<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

6月30日 金曜 雨 旧暦 閏5月7日
d0101846_05532927.jpg
d0101846_05560877.jpg
おやや、6月も今日で終わり。

ぢろりちゃんはすっかり此処の場所がお気に入り。
タオル入れだったんですけどね⋯

いいでしょう、こんなふうに過ぎていくのなら。

ねこ仲間とは一線を画して、我が道を行く的。

33ちゃんも、そういう気配を察するのかぢろりには近寄らない。

12年前は、若いねこだったのだが。




[PR]
6月29日 木曜 曇り 旧暦 閏5月6日
d0101846_07041250.jpg
昨日は電車に二時間乗ったので、かなり疲れている。
これの原因は、クーラーの効き過ぎであるよ。
クーラー、寒過ぎるよ、jr西日本。
jr東日本は、もう少し効いてもいいんでないか、というくらい効いていないし。
と言ってもね、誰も寒そうにしてないのよ。
かなーり防寒服を持参してたんだよ。ユニクロのダウンまで持って乗ったのさ。ぷ。

誰も寒そうにしてないのに自分だけが寒くて震えている。
どうも、この惑星はじぶんには合わないのだとオモウ。

車窓の外の景色には白い樹の花がたくさん咲いていた。
多分、ネズミモチの樹だろう。
親が倒れて入院したのがちょうど今頃であった。こういう白い花が咲いていた。

d0101846_07171985.jpg
山を削っている掘削現場なんかも見逃さないぞ。
すごいね、どんどん削ってる。ピラミッドになってるじゃないか。
ここら辺はセメント工場がある所。


洋裁のあまりギレを寄せ集めて袋を作ってみました。
口元の飾りに、以前に作ったフェルトの花をくっ付けてみました。
サイドが切りっぱなしだったり、リボンがつけてあったりするところがポイントです。

[PR]
6月28日 水曜 雨 旧暦 閏 5月5日
d0101846_04564696.jpg
d0101846_04565903.jpg
ううむ、おまえはシャム猫系だったのね。
まあるいふわふわの猫ではなかったんね。
目つきも鋭いではないか。手も足も長すぎるゾ。
鞄の上で寝るなよ。

毎日、相撲取りの稽古場のようである。
くろり師匠が、ばったばったと投げ飛ばす。
果敢に挑戦して食い下がるみみちゃん、そんな構図。



朝からシトシトした雨が降っている。

二階の物干しに出て、朝のコーヒーを飲んだ。
自分ではふつーのことだが、こういうこと誰もやらないみたい。
朝の5時前から雨の中物干しの椅子に座って、確かにちと変なのだろう。

こういうことをすると、親に叱られた。
だから、今でも、こういうことしちゃいけないんだという微かな罪悪感も残っているのだ。

じぶんって、やっぱり、変なのだろうか、と おもう。
じぶんではまともなつもりでいるけども、周りから見ると、アブナイヒトだったりするのだろうか。

昨日、引き出しの中の古い写真を見ていて思ったが、友達何人かと写ってる写真など見ると、こりゃぁなんだか浮いているよなと思ったのだ。
バランスが違うのだ、AちゃんともBちゃんともCちゃんとも。
見た目もへんだったのだ (爆

うーむ、無事に終了するのだろうか、このジンセイ。


d0101846_05190581.jpg


ベランダをリフォームしたい希望が湧く。
木製の板にして、半外暮らし、というのはどうだろう。
夜、寝転がって、星を眺める。いいなぁ。ついでにベッドも置いて。萱なんか吊ったりして。
その前に屋根を張り替えなきゃいけない? ⋯となると、おおごとなのだよ⋯⋯

今、思いついたが、ここを金網で囲って、猫の部屋にするってのどお?
小鳥小屋にするのも素敵かも〜






[PR]
6月27日 火曜 曇り 旧暦 閏5月4日
d0101846_07322505.jpg
ユスラウメを氷砂糖にまぶしておいたら、シロップになって、ソーダ水で割ってみたら、これが美味しい。
もっと作っておけばよかった、が、砂糖の量を考えるとジャム瓶一個でちょうどいいだろう。

