<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

d0101846_8163959.jpg

最近、着るものは手作りだし、パンも手作りだし、なんだか絶好調に手作り生活が出来ているのであります。
今度はバッグを作っちゃいました。
これはね、肩掛けの部分が太いのがポイントね。太いから肩に食い込まなくて楽なの。
どんな布で作ろうかなと考えたんだけど、そういえば最近エコバッグなど作る為のナイロン系の布や、合成皮革なんかもおもしろいのがたくさんある、そしてそれらか軽い。

ということで、合成皮革を買ってきて縫ってみました。
合成皮革など縫ったことなかったので心配でしたが、アイロンかけられない(いや、かけられるかも知れないが融けるといやなので)のがちょっと難しかったですが、ミシンをかけるには何の問題もありません。

秋に作った刺繍の水玉の生地のワンピースとコーディネートしてみました。ボトムは細身のパンツだと思ってね。
[PR]


d0101846_9194596.jpg

スキャンした画像がどうも上がらず、とりあえずiPadから投稿。

どうも、亭主という名のおぢさんとは、言葉が通じにくいというストレスフルな朝であります。
何か申し上げると、自分のストーリーを即座に組み立て、間違った解釈をするというのは、いかがなものでありましょう。
人のはなし、ちゃんと聞かんかい。

ま、亭主だけではないかも。自分の勝手なストーリーを組み立ててああだこうだと思い悩んだりするのは世の常かい。

さて、投稿できるのだろうか。

※  ※
あら、エキサイトのお知らせ欄に一時的に画像編集機能停止のお知らせ。そちらの問題だったか。
[PR]
d0101846_727038.jpg

このブログを始めた頃から、よそでパン焼き器の記事がでると、どこのメーカーなのですか、とか訊ねたあげくに、ちっとも買わなかったのですが、とうとう今回は買いました。
どうも前からの懸念であった音の大きいのが改善された模様、それと食パンだけでなく、うどんや、中華系のパンやら蒸しパンとか、それにお餅も少量ずつすぐにつける、とかの機能がいいなと、買う動機となりました。
PanasonicのSD-BMS105ってタイプで去年の秋に発売されたものです。

食パンを試しに焼いてみましたが、ちゃんと出来ました。
音も静かです。多少の音はありますが猫が驚くほどではない。
昨晩はこれで饂飩を作って釜揚げ饂飩にしたのですが、いや、これはとってもいい。15分機械でこねて、後は手延ばし、手切りですが、たいへん美味しゅうございました。
[PR]
d0101846_811457.jpg

今朝も当地は小雪が舞ったりして、さむいさむい。
さて、悪戦しまして、仕上がりました。
これはジャージの二枚合わせの生地で裏がオレンジ色なんですね。
昨日のイカのリング揚げはボタンのループで、フェルトの玉がボタンという種明かしでした。
うーむ、家から3キロくらいは着て出歩けるが、それ以上は微妙。
でも軽くてあったかいの。

この模様がですね、家人が坊さんの座布団に見える、とか言うので、むっとしてるうちに、自分でもだんだんそんな感じに見えてきて、あれま、畳のヘリにも見えるやないか、とか、イマイチ、イマイチなの。無地にすればよかったよーん。
もう一枚つくろうかな。

ちなみに、この前イマイチだったタヌキがミノムシに化け損なったコートと同じ型紙で。
[PR]
d0101846_737187.jpg

さむいよ、さむいよ、やになっちゃうよ。
起きて着替えをするのがいやぁね。これが出来なくなったら坂道ゴロゴロいくよね。

そうそう、当地は昨日の雪がそのまま固まって白い朝。少しだけだけど。

d0101846_739358.jpg
[PR]
d0101846_8451037.jpg

過去にも出てるかもしれません。引き出しの中からセレクト。いちおう針山ということになってます。
この赤い色とニットのぐちゃとしたところ、英字プリントのベージュ色などの組み合わせが好きです。
こういうのは偶然、乱暴に出来上がるので狙っても出来ないでありましょう。

さて、作り掛けの洋裁はいい調子に進んでいます。ただ、ちょっとキョンシーのような感じなのが気になります。

今朝も布団の中で省エネに貢献したのですが、目が覚めると、外は吹雪いていたのです。
今もゴミのような粉雪が少し舞っているようです。風も強く強烈な寒さ。
[PR]
d0101846_7381364.jpg

黒い雲の塊に覆われてくらーいいやーなー天気なんですけど。でも西の方には青空っぽいものもあるから、もうしばらくすると明るくなるかな。

今日は洋裁をするのだ。やりだしたら早く仕上げたい。
この生地、なんだか派手なようで地味でした。ちょい微妙なんだけどやり遂げましょう。
できたらもう一度生地屋に行ってこんどはアレでナニを作ろうとか、やりだすとどんどん連鎖する。

昨日は鰻を食べに行く。去年品薄だとかで土用の時に遠慮して、食べなかった。まだウナギが品薄なのだろうか、値段は随分上がったようだが、お客さんはいっぱい入って繁盛していた。
[PR]
d0101846_7574010.jpg

今朝は霧が出ています。通勤通学路がちょい心配。気をつけてね。

さてなにやら主題のはっきりしない写真なんですが、今日はこのタオル地のことを喋りたい訳です。

きのう、どうやら生地屋さんの冬もの一掃セールが始まったようなので行ってきました。
またたくさん買い込んできたのですが、隅っこの方でふと見つけたこの「リトアニアタオル」というのの手触りに一瞬にして惚れ込みました。

触っていると気持よくって、自分はもしかして前世にリトアニア人で子供の頃ぼろタオルを離さない子供だったのではないかと思えるくらい、ナニやら良き肌触りなのです。
綿と麻の混紡ですので決してふわふわではない、固いタオルです。
これは割引にはなっておらず、少々お高くはありましたが、バスタオルと比べてそう高いというほどでもない。これから、うちのタオルはこれにしようと決めたのでありました。
あ、生地と同じく計り売りです。

さて、この雑巾のようなタオル、そういえば「コーリャ愛のプラハ」でこういうきたないタオルが出てきて、あれはいったい何だろうと思った記憶が蘇ってきました。
そうか、東欧のあたりはこういうタオルを使うのね。
キッチンクロスなどもここのを捜してみよう。
[PR]
d0101846_7401069.jpg

ゆうべはBSプレミアムで「トイレット」というかもめ食堂やめがねでお馴染みの荻上直子さんの映画をみた。
荻上直子さんの映画って退屈そうなんだけど、なぜか引き込まれて観てしまうね。

あのゆっくりさ、あれが現代には失われたもののような気がする。
ゆっくりと喋る。ゆっくりと動く。
最近テレビを見ると、テレビに出て話してる人が早口すぎてついていかれない、という、もろ、加齢現象なのであります。
なんでそんなに急ぐ。なんでそんなに賑やかにする。画面も色が溢れていて人物が何処にいるか見えへん。
不思議な世界と相成りました。
[PR]
d0101846_9164211.jpg

しとしとぴっちゃん、と雨が降り続いております。
例によって早朝に目覚めたものの不覚にも二度寝。自分の体温と猫2の体温で心地よく温まった布団の中で安眠。目が覚めたらみな社会復帰していたという、浦島状態。

しかし、朝起きて何処にも行く所のない不幸というのもありましょうが、何処へも行かずとも良い幸せというのも、この年になると有り難いものでございます。
[PR]