<   2017年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

7月31日 月曜 晴れ 旧暦 6月9日
d0101846_09232311.jpg
やれやれ、すっかり寝坊をしてしまった。
時々夜中に目が覚めてしまって、起きて、、そのうち眠ってしまうというパターンがあるので悪しからず。

起きてみたらば久しぶりの晴天でうれし。布団も干したい。ゴミも捨てた。


しゃて、このの前樹海をさまよって型紙を取っていたのは長袖のシャツで、これとは違うの。
樹海シャツはただいま製作中。大川さんの本ね。


これはね、型紙を買いました。
だから、樹海をさまよわなくてもいいのだ。

型紙は最近お気に入りのWILDBERRY さんちの型紙ね。
「バックシャンなブラウス」ってのが可愛いではないかと買ってみた。

写真の左側後ろね。ふわっと後ろ首の下からタックが広がる感じ。
右側の写真が前で、着丈が後ろの方が長くなるようになっている。

取り敢えず手持ちの布で作ってみた。
麻なので今一つパターンの良さが表現しきれてないが、襟ぐりのバイヤスぐるみが、上手く出来るか心配だったけど、ちゃんと出来た。

丈がもう少し長い方がわたし的には着やすいかなと思っている。
襟ぐりも、絶妙なとこで、開きすぎでもなく、窮屈でもないというふうだった。

ふわっとした薄い生地で何枚も作ってみたい。


客観的に見てこの暑いのによう頑張ってるわたし。
冷房入ってる部屋でじっとしてると冷え込むからね。
今日も、長袖のシャツを完成させるぞ。



d0101846_08362613.jpg

[PR]
7月30日 日曜 曇り 旧暦 6月8日


かんこーというのは「勘考」と書くのだろうか、この辺りの方言で、よく考えること、というような意味だ。
義祖母や、義叔母などがよく使っていた。
かんこーしやあたね、とかいうふうに使う。(よく考えたね)

d0101846_07133295.jpg

さて、その勘考であるが、みてみてちょーね。

外出時の持ち物を二種類に分けることにした。
ひとつは今まで通りの大きな財布に使いにくいけど絶対に犯罪に巻き込まれないリュック。 だって中々財布が取り出せないんだもん。

普段スーパーに行く時は、これにしてみる。

まず、大昔にものすごく気に入って買ったものの使い道がなかったマリークァントの小さなバッグ。
この中にこれだけの物を入れる。
右から、一応エコバッグ。ハンカチ。 スーパーの袋二枚。財布。鍵はちょうど前面に付いてるポケットに収納。

d0101846_07262536.jpg
百均でS字フックというのを見つけたので、このようにして自転車カゴに固定する。
取り外しも簡単に出来る器具でした。
これで、身軽。
何も持たず、ぶら下げず、背負う事もない。

で、心配でしょう、自転車カゴにこういうのむき出しで入れてるのって。

d0101846_07284721.jpg
そこで、

こうくるわけよ。
自転車前カゴカバーを作ったの。

これだけだと、ふつーよね。

d0101846_07300412.jpg
このカバーは、なんとエコバッグにもなるのでした〜〜

気が焦って作ったので、布地が柔らか過ぎで、この形のバッグにしてはヘナヘナ過ぎるが、これで、買い物した後、エコバッグとしても使用できるなんて勘考でしょう?

持ち手は短めに。自転車のタイヤに絡まるとあぶないからね。

自転車カゴの円周とエコバッグの口の長さを合わせて、底をトートバッグふうに折り込むと丁度自転車カゴにすっぽりかぶさるふうに出来た。



あはは、もうこういうの考えて作るって程ご機嫌なことないよね。



[PR]
7月29日 土曜 曇り
d0101846_06181222.jpg

ほらね、梅雨明けなんてなかったジメジメ天気、続く 続く。


軽量化を目指すワタクシ、近ごろ、この財布どうよ、こんな大きな財布持ち歩いてアホちゃうのんか、という思いに駆られている。

それに、この日常使ってるリュックの使い勝手が悪く焦れている。

私は出かけるたびにバッグを変えて中身を入れ替えるなんてことができないヒトで、とにかく一つのバッグに日常要るものを全部詰め込んでいて、
これ一つ持って出れば、忘れ物は無いというふうにはなっているのだが、

