11月6日 月曜 晴れ 旧暦 9月18日
d0101846_06541412.jpeg
d0101846_06544711.jpeg
溜まったゴミを出して気分が晴れやかになった。
ささいな事で塞ぎ込んだりするが、ささいなことで元気になったりもする。

買い出しの収穫は、渋柿を少し。大きめの10個。
林檎はあまり積極的に食べないが、この黄色い林檎「名月」というのだけは別。
魚屋さんは、10月はやはり雨で大打撃だったそうだ。雨だと魚も入ってこないらしい。そりゃそうだね、雨の中漁に行かないだろうしね。
昨日は真鯛の刺身を買って、軽く鯛雑炊にした。

昼に、いつもの蕎麦屋で食べようとしたら、何となく感じてた予感通り休業中。
おいしかったのになぁ。腕がいいだけじゃ成り立たない世界なのかも。

それで、中華の初めての店に行ってみた。
駐車場が混んでて賑わってそうなので、これはアタリかもしれんよ、と入ったら、やっぱりアタリであった。
ラーメン、トリ唐揚げ甘酢餡かけ、野菜の天ぷら、ご飯、ドリンクバー付きで、700円。しかも、どれも美味しいし、すぐにアツアツが出てきて客さばきもいい。
台湾人のおねえちゃんが注文取りに来る、という感じ。

しかし、ご想像どうり、多過ぎてお腹が苦しくなる。



沈み込んだ気分の時、ふと気がついたが、自分って隠してるけど、本当は人を助けたいのだ。
人というと抽象的だけど、まぁ身近な親戚とでもいったところ。
親も助けたかったけれども、これもまた色々難しいのよ。
いろんな身内の人間をもし自分の力で助けることが出来たとしたら、その時が一生に一度の「癒し」ということになるのだろう。
癒しというのは、よく簡単にいやされるぅ とか軽々と使う言葉ではないと思っている。
自分の力で、その人がニコニコ笑って生きられるようになれば嬉しい。
嬉しいけれどもそうはいかないのだ。
助けるという事と、人を支配する、ということはどうやら紙一重らしいのだ。

猫を拾ったり、木の上から降りられない猫を消防署呼んだりしてまで助けるのは、それの代わりかもしれない。
雪の中で震えていた猫を暖かい部屋の中で安楽に過ごさせてお腹いっぱい食べさせてあげれることに細やかな癒しを得るのである。

猫と人間は何処が違うのだろう。人間は意識があるからなのかな。

だけど、助けたつもりの猫が本当にこれで幸せなのかどうか、それはわからないのである。




[PR]
11月5日 日曜 晴れ 旧暦 9月17日
d0101846_06380953.jpeg
まんまるの月が西に沈んだ午前6時であります。

昨日は無性にソフトクリームが食べたくなって、珈琲のコメダに行きました。
休日なので孫一くんも誘いました。
シロノワールです。
下はケーキではなくパンです。 カラメルソースドバッと掛けてあぁおいちい。

で、5時間後にやっぱりおなか痛くなりました。
分かってても食べるお馬鹿です。 乳製品に弱いのです。


d0101846_06471374.jpeg
おほほ、どーよ、ねこ鍋。



今日は久しぶりの買い出しかな。いい天気だ。小さな山にも登ってみようかな。



[PR]
11月4日 土曜 晴れ 旧暦 9月16日
d0101846_06572669.jpeg
トイレ掃除をしていたら、床が濡れてたものでつるっと滑ったのよ。
あ、やばやば、痛い方の足。(音はしないけど)バキッといったような感じが。
イタタ、と一瞬痛かったが、なんだかいい予感が。
滑ったショックで固まっていた筋肉が離れたような気がする。
じわっと全体の凝りが取れていくようないい感じ。

それ一発で解決するほど甘くはなかったけども、5ミリほど縮んでいた足が元に戻ったような感覚はある。

なんとなく「トイレのかみさん」という言葉が頭に浮かぶ。
おおきに。

いいことばかりではない。
トラブルも発生で、じつは参っている。

電動自転車がトラブっちゃってよぉ、
後輪がすり減ってツルツルになってたので、タイヤ交換しに行ったのよ。
そしたらね、その後電気系統に不具合発生。

詳しい事情を書いてたら原辰徳になってきたので端折るが、
何だかこちらがイチャモン付けてるように言われる訳よ。

なんだかねぇ、つい最近も同じようなことがあって不愉快な思いをしたもので、ちょっと参るよ。
世の中も段々とうかうかしていられない時代になって来たのかね。
アメリカ並みに主張すべきはトコトン言い合わねばならんのかな。いやだなぁ。

