<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

4月30日  木  晴れ   旧暦3月12日
d0101846_08015646.jpg
目が覚めたら11PMだったという、最悪の睡眠障害。
んなわけで、けっきょく寝坊したので今日は室内でボールペン画。
ちょうどゴミを捨てに出たら、クスノキの若枝が落ちていた。花がついている。
この花の花粉がくしゃみ等の原因となるのだが。

きのう、膝の痛いのがころっと直り、階段も駆け上がれるくらいになったのだが、なんと夕方には今度は足の甲がピシッときた。
なんということだ。なにか東方よりキョンシー来る、ってカンジ。
そんなことで踏んだり蹴ったりで、はやくなおっておくれ。

あ、当方何かやるとき三日坊主を恐れません。
三日だけでもやらないより三日分進歩。




[PR]
4月29日  水  晴れ   旧暦 3月11日
d0101846_07345194.jpg
今日もやや嫌々ながら庭に出てスケッチをした。
何を描くかが問題なのであって、なにか心にぐっと来るものがないと描けない。
私はプロではないので描きたくもないものを描くのはごめんなのだ。

シラユキゲシに山芋のツルが巻き付いている。うむ、山芋のツルは今の時期一日で50センチくらい伸びる勢いだ。
これを描くことにしよう。
咲き落ちそうになってしみだらけになったシラユキゲシも、咲き立てのピンピンより絵に描くには風情がある。
すごいよ、山芋のツルは描いている間にもう先の方が伸びてしまった。

d0101846_07420353.jpg
ノってきたのでもう一枚描いた。
三日前にアゲハチョウが飛び始めたが、卵を産みつける柑橘類の新しい葉っぱがまだ出ていないね、と思っていたら、今朝見ると柔らかい新しい葉が出始めている。
蝶が生まれ出るのと、食草が展開するのと、ちゃんと計算が出来ている。
描いているうちに気が付いたが、すでに卵が産みつけられている。

こういうのを見ると、私はカミを感じてしまうのだ。
カミなどというと宗教関係者じゃないかと誤解されそうだが、私はいわゆる自然崇拝者なのだ。
特にこういう植物や虫の世界は人知を超えたものを見てしまう。

※  ※
久しぶりにDVDを観た。
「マダムマロリーと魔法のスパイス」
映画は普通であるが、これに出ている女優さんのことを。
アレ?この人この前見たビデオに出ていた人じゃね?とは思うがたった二週間前に観たDVDが思い出せない。
確か、なにこのかわいい人、国生さゆりにちょっと似ていて、なんてチャーミングな、フランス女優さんって意外にかわいい人少ないのにかわいいいね〜、と思って見ていたのに、なんの映画か思い出せない(苦笑
で、検索してみたらシャルロット・セボンというカナダの女優さんで、二週間前に観た映画は「イヴ・サンローラン」でした。
そうそう、モデル役で出てて、もうホレボレするくらい素敵だったのだ。
(映画自体は、そんなにお気に入りしなかったが、この女優さんはめっちゃ素敵だった)
ただ、目の黒目(青目)がやたら大きすぎるようなのが気になるのですが、あれは美容的コンタクトレンズ入れてるんでしょうかぁ?
それはさておき口角がきゅっと上がっためっちゃかわいい人です。





[PR]
4月28日  火  晴れ    旧暦 3月10日
d0101846_07283077.jpg
今日は早起きだったので(3時に起きるのは早起きとはいわないだろうな。睡眠障害の類)
気が進まなかったが、無理やり自分を追いつめて夜明けを待って、庭でスケッチをした。
まずは描きやすい紫ハナナから。
夜明け頃は存外寒く、すっかり冷えてしまった。
よし、ゴールデンウィーク中、このノート全部使い切る目標!‥と、自分を追いつめておこう。




[PR]
4月27日  月  晴れ    旧暦 3月9日
d0101846_07251389.jpg
まだ未完成ですが、半年ほど前に作った座面の方を洗濯したついでに背面の方も掛けてみました。
これから夏に向かってはちょいとくどいかもしれません^^。

