<   2014年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

11月30日  日  晴れ    旧暦 10月9日
d0101846_07124161.jpg
 年を取るのも悪くない、と思う事の一つに、朝何時までに起きなくては、とか何時までに学校だとか会社に行かなくては、何時までに起きて弁当を作り子供を学校に送り出さねば、ということがない、ないということがなんと嬉しい事でありましょう。

カムイ伝講義は、ちょい停滞、今は一揆の所を読んでいる。

江戸時代がいいかというと、いや、やっぱり現代もいいわけだけれども、
ただひとつぜったい言えることは、江戸時代には時計がなかった。
今のように何時何分までに何処其処へ行きなさいとか、何時何分の電車に乗るとか、なかった。
時計がなかったということは時間の概念がまったく違っていたということで、逆に云うと今は時計が刻む時間というのがあるからこそ、成り立っている社会である、ということである。
時計が刻む時間に追い回されているのである。
人というのは本来、こういうものではなかったはずだけど、こういうのもトリックに落ちているんだな、と気が付く。

お役目が終わる年齢になって、やっと人間らしい暮しができるようになった。
いやだね、こういう社会。もっとゆんわりと弛まないものかねぇ。

編みぐるみのようなものを二つ。




[PR]
11月29日  土  雨   旧暦10月8日
d0101846_09084507.jpg

 雨で世の中が暗く、ぐっすりと二度寝をしてしまった。
こういう時は大概夢を見ているのだが、今日の夢は縁起の良い兆しながら、どういう内容だったかは、言わぬが花、といったところでしょうか。

さてオロナミンC一本で元気を取り戻し、机に座っていたらこういうのが出来ちゃいました。
この前、アクセサリー用のパーツも頂いちゃったりしたもので助かる。
こういうちっこい金具、店で買おうと思っても頭真っ白になって訳分かんなくなるのよ。

しゃて、あちこちの火山が噴火の兆し。
我が地方では地震雲も多く見られているよう。
いったいどうなるのでありましょう。
地殻大変動で日本は西と東にぷつんと切れて別れるのではないか説はSF?



(画像変えました






[PR]
11月28日 金 曇り 旧暦 10月7日
d0101846_07171906.jpg
もうダメな感じよ。疲れが全然取れないの。
こんなことでは後10年保てば上々かもしれん。

ふと思い出したことに、祖母は晩年になって北海道旅行に出かけている。
いつの頃なのかはっきり知らないが、少なくとも私の生まれる前。
戦後直ぐの頃だろうか。戦前なのだろうか。
年齢的には今の自分と同じくらいなものだろう。

あの時代に汽車を乗り継いで北海道まで旅をするなんて今で言えばシルクロードの旅に出るくらいなものだろう。

家に木彫りの熊があったが、あれはその時買い求めてきたものだったのだろう。
白樺の木に描いた絵があったが、あれもそうだったのかもしれない。

麹でできた甘酒、とても疲労に効きそうだと思ったが今回はあまり効果なし。
砂糖を使わず麹の甘さだけの甘酒が去年からお気に入りである。

さて、ドリンク剤でものもうかしら。





[PR]
11月27日  木  晴れ    旧暦 10月6日
d0101846_07535673.jpg
晴れました。すごくいい天気。
カムイ伝講義は、綿の栽培のところを読みました。
江戸時代、日本では綿の栽培がさかんに行われていたのだが、明治以降の産業革命の余波でアッという間に廃れたとか。

人口の80%を占める農民というのはじつは、すごい研究する人たちで、自分たちの家も、着るものも全部作ってしまうという職人集団でもあったという。
綿の栽培も自らが創意工夫して、その農業技術を共有する為に農業書というのも多く書かれ、自発的に文字を習う子供も多くいたとか。
識字率は相当高かったようだ。

これはよく知られた話だが、江戸では糞尿(しつれい)が高価に取引されていて、仲買人までいたらしい。
江戸周辺の農家は下肥が必要だったのである。
肥料のやり方などおおいに研究されたらしい。