庭の金魚池に毎夜、何かが現れて、荒らしていく。
どうも現場検証の様子では、四つ足ではなく、足のない輩の仕業ではないかと推察出来る。
でもあれって夜行性だったっけ。

蒸し暑い日が続く。
この時期らしい納得のいく気候だけど、ジメジメするね。

今日は新しいエアコンが届くのだ。
長い間エアコンなど不要だったが、寄る年並みに、40度近い気温は耐えられず、最近はエアコンの性能も大いに上がり電気代もそう掛からないので、今のうちに買っておく事にした。

d0101846_07454899.png
月が明けたら生活変えよう。
長いこと絵もサボっている。 昔描いたフェイジョアの花。
この花は蜜が美味しいらしくヒヨドリが盛んに突きにくる。

庭では泰山木の大きな花も咲き出した。




[PR]
6月26日 月曜 晴れかな曇りかな 旧暦 閏5月3日
d0101846_06434608.jpg
寝過ぎてしまったのか、頭がふやけている。

ちょっと後にしよう。


※ ※

ようやく起きて3時間くらい経ったかな。

今日は書きたいことがあるが、難しい。
多分、寝言的になると思うがご勘弁を。

この前「この地球に山や森は存在しなかった」という動画を紹介したが、
その続きみたいな 「この地球に海は存在しなかった」 というのが出ていて、
これがまた、興味深いのだ。

※この話の前に言っておくが、これは、大昔に今とは違う文明が存在していた、ということを踏まえて、ということでないと、きっと理解できないと思う。

ここから寝言に近くなるが、

今人間やその他のもの、炭素で出来ているが、神が人間を作ったとしたらば、炭素で作るはずがない、と、この人は言うのである。

今地球上で一番多いのは炭素だそうだが、二番目は珪素なんだそうだ。
珪素って何かというと、シリコンとも言われて、水晶だとかも仲間なんだとか。。
それで、半導体に使われているらしいのね。

地殻の下の方にはペリドットが詰まっている、という説もあった。
それもシリコンなのかどうかは⋯⋯シリマセンが、、

でね、この人の言うには、元々は樹も人もシリコンで出来ていたと。
それが、半導体に使えるシリコンを求めて掘削にやってきた何者かによって、この地球は掘り尽くされ、
そして、二酸化珪素からシリコンを精製する過程で大量の水を必要とするようになり、
その頃、地球には海はなかった。上空に氷の層で覆われ、地殻の中に水があった。

その水をどうやって持ってきたのかはシラネドモ、(高等な科学者集団だったと思ってくだされ)
そして、そのシリコンの製造過程で(この辺省略)、副産物として、原油ができたのだ、って言ってる訳よ。
原油が出来た過程をこれ程納得がいったのは初めてなんだけど。

それで、どうして海になったかという説明は、やっぱり大洪水なんだろうね。
想像では、もともと世界を創った創造主が怒ったんだろうね。

ほんとは我々もシリコンで出来ていて病気にもならず、寿命ももっと長かったのだろう。
我々を炭素に変えた何者かがいる、
そーいうことになりますか。

炭素の原子番号は6。
6つの陽子と、6つの中性子、6つの電子 と言うことラシイ。
これが悪魔の666の所以だというのよ。

詳しく知りたい方は動画を見ていただくといいんだけども、長いからね。

https://m.youtube.com/watch?v=lLbBTVgSWqI






インドダンスどう?
これが大好きでね^^、出来ることならインドダンスのヒロインになってみたいよ。

さぁみなさん、ご一緒に。 月曜朝には適してないかもだけど⋯

https://m.youtube.com/watch?v=Rdj5cIbGftU


[PR]
6月25日 日曜 曇り 旧暦 閏5月2日
d0101846_07321391.jpg
もう何年振りだろう。 地震が揺れたなんて。 午前7時頃揺れた。
長野南部が震源で震度5強だとか言われているが、そんなには揺れてない。
体感的には震度2くらい。

