<   2017年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

6月26日 月曜 晴れかな曇りかな 旧暦 閏5月3日
d0101846_06434608.jpg
寝過ぎてしまったのか、頭がふやけている。

ちょっと後にしよう。


※ ※

ようやく起きて3時間くらい経ったかな。

今日は書きたいことがあるが、難しい。
多分、寝言的になると思うがご勘弁を。

この前「この地球に山や森は存在しなかった」という動画を紹介したが、
その続きみたいな 「この地球に海は存在しなかった」 というのが出ていて、
これがまた、興味深いのだ。

※この話の前に言っておくが、これは、大昔に今とは違う文明が存在していた、ということを踏まえて、ということでないと、きっと理解できないと思う。

ここから寝言に近くなるが、

今人間やその他のもの、炭素で出来ているが、神が人間を作ったとしたらば、炭素で作るはずがない、と、この人は言うのである。

今地球上で一番多いのは炭素だそうだが、二番目は珪素なんだそうだ。
珪素って何かというと、シリコンとも言われて、水晶だとかも仲間なんだとか。。
それで、半導体に使われているらしいのね。

地殻の下の方にはペリドットが詰まっている、という説もあった。
それもシリコンなのかどうかは⋯⋯シリマセンが、、

でね、この人の言うには、元々は樹も人もシリコンで出来ていたと。
それが、半導体に使えるシリコンを求めて掘削にやってきた何者かによって、この地球は掘り尽くされ、
そして、二酸化珪素からシリコンを精製する過程で大量の水を必要とするようになり、
その頃、地球には海はなかった。上空に氷の層で覆われ、地殻の中に水があった。

その水をどうやって持ってきたのかはシラネドモ、(高等な科学者集団だったと思ってくだされ)
そして、そのシリコンの製造過程で(この辺省略)、副産物として、原油ができたのだ、って言ってる訳よ。
原油が出来た過程をこれ程納得がいったのは初めてなんだけど。

それで、どうして海になったかという説明は、やっぱり大洪水なんだろうね。
想像では、もともと世界を創った創造主が怒ったんだろうね。

ほんとは我々もシリコンで出来ていて病気にもならず、寿命ももっと長かったのだろう。
我々を炭素に変えた何者かがいる、
そーいうことになりますか。

炭素の原子番号は6。
6つの陽子と、6つの中性子、6つの電子 と言うことラシイ。
これが悪魔の666の所以だというのよ。

詳しく知りたい方は動画を見ていただくといいんだけども、長いからね。

https://m.youtube.com/watch?v=lLbBTVgSWqI






インドダンスどう?
これが大好きでね^^、出来ることならインドダンスのヒロインになってみたいよ。

さぁみなさん、ご一緒に。 月曜朝には適してないかもだけど⋯

https://m.youtube.com/watch?v=Rdj5cIbGftU


[PR]
6月25日 日曜 曇り 旧暦 閏5月2日
d0101846_07321391.jpg
もう何年振りだろう。 地震が揺れたなんて。 午前7時頃揺れた。
長野南部が震源で震度5強だとか言われているが、そんなには揺れてない。
体感的には震度2くらい。

震源地って御嶽の辺りだろうか。
御嶽を頂点にして地図上で富士山と伊吹山を底辺とする二等辺三角形が描けるのだが、
それがどーした。

伊勢二見ヶ浦から南に伸ばしたラインと那覇から東に伸ばしたラインの交差する所に、ムーの大神殿があったとか。
そして、伊勢から白山を結ぶライン上にじぶんちがあるんだけど、それもどーしたそれが、という話ではある。
なんだか要所が繋がったライン状にいるなとは思ったが、ムー大陸とも繋がっていたとは。

そうそう、しばらく忘れていたが、あの西ノ島、まだまだ成長しているそうだ。
これは吉報ではないか。
もしかして、ここから大陸になっていくのかもしれない。

信憑性は如何なものかだが、山口県の近辺の日本海ですごい油田が見つかったとか、はどうなんだろ。
レアメタルだとかも海底にいっぱい小石のように落ちているというか、並んでいるというか、そういう動画も見たけど、本当なら、もっと大々的に報道して、みんなの気持ちを明るくしてほしいよね。
なんで暗いニュースばっかり流すのかね (って理由は知ってるけど教えてあげない)。

