タグ:イラスト ( 36 ) タグの人気記事

6月19日  日  曇り       旧暦 5月15日
d0101846_06293923.jpg
この前と同じように見えるが同じではない。
花の安定感が悪いので、その点改善の余地蟻。

教訓。
早朝の庭仕事は朝露に当たって体に良くないだ。
何かものすごくだるいと思ったら、どうも、これ朝露に当たったせいではないか。
違うかもしれないが、湿気を浴びるというのは良くないのではなかろうか。
やっぱ、夕方だな。庭仕事は。
じゃ、どうする、夕飯の支度。
夕飯無しにしてもらえんものだろうか。うむ。




[PR]
6月16日  木  小雨      旧暦 5月12日
d0101846_06342142.jpg
朝起きて、香取をもうもうに炊いてドクダミ刈りをする。
クリスマスローズや秋明菊の周りにどっさり生えているのを鎌で刈り取る。
うちの草はほとんどが、ドクダミと垣通しなのである。

庭のものはどれもこれもよく育っている。
よくグリーンフィンガーとかブラウンフィンガーとか言われるが前者が触ると植物はよく育ち、後者が触るとどうも枯れて行く、という。

話は飛ぶが、タブレットで絵を描くとき何故に指に画面が反応するのか知らなかったのだが、人の指先からは微量の電気が出ているそうなのだ。
だもので機械が反応するってことなのだ。
ちなみにスタイラスペンというのには、充電装置が入っている。

それで、実験してみたのだが、足の裏でも反応するのだろうかとやってみたが、どうもおもわしくない。
では、猫の肉球には反応するのだろうかというと、微妙なのである。
微妙というのは、時々は反応するということなんだけどもね。

余談だが、ユニクロのヒートテックなんかが入っているパッケージの素材は画面が反応するので、それでペンを作っている人がいたよ。

それで、話は戻るが、あなたが触ると花が枯れ、あなたが触ると花が咲く、という違いは、きっとその人から出ている電気が問題なのだ、
‥という説を立てたのだが、いかがであろう。

植物というのは、人の足音を聞かせてあげるとよく育つ、と言われる。
これは確かにそうなのだ。よく管理が行き届くというふうにも取れるが、
植物の出す酸素を吸って生きている人間と植物の間には、なにかもっと知らない共生関係があるに違いない。

また余談だが、どの生きものも受胎する時、卵が一瞬光の祝福を受けるのだそうだ。
ぽ〜っと一瞬光るのだそうだ。
すばらしいではないか。我らはみな祝福を受けて産まれて来たことになる。

この絵は指で描いたよ。指の方がいい味出るね。指紋がすりきれちゃうけどね。




[PR]
d0101846_7542319.jpg

今朝は、思いがけない雨の音で目が覚める。
さあ、これで、季節が変わる。
明日からは、水を含んだ地面が動き出す。

マイブームだった椿の実も描き飽きたので、楓の種を描いてみました。
[PR]
d0101846_7495214.jpg

モントブレッチアとは、夏に、赤い花を咲かせる球根であります。

radyEさんのブログをみていると、ご両親の徹底した教育方針で、ピアノを習得されたことが書いてある。
考えてみると、時子さんは、あれせよ、これせよ、とは一切言わなかったことは救いかな。
子供のころは縁側で地蔵のように佇んでいた子供だったが、ある時期から、俄然やる気のある子供になった。 何かを学びとるということに貪欲になった。

この布絵も、だれに教えを請うたわけでなく、やり方は、全部自分で考案した。

思えば、極楽トンボのテイシュも、あれするな、これするな、とは言わない人だったから、自分としては大いに助かったかな。 自由になんでもやることが出来る環境だった。

私がこんなにやる気があって、物事を熱心にやり抜く、という利点を、時子さんは気がついていないけどね。
[PR]
d0101846_7335285.jpg

タイトルをバックシャンにして、ハタと考えた。 最近こんな言葉聞かないなぁ。。
ぐぐってみたら、バックシャンとは、英語のバックと、ドイツ語の美しいという意味のショーンをくっけた日本で造られた造語で、バック ショーン が訛ってバックシャンになった、と書いてある。後姿美人ということだ。

