<   2011年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

d0101846_7425381.jpg

福島産の桃やきゅうりなんかが安売りされているのも気になりますが院長の独り言のこの記事、この間からぼんやり気になってた事が書いてあります。

あの消防車や、赤いバケツで原発の上から水を掛けていたヘリコプターなど今何処に置いてあるのだろう。使われたロボットは?
一時帰宅が許されたという大熊町から何を持ち出されたのだろうとか気になって。。
そういうものの除染ってどのくらいできるものか、車の中までは無理やろうとか。。
怖いな、ここに載ってる軽トラの値。
[PR]
d0101846_7281821.jpg

明け方普通に目が覚めたが、ひんやり肌寒くなって、布団にくるまっていたらまた寝てしまった。
こういうときは夢を見る。
取り留めの無い夢であったが書き記しておこう。

ちょっと年配の昔からの顔見知りのご婦人がうちまで案内するという。
ターミナル駅の中の細い道を抜けると急に川が出現。
流れの緩い淀んだような川であるが、白い睡蓮が群になって点在している。
猫が水辺で水浴をしている。白い猫が滝登りのようなことをしている。元気だ。
家の前に着いた。煉瓦で出来たステキなお家だが入口が見つからない。
壁を押すと壁がくるりと回転して中に入る。
古物好きの婦人は家の中を古いもので揃えてあるが、外見のステキな煉瓦とはテイストがずいぶん違う。

といった、何の意味もないような夢であったが、白い睡蓮の咲いていたのがきれいであったのだ。
[PR]
d0101846_7164231.jpg

太陽の位置が微妙にずれて、東の窓から差し込んだ光に窓辺のクリスタル類が光を踊らせる頃となりました。気温的にもやや暑いけど、一番好きな季節の訪れ。
この微妙な夏の終りの一時期が一番好き。

荒井由美の「一番好きな季節」というのはいったいいつのことだったっけ?

青い本、ご協力いただきました皆様ありがとうございました。
おやぶんのほうから赤十字に8万弱のお金を寄付したとの報告がはいっております。青い本

涼しくなったらまたフォトショとイラレの特訓しなきゃね。
画像は裏表2ページ分参加の1ページ。胡桃親方の背中合わせで恐縮〜。


「これはもはや食べ物ではなく放射性廃棄物です」ドイツのテレビ番組
[PR]
d0101846_7221161.jpg

このよのなか、悪人と、うすっぺらい良い人が同じくらいの割合でいるものだなっとか。

これは青い本に使おうと思って描いたけどボツにした絵。

早朝より働いた。草をゴミ袋一杯半取る。
そろそろ秋の庭生活も楽しみたい。
とは言うものの、草取りをしておもうのは、ここにガイガーカウンターあてればどのくらいの数値がでるのだろうとかいうことばかり。ふくしまから500キロは離れているだろう当地でありますが、安心出来る距離ではないだろう。
ましてうちの前には大きなクスノキがあり、4月に落ち葉がうちの庭に降り注ぎしっかり蓄積されているのである。草も樹もぼうぼうと生えている。コンクリート上なら流れるが、こういうところは溜まったままである。
それを考えると庭には出れないが、こうなった以上、別の人生観を持たないといけない。
どういう人生観を持つか模索中である。
[PR]
d0101846_7181919.jpg

もう土曜日。なんだかまた土曜日が来るのが早くなってきました。
今日のマッチラベルは変わり種ですね。ヨーロッパ風に見えるものの図柄はしっかりジャパニーズ。

さて、またまた深夜にゲリラ豪雨が通過。雷鳴もとどろきました。
朝、庭に出てみると水たまりの中に瀕死の蝶。
しかし、歩を進めるとクロアゲハやらアゲハチョウやらが次々あちこちから飛び立つ。
あの猛烈な雨の中、このか弱そうな蝶はどうやって耐え凌いでいるのだろう。
そういえば、猫も雨が降る前に出て行ってしまって帰ってこなくて案じたが、朝どこで雨宿りしていたものか、濡れた様子もなくしゃぁしゃぁと帰宅。
蝶も猫も、案外人間より知恵があると見た。
[PR]
d0101846_7255597.jpg

また2時に起きてしまった。調子わる〜。
ということで、眠くなってまいりました。ちょい休憩。

「そこそこ ええ人生 ですやん」ええ言葉ですね。多くを望まず、そこそこに収めとく。
これは卓上カレンダーの一枚なのであります。
[PR]
d0101846_7303897.jpg

昨晩は疲れてぐっすり寝られて、まずまず、これでよし。

”脳は口にした言葉にだまされる ”なぁんてことを考える朝であります。

最近の洗剤は匂いがどぎつい、なぁんてことも考える朝であります。

そうそう、きのう電車の隣に座った女子から、甘ったるいアーモンド菓子のような匂いがして頭痛がしそうになり、いたたまれず席を替わったが、あれは何のにおいだったのか。化粧品かもしれないが迷惑なはなし。
[PR]
d0101846_6435880.jpg

湿度でドアが軋み、我が足の膝もなにやら軋み始めていやなかんじ。

そんな中ではありますが、今日は出かけて用事をばっさばっさと片付けてくる。
[PR]
d0101846_727173.jpg

「三越」大正3年の機関誌であります。ほぼ百年も前のものということだ。
絵は杉浦非水。
面白い柄なので、これを使ってステンシルと刺繍でクッションを作ったっけ。

ゆうべは、とてつもない大荒れ天気。
雷と雨がすごかった。
周りに大きな樹が多いので雷が鳴るとほんとに怖い。稲光で樹の全景がぱぁっと浮かび上がるなんて怖いですよ〜。針金ハンガーで出来たカラスの巣もある。あれを目指して電気が落ちてくる気がするのだ。

雷が鳴った時部屋の真ん中に居るのが一番安全だというのは、果たしていかがなものなんだろう。
そして「桑原くわばら」と唱えるとよいとかいうのは、やはりガセネタだろうか。
[PR]
d0101846_7272226.jpg

今日は月曜、燃えるゴミの日なので、久しぶりにゴミ袋を持って家の中を「何か捨てるものないか」と点検しました。
この子たちは、物置部屋の食器棚の引き出しの中に入っていました。
(捨てませんよ)

引き出しの中に閉じ込めといてごめんなさいってかんじ。
左の子は着なくなったセーターで作りました。
着なくなった衣類も何かに変身させてみたいけど、これもけっこうかさばるなぁ。
しばらく出しておいてあげよう。
[PR]