d0101846_12431223.jpg

一時たくさんつくりましたが、部屋があまりにも散らかるので遠ざかっています。
枇杷の実とヤマホロシの花をアップリケしました。
[PR]
d0101846_11363343.jpg

これは、自分の持ち物であります。昭和の中ごろの郵便局の預金通帳だ。おそらく、修学旅行の積立金などを学校でした時の通帳だろう。
5年ほど前母親が、こんなの出てきたからあげるという。 残金が昭和37年の日付けで
1833円ある。 昭和37年でこの金額が今に換算していくらになるのかよくわからないが
そう、はした金ではないだろう。アイスクリームやパンが一個10円だったから、今だと2万円程なんだろうか。   もったいないはなしである。 もしこれを使ってくれていれば、いくつかの嫌な思いはしなくて済んだはずだ。   母の日も終わったけれど、どうもわたしはこの母親と気があわない。 ほんとうは気があわない程度の関係ではないのだが、まあ気が合わない程度にしておこう。  草間弥生さんは、10歳のとき母親の顔に水玉が見え出したそうだが、水玉までは見えないにしろ近いものはあったかもしれない。
50年も前から、もう今にも死ぬようなことばっかりいっていた人が、90近くになってまだ生きておられる。週末にはご機嫌伺いに行く手はずだ。

この通帳の柄はとてもかわいくて大好きである。
[PR]
d0101846_916979.jpg

新しいマヌカンで新作です。
マヌカンは小枝ちゃん。手と足が小枝で出来ているのです。
ドレスはジェシカ オグデンという人のデザインをアレンジしています。
[PR]
d0101846_12534293.jpg

Banku of Tokyo‐Mitsubishi UFJ のエレベーターから颯爽と登場するは、
ジャクソンさんの想い人、ルーシーさんであります。

今日のドレスは、こちらのお母様の古いお写真のドレスのデザインを許可を得て、
使わせていただきました。
今日は母の日、すてきなお母様をお持ちだったnononohanaさんに乾杯!
[PR]
d0101846_8344634.jpg

・・?食玩というのは、お菓子のオマケに付いてる玩具、ということやね?
ということは、↑の画像のピーターラビットのシリーズの中の「2ひきのわるいねずみのおはなし」に出てくる、このオモチャはただ、ミニチュアの食材ということか・・
食玩についての詳しいことは、こちらのブログでどうぞ

今リーメントなるメーカーから、大変お目がねに叶った、食玩がでている。昨日初めて
本物にお目にかかり、何箱か買ってみた。   これが、ほんとに良く出来ているのです。
しかも、安い。お値打ち。  

このビアトリクスポターさんの絵本の、この絵にわくわくして、もう20年以上前、頒布会のようなもので、ミニチュアものを買ったことがあるが、値段も高く、品質もよくなかった。
プラスチック製なのが残念であるが、孫のオモチャにもなるし、どんどん買おう。孫一くんも
喜んでいる。 お店やさんごっこ、コンビニごっこなんかして遊ぶとおもしろい。
冷蔵庫や、棚とかいっぱい揃ってて、これはお子様用としてもなかなかいい玩具です。

最近、眼が少々お疲れです。 溜まった画像の処理をしたのがいけなかったようです。
ブログ的に非社交的になっております。 悪しからず。
[PR]
毎週金曜日は昭和37年ごろに集めたガムの包み紙を発表しています。
d0101846_8452822.jpg


d0101846_8454888.jpg


リッキーというのは、珍しいですね。グレープミントというのも怪しいです。どんな味?
[PR]
d0101846_739740.jpg

これは、ただ鍋敷きで、これ自体なんの不思議もないのだが、何故かずっと家にいるのが
不思議なのだ。
実は、大変な引越し人生でありました。今のところに落ち着くまで、何回引越しをしたか、数えられないくらい・・・多分10回は引っ越しているはずだ。特に引越しが好きというわけではなく、なにかそういう巡り合わせのようだ。 二十歳以降の15年ほどの間にこれだけ引越しをしているのである。
で、この鍋敷きであるが、ふと気がつくと、いつも食卓の周辺にある。ある時考えた。これは
買った覚えはない、貰った覚えもない。  記憶をたどると、多分一番最初に住んだ、京都の
学生下宿風のアパートか、その次に住んだ同じく京都の共同トイレ付きのアパートかに、
前の住人が置き忘れていったものが、いつの間にかうちの道具として入り込み、何十年も苦楽を共にしていたたという訳だ。
そう思うと何やら愛おしい。 何の変哲もない鍋敷きであるが、便利に使えるもので、今までずっと台所周辺に控えていたのだろう。 30数年、熱い鍋を乗せてくれたのだ。
[PR]