ひと言で言うと不親切。

何かで、昔ながらの町の電器屋さんが復活してお年寄りが助かっている、という話を聞いたことがある。
自転車屋さんも、一昔前は、地域に一軒くらいはあって、パンクやら何やかや、面倒をよくみてくれた。
最近みな廃業しちゃった。
困ったなぁ。



[PR]
11月3日 金曜 晴れ 旧暦 9月15日
d0101846_13404681.jpeg
ネズミの皮ごろものような地味な服作りな日。
亭主の洗濯物がみんなこんな色なので干しても ちっとも楽しくない、もっと綺麗な色を買ってくれと文句を垂れているのだが、自分までこんな色を買っちまった。

型紙はWILDBRRYさんちのテパードスエットパンツ。
これで三本目でお馴染みの形だ。
1本目はマニアル通りに裾の切り替えも付けた。
2本目は、裾の切り替えなしでそのまま丈を伸ばす形。
ちいっとばかり短い気がしたので、今度はストレートの裾に裾野切り替え分をプラス。
8センチばかり丈が長くなった形。 あら、私って足が長いのね、と密かに納得して天狗になる。

ネズミの皮ごろも色だが、この生地はとってもよかった。
表がちょい毛羽立った感じで裏はツルッとした黒っぽい色で、ジーンズ調の織り模様になっている。
どちらが表でも裏でも構わないだろう。
もう1本分出来る生地があるので、今度は裏を表でやってみよう。

テパード、テーパードってどういう意味か調べると、
細身だけども、ピチッとくっつかずシルエットが綺麗なタイプ、というような意味みたい。
世の中太めパンツが人気の中あえて逆行して細身路線に入っていく私。
この生地、耐久性があるとありがたいなぁ。
縦横にすごく伸びてすごく穿きやすく暖かい。


d0101846_06242470.jpeg
覚え書きふうに、最近仕入れた生地の写真を。
ね、オーソドックスでネズミ色が多いでしょう。

上二枚はWLLDBERRYさんちで買った生地。
生地屋で買うよりうんと高いが、セレクトされたものだからね。

上の黒は、とろみスムース 。 値段だけあってすごくトロリとして気持ちよくいかにも上等。

二番目のキャメルのは、昔大好きで長い間愛用していたロペのコートと同じような生地でうれしい。

その下三枚はお買い得店で買い込んできたもの。

仕立ててみると、使いやすいものになるだろうけど、色暗いね^^

あれもこれも早く作りたいが、落ち着こう。

帽子も新しいパターンで作ったのよー



[PR]
11月2日 木曜 晴れ 旧暦 9月14日
d0101846_07403254.jpeg
よく晴れて、今夜の月もよく見えることだろう。

怖い夢を見てたようだが、全く覚えていない。今朝は朝イチで整形通ひの日でも寝坊もしたので時間が押している。

とりあえず、11月のカレンダー。
画風が毎月ちがいますのぅ。
カレンダー買ってないもんで、取りあえずなんか描かないといかんのでデタラメです。
でも、描いたおかげで、明日から三連休なんだとわかる。


d0101846_09585176.jpeg
リハビリ終了。
帰りに
近くの産直の店でキャベツを買った。外皮をむいてもなお朝露が付いている。
とりたて 間違いなし。

d0101846_09583735.jpeg
道端で写真を撮る変なおばさんである。
スマホを使ってないが、こういう時はあるといいなと思う。
デジカメって、最近ハズカシイのだ。

