1月10日 水曜 晴れ 旧暦 11月24日
d0101846_20535994.jpeg
北側の家の壁に朝日が反射して 北の窓から朱い光が差し込んでくる。
そうそう、この時期の光。

今日は じゃっかん睡眠が乱れた。いつもより起きるのが遅かった。



d0101846_20540941.jpeg

図書館で借りた、この本がよかった。

「猫ヲ読ム」というタイトルで、ハガキくらいの大きさの小さな本。
文筆家・漫画家が綴る、ネコセトラ というふうにまとめてある。
去年の末に出たばかりの本かな。

d0101846_20542522.jpeg

1ページめくるたびにこういう絵と共に二、三行の猫に関する文が紹介されてて、
電車の中やカフェで読むと、つい、ムハハ、だとか、ククククク、とかググっ、とかいうのどで笑う声が出てしまいそうなので注意がいるかも。

猫好きの人にはとても楽しめる本であります。

絵がいいよね。猫のことが大好きな人が描いたことがわかる絵。



:この本からの拾い言葉 (小池真理子)

猫のいる家というのは不思議なことに特有の気配があるものだ。


(その解説として)

家の中のどこかで猫がぐっすりと眠りこけているというだけで
家全体が暖かく、豊かに息づいて感じられる。




1月9日 火曜 曇り 旧暦 11月23日
d0101846_06152624.jpeg

やっと猫が寝た。
って、今、まだ夜明け前なんだけども、猫は朝ご飯を満足すると昼までは静かなのである。
それまでがたいへん。

「いったいどんだけご飯たべるんやぁ〜!!」

という下品な怒号が飛び交う我が家である。
もらえるまで戸棚に手を掛けてガリガリ爪を立てる。

もう根負けして、食べたいだけ食べな、って大量にあげると、案の定お腹をこわしているし。


今週中頃からまた気温が下がってくるようだ。
外の水道管に何か巻きつけておかないといかん。
ムスコんちのも、毎年ついでにやっておくが、あたいが消えた冬は水道管が凍って水が出ないという事態が発生するだろうことを、やつらは知らない。
そういう時は上の方からいひひと笑ってやろう。
一回自分で経験しないことには、人に言われても分からんのである。



d0101846_06290901.jpeg
33ちゃんのまだほんの子猫だった頃の写真。
ちゅーるに必死の形相でかぶりつく33。

ちゅーるって、ここ最近売り出されてヒットしている液体状の猫のオヤツなのだが、どの猫もこれが大好きである。
ぢろりちゃんもこれのおかげで何ヶ月か寿命が伸びたかもしれない。
薬を飲ます時もこれに混ぜてあげるとすんなり食べれる。

この時も爪をしっかり立ててしがみついているが、今はもう危険でこういうあげ方は出来ない。
お皿に絞り出してからあげる。手も血みどろになりそうだし、舐めるなんて生易しい食べ方はしない。アルミ製だかなんだか知らないが袋ごと食べてしまいそうな勢いだ。
(これ、危険だよね。野良猫なんかに袋ごとあげないようにというか、その辺に放置すると危険だよね)

お正月にネズミのお人形のぶら下がった猫の為のおもちゃを買ってあげたが、ものすごくコーフン。
その毛皮で出来た(何の毛皮か知らないが)妙にリアルなネズミ人形を食べてしまいそうな勢いなので、慌てて仕舞い込んだ。
こりゃダメだ…。、





1月8日 月曜 曇り
d0101846_06254722.jpeg
またツレが買い出しドライブに行くと言う。
ええっ、もうええんちゃう?昨日も野菜買ってきたやん。
福引券の抽選がある、と言う。当たるかも知れんから行かねばならんと言う。
人参だって無かったやん、と言う。

ということで、渋々出掛ける。

冬の川はこんな色。
天気が良かったので遠くの雪を被った山々もよく見えた。
d0101846_06315125.jpeg
新年なので前から気になっていた川のそばにある展望台に登ってみた。

白い立派な山は伊吹山である。
お山の向こうは近江の国。手前の山は鈴鹿山系ということになるのかな。

反対の方角には御嶽が見える位置なのだが、ここからは手前の山が邪魔して見えない。

d0101846_06352600.jpeg
こっちの方角はにゃごや方面。ぺたっと真っ平らな土地が広がる。

d0101846_06350836.jpeg
福引場に行くのに道を間違えて犬山城のそばまで行って川を渡る。
お山の隙間から御嶽山が見えた。写真が小さくて見にくいが橋の右手の小山の上に犬山城。
ここは建て替えてない昔ながらの造りのお城。

d0101846_06394413.jpeg
結局また野菜を買ってしまって、1週間5千ガバスで収まるというのは無理になった。

今回の自慢はヤーコンとアピオス。

d0101846_06445507.jpeg
上がヤーコンの皮を剥いたもの。スライスしてポン酢を掛けて食べる。
芋なんだけども梨のような食感でほのかに甘い。
これにはオリゴ糖がたくさん含まれているそうで健康食品みたいね。