もう頭の中が連休になっちゃってます。
連休の間はブログ視聴者も少ないし、せっかく庭に野原があるのだから植物スケッチをしようではないか、と思う次第ですがどうなりますやら。
日差しキツくなってきたし日焼けしてシミ生産することになるかもしれないが、ま、いっか。

d0101846_07321739.jpg




















こんな感じにね。
描いているうちにてっせんの枝の上に青虫がいるのを見つけたよ。

そうそう、きのううちの猫ちゃん、久しぶりにお外に脱走して、小一時間ふらついておったが、やっぱり、トカゲと、もう一つ生まれたばかりの蛇を見つけて捕まえてきたらしく、廊下にその二点、落ちていた。。
小蛇の方はミミズかとおもったくらい小さかったが、まんまるになるので、ミミズではないとわかった。
頭と尾が繫がってまんまる!
ウロボロスの輪だ。なるほどと感心。阿吽、「あ」「ん」。始まりの終りは始まりであったのだ。

[PR]
4月26日  日  晴れ   旧暦3月8日
d0101846_08373387.jpg
二度寝の誘惑に負けた日曜、四月の朝であります。
気が付けば、金色お休み週間も間近にせまっているのであった。そういう時期なのであった。
朝、我が草むらガーデンに出てみると無数の名もない虫が飛び交っている。くものすだって張っている。
虫嫌いの方は嫌悪するやもしれぬが、これぞ神さまの思し召し。
虫がいなくなれば実も成らぬ。
朝は羽虫ばかりであるが、正午に近づくとてんとう虫の親戚っぽい虫達や、あぶの類がぶんぶん飛ぶ。
虫も蝶も飛ばない薔薇園などは人工のものなのだ。
我が草むらガーデンは神さまの思し召しどおりの庭。
蛙もトカゲも、蛇も、カマキリもありとあらゆる生きものが「あ」から「ん」まで繫がっている。
そろそろ蝶が飛び交う季節だ。

庭の入口


[PR]
4月25日  土  晴れ   旧暦 3月7日
d0101846_07374575.jpg
やっと薄着になれて軽くなったので朝からストレッチに励んだ。
腕を後ろに回し下からと上からで手をつなぐ運動も右手と左手で握手をできるくらいに柔らかくなっていた。
一昨年まで、たぶん肩こりか歯科関係で 片方手が結べなかったのだ。
前屈もマイナス10センチは大丈夫。アラ還的には快挙である。と、自慢。
そんなことで、ちょっと急に体を動かしたのでふらついている。
絶好調のようでもあるがそうでもない。
この間の雨が続いた頃から階段を上る時だけ膝が痛い。
階段の上り下りがひどく大儀。そのうち直るだろうか。

そんなことで夕方の散歩にも行かねばと出かけて道草を摘む。
右はハハコグサなのだが、左は初めて見る植物である。
姿形からしてナデシコ科のもののようだが、夕方で花らしきものがすぼんでいる。
気になったので朝もう一度どんな花が咲くのか見に行ってきた。
花は3ミリほどのピンクの花であった。
なにせ3ミリなのでなさけない。
これもしかし、群生するときれいかもしれない。外来の野生種だろうか。
今まつばうんらん、なんかもよく咲いてるね。

d0101846_07523821.jpg
この季節だけはほんと、生きていてよかったなと思うね。
家の前の大木クスノキ氏。



[PR]
4月24日  金  晴れ   旧暦 3月6日
d0101846_07181231.jpg
春の防寒用にMA-1というのを探したが、シーズンも外れでサイズ切れしていて、これと思うものが見つからないので、やっぱりこんなの作っちゃいました。
この生地はオーガニックコットンのそれはそれは柔らかく気持のいい生地で、パイルというのかしらね、ちょっとタオルっぽい。
軽い、シワにならない、で暑くなったとき脱いで持ち運びにも便利.保温性もある、ということで、多分愛用出来ると思う。
裾の折り返しが、ちょい目立ってむつかしかったな。。
バイヤステープでくるんでからやればいいのかな。。

で、ほんとはボタンを付けるといいのだけれども、ボタンホールが出来ない。
ボタンホールが出来るようになれば、作れる服の範囲も広がる。
このボタンのようにみえるのはボタンではなく、ブローチである。
ボール紙を丸く切ってキルト芯を二枚ほど入れて、共布ぐし縫いしてきゅっと縫い縮めて、ブローチピンつけて出来上がり。
大きさを違えて作った。
付け方を色々変えてもおもしろそう。

