10月2日 月曜 曇り 旧暦 8月13日


d0101846_06515512.jpg
チェックのシャツが出来上がっている。うーちゃんには丈が少し長いかもしれない。

今朝、グレーのカーディガンに、カーキのズボン、などという暗い色の服を着ていたら、この曇り空と、スッキリしない足の具合など、ほんとうに気分が滅入りそうになった。

それで、柄物のガウンコートに着替えたら、不思議なほど気分が向上。着るものってメンタルにすごく影響するな。

くすんだ色のもの着てるのと、パッと明るいの着てるのでは大違い。うん、重要だ。

早く足をスッキリさせて明るい服を作ろう。ちなみに、今日のこのチェックなんかはまだまだ地味である。


あっ、もう10月過ぎているのだ。カレンダー、カレンダー。


d0101846_08355024.jpg
あまりぎれで巾着袋も作ったよ。




[PR]
10月1日 日曜 晴れ 旧暦 8月12日
d0101846_07014600.jpg
近くにコンビニが何軒も出来て便利になった。
なにが便利かというと、ちょっとした文房具、洗剤などの日用品が買えるのが有難い。
パン粉が足りないとかでもすぐにコンビニに走ると間に合う。

ついでにお菓子なんか買ってしまったりもする。

お祭りの寄付を届けるのにと白封筒を買って、表書きをした。
なんだか変だな、という気がしていたので、ツレになんか変じゃない?この字、って見せてみると奇人変人の奇付になっていた。
アブナイアブナイ。

散々コケにされたが、ツレは昔々会社の書類に「妻」と書くところを「毒」と書いてしまっていて、事務の人に、「◯◯さん、ドクになってますよ」と笑われたのだそうだ。
妻は母ではなく女なのだよ。母と間違えると毒になるのだよ。


d0101846_07033625.jpg
ぢろり爺さんはすっかり弱っていて、私の予定の中ではもう逝ってしまっているはずなのだが、これがしぶとく生き延びている。

くろちゃんが昨日は、ぢろりのことをせっせとなめてあげていたので嬉しかった。
寝袋を猫に取られてしまった。
あたたかいのだろう。


[PR]
9月30日 土曜 晴れ 旧暦 8月11日
d0101846_07350094.jpg
明日から10月だ。
思いがけず早くやって来たではないか。
日の出も日の入りもぐんと遅く早くなり、ヒトの体もそういうリズムに合わせていくのだろうかな。

ストーブの入る頃にはまた映画を観たり、お裁縫をしたりして過ごそう。と、いう気分になってくる。

今朝は日が昇るまでゆっくり寝てしまった。
だもんで、書くことがない。



d0101846_07504820.jpg

[PR]
9月29日 金曜 晴れ 旧暦 8月10日
d0101846_05502589.png
下手な絵過ぎて笑えるが、昨日リハビリでやったことを描いてみた。
小学生の絵日記レベル以下だよーん。 説明する絵はムツカシイ。
丸い円盤状の台がブルブル震える。
右側の足から脇にかけての筋を鍛えるのだ。

他にもいくつか機械を使ったトレーニングをした。いづれも1分か2分なのだが、
筋肉痛なのか、ほぼ良くなっていたのが再び悪化してるぞ、これ。。

雨だったので車で送り迎えしてもらったが、迎えに来てもらうのに、徒歩でも10分で行ける距離を車ちゃんは10分も掛かって来た。
一体何をしてたんや、車押して来ても10分で来れるで。とまた悪態をついてしまった。

d0101846_05513311.jpg
d0101846_05520940.jpg
d0101846_05544943.jpg
雨は昼から上がり、夕刻にはこんな龍神さまのような夕焼けが出た。

すごいよ、火の粉を撒き散らす龍だよ。



[PR]
9月28日 木曜 雨かな曇りかな 旧暦 8月9日


d0101846_06464798.png
暗くて写真撮れず。
昨日から妙に蒸し暑く、咲き始めた金木犀がまた引き返した感じ。

何かスケッチでも出そうとしたが、wifiを最近変えたので、あららスキャナーとが繋がってない。うーむ、自力であれこれするより隣にヘルプした方が早そうだ。
というわけで、あり合わせ画像。

