<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

9月30日  水  晴れ   旧暦 8月18日
d0101846_06185689.jpg
9月も今日で終る。
やっぱり世界は終らずに続くようだ。

さてまた、朝の珈琲など飲みながら
今月起こった事で印象に残っているものをオバさん的目線で思い出してみましょう。

まず、あのドタバタで安保法案が可決。
その前に関東の大雨。
明け方によくある震源地で大きめの地震が起こったり。
どーしてああも暴力的にコトが進んで行ったのか、はて。

山◯組が分裂、なぁんてのも気になりました。どういうことなんだろうね。

シリアの難民が欧州に押し寄せてる、というの、これはこれから先どういうことになっていくか、、これは大きい感じ。
ほとんど本当の難民じゃないみたいだし。。
ワーゲンのことも出てきました。
ロシアがシリアに布陣してるようですが。。
シリアってイスラエルとほんの目と鼻の先ですよね。
イスラエルは今、どうなっているのか、
ネタニヤフ、、うーむ。

どうも、印象としては、誰かがなにかやろうとしているらしいが、計画どおりうまく行ってないって感じもするし。。いやいや、コトははかどっている、という感じもするし。。

中国もわかりませんね、経済破綻とかいう説もあるが飛行機300機買ったしね。
ドーも、アメリカだとか中国だとかドイツ、(それに日本もですが)国というくくりで見ると訳がわからない事になっているのかも。。

いまだ正体がよくわからないオバマと、フランシスローマ法王。そしてab。

それで、玉葱の袋ですが、これってなにか奇麗じゃないですか。
紐を手製の布紐に取り替えて巾着として使おうかしらと。
小物の整理にもいいし、お風呂に薬草を入れるのにも便利。







[PR]
9月29日  火  晴れ    旧暦 8月17日
d0101846_06524614.jpg
この前買ったハギレでいつもの定番、ガウン型の上着を作りましたが、この生地コリゴリです。
値段がw幅2メートル150円というのも納得。
ナイロンのような、でもすごく水を吸う素材で、きっとエコバックなんかにする素材なんでしょうね。
針が立たないんです。ミシンで縫うのもあやうい、あやうい。
手縫いは出来ません。ミシンを壊さずに完成できたことがありがたい。

着心地はいいです。これからの朝の寒い時にはおるにちょうどいいです。
ループ止めのボタンを付けてみました。
打ち合わせが間違ってないか心配ですが、こういう常識にとらわれるのもいかがなものかと。誰が決めたん、そんなこと。

d0101846_07013621.jpg
この服、とっても着やすいです。洗ってもすぐ乾くし、アイロンいらず。
旅行なんかにこの生地ぴったりね。
ワンピースとしても着られん事はないがスカスカするので、この時は運動会でもあるので丈の短いGパンを合わせてます。

d0101846_07065702.jpg
これも出すの忘れてた。女の子の服ね。
スヌードとヘアバンドを余り切れで作ったよ。




[PR]
9月28日  月  晴れ    旧暦 8月16日
d0101846_06171157.jpg
昨晩は満月ご覧になりましたでしょうか。
いい月でした。
昇り始めもいいけれど、昇り切った時もいいけれど、夜明け前の満月というのが一番きれいで恐い。

夜写真は例によってしょぼいのしか撮れなかったので、夜明けの秋明菊。

月の光を浴びた霊験でしょうか、急に、自分はいろんな人に守られている、
と、唐突にそういう思いにひたり、心があたたかくなったのでありますよ。
いろいろな人が自分に小さな灯りを送ってくれている、そんな感じが。
だもので、自分もいろんな人に、小さな灯りを送らないと、と、そんな感じ。





[PR]
9月27日  日  曇り    旧暦 8月15日
d0101846_07093393.jpg
毎日眠いのである。今日も眠いではないか。
多分天気のせい。
絵というのは描くのにわりと体力みたいなのがいって、‥体力というより脳の力かな?背筋もいるようだし、どうも南の海に台風がいたりすると活力が落ちる。
はやくスッキリしてもらいたいものだ。
思えばこの夏からこちら、ほとんど台風が発生してたね。毎年こういうものだったろうか。

っと愚痴っぽくなってしまってますが、今日は運動会なんかあったりします。
日差しがない分暑くなくていいかもしれませんが、子供達の為にはパッと晴れて欲しいね。


[PR]
9月26日  土  曇り   旧暦 8月14日
d0101846_06210465.jpg
ヒューマニズム
人道
慈善
独善
偽善
‥‥
頭がもやもやしておるのよ。
どういう言葉でこれをぴったり現すのか、もっと他に言葉があったような。。

人のやさしい心とか、道徳心だとか、、、そういうものが利用されていくし、
そういうのを隠れ蓑にする人だっている。

てなことで、買い込んであったハギレを使ってジャンパースカートを試作してみました。
ごらんのようにやたらサイズが小さいですから自分のものではありません。

教訓。襟周りに伸び止めテープを貼るのを忘れました。
見返しに接着芯を貼るのも忘れました。
となると、伸びるのよね。はい。教訓ですタ。

型紙は、最近買った洋裁本、月居良子さんの ”着心地らくちんおしゃれ服” より。
この本のアオザイ風チュニック、ってのに惹かれますタ。いつか作るゾ。




[PR]
9月25日  金  雨     旧暦 8月13日
d0101846_06413400.jpg

また雨ですね。
窓を開けると少しだけ金木犀の香りがしたりする、というふうです。

台風こっちに向かっているのかな。

abっちが昨日会見していたようで、三本の矢だとか、何か言ってたらしいですね。
ん?戦後最大の好景気を目指す、とか言ってませんでしたっけ?
んなあほな、、ってことですけど、、言うのは自由なんですかね。すごいね。
”とんでもない噓ほどバレない”ってこともありますが、そういう意味では、ちょいとんでもさが足りませぬ感じ?