下の球根みたいなのがアピオス。
これも畑の鰻と言われるほど栄養価が高いんだって。これは塩茹でしてみた。
ムカゴのような栗のような薩摩芋のような、そんな味。



そして、七草粥の日なので、今晩はお粥、魚屋さんは今日は寄らないよ、って言ってるのに、車はスーッと魚屋に入って行く。
ちょっと、魚屋は寄らないって今言ったでしょうがっ、とまた怒れてくる。

ちっ、一旦駐車場に入ったら、店の人にも見られてて、そのまま出て行くわけにもいかんやろう。
もう正月にさんざん食べたから、魚はもういいって言うのに。ブツブツ。

入ったからには何か買わなきゃで、またマグロを買うと言う。

それで結局、山芋も買っていたので、夕飯は山掛け丼とおでん。ひじきの炊いたん、なんていう、ちっともお腹の休息にならない献立でした。

ずるずる長い記事でした。南無。

なんか、朝から眠いなと思ったら低気圧でしょうか。朝日がないですね。

ぁ、福引は見事にハズレでした。
まだ今日も祝日だったんですね。長いなぁ。正月休み。





1月7日 日曜 晴れ 旧暦 11月21日
d0101846_07010410.jpeg
ぁ、今日って七草粥の日。

今朝もオレンジと水色に東の空は染まってよが明けた。

瞬きする間に色が変わる。

地球は回っているのだろうか。

音もなく揺らぎもせず超高速で回ってるって、なによ、凄すぎる。



遊ぶ前に、そうであった、そうであった、会計仕事をやってしまわないといけない。
おかしい、ついこの前やってた。
いつものことながら、もう一年経った。
なんとかお金が回って目出度いと感謝。
机の上で書類の分類。

1日1時間くらいしか出来ないな。
今年こそ毎月会計仕事をしよう。(なんなのよ、それ)
これだって、システムを作ってしまえば、ちゃんと出来るはず。南無。喝っ!



d0101846_07014377.jpeg
え〜、駅前商業施設や、大手スーパーの野菜の値段にびっくりこいたのですが、産直では、まだ、これだけ買って1000ガバスちょっとでした。
ネギの束3つ、大根、小松菜、今時なのに新玉ねぎ、玉子。
どれも超新鮮。

昨日上等肉1キロ買ったし、野菜これだけあれば、一週間くらいいけるんじゃないの。
あと少し買い足すくらいかな。
冷凍庫にもまだ備蓄があるし。
昨日の買い物が4千ガバス。
1週間5、6千で収まりそうよ。

今年白菜とほうれん草ダメだね。
鍋もの打撃だね。


1月6日 土曜 晴れ 旧暦 11月20日
d0101846_06585530.jpeg

図書館で本を借りていて返しに行かなければならない日が来たので行ってきた。

とっても寒いので、今回は自転車ではなくアッシーに便乗する。
アッシーが散髪屋に行っている間に図書館と、駅中商業施設で買い物。

返しに行ったらまた借りる、そういうループに。

前回読み物をたくさん借りたが斜め読みしか出来なかったので、今度は眺めて楽しむのばっかりにした。

一番目立つ顔の本は、顔の描き方の参考になるかなと。
お人形作るときも参考になるんじゃないかなと。なにか顔真似の本みたい。

でね、エドワード・ゴーリーをまた借りた。
この前の「むしのほん」のパロディ、最後まで仕上げようかと思ってね。
もう一冊ゴーリー借りた。
これもパロディ描くのによさそうだったし。
ゴーリーの絵ってイマイチ好きではないのだな。
で、おこがましくもこういう風に描いた方がええんでないか、とか、不届きなことを考えるわけ。ぜんぜん怖いとか深みとか出ないの決まってるのに、おおきいこというよね、コノヒト。

トマトの模様の本、中山千夏の詩のような絵本で「おいる」という本。これも絵がね、、違うふうにできるんじゃないのかな、って、遊んでみようかなと思ってるが、時間は足りるのか。