コンビニに行く時もこんなの背負ってアホみたいである。
かと言って、財布だけ持って出かけると、その後財布をバッグに仕舞い忘れてしまう恐れもある。

私は主に自転車で移動するので、リュックは大変便利ではある。
前は斜め掛けショルダーだった。
これは少々肩こりがするのと、姿勢が前屈みになってよくない、というのでリュックにしてみた。

その前はウエストポーチを永く使っていた。

またウエストポーチに戻るか、軽いリュックを買うか、まだ結論は出ていないのだ。

それぞれに一長一短があるからね。

それで、財布だが、百均でこんな袋を買ってみたので試しにこれを財布にしたらどうなるか、試してみる。

もうホントに財布の中に落としてはいけないカード類がわんさか入っている、こういう生活を改めてシンプルに身軽になりたいのだ。







[PR]
7月28日 金曜 曇り 旧暦 6月6日
d0101846_07171069.jpg
はてさて、今日も著しく目蓋が垂れ下がる気候で、よっこらしょな気分。

金曜日ですよ、忘れたらあかん、燃えないゴミの日や。

もう、亭主に丸投げして車で捨ててくるよう頼んだから安心。

この方、創造的なことはまるきしだめだが、決められたことをその通りにするというのは間違いがないのである。
私のように あ、忘れてしもうた、ということはないのである。

ウソかホントか知らねども、昔金星人と火星人は大変仲がわるかったんだと。
ある時大げんかになって、それのとばっちりで惑星が一個吹き飛んだのだと。
これに怒った大名主が、罰として、
地球に金星人の女を送り込んだ、それがイブで、火星人の男がアダムであると。

仲の悪い同士が、折合っていかんことには、子孫が残せんという大変な罰ゲームの中に我々は右往左往しているのだと言う。

創造話としても、面白いではないかいな、と、思うておる。

たいへんなことですよ、まったく。
不快指数も高い今日この頃、外には窺い知れずだが屋根の下ではバトルが勃発してるに違いないとミル。


話がすっかり横道に入ってしまったが、昨日は樹海をさまよって型紙を取る。
孫っち達のお昼ご飯を食べさせて、それで終了な1日でした。

d0101846_07372026.jpg

型紙を切った残りの紙をクシャクシャにして上げたら、大暴れ大ハッスルの33ちゃん。
猫の子も人間の子も遊ぶべき時に遊んでおかないとね。

d0101846_07324426.jpg
猫は持続力がない。
大暴れした後はバタッと倒れる。

d0101846_07334389.jpg
クークーと寝る。


d0101846_07341380.jpg
洋裁をしている手元を真剣な眼差しで見つめる。

人間の娘だったら、見て覚えたこになっていただろうね。




[PR]
7月27日 木曜 曇りだったり雨だったり 旧暦 6月5日
d0101846_07041158.jpg
ったく、食もほそる今日この頃でごぜえます 、ってとこですかね。

私はね、竹輪が大好きなんですよ。
煮物にも入れたいし、
炊き込みご飯なんかにも入れたい。
キャベツと竹輪を炒めて甘辛醤油で絡めるなんて料理も好きだし、
もやしと竹輪のポン酢和えなんてのも食べたい。

んがっ、亭主というのかツレというのか、同居人のおっさんというのか、
が、
竹輪が嫌いなんです。。

きらいや、きらいや、いうもんやから、どうしても遠慮して竹輪料理は出さないようにしてますし、五目ご飯にもホントは入れたいけど、入れないのです。

しかし、これってえらい理不尽な仕打ちやと思いません?
なんで、自分で料理するのに、自分の好きな物が食べられへんの。

嫌いや言う人の人権は守られて、好きや言う人の人権は無視されている。

自分の分だけ作らはったらよろしいいやん、と言うご意見もおありでしょうが、いくつもいくつもおかずを作るが邪魔くさい。

嫌いやいうならその気持ち、ずっと貫いたらまだ許せるのだけども、
この方、テレビで、鯖が体にいい、とか、サーモンが体に宜しいと絶賛されたりすると、もう途端に、昨日までの鯖嫌い、サーモン嫌いをあっという間に宗旨替えしてしもうて、鯖や、サーモンやのお祭り騒ぎ。

どっかのテレビ局で竹輪は体に良いと言っていただけませんでしょうかねぇ。





[PR]
7月26日 水曜 曇り 旧暦 6月4日
d0101846_07340993.jpg
とんでもなく悪天候が続いています。
一体どうなっていると天気図を調べると梅雨前線が横たわっていて、極め付けに台風がいるのですね。
それも複数。太平洋上に8つもある前代未聞の天気だとか?