ずいぶん昔、20年以上前かな、友達から聞いた事だけど、ちょっとタブーに属する話でね、ま、いわば、都市伝説系の話なんだけど、それを聞かされた訳よ。
その頃そんなこと思いも寄らないことであって、まさか、まさか、そんなことは有り得んだろうと思ったんだけど、その話ずっと本当なんだろうか、と頭に残ってたのね。
今考えると、その友達は、いわば支配者側に近い人で、そういう情報なんかも入りやすかったんだと思う。
事実は分らないけれども、有り得ない話ではないだろう、というのが最近の自分だ。

考えてみれば知識として知っている事って、みんな誰かに教えられたことがほとんどなんだから、その知識の根本が捏造だったとしたら、私たちはものの見事に騙されているってことになりませんかね。

いや、じっさい、この世はその程度の噓ではなく、もっと奇想天外な噓で出来ているとしたら、これまた、面白いではありませんかね。
フィクションだとしてもね(笑

人間、噓をつくにしても、何かヒントがないとストーリーが組み立てられないんじゃないかな。絵だって100%オリジナルって絵はほんと、ないよね。どれもなんらかの流れの上に乗っている。
自分の思い描く夢にしても、それはよーく考えてみると誰かの夢を模倣しているのだ。
こうして喋っている言葉も、結局誰かの模倣かもしれない。
わたしら、ひじょうに小さい存在なのだ、うん。

VW、やられちゃいましたね。近頃こういうこと多いよね。あそう言えばこの前の天津で焼けた車もワーゲンだったよね。



[PR]
9月24日  木  曇り    旧暦 8月12日
d0101846_06230293.jpg
ふらっと立ち寄った地元の出店でまた買ってしまった。ちょっとビョーキの域に入りかけてるので注意しよう。この布柄はともかくとして、手触りがなんとも素敵だったのである。
どういう形のものにするのがいいかこうして考えているのである。

考えるといえば、こういうことも考えた。

2011年からどういうことが起こってきたか、年ごとのwikiで出来事をピックアップしていくと、見えてくるものがあるよね。

そして、今の安保法案に繫がる項目だけ選び出してみると、
まず、2012年の4月に石原都知事が尖閣を東京都が買う、などと発言し出した(しかもアメリカ出張の時にそれを発表)、(これはいかにもメディア戦略っぽい)
そして、その後、尖閣が国有化され、中国で大規模な反日運動。
(これも、デモに参加して暴れた人は日雇いのアルバイトだったという説もある)
これをきっかけとする感じで、ご近所の国の悪口がメディアにどんどん流れ出す。
そして、年末に安倍政権の誕生。

そして今年に入ってからの動きは、やっぱ、あのイスラム国捕虜の斬首事件。abちゃんのイスラエル他の中東訪問、というのもその前にありましたね。
(あの処刑写真はあきらかに作りものなのに、世間的にはお通夜ムードが広がった感じ)
(あの時のTVがどういう報道をしたかがミソ)
それで、それを受けてabちゃんが、なんだったか勇ましい事言ったよね。
その後から、この安保法案ってのが表面化してきて、
あ、2014年から、その流れは出て来ていて、年末に何か分らぬ謎の衆院選というのもあって民意を問う、ということらしく、民意はabちゃんに。

それで7月頃からかな、SEALDsのことなどがTVでも報道されるようになり、一般にも知れ渡り、大規模なデモも行われた、という流れになっている。

とすると、これから先にどういう脚本が待っているのか、ということを考えねばならない、ってことだ。

ドイツに押し寄せている難民のことなど、遠くの事だから却って真実が見えやすいよね。
あれは、去年から椅子椅子団がドンパチやって、あのシリア等の辺りの街を壊し、人を追い立て、EUに送り込むってのが目的だったんじゃないの?
そしてEUの攪乱を狙ってるとオバさんは見る。
そう思うのは、あの海岸に打ち上げられた子供の遺体、あれは遺体ではないでしょう?
よーく見て下さいね。こういう時に観察眼ってのがものを言うのです。