画像は昨日のおやつ。
水無月をいただきました。
五建のういろの水無月とはやっぱり違うのよね。
氷室に保存してある氷に似せてあるのだとか。






[PR]
6月24日 土曜 曇り 旧暦 閏5月1日
d0101846_07030828.jpg
えっ、また閏月なの?
三年に一度くらいって書いてあるけど、ついこの前も閏月だった気がしたが⋯
自分のブログで調べてみると、やっぱり三年前の10月か11月のあたりだった。
月日の流れが猛スピードである。
閏月のことは難し過ぎて理解できない。 とにかく今日は新月だね。


2012年12月21日のマヤ暦の終わり、というので地球滅亡が一部では騒がれていたけど、あの頃は、AB内閣誕生に怒ってたくらいで、何もそういう事に興味がなかったのだが、

今、また、なんだかそういうふうな雰囲気が漂ってきてる気がしない?

結局お遊びなんだけどね、、 (そういうふうに捉えておく方がいいなって)

ほら、惑星ニビルが南極にぶつかるかもしれないとか、今年の10月に。
ちょうど、うちはお誕生日シーズンで、亭主と息子の誕生日の間くらいだわ。あはは。

デマだとしてしまうには、南極の様子がちいっとばかりおかしいではないか。
要人が頻繁に南極に行っている、ってのは事実らしいからね。

そういうことと並行して、よくわかんないアセンション騒動ってのもあるわけよ。
次元が上昇するとかね。

宇宙からエネルギーが降り注いできて、人のDNAが進化するとか⋯

これも現実に太陽の活動がおかしいらしいし。

そして、究極は地球が二つに分かれて行く、っていうはなし。
これは物質的に二つに割れるという事じゃなくて、どうも異次元に、ということらしいのだが。。

自分自身はこういう話がすごく好きで、もし本当だったらいいなと思っているのだけど、
冷静に考えると、人前で話せる事じゃないよね。 って、、こんなとこで話してるけど。

まもなく何かが起きる っていう動画があってね、いったいこれはどういうことを言わんとしているのか、ぢ~っと探っているわけよ。
誰もが目撃せずにおれない超自然現象がまもなく起こるって、
いったい何が。
ポジティブなことだと書いてあるのを信じて、なんだか楽しみで仕様がない。









[PR]
6月23日 金曜 晴れ 旧暦 5月29日
d0101846_06352414.jpg
金曜日だった。
今日は確か、缶を捨てる日だ。
ゴミを捨てるとスッキリする。ゴミを溜め込む人は便秘症に違いない。うむ。


最近、スピリチュアル系の話を読むのが(聴くのが)好みなのだが、世の中の不思議系を全否定するには、自分が、体験したアレはいったいなんだったの、となると、やっぱり何かあるよね、となる。
みなさん、何か今まで不思議だな、なんだろうこれ、っていう経験されたことないかな。

先日もご近所の家の前を通っていて、ちょっと前に自分と同年代の奥さんが亡くなったおうちなのだが、御主人はどうなさっておられるだろうな、と思っていたら、その後、亡くなりましたというお触れが回って来た。

どうも人が亡くなった時に妙な事が起きる。
例えば、これは近しい身内が亡くなった時だが、落ちるはずのない物がいきなり棚から落ちて来たり、風呂場のタイルが剥がれかけたり、

一番すごいのは、子供の友達が事故で亡くなったのだが、電話が掛かってきた。
(まだ携帯電話の普及する前のことだ)
確かに鳴ったのだ電話が。
でも、なんだかレイヤーが掛かったような音で、出るとすぐに切れてしまった。
なんとなく、変な予感がしてその時間を覚えておいたら、やっぱりその時間に亡くなっていた。
こういうの並行世界から掛かってきたのかな。

死んだ後魂になって何処でも浮遊できるって言われている。
私はマチュピチュの辺りに行ってみたいと思っている。

長い間、死んだらそれでお終いと思って生きていたが、最近、それはやっぱり違うみたいぞ、と思えてくるのだ。

そして、死んだらお終いと思っているときは、なんだか心がガサガサしたが、体と魂は別もんだと考えるととても穏やかにいられるのだよ。


d0101846_06350682.jpg
33ちゃん、顔とんがってきたよ。

d0101846_06345252.jpg
なかよくお昼寝。




[PR]
6月22日 木曜 曇り 旧暦 5月28日
d0101846_07150146.jpg
重曹やクエン酸はなんとなく家に置いてある。
実は使い方をしっかり把握しないまま使っていた。

