用済み核燃料というのも、使用済みであっても、何十年も冷やし続けなければならず、最終的には悪いものをガラスで固めて地中深くに埋めてしまわなくてはならないという。
で、今のところその捨てる場所も決まっていなくて、青森県の六ヶ所村という所に3000トンだかのプールに日本各地の原発から集められた使用済み核燃料が満杯だとか。
そして、これがもし、今回のように電源喪失したならば、福島どころではない、どえらいことになるのだそうだ。
ほぼ日本中が福島になるのは勿論、世界規模の大汚染になる。
そして、六ヶ所村はこの間の余震であえなく停電しているのだ。

もし、今すぐ日本中の原発を止めたとしても、今ある核燃料は、何十年だか何百年だか冷やし続けなければならない、、のだよね?
止めたからといって、それで済むという問題でもないらしい。
もちろん動かしているより、止めるほうがいいけど、
なんとまぁやっかいなものを作ってしまったことよ。次の世代にこんなものを残してしまった私たち。

無知であったことを恥じるのである。
こんな人間の手におえない「荒ぶる神」のようなものを何も知らずに54基も作ることを許してしまったのだ。
それでもまだ、原子力発電はいるという考えの人はいったいどういうお考えなのか。
地震はまだまだこれから起こるだろうに。
[PR]
d0101846_7245173.jpg

これも前のと同じ頃に買った楽譜。
この頃の印刷物って文字に味がありますね。

今日は雨が上がって、しっとりした空気が喉にやさしい。
先日思い立ってサングラスを買いにいった。買ったとたん曇りや雨で出番がなかったが今日はおおいにサングラスで庭に出よう。
最近外に出ると光がすごくまぶしかったのです。


今日のニュース欄に載ってた牡蠣オーナー募集こういう形の支援というのもおもしろい。
しかし、なんだかんだと税金やら何やら上がりそうですね。

4月15日に初めての年金が振り込まれているはず。
スズメの涙ですがあしなが育英会に寄付しようと思います。
[PR]
d0101846_6503649.jpg

今日のラベルは印刷が木版っぽい。かなり古いものと推定。

さて、今更ながらですがオバさんは日本の農業の行く末を心配する。
今回の震災、原発事故で、今年お米を作れない土地が続出。
それなのに、聞くところによると減反政策とやらをどんどんやっているとか。
だいじょうぶなのか。
オバさんとしては、何がなくとも食料だけは自国でまかないたいと思う。
自国などと言わず、地域地域で食べるものはその地域で賄いたいものだ。
こういうことが起こる前から、農業は風前の灯火でありました。周りを見回しても休耕田やら、何も作られていない畑があちらこちらに。

ところで常日頃なんでかなと思う事。スーパーのお米売り場には、新潟、秋田、宮城、岩手、山形とかのお米ばっかり並んでいて他の地方のは目につかない。
田んぼの間を自転車で駆け抜けてスーパーに行くのだが、地元産のお米は農協しか売ってない。
茄子畑をすり抜けてスーパーに行けばそこには熊本産の茄子が並んでる。
変だ。


福島第一原発の現場作業員さんを応援するあなたの声!!

お札、よろしければお使いください
[PR]
d0101846_717854.jpg

まだまだお宝がありました、という感じのセノオ楽譜。
夢二が装幀していたりして有名なセノオ楽譜であります。
明治の終わり頃から1000曲くらいでているそうであります。
これは40年程前に古本屋さんで入手したもの。
うさぎちゃんのマークがしびれます。
中は楽譜でありますよ。
二曲入っていて「恋はやさしい野辺の花」と「桶屋の歌」

d0101846_7175429.jpg


子供を守れ2
がんばれ!!福島のおじちゃん、おばちゃん! 
文部科学省が送り込んだ若造×福島  官僚話術醜いぞ。
[PR]
d0101846_752812.jpg

二日続きの風が止んだ朝であります。今日はまたいろいろとすることが。

ふと去年の暑さを思い出す。
もう4月も後半、蚊がでてきてもおかしくない時期。
去年は余りにも暑かったもので、つい夏の間だけでも何処かに移住、なぁんて夢みたいなことも考えて弱音をはいた。
東北の涼しさをうらやましく思ったものだ。
じっさいのとこ、去年のような暑さが毎年続くとなると、もう西日本はこれから先たいへんきびしい。
いっそのこと、これを機会に東北の方に中心を移すべきではないか、などというのは荒唐無稽な考えだろうかのう、うん?
[PR]