<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0101846_728428.jpg

6月が終りということは、かっちり一年の半分が過ぎたというこっちゃ。
今年の正月って何してたのかな。それより昨日食べたものとかも思い出せないな。ひどいものだ。
老猫はいよいよご飯が食べられなくなったかと思ったが、今朝はモンプチを食べていた。

100Sに行ったら編み糸のなかなか洒落たのが置いてある。二玉買って帽子を編んだ。
集中して編んだので腱鞘炎がややさわぐ。

そうそう、iPadを買って一年になるが、結局腱鞘炎になりました。
指でスクロールするのが原因ではなく片手で持ち上げたり、置いたりするときに人差し指が反り返り、そこに重さが掛かるのが原因だということがわかってきました。
取り扱いは最近必ず両手でやっております。
なんといっても微妙な重さ。重くもなく軽くもなくなのでつい横着をしてしまいました。ミニだとどうなのだろう。
[PR]
d0101846_6374191.jpg

二冊目のポーズ集が描き上がった。
2/9から6/28まで掛かった。ゆっくりだけど良しとしよう。

このところ同じことを頭の中でグルグル考えているような次第。
考えてもなかなか正解は見つからないのである。
ま、いろいろあるわさ、といったところ。

とりあえずはどんどん抜ける猫の毛が困る。
[PR]
d0101846_5323487.jpg

やっぱり朝4時くらいに起きるのがベストだな。
このところ朝寝坊や低気圧のせいで不調。
久しぶりに顔など描いてみた。
髪の毛を描くのが問題です。「髪の描き方」なんてのを検索してみるといろいろ出てくるのでそれでちょっとべんきょーしてみよっと。
せめて絵に描いて理想の髪型や(重ねて言えば)理想のお顔を手に入れた気分になれるとよろしおす。

もうだんだんと現実から目を反らす方向でなにやら滑稽な毎日。
[PR]
d0101846_5364863.jpg

某所より舞い込んできた古書。うつくしい装丁にうっとり。
カチカチ山と花咲爺が収められている武者小路実篤が文で岸田劉生が挿絵を描いている1917年(大正6年)に出た本。
布張りの表紙にうっとりしているだけでもよかったのですが、いちおう文字のある本なので読んでみました。

誰でも知っている花咲爺の話ですが、読んでいるとなんだか腹が立ってきました。

この爺さん、隣の欲ばり爺さんに自分ちの大事な犬を殺されても、また、大事な臼を燃やされても、しかたがないさと言うだけなのですね。
もっと怒らなければだめですよと中兵衛さんという人が意見しても怒ってみても始まりませんからね、とか言う。

どうもここでは怒るということが悪で怒らないといことが善のように書いてある。
花咲か爺さんは、結局自分では怒りを抑圧し続け、最終的には殿さまに仇を取ってもらうというストーリー。
子どもの頃からよく知っている話だが、こういうところに為政者が民衆を操作する罠が仕掛けられていた、と思った。
無垢な子どもは怒っている欲ばりな爺さんは悪で、何をされても決して怒らない花咲か爺さんを善とまんまと教育された。

どうもこの善人の花咲か爺さんの行動を見ているとムカムカ腹が立ってくる。
おめおめと欲張りの隣人の家に貸し出された犬も気の毒である。この犬に対して花咲か爺さんは決して善ではないのではないか。
外に対してはいかにも善人に見えるが、内なる犬にとっては果たしていい人だっただろうか。けなげな犬を見殺しにしている。
自分は善人を全うし、殿さまという権力者に裁きをゆだねるという人頼みのやり方も気に喰わぬ。

怒ってもしかたがない、などという考えは今も連きんとこの国の中に生きている。原発バクハツでほうしゃのー撒き散らかされてもしかりである。
それどころか食べて応援しようとか訳の分からんことがまかり通るこの国の元は案外こういう教育がなん世代にも渡って浸透してきた結果なのではないかと確信したのであった。
[PR]
d0101846_822653.jpg

すっかり夢を見ていて遅くなってしまいました。
ながいながい夢だったようですが、覚えているシーンはわずか。でも印象的。

押し入れの上段のようなところに寝ているのですが左側の壁面は石垣で出来ているのです。高さは1メートルくらいですがね。
その石垣が一部前に突き出しているので変だなと思っているとそこから内圧に耐えかねたようにボロボロと崩れ出して足下に石が落ちてくるのです。
すわ大変と慌てて脱出して怪我はなしなんですがね。
後、目覚める前はおおきなスズメバチが部屋の中に居た夢。
なんだかあんまりいい夢ではない模様。