そんな中、クレイジィなことに連休明けからパンツを五本とブラウス一枚制作。
めちゃめちゃエンジン掛かってる。

d0101846_07441724.jpg
服を作る時、生地がどれだけいるのか、というのは問題である。
洋裁本に載ってる通りに都合よく170センチ幅で気に入った布が見つかるとは限らない。
いかに臨機応変に対応して、無駄なく生地を使えるか、ということも課題になってくる。
110センチ幅はだいたい何がどのくらいいるのか把握出来ているが、W幅の布がまだ把握出来ていない。
上の裁断図など、究極ギリギリであって、しかし110センチ布を買っただけで済んだ。

d0101846_07432944.jpg
以下、記録を共有するが、
こちらは、ズボン一本作るつもりで買いに行ったら、生地屋のおじさん太いズボンだとw幅でも丈分いるというので2m20買ったらロールの最後で1m20分をオマケプラスアルファの値段で買えた。
合計3m40だったのだが、なんとパンツが3枚分取れた。幅は150センチである。

d0101846_07553296.jpg
これが、出来上がって履いたところね。
一番上の写真の型紙と同じで、たっぷり余裕のある太さで足首の辺りはしまっている。

d0101846_07435713.jpg
これは、この前床で広げてたコーディネート写真に載ってるストライプのシャツ。
150センチ幅を80センチ買って、見返し分がまともに取れず、横切れを使用。
ポケットの分も入れて100センチはあったほうが余裕はあるということだ。



ぷっくりパンツ と ゆったりパンツ は 月居良子さんの「着心地らくちん おしゃれ服」
という本の型紙から。
ぷっくりパンツは型紙通りだと丈が短いが、くるぶし丈に変更している。






[PR]
7月25日 火曜 雨や曇り 旧暦 6月3日


まぶたの垂れ下がってくるような天気。
雨雲、北のほうに通過中。
d0101846_06205338.jpg



今年もカリモリを漬けることにした。
梅干しは三年前に漬けたのがまだある。
カリモリ漬けも保存が効くので非常事態用保存食と考えれば、大変有効な食品。
冬まで待てば奈良漬けになる。
と言っても美味しいもので、夏いっぱいで浅漬けのまま食べきってしまうのだけどね。

7月23日夜に
カリモリ8個、半分に切り、種を丁寧に取り除き、
凹んだ部分に塩をたっぷり入れる。
8個でどんぶり鉢いっぱいくらいの塩がいったので、びっくりな塩分だが、ここで塩をケチっては失敗する。
キツイ塩分で瓜をカリカリにしないことには、不味いのである。
塩分はその後ぢわりと塩抜きしていく。

カリモリ8個で5キロくらいだそうだ。中身だけだと4キロくらいだという目安。



d0101846_06210820.jpg
7月25日朝、
できる限りの重石を掛けて、水分がこれだけ出た。
明日朝まで、重石を乗せてこのまま待とう。

練り粕も購入済み。
芳醇な香りのいい粕だ。
お値段少々高い。3・5キロで1400円。カリモリは一個100円くらい。

8個では足りないのだけど、この容器、8個分くらいが精一杯なので、また第二弾ということで数を増やしていこう。

メモ: 去年黒瓜というのでも漬けてみたが、カリカリ感足らずで×



追記


今回2日目で、一度引き上げ、二度漬けというのをしてみる。
上がった水を捨て、もう一度並べて(塩は入れず)重石をしておく。
1日経って、心配したが水は徐々に上がってきている。