ファミリアバッグなるものが神戸の高校生の間で大流行なんだとか。

うーむ、ワンポイント巾着なんてのを作って大当たりとか、いかないものかね、と夢想する。

自分の生まれ育った環境に商売と関係する人がいなかった。
だもので、そういう方面の知識とか考え方とか、まったく身に付いていなかったなとこの頃感じるのだ。
何年間か作ったものを店に出して売っていたりしたのだが、もっと知恵を働かせればよかったのかもしれないな、とか、近頃思うのである。

商売とかお金とか、まったく未知の世界だったのだと気がつくのであった。
そしてすごく洗脳された考えに囚われていて、ここんとこの壁、もうちょっと壊していったらいいのではないかなと今、思っている。




今日の拾い言葉


「脱皮しない蛇は死ぬ」









[PR]
9月27日 水曜 曇り 旧暦 8月8日

d0101846_06244578.jpg

これは自分のではなく うーちゃんのです。Sサイズで自分には着られません。
型紙は、「いつもの服、きれいな服」(大川友美 著) の
タータンチュニックの襟をフリルカラープルオーバーと合体しました。
要はスタンドカラーをフリルに変えたっちちゅうことです。
うーん、ちょいと、フリルにムラ出たなぁ。
やり変えれば良かったなぁ、縫う前に。
と、いつもいつも反省ばかり。

d0101846_06234635.jpg
真ん中と下は、小さなボタンをつなぎ合わせたもの。
それに金具を付けて、セリアで買った紐を通しました。
胸元のちょっとしたアクセサリーに、これ、紐だから重くないし、苦にならないのです。



昨日の話の整形外科の入り口で泣いてたお婆さんですが、
こっちの勝手な想像ですが、お爺さんが冷たいんじゃないのかなって、、
と言うのもね、お爺さんの顔がこわかった。
老夫婦がお互いを看取るって、そう簡単なことじゃないよね。

ツレは内科に通ってるんですが、この前、お爺さんが病人でお婆さんが付き添って来てたらしのですが、杖でお爺さんを小突くんですって。
そして、待合室で叱り飛ばしてたって言ってましたよ。

それって、長年の恨みつらみが、そういうふうに現れて来るんじゃないの、って言ってやりましたけどね。
そのお婆さんも若い頃そのお爺さんに理不尽な仕打ちをされたのかもしれないし。。

整形外科のお婆さんは、理不尽な仕打ちをされた挙句に、自分が動けなくなって、ますます理不尽な仕打ちをされているのかしら。。可哀想ね。

いやいや、勝手な想像です。つい自分の身と引き比べてしまうのかしらね。。
なかなか夫婦揃って長生きするっても大変でございますです。




[PR]
9月26日 火曜 晴れ 旧暦 8月7日
d0101846_06465499.jpg


お盆に鬼灯を水に浸け込んでいたのが、皮が腐って繊維だけになった。
浮き上がらないよう軽く重石をしてひと月余り。
水道の水で勢いよく洗うとどんどん皮が剥がれて繊維だけになる。

猫の格好の玩具になるのでその辺に置いておくことは出来ず残念であるが。

整形外科のリハビリは続けている。
整体師さんの言う通り筋肉鍛える運動をしていると、もう半分くらいは良くなった。
階段もトントンと上がれるようになったので大成果だ。
朝早くに行くと、たくさんのお年寄りが介護用の車でやってくる。

昨日は、車の中からお婆さんの泣き声が。
骨でも折られたのか、それとも慢性の何かか、それともメンタル的な何かなのか、
それは分からないが、チラ見すると、お婆さんは顔に光がなくくすみきっている。
付き添ったお爺さんも、もういっぱいいっぱいの困惑が顔に現れている。

おお、来るべき未来の分かれ道だ。
このまま自堕落にソファに座り続けるとあのような未来が待っている。
この時点で気が付いて良かったのである。

前から腕はたくましいが、足がヘロヘロなのは気になってはいた。
動物は足から弱ると言うことも知っていたけど、何もしていなかった。

自分はあと6270日生きる予定なのだ。
そう、予定を立てているのだ。
なんとかあと6270日、シャッキリやっていかないとっ。



[PR]