<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

6月30日  木  曇り         旧暦 5月26日
d0101846_06051524.jpg
じとじと雨が続いて、蒸し暑いのかというと、暑いのだが、寒いような気もする。
うっかりしてるとゾクゾクっと風邪を引いてしまいそうだ。

毎日、ちっともお洒落じゃなく暮らしている。
雑誌に載ってるふうのいかにもなお洒落な暮し、とか、そういうのもうなんだかうざい、と思うのは寄る年並のせいだろうか。。

d0101846_06101720.jpg
これ、かわいいよね、ずいぶん前のネスカフェのおまけだったか、容器だったのか忘れたが、愛用している。
おしゃれな生活には微妙なラインである。
若い頃は雑誌のインテリアページが大好きで、ああこれも欲しい、アレも欲しいと、物欲に駆られていたが、そういう思いは夢のように散って行った。霧散。


さて、6月も今日で終りではないか。
今月はEUのことなんかあったね。
まだあれの正体はよく分からないが、ちょっと待てよ、離脱するくらいでなんでそんなに株価が下がったりするのかな、っていう視点もあるよね。
EUが出来た時など、騒ぎにもならなかったのに。(自分がB層で気が付かなかったのか

鳩山さんがAIIBの顧問になった、なんてのがちょっと気になる。
UFJ銀行の動きも気になる。
そんなところかな。さらば6月。半分過ぎた2016年。


[PR]


6月29日  水  曇り        旧暦 5月25日
d0101846_06351284.jpg
レタスは今が出盛りのようだ。
レタスはこの時期のものが最高で、それ以外の季節のものは私は買わない。

珍しい野菜を見ると買う習慣になっていて、このペコロスというのを先週買った。
何かの球根のようで、間違えて食べると危ない類かもしれない。
でも、切るとよい玉葱の香りがして間違えることもないだろう。
これを旬のレタスにまぶすと、苦みもなく彩りもよい。
白いのが一般的なのだろうが、これは紫。





先日からの変な話のついでだから、久しぶりに話題にあげる はやし浩司氏 の動画を貼っておく。
この井戸尻だったか、から出土したというみょうなお面なのか、顔なのか、はやし浩司氏の言うことを、そのまま鵜呑みにしてしまうのもナニだが、ちょっと面白いではないか。
もっとも疑い深い私は、こういうものもアチラの勢力の捏造品という可能性だって考慮しておかなければいけないと思う。
そんなことが無いように願いたいが‥



[PR]
6月28日  火  雨        旧暦 5月24日
d0101846_06313605.jpg
また雨が降って、いかにも梅雨の風情。
昨日は晴れて、ミイミイゼミ、、だったっけ、アレの鳴く声も聞こえたよ。


「胡」のことだけども、あごひげは分るが、あごに垂れ下がる肉って記述もどっかにあって、なにそれ?ってたいへん疑問なんだけど、
ふと、連想したことに、
あの、ツタンカーメンのあごに付いてる筒みたいなのってなんなのよ、ってことよ。

あごひげだと言われてるようだが、なんだかデザインとしては みょう ではないか。
それにツタンカーメンのあの王って若くして亡くなったようで、顔を見る限りまだ青年であって、あれほどのあごひげがあるというのも不自然。
も、も、もしかして、あれは垂れ下がる肉が詰まってるんだ、、なぁんて仮説を立てたくなるのでありますよ、アハハ。。
後頭部の長い人はいたらしいけども、顎が垂れ下がってる人のことは未だ聞いたことがない。

あれはお面で、あの髭のような所は持ち手なんだという説もあったっけ。
じゃ、なんでお面を被らなくてはいけなかったの?という疑問がでるわよね。
いづれにしても、なんかみょうじゃなかとね。

”ツタンカーメン あごひげ” でググると、あれが折れちゃったのをセメダインでくっつけて誤摩化した、ちゅうニュースなんかが出てて笑っちゃうんだけど、あかんよね、そんな、セメダインでくっつけるなんて。