塩抜きが多少できるのでないかと期待しての作業。


追記

7月28日
二度漬けも水が上がって来たので、早いかなと危惧しつつも、三時間ほど干して、去年の粕の中に漬け込む。
ここで塩抜きをして、本漬けに入るつもり。

連日高温多湿。


d0101846_11310394.jpg
粕の中に去年の秋に漬けたハヤトウリが残っていた。
こちら、塩分が未だまだキツイ。お茶漬けのお供にはよし。




[PR]

7月24日 月曜 曇り 旧暦6月2日
d0101846_05593640.jpg
夏の普段着は、洗いざらしたものの方がいい。

冷房無し生活に切り替えようとしたが、本日またすごい湿気で、やっぱり除湿。
この除湿というのが曲者で、冷房より冷え込むのよね。

夏は1日三枚は服を着替えるので、身近にまとめて置いておく。
どういうものに手が出るかというと、着て涼しいものに手が出るね。
水分をすーっと吸い込んでくれるのがいい。
これもみな自作の服だが、一番上のなんか、もう7年も前に作っている。
一度捨てようとしたのだけど、やはり残して置いたのだ。
こういうの着始めると、もうTシャツなど暑くて着られなくなる。





[PR]
7月23日 日曜 曇り 旧暦 閏6月1日
d0101846_06170434.jpg
西の方に黒い雨雲の壁が立ちはだかっていたが、雨は北のほうで降っているようだ。
ということで今日も蒸し暑い。

すっかり冷房病になってしまった。
エアコンを新しくして、気持ちよく冷えるので油断した。
この一週間で3回もおなかイタを起こしている。
膝もなんだか具合が悪いので、今朝からサポーターを巻いている始末。
暑いけれど楽になった。
どうも内臓が完全に冷え切っているようす。 あかん⋯
きつく冷房の効いた所に入ると一瞬でイタタタとお腹が痛くなる。

運動不足もあるかと、少し歩いてみた。
生姜で作った冷やし飴のようなのののお湯割りなんかをのんだりして、お腹は温まったが、砂糖って体を冷やすというよね。

もう例年であるが、梅雨が明けたと言ってもグズグズの天気が続くのはいつものこと。
あと二週間夏を頑張って乗り切って、立秋を待とう。



冬に撮り貯めた氷写真を氷室から引っ張り出す。
氷や霜はたくさんストックがある。
冬は氷写真で随分遊んだからね。






[PR]
7月22日 土曜 晴れ 旧暦 閏5月29日
d0101846_06044877.jpg
今日の気温はどうだろうね。
今のところ当地では気温はそこそこ。湿度さえなければやり過ごせる。

床に広げて撮るコーディネート写真を撮ってみたよ。
雑誌などで見かけるこういう写真、いつも素敵だなと眺めている。
やっぱり実際やってみると、想像通り体力仕事だ。
上手くまとめるには法則がある筈と、参考写真を参考にあれこれ並べてみる。

まずは場所の問題。
光の当たり方が均一でない。それに、これは食卓の椅子の上に乗って撮ったが、
出来ればハシゴに乗って撮ると真上から見下ろしたふうに撮れるやないか。
こういうのって撮影スタジオがいるのぅ。
いると言っても無いしね。ぷ。
写真撮影する時の白いロールの紙の上なんかで並べるとそれなりになるかしら。

ということで、肝心の内容ですが、
トップスがこの前の生地のグレーのストライプ。
身幅が広いので涼しいです。
パンツは、最新のは色が少しグレーなので上とのコントラストが悪いので、ここは白いパンツを合わせました。

上も下も服の中で体が泳いでいるふうで涼しく着られます。

連れが、服は夏は夏の服を着るのに、靴は一年中同じだ、と言うので、前からコレなら足痛くなく歩けるんでないかと思いつつ買っていなかったビルケン シュトック を買ってみました。
この前靴を買ったの三年前よ。
楽だわ〜、何がいいって出掛けるときに紐を結ばなくっていいってことね。

d0101846_06050331.jpg
左下の履物は現在使ってるの室内履き。ニトリのゴム草履なんだけど、これが履きやすいの。値段も300円くらいよ。
前にビルケンの偽物のような上履きを買ったら、底が固くて、魚の目が出来てしまって痛恨。室内履き大事。





[PR]