重曹は重宝していて、台所で掃除するときや、食器洗いにも床掃除なんかにも、そして、歯磨き粉は泡立って気味が悪いので、重曹に変えてからもう5年くらい経つ。

クエン酸とどう併用して使うかが分からなかったのだが、
このステンレスの食器を磨く時、二つ混ぜてやってみたらば、表面に付いていたくすみがつるりと取れたのだ。
同じくステンレスのボールもピカピカになった。
(相当こびりついていたので多少こすったけどね)

そーなのだ、こういうふうに使うのだ、と、今更ながら気がつき、遅い遅いと野次が飛んできそうだ。

セスキ炭酸ソーダは、昨日nonohanaさんのコメントにも書いていただいている。
これ、ついこの前、クエン酸と間違えて買ってしまったのだ。
どーいうものか、全く把握していなかった。
そうなのだ、服のシミにもいいのか。

だいたいが、裏っかわの取説など読まないものでいけない。

この際、しっかり、どういうふうに使えばいいのかお勉強しよう。

この三つ、どれも安価である。
そして、山ほどある大メーカーの洗剤より遥かによく落ちる。
そして、安全である。手荒れもない。
コマーシャルに吊られるは愚である。

店の方、(いや、大洗剤メーカー)も、こういうのに皆んなが気が付いてしまうと、売り上げが落ちるので、そっと見つかり難い場所に置いてある。
棚の一番上の隅とかね。
そーいうものよ。儲けを狙う人の都合で世の中は動いている。






More重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ の比較
[PR]
6月21日 水曜 雨 旧暦 5月27日
d0101846_06130410.png
やっと降った。
降ったとなると大雨が近づいているらしくWi-Fiが途切れたりしている。
とにもかくも、家庭菜園のトマトやその他の諸々に恵みの雨が降ってよかったよかった。

さて、また大ドジを踏んで疲れている。
このブログ上でもよくアルファベットの並びを間違える(平たく言うとスペールを間違えるということだ)
、必ず間違える、というジンクスがあるが、数字の羅列を書き写したりするのも大概間違える。
間違えないでおこうとすればするほど、不思議なくらいに間違えるのだ。

もうこうなったら、なんでかも解らないし、悲しむより笑ってしまうのだ。

困ったもんだ。
因みに、
下ろしたての白い服を着ると必ず、コーヒーのシミだとか醤油のシミだとかを付けてしまうのは、いったいどういう訳なんだろう。

d0101846_06242433.png




今更、初音ミク、いや今さらなのか今まさに、なのか、よくわかんないが、
初音ミクの童謡がよいのであるよ。
変に感情がこもってないのがいい。なにせ、お風呂が沸きました的なものらしいので。

蜜柑の花咲く頃
セーラー服と機関銃
ブルーライトヨコハマ

といったところがよかったかな。

平山三紀の真夏の出来事は平山三紀に軍配。




[PR]
6月20日 火曜 曇り 旧暦 5月26日
d0101846_06081012.jpg
去年もやっていたが、芥子の花がもう直ぐ終わりなので、咲きたてを摘んでこんなことして遊んで、朝から調子いいようだが、疲れている。

ぼんやり度も忍び寄ってるようで、先日、ATMでお金を引き出した後、信じられないことに、キャッシュカードを置き忘れた。
全く気付かず、ピーピーピーと鳴る警告音も耳に入らなかった。

場所はショッピングモールのATMコーナー。
横に休憩所のようなソファーが置いてあるのでそこでバッグの中を整頓して、この間30秒くらいかな、その後ATMの前を通り過ぎた辺りで、若い赤ん坊を抱いた女の方に呼び止められて、キャッシュカード、忘れてませんかと差し出された。

えええっ、まさかまさか、と老眼の目をこすって名義を見ると確かに自分のものである。
舞い上がってしまって、とにかくその親切な可愛らしい若奥さんに超ド級に感謝のありがとうを伝えたのだ。

舞い上がって、状況を尋ねるのを忘れてしまったのが悔やまれるのだが、
なんだか、タイムラグがあるのである。
その奥さんが自分の後ろに並んでいて、ATMの前に立ったらピーピーと鳴っていたのだろうか、自分の用事を済ませたあと、人のカードを持って、持ち主を探しにうろうろしてたんだろうか?
それとも自分の用事を投げ打って私を追いかけてくれたんだろうか。