何一つ無駄にしないシステムが江戸時代に完成していたのだ。

絹はもっと昔から作られていたようだが、一般庶民は、では何を着ていたのか?
麻なんでしょうかね。
今は栽培が禁止されている大麻、これが今まで生活に多いに役立っていたらしい。
昔うちでは、おいなりさんの中に麻の実を入れたものだが、最近では七味唐辛子の中に時たま見かける程度だね。

んだども、冬に麻では随分寒かっただろうな。
貧民は真綿なども手に入ったのだろうか。
綿の栽培が成功してからは綿入れのでんちなんかも着られたのかもね。






[PR]
11月26日  水  雨    旧暦10月5日
d0101846_07182704.jpg
 二日続きの雨。
きのうはぐったりして本を読んだりして過ごした。

「カムイ伝講義」というのを読みつつある。
ごぞんじ白土三平の漫画カムイ伝を、大学の社会学の講義に使ったというものだ。

これがなかなかおもしろいのだ。
カムイ伝は全部を読んだ訳ではないが、1960年代にしてもちょっと異風な漫画だった。戦いのシーンが多かったのでそう好きではなかったのだが。

江戸時代というのは、忍びのものが本当は動かしていたのだという説もあったりして、白土三平なんかもちゃんと読んでみたく思っていたところだ。

きのう読んだところで「へぇ〜」っと思ったのは、
農村で飼ってる牛や馬が死ぬと、穢◯といわれる人を呼んで来て、それを始末してもらうという取り決めになっていたそうだ。
そしてその人たちはそれを解体し、武具に使う皮ものを作ることを生業にすることを幕府から取り決められていたという。

なるほど、そりゃそうだわね、牛や馬だって死ぬ。
四つ足は喰っちゃいけない江戸時代、どう始末していたのか考えもしなかった。

私ら、ステーキやすき焼をおいしいおいしいと食べているが、スーパーの店頭にうつくしくパック詰めにされる前の肉の状況というのは敢えて考えないようにしているよね。
なんだか、きれいごとだけ見て、見たくないものは見ないで暮らしてるんだなと最近思うのよ。

さて、今日もしっとり雨。今日読むカムイ伝講義にはどんなことが書いてあるかな。










[PR]
11月25日  火  雨   旧暦 10月4日
d0101846_07512942.jpg

疲れがどっと出た所に、雨が降って、これもまた良しというところ。
なんだか暗くて写真も撮れないので過去作で。

わざわざ出かけなくともうちの周りもいいふうに色がかすれて来て、しっとり落ち着いてきた。

景色がいい、ということが今大切で、景色のいい所に行きたい。
それは遠くじゃなくてもいいと思う。近くにもきっとある。
いつもとは一筋違う道を選んで歩いてみると、それは見つかるかもしれない。

波動が高いというふうにでも言ったらいいのか、邪念のないものに惹かれる。
今、価値観が世界的に変わろうとしている、そんな時期でもある、
三次元物質世界は終ろうとしている。
という寝言でも言っておこう。

しかし、喋る言葉が他人の言葉だね(苦笑)

寝言、寝言。



[PR]
11月24日  月  晴れ   旧暦 10月3日
d0101846_07293779.jpg
十数年ペーパードライバーだった人に乗せてもらって越前(福井県)まで遠出してきました。
少し前にあの戦国時代の武将、朝倉氏の遺跡があるということを知り、なんとなく行ってみたいと思っていたのでした。

思った以上のすんばらしい所でした。
紅葉も最高潮。

朝倉攻めって信長とか秀吉の歴史ものによく出てきますよね。
信長の軍勢が朝倉を攻めに行った時、同盟国だった朝倉氏を裏切れなかった浅井長政が、信長を挟み撃ちにしようとしたのを、浅井長政に嫁いでいた、信長の妹、お市の方が、陣中見舞いとして信長に袋の両端を紐で結んだ小豆を送り、それによって、こっそり事情を知らせたっていう、戦国ものの前半のクライマックスですよね。

d0101846_07295852.jpg
一乗谷という名前のように山と山に囲まれた谷間にあり、当時からの建物などは何も残っていないようですが、石だけは残っていて、どれも苔むしていてすんばらしいのでありました。
きっとここは霧が多いのでしょうね。晴れているのに地面はしっとり湿っていて、分厚い苔が絨毯のようにふかふか。