震源地って御嶽の辺りだろうか。
御嶽を頂点にして地図上で富士山と伊吹山を底辺とする二等辺三角形が描けるのだが、
それがどーした。

伊勢二見ヶ浦から南に伸ばしたラインと那覇から東に伸ばしたラインの交差する所に、ムーの大神殿があったとか。
そして、伊勢から白山を結ぶライン上にじぶんちがあるんだけど、それもどーしたそれが、という話ではある。
なんだか要所が繋がったライン状にいるなとは思ったが、ムー大陸とも繋がっていたとは。

そうそう、しばらく忘れていたが、あの西ノ島、まだまだ成長しているそうだ。
これは吉報ではないか。
もしかして、ここから大陸になっていくのかもしれない。

信憑性は如何なものかだが、山口県の近辺の日本海ですごい油田が見つかったとか、はどうなんだろ。
レアメタルだとかも海底にいっぱい小石のように落ちているというか、並んでいるというか、そういう動画も見たけど、本当なら、もっと大々的に報道して、みんなの気持ちを明るくしてほしいよね。
なんで暗いニュースばっかり流すのかね (って理由は知ってるけど教えてあげない)。

画像は昨日のおやつ。
水無月をいただきました。
五建のういろの水無月とはやっぱり違うのよね。
氷室に保存してある氷に似せてあるのだとか。






[PR]
6月24日 土曜 曇り 旧暦 閏5月1日
d0101846_07030828.jpg
えっ、また閏月なの?
三年に一度くらいって書いてあるけど、ついこの前も閏月だった気がしたが⋯
自分のブログで調べてみると、やっぱり三年前の10月か11月のあたりだった。
月日の流れが猛スピードである。
閏月のことは難し過ぎて理解できない。 とにかく今日は新月だね。


2012年12月21日のマヤ暦の終わり、というので地球滅亡が一部では騒がれていたけど、あの頃は、AB内閣誕生に怒ってたくらいで、何もそういう事に興味がなかったのだが、

今、また、なんだかそういうふうな雰囲気が漂ってきてる気がしない?

結局お遊びなんだけどね、、 (そういうふうに捉えておく方がいいなって)

ほら、惑星ニビルが南極にぶつかるかもしれないとか、今年の10月に。
ちょうど、うちはお誕生日シーズンで、亭主と息子の誕生日の間くらいだわ。あはは。

デマだとしてしまうには、南極の様子がちいっとばかりおかしいではないか。
要人が頻繁に南極に行っている、ってのは事実らしいからね。

そういうことと並行して、よくわかんないアセンション騒動ってのもあるわけよ。
次元が上昇するとかね。

宇宙からエネルギーが降り注いできて、人のDNAが進化するとか⋯

これも現実に太陽の活動がおかしいらしいし。

そして、究極は地球が二つに分かれて行く、っていうはなし。
これは物質的に二つに割れるという事じゃなくて、どうも異次元に、ということらしいのだが。。

自分自身はこういう話がすごく好きで、もし本当だったらいいなと思っているのだけど、
冷静に考えると、人前で話せる事じゃないよね。 って、、こんなとこで話してるけど。

まもなく何かが起きる っていう動画があってね、いったいこれはどういうことを言わんとしているのか、ぢ~っと探っているわけよ。
誰もが目撃せずにおれない超自然現象がまもなく起こるって、
いったい何が。
ポジティブなことだと書いてあるのを信じて、なんだか楽しみで仕様がない。









[PR]
6月23日 金曜 晴れ 旧暦 5月29日
d0101846_06352414.jpg
金曜日だった。
今日は確か、缶を捨てる日だ。
ゴミを捨てるとスッキリする。ゴミを溜め込む人は便秘症に違いない。うむ。


最近、スピリチュアル系の話を読むのが(聴くのが)好みなのだが、世の中の不思議系を全否定するには、自分が、体験したアレはいったいなんだったの、となると、やっぱり何かあるよね、となる。
みなさん、何か今まで不思議だな、なんだろうこれ、っていう経験されたことないかな。

先日もご近所の家の前を通っていて、ちょっと前に自分と同年代の奥さんが亡くなったおうちなのだが、御主人はどうなさっておられるだろうな、と思っていたら、その後、亡くなりましたというお触れが回って来た。

どうも人が亡くなった時に妙な事が起きる。
例えば、これは近しい身内が亡くなった時だが、落ちるはずのない物がいきなり棚から落ちて来たり、風呂場のタイルが剥がれかけたり、