夢の話が長くなりましたが、最近重宝しているスカーフ。暑くなると首にタオルというのも味気ないので汗をよく吸う心地よい素材で作りました。
型紙は庭に生えている「ハラン」です。お寿司やお弁当の仕切りにギザギザに切ってつかうあの葉っぱです。
あれを真ん中でバッタンさせてそのとおりのカーブを真似るとちょうど長さも形もいい具合。
中表にミシンでじゃじゃっと縫って、ひっくり返して、周りをまたじゃじゃっと縫って出来上がり。
[PR]
d0101846_6445171.jpg

うーむ、一昨日のスーパームーンも雲の中だったし、連日の梅雨空。
こういう時は脳にもカビが生えてきそう。ご用心な時期。

切ったり貼ったりしたもの。

なんぞ話題はないものかと頭をひねるもからっぽ。
いや、カビの生えたような話ならあるのだけれども...湿っぽいしやめときましょう。
[PR]
d0101846_615662.jpg

昨日昼間にテレビをみていて遭遇した「nonコレ」っていうもの、雑誌non-noのモデルさんが出るファッションショーなのですが、オバさん、この手のものが今大好き!

すごいよ、他にも「東京ガールズコレクション」という似たようなのもあるんだけど、観客動員数2〜3万人。
ファッションショーなんだけど、ちょっと宝塚的?と、オバさんは感じるのだ。
パリコレなどと違う所はモデルはほぼ日本人。ギスギスに痩せたコは少なくて、その辺にいそうな女の子だけどとびっきり可愛い子達を取り揃えている。テレビで時々見るタレントさんも出てる。
着ている商品は既成服。10代後半から20代初めの女の子用の服で、これがまたカワイイの。

それでね、モデルのコ達が満面の笑みでステージを歩くの。観客はもう大騒ぎ。
ナニかわからないけどナニな気分でとってもうれしいんだ、これ。
モデルちゃんのお顔がもうつるつるピカピカなのが、ああ、若いっていいなって。
このショーを見に来てるコ達も何か夢をみたいんだよね。
うん、わかるな、わかる、わかる。


東京ガールズコレクションYou tube
[PR]
d0101846_8233244.jpg

机の上にこういうものがあった。
寝過ぎ。ほぼ11時間近く寝てしまった。
小さい人が私の布団の上でうたた寝して、重さが石の地蔵のようであった。
布団がビクとも動かず、鰻のようになって寝た。
[PR]
d0101846_5315029.jpg

あら、いいお天気。不思議なことに雨が止んだら膝の痛いのも消えちゃった。

昨日は、作りかけというか、刺繍しただけの布を巾着に仕立てた。
こうなったら、みんな巾着にしてしまおう。作りかけとか未加工のものとかたくさんあるのです。
チクチク縫うのってやっぱり楽しい。
でもね、ゴム通しの道具が行方不明になって紐が通せないの。
困ったわ、あのような小さいものをこの家の中の何処かから探し出さねばならないなんて。
用心してたんだけどね。

最近我が家の周り、コンビニは各種取り揃ってますが、一応何でも揃ってたスーパーが改装中。食品は買うところがあるけれども、糸がないとかゴム通しの道具とか、買おうと思うとたいへん。駅前まで行くか、車に乗せてもらって郊外の大型スーパーに行くしか手がない。
たいへん不便。
いやだなぁ、時々街中が懐かしくなる。
夕ご飯のあとに夕涼みがてら街をぶらつく。ああ、もうそういう暮らしは出来ないのかなぁ。夢だな。
[PR]
d0101846_68954.jpg

もうそろそろ晴れて欲しい気分。そして今朝は少し寒いくらいな気分。

封筒にコラージュして遊んでみました。
こういうの気分転換にいいです。

こういうの作る時の頭の中。
以前、封筒の中に鳩の切り抜きの入っている写真を見たのが頭に残っている。
雑誌を捨てるときに切り抜いて置いた鯛焼きの写真など入れてある箱をゴソゴソする。
適当に封筒からはみ出すように盛りつけてノリで貼る。
封筒の茶色そのままの地がおもしろくないな、色鉛筆で塗ってしまおう。

あ、表もおもしろいんだけどな。

もっとドカンと頭の中解放されたいな、まだまだ硬い。
おこちゃまなら面白いの作るだろうな。
[PR]