と、いろいろ偉そうなこと言ってしまったが、しばらく絵を描いてないので、初心者用の「1日10分で絵がうまくなる水彩画ドリル」なんてのを真似して描いて、手を慣らしていこうかなというレベル。


d0101846_06591435.jpeg
靴下のワゴンセールに遭遇してこれが入った袋を一つ買った。千ガバスである。
(ガバスなんて単位はないがむかーし、こんな単位を自分で創作していた)

ね、大変お買い得だと思わない?
1足200ガバスよ。
特に左端のグレーのつま先かかとオレンジのが気に入った。
足首のとこがゆるいのもはきやすいよね。
レースのついてるのはもちろんキャラじゃないけど、いいのさ、取ろうと思えば取れるだろうけど、このまま履くよ。

あと、肉の柿安で鶏肉とあぐー豚を1キロ。
魚屋を覗いたら隅の方にアラのコーナーがあって、見ると鯛の断ち落としがギッシリ詰まったのが200ガバスで出ていた。
猫の餌にもいいな、と買う。
家に帰って見て見ると、案外小骨があるので、そのままでは与えられず。

昔の猫ならこんなの平気だが、骨でも刺さって医者に連れて行かねばならないようなことになると大損害なので、鍋で蒸し煮にして骨を全部取る。
白い身がほこほこして美味しそうだったので全部猫にやるのは惜しくなり、
半分は鯛そぼろにして、手巻き寿司にして食べることにした。



;本日の拾い言葉

ネタは出し続けることで生まれる




1月5日 金曜 曇り 旧暦 11月19日
d0101846_06120999.jpeg
夜明けの時間が底ですねー。なかなか明けません。今日は曇りで余計に遅い。

今年の正月気分は早々と立ち去り気持ち的には平常ですが、世間はまだお正月休みなので、本など見てまったり過ごしました。

2007年にクウネルから出た「料理上手の台所」なぁんて本があったので見返してみました。2007年と言えばもう11年前なんですね。

今年は2018年で平成30年。 ちゃんと覚えられるかしらね。

この本クウネルから出てるので写真が素敵。
でもね、10年経つと、なぁんか違うよね。
クウネル自体が様変わりしちゃったくらいだしね。
今、なんとなく安置所っぽいインテリアが主流だよね。

私はやっぱり、このクウネル的な温かみも残しつつ、動き易く、料理がしやすいダイドコを目指そう、とか思ったのでありますよ。

ダイドコ兼居間の不用品の廃棄はほぼ終わっているのですが、うちは部屋が8つもあるのですよ。
まだまだ、先は長いのです。



ぶつぶつさんとこのようかんさん、なくなりましたね。
ぢろりちゃんと同じくらいに具合悪くなってたから、同じくらいに逝くのかな、なんて思ってたんだけど、ようかんさんがんばったね。
ぢろりちゃんより二ヶ月以上がんばった。
天国で会えるといいな、ぢろりちゃんとようかんさん。

d0101846_07161412.jpeg



1月4日 木曜 晴れ 旧暦 11月18日

d0101846_07002343.jpeg

うれしいな、ゴミの日だ。ゴミ袋4個...かな、溜まってる。
捨ててスッキリ、お◯じ快調な気分。

で、昨日は初買いです。
なんちゃらカードのポイントが溜まって商品券をゲットしたもので、前から検討していた電気湯沸かし器を買った。

この場所が、洗いカゴを小さくしたお陰でスペースが出来たこと。
すぐ側にコンセントが一個あったこと。
ミルクパンの劣化激しくなってきたこと。
ミルクパンで湯を沸かしてると、持ち手に引っかかって今に事故りそうなこと。

以上を考慮して、これを買った。
湯沸かし魔法瓶にしようかどうか迷ったが、沸かしたてのお湯の方がいいので、今回はこれにした。
もう少し老人になったら、湯沸かし魔法瓶にした方がいいかもね。
劣化したミルクパンは第2金曜日のゴミに。
ミルクパンさん、ありがとう。ご苦労様でした。

ケトルの前とカゴの中に入ってる四角いものは、衝動買いしたミニまな板。
普通の大きさの木のまな板を使っているが、洗うのが大変。
ちょっと何か切るときは、まな板の上にこれを置いて切れば、これだけ洗えば済むじゃないかという魂胆。
3枚セットになっていて切るものに寄って区別できる。
ほんとに便利かどうかちょっと使ってみるね。


d0101846_07005161.jpeg
昭和な台所です。システムキッチンは、新しい方の家で懲りましたから、非常に安価なセットを入れました。ダメになったらたらすぐ取り替えられます。

今年はこの窓辺りを少しDIYしてみようかなと思ってますよ。

33ちゃんは水道が大好きです。