d0101846_644118.jpg

・・・なんでも、あります。
[PR]
d0101846_712519.jpg

ハナニラというのは、今、注意してみていただくとあちこちで咲いている球根植物です。
背丈、15~20cm、やや、青みがかった白の星型の花。 葉っぱはニラに似ていて、匂いも
ニラの匂いがします。

里山ガーデン 花盛りを迎えています。 お庭にもどうぞ。
[PR]
d0101846_7514376.jpg

この前のベルギーから来た子、洋服を作ってみたら、こんなレディになりました。
布は、同じく蚤の市で見つけ、一箱買いした、(売っていた人に言わせると) 伯爵家の倉庫から出たというレースの山の中からセレクト。

買ったときは、金茶色のコールテンのズボンに、ミドリのシャツを着ていたコが、こんなレディに
なるなんて・・・まさに、マイ・フェア・レディ。
[PR]
d0101846_7285811.jpg

ピンクッションにしようとしていたものを、急きょドレスに変更したもので、やや、無理がありますが・・・  ビーズ刺繍は、例によって、ネックレス解体品を使用。
[PR]
d0101846_9181376.jpg

今日は、この子のドレスをつくろう・・・
手と足のビーズは、一昨日のネックレスを使いました。
[PR]
d0101846_7495214.jpg

モントブレッチアとは、夏に、赤い花を咲かせる球根であります。

radyEさんのブログをみていると、ご両親の徹底した教育方針で、ピアノを習得されたことが書いてある。
考えてみると、時子さんは、あれせよ、これせよ、とは一切言わなかったことは救いかな。
子供のころは縁側で地蔵のように佇んでいた子供だったが、ある時期から、俄然やる気のある子供になった。 何かを学びとるということに貪欲になった。

この布絵も、だれに教えを請うたわけでなく、やり方は、全部自分で考案した。

思えば、極楽トンボのテイシュも、あれするな、これするな、とは言わない人だったから、自分としては大いに助かったかな。 自由になんでもやることが出来る環境だった。

私がこんなにやる気があって、物事を熱心にやり抜く、という利点を、時子さんは気がついていないけどね。
[PR]
d0101846_8424657.jpg


全体像
[PR]
d0101846_734884.jpg

これが、我クロスステッチ歴最大の作であります。 例によって、刺しただけで形にはなっておりません。  もう、クロスステッチのストックはないぞ。。 いっちょ新作に取り掛かるか、、小さいものをね。
(コサージュのようなのは、フリーマーケットで入手。マフ、あのロシア人が手首に手袋代わりに使うものね、それに付いていた飾り。 どこのだったか忘れたが結構なブランド品)
[PR]
d0101846_88596.jpg

さてさて、もう1月も後半ですが、今年はどんな年になることやら。 ここ何年か、一日一枚絵を描こう、、などという目標をたてては挫折しているのだが、今年も懲りずに目標設定。 なんだかねぇ、、一日が終わる頃に、今日は何もしなかったなぁ、というのがいやなんですねぇ、、
そうういうことを言ってチクチク縫い物をしている友人もいます。 勤勉なんでしょうかねぇ、これって。 
とりあえず、なにもしないで過ごすには残りの人生長すぎるし、何か作ったり、絵が描けたりすると、頭の中にいい物質がパッと増殖する、あの感じ、あれがいいんですよね^^その為には、精進も必要ということで。。はい。

手帳の下に敷いてあるニットは、もう二十数年前に髙島屋で買ったアルパカのセーターなんですが、見るも無残に虫に食われてしまったものを捨てるに捨てられなく (軽くて暖かくて、着心地がいいのです)とって置いたのを、やっと修繕しました。 虫食いを、手芸的に修繕する本があって、それにヒントをもらったのですが、ぼよぼよ草が生えてるようなところが虫食い跡です。黒いドットは最初からのものね。
[PR]
d0101846_7335932.jpg


※   ※
もう、阪神淡路大震災から13年も経ってしまって、記憶に誤りがあるかもしれないが、あの朝、テレビでは、高速道路が崩れ落ちたところや、ビルが傾いている映像が映し出され、上にはマスコミのヘリコプターが、ぶんぶんと飛び始めた8時頃、○山首相を取材に行った画像が出た。 なんと、驚いたことに、首相は、地震がおきて、ものすごいことになっているということを、ご存知ないご様子。 驚いた。ああいう方達は、朝テレビなどご覧にならないらしい。 (誰か知らせる人はいないのか)
そうこうするうちに、テロップは次々と死者の名前を報道。 最初数人だったのが、どんどん数が増えていった。 街のあちこちで煙も上がりだしてきた。 消防車は何故こない、と思った。はやく消さないとどんどん広がる。 案の定、夜には大火災になっていった。
病院が怪我人で溢れ、廊下で寝かされている人達の画像もお気の毒だった。

ゴジラのような映画では、こういう時、内閣総理大臣が叫ぶ。「自衛隊出動!」
現実は違うんやねぇ・・・そう思った。 今まで何となく信じていたものが、信じるに足りず、あまりにもろいということに気が付かせてくれたのが、阪神淡路大震災だった。
[PR]