うーむ、自分だったら、他人のキャッシュカードに手を触れるのは、憚られる。
どんな災難が降りかかるかわからない。
まず、見渡して忘れ主が居なかったら、ボタンを押して係員に委ねる。

あの若い親切な奥さんは、若くて純粋なのだ。
私などはもう古狸で垢にまみれているのだ。

けれど、世の中には親切な方がいっぱいいる。
私はそういう人に当たっている。
世の中は悪い人ばっかりとは、とても思えないのだ。

渡る世間は鬼ばかりと脅かされていたが、そうではなかったのである。
以前も財布を落とした事があって、中に電話番号を記したものがあったらしく、電話をしてくれて、近所の商店街だったけれども、そこで待っていてくださった方もあったのだ。
不器用なタチで、咄嗟のことに、なんの物質的なお礼もしていないことが悔やまれる。

だから、できる限り、自分も人に親切をお返ししたい、そう思っておる。






[PR]
6月19日 月曜 晴れ 旧暦 5月25日
d0101846_07330108.jpg
もう19日なのだ。
何かと疲れる月曜日なり。

昨日は朴葉寿司なるものを作ってみた。

産直で生の朴葉がこの頃置いてあって、何にするのだろうと思っていたら、朴葉寿司なるものを拵える為と知る。

好奇心旺盛なじぶんは、さっそく作ってみたよ。

ネットがあるおかげで、こういうのの作り方もすぐわかる。
ネットがなかった頃なら、その気になって本屋や図書館に行かない限りレシピまでは分からなかったろう。 有難いことだ。 それがどーした、ってことでもあるが、、。

包み方が意外や難しい。四角く包むのは難しいので、柏餅ふうにして、一晩冷蔵庫に。

田植えの時のお弁当なんだろうな。
野山で食べたらさぞかし美味しかろう。

たまたま、魚屋で鰻があったので鰻にしたが、鱒の甘酢味のものなどを入れるそうだ。
鰻が足りなかったので、半分は鯖缶の甘辛煮にした。

先ほど頂いてみたがおいしいおいしい。
すし飯の味付けはもう少し濃くしたほうがよかろう。というのが反省点。



[PR]
6月18日 日曜 曇り 旧暦 5月24日
d0101846_07310131.jpg
外に出たら、雨が降る前の土の匂いがした。
やっと雨が降る。
雨雲は今はまだ南の海にいるが、今夜は雨マークが出ていた。

自分へのご褒美にラピスラズリを買った。
ラピスラズリ 瑠璃とも言う。
瑠璃という言葉に昔から惹かれていたっけ。
ルリ子さんって名前にも憧れた。

この前普段行かないショッピングモールに行った時、ふと天然石の店に入って、その時は水晶のカケラとか見ていて、なんだか、そっち系ぽいよな、と自分を笑っていた。

家に帰ってから、その店にあった2センチ玉くらいの水晶のブレスレットが気になったが、いや、この際、ラピスラズリが欲しいと思ったのだ。
で、しばらくラピスラズリのことを考えていたら、何ヶ月も行っていないデパートの催しでまた石やが出ていた。
こういうのは巡り合わせとしか思えない。
ラピスラズリを持ちなさい、というお告げのような気がしたのだ。

ラピスラズリのパワーを調べてみると、これまた今の自分にぴったりな事柄。

邪気を退け、
怒りや危険を回避してくれて、
心にある誤った考え方を正して、
魂を磨くサポートをしてくれる、

なぁんてことが書いてある。
他の石のパワーも調べて見たが、どれもピンと来るものはなく、これが一番ぴったりなのだ。
お告げでしょうね。なむ。

[PR]
6月17日 土曜 晴れ 旧暦 5月23日
d0101846_07214098.jpg
何年前だか、まごっちが、まだ保育園に行っていた頃のような記憶だが、mさんに頂いた枇杷の木が今年、鈴なりに実を付けた。
去年は初なりで、実はそこそこ大きかったが、今年は小粒で、食べるのがたいへん。

写真は、全体の5パーセントくらいだろう。
まだまだ、食べきれないくらい成っている。
木の高さは3~4メーター。

大豊作である。

これから烏やら雀やらとの争いである。

d0101846_07321230.png
ぢぃは子猫の開拓した寝場所を奪った。
まだまだ元気かな。





2009年だった。ということは、、、八年め?

激ウマ巨大枇杷って書いてあるね。
激ウマだけど巨大ではないのはなんとか巨大に育つように改善したいね。



[PR]