<   2014年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

d0101846_5492716.jpg

昨日は美容院に行った。さっぱりした。頭が軽くなった。

急に夏日になってきた。今週始め頃にはまだ毛糸のカーディガンが必要だったが急に夏服の出番がやってきた。
衣装ケースの一つに「ほとんど着る可能性なし」というラベルを貼付けてあるのがあるが、この中の衣類を処分することにした。
ボタンは取りあえず取り外しておいた。

もうほんとうに多くの物財を持つことはないねと悟るこの頃であります。
物財に奔走した私たちの50年って異常な時代だったね。

うろ覚えだが、花嫁の父という1951年くらいに上映されたリズテーラーなどが出ている映画をBSで見たことがある。
アメリカの嫁入り支度物語という感じの映画だが、物欲、物欲、超満載。輝かしいアメリカのあった時代の映画である。
あの映画を1951年の日本人が見たならそれこそ夢物語だったろう。クラクラっときただろう。
ああいう映画はきっと仕掛けられていて、みなにもっと買わせろ、混乱を引き起こせ、という類のものだったのだろうな。

こういうふうに混乱を起こされて、誰が得をしたかをよく考えれば仕掛人の姿が透けて見えてくる。

物財を多く持っている人が尊敬に値する人類であるかどうかはもうみんなにバレていることだからね。

アメリカの栄光も風前の灯、物財の狂騒の後にはゴミの山としらちゃけた地球。

あ、でもね、物欲に奔走していた時に楽しくなかったかと言えば、やっぱり楽しくはあったのよね。満足は出来なかっただけでね。
どこまでいっても物欲で満足をするってことはないという事に気が付いたわね、途中で。
持てば持つ程欲しくなるし、飢餓感が増すのだ。
[PR]
d0101846_06260943.jpg


昨日は何をしていたのだろうと、思い出そうとしてもあまり思い出せないが、午後のひと時はこの場所でぼんやり外をながめて過ごしていた。
ミシンの置いてある部屋からの眺め。
よそさまの畑や空き地などが見える良い眺めの部分であります。
うちのフェンスにも定家葛が満開であります。
眩しいので色眼鏡を掛けてぼんやり眺めていた。
光と風が夢っぽくきらめく。

町全体がこういうふうだといいんだけどね。
右を向いても左を向いてもこういう景色が広がっていると満足なんだけどね。
部分で我慢するしかないのが残念であります。

家は茅葺きの家がやっぱりいいな。あの三角の形がやっぱり自然界に馴染む。
人間は住む所にあまり主張を入れてはいかんと思う。
地面の上に住まわせてもらっているのだから、地面と同化した住まい方をするべきだ。
‥っとまた今日も無茶を言っている。
[PR]
d0101846_559764.jpg

このところバカな事を信じたい、そう、疑うのではなく、信じたいと思っているのだ。

それの一つは人は死んだ後霊魂となり、また転生する。、という今まで全否定していたことだ。

臨死体験をした人の話がどれも似通っている。

すっと真上に上がり、光輝く世界に入る、ということのようだ。

フジコヘミングさんが、この世で精進したピアノの技術とかはみんな天国に持って行けると話しておられて、そういう考えの人もいるのだなと珍しかった。印象に残った。

もうひとつ信じたい事がある。

この地球はもうすぐリセットされて建て直しがおこなわれるとか。

これもかなり複数の人が同じ様な事を言っているのだが、馬鹿げた妄想なのだろうか。

そして選ばれた人が新しい地球の再建にあたるらしい。

わたちもそれに選ばれたい。選ばれて植物担当の係になりたい。そして地球を緑溢れる美しい星にしたい。

人は願えばその通りになるというから、とにかく願う事にする。

選ばれたいが、こういうふうに目も歯もみなガタがきているので、一旦死んだあと新しく生まれ変わったほうが得策だなと思っている。
新しくピカピカの肉体になって地球植物担当係官になるのよ、どう?

皇室と出雲大社が縁組み!アスカリアンとしてはやっぱり統べるは本当だったんだと驚く。
陰と陽の合体じゃありませんか。
[PR]
d0101846_5165936.jpg

最近、人間がなんで二本足で立っているかわかってきたよ。
人というのは体の中心にチャクラがあって、それが天と地に真っすぐ繫がっているんだ。
だもんで姿勢を正しくするということは大切なことなんだ。
人間以外にまっすぐ立っている動物っていたっけ? ペンギン? はて?

目の中で浮いているものが、どうも星座に似てるんではないかと思えてきたので、和漢三才図会を見て同じような星座はないものかと見てみると、どうもこれが似ている。

「尾宿」という星で赤星とも呼ばれ、東方を守る霊獣青龍なのだそうだ。
占星術的にいうと、旺盛な知識欲、冒険心、精神性が深いやら、集中力、粘り強さ、楽感性あり、
‥などなど、なんだかいいことがいっぱい書いてあるので、これをお守りとして目の中に住まわせようと思うなり。