[PR]
6月27日  月  晴れ         旧暦 5月23日
d0101846_05515904.jpg
晴れた月曜日。

猫の風邪は快方に向かっている。
最初ぢろりちゃんが発病し、自然と治ったが、どうやら流行病だったらしく、くろりちゃんにも移ってしまった。
そのうち治るだろうと楽観していたが、どんどん重篤になり、あれま、儚い命だったかなと哀れな気持に。

医者に寄ると、年寄り猫には免疫があるからひどくはならないのだろうというコト。

猫が鼻を病むと気の毒である。こじれるとこれまた大変。
免疫が落ちて口内炎になってよだれを垂らしたり、そのうち鼻汁もたらすようになるらしい。

さて、元気を取り戻した猫は、また噛み付いてくる。
どうもこの猫、愛情表現が噛み付く、ということらしく、それで同居猫にも嫌がられているのだ。
時々、首を伸ばして、声もなくなくときがあって、なんだか、『うつぼ」みたいだなと思うのであった。






[PR]
6月26日  日  晴れ       旧暦 5月22日
d0101846_06351184.jpg
猫が風邪引いてしまって、鼻づまりでかわいそう。はやくなおりゃぁ。。

(顔、おおきいなこの子)


先週は人と逢ったのだが、やはり疲れる。
また、失敗してしまったようだ。
何か不用意なこと言ったみたい。

そんなことで、そういう時は空元気を出さず、ドボドボドボ‥っと沈み込んだほうが回復が早い。

相手の人の触れて欲しくない箇所って、いつも逢ってる人なら分るけど、久しぶりだと分らないものね。
不用意なこと言っても、まったく気が付かない人も世の中には居るけども、、
そこは、敏感に感知する方だから困るのことよ。

他人様の気持に右往左往するのやめたい、と、常日頃思っているのだが、、

いやなこと言ってしまっても、いやなこと言われても、そこはサラッと有りの侭に受け取って、空元気も出すこと無く、いやなことはいやなこと、怒ったり、落ち込んだり自由にして、いちいち気に病むことなどないようになりたいものである。

どぼどぼどぼっと泥の中に潜り込むくらい沈み込んだ方が、ポッコンっと浮かび上がるのも早くなるので、その方法で行こうマイ。




[PR]
6月25日  土  曇り       旧暦 5月21日
d0101846_06205274.jpg
イギリスのEU離脱でどういうことになるのだろう。
これは吉なのか凶なのかもよくわかりませんが。。だれか教えて。

EUが出来たの1993年だったんですね。
”トリコロール青の愛”とかいう映画を観ていた頃だったかな。赤の愛と白の愛とあって三部作だったような‥
女優はジュリエット・ビノシュね。

どれかに熱い珈琲の中にアイスクリームを落として食べるシーンがあって、しばらく真似したりした。

それがどうEUと関係あるのかというとEUが出来たお祝いの楽曲を作るというシーンがあったような、気のせいか知らないが、あったのだ。

感としては吉のような気がするのだが。。

大きく一つにまとまっていたものが、徐々に分解して行く、、

珈琲飲むならスタバ、服を買うならユニクロ、じゃなくて、元のように小規模な店になる流れ?

EUってどうしてできたのか、ということを知るとおもしろいよね。



[PR]
6月24日  金  曇り         旧暦 5月20日
d0101846_06530202.jpg
久しぶりに服を作った。
去年の秋からストックしていた良く伸びる化繊の入ったサッカー地で、よく作るパターン。
大川友美のシンプルワードローブに載ってる、クラッシック・ワンピース。
襟ぐりは自分に合うように狭く変えてある。

薔薇模様のも作った。これと同じパターンね。
これは、最近普段着に下ろして,洗濯じゃぶじゃぶやってるうちに、麻だもので、だんだんといい味になってきている。
このパターンのいい所はスカートのポケットがすごく使いやすい。