これは、もう10年は前のトヨタ?車の新聞広告の、この後姿のモデルさんが、めっちゃステキだったので、描いてみたもの。
この描き方は、まず、トレーシングペーパーにこの写真の輪郭を写し取って、紙にトレースダウンして、鉛筆でちまちま描いていくというやり方を考案した。だから、元の写真と同じ大きさなのだ。
[PR]
d0101846_88596.jpg

さてさて、もう1月も後半ですが、今年はどんな年になることやら。 ここ何年か、一日一枚絵を描こう、、などという目標をたてては挫折しているのだが、今年も懲りずに目標設定。 なんだかねぇ、、一日が終わる頃に、今日は何もしなかったなぁ、というのがいやなんですねぇ、、
そうういうことを言ってチクチク縫い物をしている友人もいます。 勤勉なんでしょうかねぇ、これって。 
とりあえず、なにもしないで過ごすには残りの人生長すぎるし、何か作ったり、絵が描けたりすると、頭の中にいい物質がパッと増殖する、あの感じ、あれがいいんですよね^^その為には、精進も必要ということで。。はい。

手帳の下に敷いてあるニットは、もう二十数年前に髙島屋で買ったアルパカのセーターなんですが、見るも無残に虫に食われてしまったものを捨てるに捨てられなく (軽くて暖かくて、着心地がいいのです)とって置いたのを、やっと修繕しました。 虫食いを、手芸的に修繕する本があって、それにヒントをもらったのですが、ぼよぼよ草が生えてるようなところが虫食い跡です。黒いドットは最初からのものね。
[PR]
d0101846_12302256.jpg

伊坂芳太良さんのお名前の伊を井と間違えてしまったお詫びに、 こんなんもありましたもので・・・
異例の縦画像です。 
これは、なんなのでしょうね、雑誌の広告だったのでしょうか、パンフレッとだったのでしょうか?
スクラップブックに貼り付けてあったのを、少しはがして裏をみると白紙でした。
色が、透き通ってきれいな色です。 こういう、塗り絵がでたら、買って塗ってみたいな。 これ、色塗るとき、伊坂芳太良さん、きっとわくわくして塗ったのだろうな。

あと、少年少女推理文学全集の、「ジキルとハイド」も伊坂芳太良さんの挿絵なのだが、捜しても見つかりません。 ムスメさん、持ち去っていませんか? シャーロックホームズの冒険も消えとるのだが。
[PR]
d0101846_754454.jpg

ついでに、これも・・・昨日のも、これも、スクラップブックに貼ってます。
なんでスクラップブックに貼ったかというと、そういうものが家の中にあったからでしょうね。
雑誌の切り抜きなんかが貼ってありました。 母親も多少はいい影響もあたえてくれたかな。

伊坂芳太良さん、たしかもう亡くなりましたね。 この方も独得のインパクトの強い画風でした。

字、間違えてました。検索してもなにも出てこないし、変だなとおもっとりました(汗
peroさん御指摘ありがとうございます。
井坂芳太良→伊坂芳太良でした。 これで、検索していただくと、ずらっと出てきます
[PR]
d0101846_647262.jpg

しこしこと、椿の実を描き続けております。

これは、宅配荷物が包装してあった紙、 すごいステキな紙、椿にぴったり合うあうじゃないですか。
[PR]
d0101846_7423838.jpg

椿の実ってひとつひとつ、皆、形が違う。  面白い。

椿の実の詳しいことはこちらをどうぞ。

こうい形になる前、はじける前ということですが、樹についているときはこんな形です。
里山ガーデンの8月3日にでています。
[PR]