今、田舎は稲刈りの季節で、こういう景色が一面に広がっているのだが、
この辺り、農業放置気味なので、よくみると田の中にすごい草が生えている。

都会に近い田舎暮らしっていいと思っている。



[PR]
11月1日 水曜 晴れ 旧暦 9月13日
d0101846_21030675.jpeg

やれやれ、このブログもそのうち 人はどういうふうに老いていくのか、という実況中継になるかもしれない。

昨日は急に冷え込んだので、厚着して大きいスーパーに行くと、もうすでに暖房地獄が始まっていて、汗だくになり、こっそり着込んでいたヒートテックを脱いだのだ。

去年買ったワコールのヒートテックは、2年目に入ったが、まだそう毛羽立つこともなく、綺麗なままで さすが値段だけのことはあると納得するが、
家にいる分にはいいが、これ暖房が効いた車内とかだと、きっと暑過ぎて汗をかきその後、冷えて風邪をひくというパターンだろうな。

体が弱ってくるとそれを補うための品物が必要になってくるが、そもそも足がおかしくなったのは、夏場に愛用してたケロッグだった?の偽物ふうのゴム草履を室内ばきにしていたのだが、素材が硬いもので足の小指側の突起が擦れて、痛くなったのが始まりのような気がするのだ。

それで急遽、室内ばきに投資することにし、とりあえず、手軽に見つかる室内ばきの定番的 HAFLNGER(ハフリンガー)のこれを買った。
ニトリのゴム草履は300円でお釣りがきたが、これは痛手な値段であるが仕方がない。

本当は10年前に使ってた通販生活で売ってた室内ばきがよかったのだが、メーカー名が思い出せない。
以前高島屋の生活用品のコーナーにあったが、いまもあるだろうか。

このハフリンガーははき心地は柔らかくて良いが、素材がフェルトなので、すぐに汚くなるのが難点だ。
底ももう少し分厚ければなお良い感じはする。

最近似たようなのが安く出てるみたいだが、この足裏にフィットする感じが肝心なのであって、安価な代用品で済むのかどうかは、はいてみないとわからないのだ。



[PR]
10月31日 火曜 晴れ 旧暦 9月12日
d0101846_16254599.jpeg
たいへん寒い朝となりました。
これじゃもう冬です。
なんだか雨ばっかり降ったり、台風も二つも通って行ったり、ねことお別れしたり、たいへんな10月でしたが、今日最終日。

パンパンっと手を打ってお祓いして、新しい月を迎えたい気分。

作りかけ二つめ、レシピのない手芸は札入れにしました。
お札を入れなくてもいいのですが、お札がゆったり収まるサイズです。
ほら、ATMでお金を引き出した時など、ガサッとこういうのに放り込んでおくといいのですよ。

それと、一緒に写ってるのは「ちいさな家計簿日記」ってのが本屋に並んでて、
つい出来心で買ってしまいました。
えーっと、三ヶ月続けばそれでいいです。
ネットのEvernoteとかやってたんやないのかい、と突っ込まないでください。
とうに挫折しております。
だいたいがどんぶり勘定のヒトでこういうことが苦手。
だけども、過去、どれだけ家計簿なるものをつけて、三ヶ月で挫折したことか。

いいのです。いったい何に使ったんやろう、ということさえ把握できれば。
だもんで、100円以下は切り捨て。記憶に残った大体の金額をその都度メモ。
最近ネットでのお買い物も多いから一応把握はしておかないとね。



ちょっと、一旦切ります。つづく。


d0101846_06425173.jpeg
この袋のいいとこは曲がっててキチンとしてないってことです。
曲がったのが好きで、真っ直ぐなのはきらいだ。というニンゲンです。

d0101846_06443792.jpeg
ほら、ここも上と下が合ってませんよね。こーいうのが好みなんです。
ついてる紐は適当にぐるぐる巻いてくくるのです。

d0101846_06453466.jpeg
ここはフタの部分ですが、この辺などはワザと切りっぱなしを残しております。

d0101846_06474879.jpeg
家計簿の中身はこんなふうです。日付けも自分で書くのでいつからでも始められます。
なんとも言えぬテキトウ感がいいですね。
この前買い出しに行ったのいつ? ってことが把握できるだけどもいいや。
メモ欄もあって、日記帳がわりにも使えそうな勢い。
どうしよう、来年、「新潮社マイブック」迷ってるけど買うだろうなきっと。
こういうの、統一性というのも重要だからね。同じもので揃えていくってことね。
去年ちょっと浮気したけど、やっぱり戻りそうだ。

この手帳、ビニールのカバーが付いてますが、ペン挿しも付いてたり、ちょっとしたポケットも付いてたりがうれしい。
大きさが大袈裟でないところがいいね。




[PR]