ああいう時にお涙頂戴のニュースを出すのが常套手段ってこと。
メルケルさんが何を考えているのかはわかんないけど〜






More
[PR]
9月23日  水  曇り   旧暦 8月11日
d0101846_07143167.jpg


青じそに穂が出ていたので、なんとかすることにした。
前に佃煮を作ったのかな、たいへんおいしかったのだ。二回目に作った時、穂が固過ぎたのか柔らか過ぎたとかで、一回目よりおいしくなかったので、何年も作っていなかった。
今回、あのプチプチ感が出るかどうかだが、灰汁抜きと水切りを充分にして、醤油に漬け込んでおいた。
第二弾で塩漬けとか、佃煮風のも作りたい。

d0101846_07151395.jpg
羊草と白メダカの稚魚をもらった。
これがほんとの羊草だ。花は小さく、羊の刻(午後2時)にピッタリ咲いた。
縁側の楽しみができた。

d0101846_07172914.jpg
こちらも縁側に並べてある水槽。
近くの用水でとってきたメダカやエビ(これは買ったモノが繁殖したのをもらった)がいる。泥鰌もいるが動きがこぜわしいので別容器に移そうかと思っている。
別容器にザリガニのちっちゃいのもいるよ。

縁側で寝そべってメダカやエビが泳いでいるのを見るのは至福の時なり。

d0101846_07213288.jpg
裏の草むらに茗荷がたくさん生えているのを決死の覚悟で取りに行ったら、けっこう大量に採れた。地面の上に出るから草むらの中をかきわけねばならない。
小さなバケツ一杯くらい採れたので塩漬けにすることにする。
キュウリの塩漬けなどと合わせた柴漬けふうのお漬け物に茗荷はなくてはならないので、これでいつでも柴漬け風お漬け物が出来るなり。

といったような休日を過ごしております。(ッて言ったっていつもと同じなんですけどね)
あれあれ、9月もあと1週間となりましたか。





[PR]
9月22日  火  晴れ    旧暦 8月10日
d0101846_06522076.jpg
今日は家族的休日っぽい日になりそうです。
そういうことに浸りませう。

裸足になって庭に出て、足の裏から地球のエネルギーを吸収しております。
花はサクラタデが咲いてきました。秋明菊も咲いてますね。
今日も石に抱きついて岩盤浴をしよう。
門から玄関までが石畳になっているのだが、あそこに寝転べば岩盤浴ができるのではないかというアイデアがあるが、宅配便でも来たらびっくりだよね。

この前買ったアールデコ風のニット素材の布は、あっさりシンプルで一番着やすいマイ型紙で簡便に仕立てました。
青い服も同じ型紙ですが、生地に寄って雰囲気が変わりますね。
ロックミシンで縫えばもっと簡便なのですが、カーブが難しそうなのでまだムリ。
縫い代にすべて伸び止めテープを貼ったら、普通のミシン糸で縫ってしまえました。
脇の縫い代はほとんどほつけない生地なので切りっぱなしにした方がゴロつかないだろうという判断で切りっぱなしとしました。





[PR]
9月21日   月   晴れ      旧暦 8月9日
d0101846_06290101.jpg
地球のみなさんおはようございます。
最近買う本はこういう系統か、洋裁本、ってなになのよ。

古歩道さんもリチャードさんも飛鳥さんも、みんな最初は普通の気のいいおじさん風だったのが、どんどん人相が悪くなって行くのは何故だろうと。。いうことも頭の隅に置いといて。。

最近一番興味のあることは、大衆はいかにして操られていくか、そのテクニックの大典みたいなのがあるはずだ、それを知りたい、ということですね。
人を思い通りに動かすには、太古の昔からのマニュアルがあるはず。
で、これからはこの手の情報は手当たり次第に入手。

電通のもっと使わせろ、もっと捨てさせろの戦略十訓なんか有名ですよね。

人を操る技術を軍事レベルまで高めたもの、サイオプス。

いろんなところで戦争や紛争が起こってますけど、よーく思い出してみて下さい。
必ず、大衆の感情に訴えかける出来事がメディアで流されます。
有名なとこでは、湾岸戦争の始まる前に登場したクウェート人の少女がアメリカの公聴会に呼ばれて「病院に乱入してきたイラク兵が産まれたばかりの赤ちゃんを床に投げつけて殺した」と証言して、それをきっかけに世論が高騰し、一気にアメリカは湾岸戦争に突入。
その後、その少女は在クウェートのアメリカ人の大使館員の娘だったことがバレている。
というような類の事が、どんな時でも起きているのだ。

最近でもありましたよね。

感情に訴えてくる映像やらには注意です。
お涙頂戴的なキャンペーンはすべてこの手のものだと思っておいた方がいいですよ。地球のみなさん。同じフレーズが繰り返される、というのにも注意です。

ここに書かれているユーゴスラビア、あのサラエボの紛争がどうして起されたか、なるほど、そういうことだったのかと分りました。
あれももう20年以上前ですね1992のことですね。あの頃はまったくのおバカで、何の事やらさっぱりわからず。民族間の紛争のことなどわかんないや結局と理解する事を投げ出してしまってましたが、こういう筋書きだったのかという事がよくわかりました。

「戦争広告代理店」というのが存在するのです。
そしてアメリカ政府内にもそういう部署が1万人規模で作られているんです。

こういうことを、支配される側の大衆が知る、ということが大事ですよね。
知れ渡れば、こういうテクニックは使えなくなります。







[PR]