期間限定の飛鳥昭雄エクストリームサイエンス
お暇なときに不思議話も聞いてみてちょ
[PR]
d0101846_5251893.jpg

右目の下に大きな針金の様な飛蚊が現れてずっと消えない、そして右端がチカチカ光る事がある、
不安になってきて医者に行ってきた。
無愛想な眼医者は「老化です」「老化です」「老化です」と三べんほどつぶやいてあと機械による検査で終りである。
「急にパタッとシャッターが下りるように目が見えなくなるなんてことないでしょうね?」と問うも「そんなことない」という無愛想な返事。で、まぁ一安心はしているのだが、
この針金とずっとお友だちでいなければならない予感。
慣れるより方法がないような気もする。二週間後にまた来いというのでまた行ってみよう。

目が使えないとなると、たいへん暇である。
こんな時期だし草とりでもすればよいかな。
せいぜい、この機会に第三の目が開くよう松果体を鍛えよう。
[PR]
d0101846_8102488.jpg

目は引き続き不調。
で、防衛策として壊れていたサングラスを新調した。
かっこいいサングラスなんだけど、今日はなぜか画像が上がってくれないので、取りあえず見切り発車。(やっと上がっただ 8:11)
おまけに付いてきたメガネ型のブローチが可愛くてうれしい!
そんなんはめて歩いてると変な人に見られるよ、とかムスコが言ったが、ちっ、おみゃあさんに言われたくないわ、そのセリフっ。

ところで悪い事ばかりではない。
今まで腕を後ろに回して手の先を合わせるという動作が片方しか出来なかったのが、いつの間にか両方ちゃんと手がつながるようになっている。
体の歪みが治ってきたという事だろうか。

思い当たる事と言えば、体の中心に12カ所あるというチャクラ(体の中には7カ所だが)を意識してダヴィンチのポーズで意識を集中させていたことが効いたのかもしれない。

肋骨の周りをトーラスを描くように手のひらを回していくというのも効いてる感じがする。
[PR]
d0101846_633111.jpg

どーも目の具合がよくないので大事をとってパソコン断ちをすることにした。
一日30分以内とすること。
糸巻きもパレットも出来なくなるとこまるからね。
で、今日は致し方なく、掃除なんかやってるってわけ。
[PR]
d0101846_63968.jpg

昨日のは野菜がなかったが、この日は山盛りの野菜である。
と言っても、朝食の為に作ったというわけでもないのだが、季節のエンドウ豆が安かったので少し多めに炊いてみた。この料理は久しぶりだ。エンドウ豆ってけっこう高いので豆ご飯にするくらいがせいぜいだった。これはお出汁で薄味に煮て少しとろみをつけて卵でとじてある。
育った家の懐かしの料理である。

曲がった胡瓜が一袋、これまた格安で売られていたので、軽く塩漬けしたあと、醤油と酢と、ごま油、生姜、唐辛子、などに漬け込んだ。けっこういけます。2〜3日軽く保存効きます。

そんなことで食生活はテキトー化している。
一日にこれだけの栄養を、という呪縛から外れ、三日単位ぐらいでバランスをとるようにしているだ。

たまには絶食デーというのも設けてもいいかなと思っている。

引き続き、花粉で目がごろつき、飛紋が出て傷心的。これは治るのか、それともこれからずっとお付き合いして行くのか?
去年のこのブログを見ると同じ頃に同じ様な不調を訴えている。
記録としても毎日付けてるこの日記ブログは便利だ。
ぐだぐだの日記をいつも見ていただいている方、ありがとうです。
[PR]
d0101846_7105342.jpg

今日は樫の花粉にやられちまって絶不調であります。
栗の花の様な垂れ下がる花がボロボロ家前に落ちているのを、新調した竹箒の履き具合を試したく、掃いたのが失敗の元か。くしゃみもあるが、目がやられた。ゴロゴロする。飛紋も出ていてあらどうしましょう。。。。!
おまけに寝過ぎて頭が痛い。

そんな中ではありますが、あの伊豆諸島の西之島ってどんどん大きくなってるんだってね。
アレってどんどん大きくなって大陸になるんじゃないかと妄想したりして(笑
それとね、沖縄の方の久米島ってとこの住民が北方向の海上でキノコ雲があがるのを見た、というのが沖縄ではニュースになってるが、大手メディアではどうも報道してないようよ。
キノコ雲よ。キノコ雲。

あ、写真の朝食は炭水化物に偏ってますなぁ。まるいのはおはぎです。
一日なん十品目の食品を摂ろうとかの、栄養士が言う様な話は、最近眉唾だったなと感じる。
食べたいものをお腹が減った時に食べるという主義に切り替えただ。
そんで、お腹いっぱい食べる事をやめた。
そんで、四つ足の動物をたべるのもよしただ。
理由は単に、ネットでと殺現場写真が流通していて、怖くて食べられなくなっただけ。
[PR]
d0101846_08050050.jpg

いつも同じ場所ばっかりだと芸がないのでいろいろ工夫してみました(汗)
こんな感じで出来上がったんですよ、このあいだのサッカー地。
なかなかいいでしょう?
パンツも去年作った手作りね
ダブダブなのではき心地いいの。

夏服の出番が今年はなかなかやってこないわね。今日も肌寒く候。





d0101846_8253572.jpg

今回のはこの左の型紙を使いました。
肩に二カ所ダーツが入るので立体的な感じに出来上がり、とてもよいわ。
本はいつもの「シンプルワードローブ」大川友美
もう三つも型紙使ったからもう十分元はとれたです。いい本出していただいてありがたい。

丈と襟ぐりは少し変えました。生地は1メートル50、カツカツで出来ました。
[PR]