10月12日 木曜 晴れ 旧暦 8月23日
d0101846_13021017.jpg
茶色の服縫いたいのだけど、ロックミシンに黒い糸が掛かっているうちに、黒のタートルネックの服を縫っちゃおう、ということで縫いました。

この前カーキ色で縫ってたワイルドベリーの型紙をすそ幅10センチずつ伸ばしてAラインにして丈も4センチ伸ばしました。生地が余り布なので長袖にはならず半袖としました。 型紙のオリジナルは脇から真っ直ぐ下がっていますが、裾をAラインにしたので、経年使用の腹部ごじゃごじゃが隠れて安心。

こういう生地は天竺というのでしょうか。切りっぱなしでもほつけてこないようなので、脇とか肩、エリなどロックミシン省略のキリッパーでいきました。

こういうのは何枚あっても重宝だね。


昨日は当地は30度ありました。暑い暑い。今日もまだ暑さが残ってます。明日から急激に気温低下だそうで体調管理たいへんです。

[PR]
10月11日 水曜 晴れ 旧暦 8月22日
d0101846_07530835.jpg

うちでは今季2度目の花である。
金木犀というのは温度が低くならないと咲かないみたい。
ここ二、三日夏に戻ったような気温で
全部は咲ききらずに散り始めた。
見るとまだ蕾がたくさん付いているので、寒くなるという週末辺りからまた咲くのかもしれない。

この4つに分かれた花の形がなんとも図案的で、今度こそ刺繍の図案にしてみたい。

へそ曲がりなので写真を反転して蒼い金木犀にしてみた。



[PR]
10月10日 火曜 晴れ 旧暦 8月21日
d0101846_06442586.jpg
d0101846_06444382.jpg

ふうっ、、、なかなか大変な日々である。
ため息のひとつも出て当然ということにしておこう。

天気がいいので窓全開で風を通す。

街まで行って神戸の雑貨をみたかったが、まだ足が無理そうなので、
代わりに近くのrrr_materialに行く。
そこでセール品のベーシックな布と、巻きものを見つけた。

フリンジが付いてるからそれ用の布だろうか、でも二枚つなぎ合わせて出来てるのでハギレなんだろうね。値段も格安。

薄茶色の生地はほんとになんということない生地だが、これまた格安。
1メーター250円よ。で、5メーター近くあるん。るんるん。
何を作ろうかな。
この巻きものとの組み合わせもいいと思うんだ。
例のワイルドベリーの型紙でワンピースかな。
もう一枚何か作れそうだ。

[PR]
10月9日 月曜 曇り 旧暦 8月20日

d0101846_20301132.jpg

冬物がどうのこうの言ってたのがアホらしくなる夏日復活。
暖房を冷房に切り替えた。

それでも買い出しドライブの景色は緑がかすれてきて、川の水の色も群青色に変化。

季節なので、一度くらいは家人に栗を食べさせてあげるべく 立派なずっしりと重みのある栗を買った。

昔は栗ごはんを作ったが、皮を剥く時、手を切る恐れがあるので勘弁してもらっている。
ただ茹でて、半分に切ってスプーンでこそげて食べる。

栗のおいしい茹で方、なんてのをググっていると、ただ栗を茹でるだけなのに、いろんなやり方があって、頭がこんがらがったので好きに茹でよう。

あと、蓮根なんかも登場していた。
写ってる長い南瓜は すくな南瓜だろう。ずいぶん小ぶりだけどちょうどいい大きさ。
今季2度目のすくな南瓜。ねとっとしてないところがいい。


休日なのでまったりと映画を観た。
「殿、利息でござる!」というのがなかなかよかったです。
知らない役者さんが多かったが皆 熱演。
仙台藩の財務官僚みたいなのに松田龍作。こういう役もこなせる人なんだ。




[PR]
10月8日 日曜 晴れ 旧暦 8月19日
d0101846_07251498.jpg



天気がすぐれぬ間に月も欠けていきます。
今日はいい天気。 ぐっすり朝まで寝る。夢は見ていたようだが起きるとともに消えた。

毎晩違う世界に行くのだから、寝巻きなんてのもおろそかにせず、もっと楽しいものにしてもいいね。

さて、こんな刺繍をやってるということは、最近目の調子がいいのだろうか。
と、人ごとのようだが、足に気を取られて目の悪いことを忘れている、そんな感じ。

昨日はいちにち、スエットパンツを丸めたものを太腿の裏側に当ててゴリゴリしていたら、随分固まっていた筋肉がほぐれたようであった。
朝起きるとまた半分くらい後退していたので気長にやらねばいかんね。



d0101846_07443961.jpg

くろちゃん、立派な香箱座り。
肥り方が尋常でないレベルみたいで いいのかなぁ。








[PR]
10月7日 土曜 小雨 旧暦 8月18日
d0101846_06452980.jpg
よくなったとはいえ、まだ足を引きずっている。
両足の膝がぴったりくっかない。
そのうち治るさ、と自分は思っているがツレは心配なようだ。

いや、素直に受け取れば人の足を気遣うやさしい人なのだろうが、
まずは、自分のご飯はどうなるのだろう、洗濯はどうなるんだろう、というのが心配なのである。

膝から下が具合悪いのだが、まず、膝から上の大腿部横と裏側を鍛えようと、いろいろやっている。
ここが弱ると腰も悪くなるのだ。
どうにもならなくなれば、誰かがなんとか助けてくれるだろうが、できる限り二人で自力でやっていかないかん。
おまいさんも、もうちょっと自分の食べるものくらい作れる訓練をした方がいいよ、ということで、ちょっとした料理を手ほどきしたが、
この方、料理以前のことでもうアウトなのだ。

包丁を置く時、何度言っても、何度危険だと言い聞かせても、
包丁の柄を調理台からはみ出して置いてしまうのである。
調理場というのは動き回る所、そんな引っかかって落ちるようなふうに刃物を置いたら足の上にブサっと落ちてくるよ、下に猫がいたらどうするの。
縦に置かずに横に置くの。

どんなに指導しても直らないのである。

ここのポイントは、「何度言っても理解できない」ということなのである。

もういい、と。おまえさんは仕事で◯◯さえ作ってるがいい。

もう、包丁は持つな。何か切る時は果物ナイフでお切り。

人を変えようとしても変わらない。変えられるのは方法だけだ。
システムを変える以外にない。

包丁置く場所の付いた お子様用まな板 なんてのがもしかしたらあるかもしれないな。









[PR]
10月6日 金曜 曇り 旧暦 8月17日
d0101846_07014426.png



もうヒートテックだとか毛糸のものなど出さねばいけないような雰囲気です。
毎年この時期、風邪を引きそうになるので用心。
これから先、どんな着るものがあったのかよく思い出せない。
あとで洋裁のカテゴリーを覗いてみよう。

朝起きると猫におはようをいう。
「ぢろちゃんおはよう」と声かけると「んがっ~」と大声で返事が。

行き当たりばったりをやめて、だいたいの道しるべ的な図案を作った。
2015年のマイブックのカバーにしたものと似たタイプだ。
今年、マイブックの他にMD NOTEBOOKという見開きに優れたタイプのと併用したが、日付けが何もないというのも何かしら使いにくく、
やっぱし、新潮社のマイブックかなぁ、と、いうことになった。値段も安価だしね。

そんなことで今年はいち早くブックカバーに取り掛かったりしちゃっていい調子である。






[PR]