一番すごいのは、子供の友達が事故で亡くなったのだが、電話が掛かってきた。
(まだ携帯電話の普及する前のことだ)
確かに鳴ったのだ電話が。
でも、なんだかレイヤーが掛かったような音で、出るとすぐに切れてしまった。
なんとなく、変な予感がしてその時間を覚えておいたら、やっぱりその時間に亡くなっていた。
こういうの並行世界から掛かってきたのかな。

死んだ後魂になって何処でも浮遊できるって言われている。
私はマチュピチュの辺りに行ってみたいと思っている。

長い間、死んだらそれでお終いと思って生きていたが、最近、それはやっぱり違うみたいぞ、と思えてくるのだ。

そして、死んだらお終いと思っているときは、なんだか心がガサガサしたが、体と魂は別もんだと考えるととても穏やかにいられるのだよ。


d0101846_06350682.jpg
33ちゃん、顔とんがってきたよ。

d0101846_06345252.jpg
なかよくお昼寝。




[PR]
6月22日 木曜 曇り 旧暦 5月28日
d0101846_07150146.jpg
重曹やクエン酸はなんとなく家に置いてある。
実は使い方をしっかり把握しないまま使っていた。

重曹は重宝していて、台所で掃除するときや、食器洗いにも床掃除なんかにも、そして、歯磨き粉は泡立って気味が悪いので、重曹に変えてからもう5年くらい経つ。

クエン酸とどう併用して使うかが分からなかったのだが、
このステンレスの食器を磨く時、二つ混ぜてやってみたらば、表面に付いていたくすみがつるりと取れたのだ。
同じくステンレスのボールもピカピカになった。
(相当こびりついていたので多少こすったけどね)

そーなのだ、こういうふうに使うのだ、と、今更ながら気がつき、遅い遅いと野次が飛んできそうだ。

セスキ炭酸ソーダは、昨日nonohanaさんのコメントにも書いていただいている。
これ、ついこの前、クエン酸と間違えて買ってしまったのだ。
どーいうものか、全く把握していなかった。
そうなのだ、服のシミにもいいのか。

だいたいが、裏っかわの取説など読まないものでいけない。

この際、しっかり、どういうふうに使えばいいのかお勉強しよう。

この三つ、どれも安価である。
そして、山ほどある大メーカーの洗剤より遥かによく落ちる。
そして、安全である。手荒れもない。
コマーシャルに吊られるは愚である。

店の方、(いや、大洗剤メーカー)も、こういうのに皆んなが気が付いてしまうと、売り上げが落ちるので、そっと見つかり難い場所に置いてある。
棚の一番上の隅とかね。
そーいうものよ。儲けを狙う人の都合で世の中は動いている。






More重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ の比較
[PR]
6月21日 水曜 雨 旧暦 5月27日
d0101846_06130410.png
やっと降った。
降ったとなると大雨が近づいているらしくWi-Fiが途切れたりしている。
とにもかくも、家庭菜園のトマトやその他の諸々に恵みの雨が降ってよかったよかった。

さて、また大ドジを踏んで疲れている。
このブログ上でもよくアルファベットの並びを間違える(平たく言うとスペールを間違えるということだ)
、必ず間違える、というジンクスがあるが、数字の羅列を書き写したりするのも大概間違える。
間違えないでおこうとすればするほど、不思議なくらいに間違えるのだ。

もうこうなったら、なんでかも解らないし、悲しむより笑ってしまうのだ。

困ったもんだ。
因みに、
下ろしたての白い服を着ると必ず、コーヒーのシミだとか醤油のシミだとかを付けてしまうのは、いったいどういう訳なんだろう。

d0101846_06242433.png




今更、初音ミク、いや今さらなのか今まさに、なのか、よくわかんないが、
初音ミクの童謡がよいのであるよ。
変に感情がこもってないのがいい。なにせ、お風呂が沸きました的なものらしいので。

蜜柑の花咲く頃
セーラー服と機関銃
ブルーライトヨコハマ

といったところがよかったかな。

平山三紀の真夏の出来事は平山三紀に軍配。




[PR]