今回は短めのジーンズと合わせて。
帽子屋のバーゲンにたまたま出くわして買ったハンティング帽?を合わせるざます。
鳥打ち帽、なぁんて今どき言わないよね。



[PR]
4月23日  木  晴れ    旧暦 3月5日
d0101846_07581141.jpg
今日も晴れている。
緑がスガスガしい。
くるみボタンはこういうふうになった。やはり普通のボタンをつけるより、この場合はこの方がいいみたい。

さて、こういう手仕事をしながら歴史物といえばいいのか、カルトものといえばいいのか、とんでももの、といえばいいのか‥というような系統のYouTubeを聞きながら手を動かしているわけなんですが、
いろいろ聞いていると訳分かんなくなってきますね^^。
というか、一番の問題は、この人信用していいいのか、ということを見極めるというのが問題なわけですが、そういちいち疑って掛かってもおもしろくない。
ウソか誠かはそのうち時間が経てば見えてくる、なんちゃって。

「いにしえのことなど、なにが真でなにが偽りかなど、後の世のものには決してわからぬ」
なんて、「陰陽師」のセリフにありますが、まことに。

例えば、聖徳太子というのは厩戸であり、秦河勝であり、小野妹子でもある、なんて説があったり、そして小野妹子の子孫がオノヨーコであるとか。
ということは、オノヨーコは聖徳太子の子孫ということではないのかえ?
などと、一面あほらしいことを思い描きながら手を動かしている訳ですが、
しかし、オノヨーコの顔、ということに私は注目する。
オノヨーコの顔は少し一般の日本人の顔とは様子が違う。
聖徳太子と言われている人は目が青かったのだと言われていて、ハンガリーの方からやってきたフン族だったとか、ほかにもま、いろいろと説はあるのですが、
顔というのは一種、証拠物件であると私は思う訳で、まさに「顔は履歴書」ということを強く感じるのでありますよ。





More
[PR]
4月22日  水  晴れ   旧暦 3月4日
d0101846_07461430.jpg
今朝もこんなはずじゃない、な寒い朝でした。
でも一夜漬けの蕪がおいしく漬かっていたので良しとしよう。

パッチワークは周りをガクブチ縫いするだけとなりましたが、けっこうな力仕事なので、また歯が病めるといけないので休憩。
今日はくるみボタンを作ろうと思う。
前に刺繍した布で作ったが今度は実用。しばらく買ってなかったら便利そうな器具まで付いていた。100Sです。
オーガニックコットンのタオルっぽい生地でいつものヘチマ襟上着を作った。
生地を節約し過ぎて、ポケット分が足りなかった。もう一度買いに行くべか。今日は水曜日でハギレセールの日。25日もやってるし25でもいいかな。

また本屋でファッション雑誌など衝動買い。
「ハンサムな彼女」ってタイトルぐっときた。
ハンサムなおばちゃん? このセンでいく?
おっ、ハンサムと言えば、あの、ベニスに死すのタッジオの最近のお姿を見て、ちょっと寝込みそうになりますた。。




[PR]
4月21日  火  晴れ    旧暦 3月3日
d0101846_06511120.jpg
やっと雨があがった。もう降らないだろう。気温はまだ低め。
きのう、「フランス人は10着しか服を持たない」で検索してたら、本を買わなくていいくらいいろいろ載っていた。それを読んでいるうちに、むらむらっとモノ捨てたい熱が出て、着ない服をゴミ袋二袋にぶちこんだ。
(早くゴミの日よ来い)
そして、アップリケなど再開しようかと積み上げていた半端な生地の山に心底うんざりして、これも全部捨ててしまいたいと強く思ったのだ。

もう、モノがあるよりも、ないほうが断然シアワセ率が高いふうになってきてる。

この継ぎ接ぎキルトはソファーカバーとして一枚完成して使っているが、背もたれ用のを作ろうとして、キルト芯が買ってあったので、少し前に10枚ほどこのパーツを作りためていたのを、この際、一気に仕上げることにした。
ここ半年ばかりの間に作った服の切れ端を、ほとんどこれで処分できてうれしい。
A4の短いほうで正方形を作った大きさのパーツをつなぎあわせてある。
パーツはミシンで縫う。
あとキルト芯に貼付けるのは手縫いでする。(大きいものをミシン掛けするのは疲れる)
この辺までは一気にいけるが、この後がいつもなかなか進まない。
裏をつけて、周りをガクブチに縫う。
さぁ、一気にやってしまお。
ソファカバー全部できたところをお披露目できますように。




[PR]