この緑の地面も草ではなく苔なのです。

d0101846_07492738.jpg
d0101846_07505077.jpg
石垣の苔もふかふかと育っている。

撮ってきた写真全部出したいくらい何処も絵になる所でした。

辺鄙な場所で、秋の連休にも関わらず人も少なめ、ちょうどいい人出。
ここ寂しい所だから、誰も人が居なかったら、熊とか猿とか出てきそうでこわいかも。


d0101846_07581402.jpg
ここの前に流れている川は九頭竜川の支流だそうです。


里山ガーデン にも載せてます。


[PR]
11月23日  日  晴れ   旧暦 10月2日
 
d0101846_07484307.jpg
 省エネのため、ぐっすり眠っているこの頃である。
眠っている間に、どうやら長野方面で大きな地震があった模様。
今日は(命がけの)ドライブに行く予定だったのだが大丈夫だろうか。うむ。


More  虫嫌いの人ごめんなさいまし
[PR]
11月22日  土   晴れ    旧暦 10月1日  小雪
d0101846_07230654.jpg
おっと昨日の旧暦の日付が間違っておりましたので訂正しました。
閏月が終り今日から旧暦では10月1日なのですね。
そして暦の二十四節気は小雪。それで新月。
これってみんな連動しているんですね。ふーん。知らなかった。

山のように積み上げてある洋裁の裁ちクズでランチョンマットを二枚作りました。
こちら↑は二枚目に作ったもの。
一枚目↓の方がいいなと思ったのですが、途中で赤い色を差し色に使ったら、こっちの方がいい感じになりました。

四角い布を中心にログキャビンふうに自由に継ぎ足し継ぎ足しで増殖していったものです。縁の所で曲がってたりするのが私は好きなのです。

d0101846_07333347.jpg
さて、今日は何をして過ごそうかな。
ソファに座ってると何も出来ませんが、机の前に座ると何か出来上がるからいいな。



[PR]
11月21日  金  晴れ   旧暦 閏9月29日
d0101846_07240709.jpg
 いやん、歯根がうずくなり。
パッチワークなど根を詰め過ぎたのかしらと思ったが、この前から根を詰める事は常時やっていた。
そうだ、バゲットだ。
明太マヨネーズなんてのが売っていたので、これをバケットに付けて焼けば、大好きな明太フランスが出来るではないかと、パン屋で50センチほどのバケットを買って来てほぼ全部食べたのであった。
そうだ、それに違いない。ぐすっ。

さて、びんぼーな人は、こういうものを集めて喜ぶ。
左の年季の入ったGEORGIA缶は某所で「買った」のである。
余りの美しさにNさんと奪い合いをして買ったのである。

野菜を買いに行く車の通りの多い道で右のBLACK BOSSは落ちていた。
何度かああ、落ちている、と見過ごしたが、日に日にペッタンコになっていくので、ついに自転車を止めて救い出した。
ほんとうは、もうちっと踏んづけられた方が箔が付いたかもしれない。

タイトルに物財とか書いたが、まぁこれは物財ではなく「ブツ」である。

最近、物財を並べ立てて自慢されている方が多いが、あれ、なにか冗談でやっておられるのかと思ったが、なんだか大真面目にやっておられるのだね?
ああいうことを大真面目にやられると、私など「ケ」としか言いようがない三流人間です。
ああいうことは、ユーモアを絡めて言わないと今に「ケケケケケ」にやられるのではないかと老婆心。

びんぼーだとか言ってるのも冗談だからね。
毎日感謝合掌して暮らしておりますだ。



[PR]