前に切り替えがあって、今回は細かいストライプ模様だったので、縫い方が汚くなったが、このパターン、楽に着られて気に入っている。
スカート部分だけ使って、スカートにしても穿きやすそう。

そういえばスカートも一着作ったんだった。
そのうち披露しなければ。

普段に穿く無地のパンツが不足しているので、柔らかいジーンズ地なんかで作りたいなと、計画中。




[PR]
6月23日  木  小雨          旧暦 5月19日
d0101846_07220240.jpg
梅雨らしい日々が続く。
今日は画像に行き詰まるので、この前、美濃に行った時のもの。
最近,石垣に惹かれるので、行く先々でいい石垣を見つけると写真に撮ってる。

さて,昨日は性懲りもなく出かけた。
だもので疲労困憊している。
一日ゆっくりしたいが、クロリちゃんの鼻風邪が治らず、仕方ない,医者に連れて行かねば。
早く元気になってくれないと波動が下がるよ。

猫同士というのは、何も語らずとも,ああ,コイツ弱っているな、というのが分るみたいね。
いつクロリが飛びかかってくるかと、身構えて威嚇しているヂロリが、ゆったりくつろいでいる。
距離が30㎝以内に縮まっても平気で寝ている。

今日は、訪問者のカウントが壊れてるみたい。今日の訪問者は0である。
もっとも,こういう数字もあると思えばあるし,無いと思えば無いようなもので、
数字というのは、何かと人を支配するものである。
子供の頃から成績を数字で測られたり、身長や体重も数字で測られ一喜一憂、
年取れば、血圧その他の数値? 持てる財産の数値?
いやはや、一度数字というのを無視してしまうと、人はもっと自由になれるのではないだろうかな、と、この頃思うのだ。



[PR]
6月22日  水  曇り       旧暦 5月18日
d0101846_15394128.jpg
(これまたレイアウトがずさんで、尚かつ、字が小学生で見苦しくスマヌのこゝろ。。)

胡瓜と書いて、キュウリと読むのが不思議で、胡桃なんかもなんでこの字なのだと、常々不思議が溜まっていた。
胡麻、胡椒、くらいは読めなくはないが、胡座、胡散臭い、なんかはちょっと、こじつけた読み方だよね。
胡散臭いってのが、もう笑えちゃうが、胡という所から来た人々がそういうふうに見られていたんだろうね。
でたらめで筋が通らない、ってな意味まである。
‥でたらめで筋が通らないって、、なんだかこの頃こういうことばっかりであります。

「胡」で検索してみるだけで、教科書に載ってない歴史の一旦を垣間みれる。

ふだん、普通に使ってる漢字の中に、西方から伝わった様々なことがアルラシイ、、というようなことが見えてくるではないか。

そして、この「胡」に、さんずいへんを付けると「湖」という字になるではないか。




[PR]
6月21日  火  雨       旧暦 5月17日    夏至
d0101846_07062041.jpg
雨が降っていて、太陽の位置も、満月も確認出来ない夏至の日であります。
今日からだんだん冬に向かって行くのだな、って、、これから夏なんですけどね。

なんだか寒い日もあったりして、中々夏が来ていることを体が自覚出来てないみたいですが、こういう胡瓜や、茄子なんかが八百屋の店先に並んでくると、ああ、夏なんだと、やや、ぼんやり自覚するものですね。

去年、加賀の胡瓜を出したことがあるが、これもその一種だろう。
売ってるオジさん(駄洒落が趣味)は、太キュウリと言っていた。
昔はこれに塩振ったのを毎日お八つに食べさせられて、たまに三杯酢で和えてくれる日があって、それがうれしゅうて、とか言ってましたね。
甘いものがなかったんですね。

イギリスのキューカンバーサンドっちゅうのにやたら惹かれた時期があって、キュウリを挟んだだけのサンドイッチ?  それ、何がうれしいの?
と、疑問だったが、寄る年並のせいか、これがじつにさっぱりしておいしい。
今回はバケットに挟んでみた。マヨネーズは少しつけた。




[PR]