d0101846_76544.jpg

基本的に古い家がすきであります。
ボロい家を如何に工夫してステキにしつらえるか、というのが趣味でもあるのです。
その点新しい家は、そういう意味でおもしろくない。

今、住まっている家は、記憶違いでなければ、昭和43年に建っている。隣に、私どもの代で建てた家があるのだが、今はムスコ一家が住んでいる。こちらの古家は、もう築40年近く経つ家で何の変哲もない家なのだが、できれば、自分たちの寿命がつきるまで長持ちしてもらいたいと願っている。この家にはおばあさんから数えて、孫まで、計五代の人間がかかわったことになる。ドアノブやら、窓枠やら、建ったころのままである。おばあちゃんや、義父、義母、いろんな人が触れてきたものだ。それらの人と決して仲良くというわけでもなかったが、それはそれ、もう彼岸に旅立たれてみれば、わずらわしいことはみな水に流してしまえる。
 お嫁に来たてのころ、緊張して座っていた場所に、いまふんぞりかえって座っている。
同じ場所だとおもうと不思議なものだ。  今更建て替えて、新しいところに住むよりも
ご先祖様の気配の残るこの家をなんとか長持ちさせていきたい。

※     ※
お久しぶりのうさひめサマです。
うさひめの掃除している家は、子供の小さい時に作った、ドールハウス。窓枠が歪んでしまったのでイマイチ愛せずにきた代物。  ハイ、大工仕事だってやるのです。
[PR]
d0101846_12215051.jpg

猫のように涼しいところを見つけて移動していくと、ここが一番涼しい。
玄関であるが、特に客人などこないものだから、ここで、本を読んだりしてくつろぐが、
本を読むのも、ここ二、三日おっくうなので、じっと蚊取り線香の煙などながめてぼんやりしている。
[PR]
d0101846_6234039.jpg

淺川マキ、ある年代以上のかたにしかわからないだろうけど、いつも黒い服を着て歌っていたひとです。 暗い歌でした。 演歌ではありません。ジャズです。
京都勤労会館でのコンサートのチラシ。  ゲストが野坂昭如。 昭和47年ころです。

他、錆びたナイフ というアングラ芝居のチラシ。
[PR]
d0101846_6183282.jpg

布を裂いたものを、縫い縮めて、矢車草の花のようなかたちをつくりました。
リボンと合わせて、ちょっと、マルニ風の首飾り。
[PR]
d0101846_665516.jpg

台風は今どこにいるのか知りませんが、通過しても、やっぱり晴れることはありません。
秋の台風はすぐに過ぎ去りますが、夏に来る台風は長く居座りますので、かないません。
近年、このパターンが多くなってきて、一段と夏が過ごしにくくなったようにおもいます。

台風通過中に気がついたことですが、麺をゆでていて、いつもは茹で上げる前に2,3度
びっくり水を差さないと溢れるのですが、この台風通過の時は、一度も、吹き上がることが
ありませんでした。 気圧が低いとこういうことになるのでしょうか。

お気楽猫は今日も爆睡。  ※ライバルのヨウカンさんは←エキサイトブログ欄ぶつぶつ独り言 で見られます。

午後には登場人物が変わります
[PR]
毎週金曜日は昭和37年頃に集めたガムの包み紙を発表しております。
d0101846_8124654.jpg


d0101846_813040.jpg


先週出した、グリコレモンスカッシュガムの別バージョンと、リリーのジューシーガム。
もう、金曜日にガムを出し始めて8ヶ月経ちますが、もしかしてだぶって出してるのもあるかもしれません。気が付かれた方は指摘してください。

皆様のところ、台風5号はいかがでしょう。 こちら、風は少々吹いています。ものすごく
蒸し暑いです。 

More
[PR]
d0101846_613587.jpg

うちにもブルーベリーの樹があって、今年は今までになく豊作なのだが、食べてもじゃりじゃりして、ちっともおいしくないので、ふてくされておりました折、保存食のお師匠さんと仰ぐ、
ほっこりさんとこで、少量のブルーベリーを、さっとジャムにしておられたので、真似してみたら、なんと驚きました、おいしいじゃありませんか。店で買うようなくどさもなく、ほのかな酸味と、爽やかな甘さ、虜になりそうです。

魚の窓飾りのこと
二日前の窓辺の写真に載っている、お魚さん。  これは、クスノキの枝の自然のカーブを利用して、針金で留めて、ボタンの眼を、これも細い針金でつけただけのものですが、かわいいです。モビールのように天井から吊るしてもいいかもです。 クスノキの下をさがすと、こういう枝が落ちてます。



d0101846_6151012.jpg
[PR]