タグ:植物画 ( 26 ) タグの人気記事

10月25日 火曜 曇り 旧暦 9月25日
d0101846_07071008.png
昨日の晴天とは打って変ってどんより空。
昨夕は空に魅かれて黄昏散歩に出る。
まぶしい夕日に向かって歩きながら「カミさん」に話しかけた。
(当方、宗教関係者ではありませぬ)
あまりに眩しく神々しい夕日なのでカミさんが居るような気がしたのだ。

カミさん、あたいも年くっちゃいました。この世によんでもろうたけど、なにかお役に立てましたやろうか、、というふうなことを、、


マシンで描く植物画はまだ慣れないので出来はよろしくない。

よく、思ったこと、想念と言いますか、言葉にした事がそのまま貴方の人生になる、とか申しますが、それは本当だと思います。

例えばこの絵の茎の部分の二本の平行な線を引く場合、描いた線の一ミリ横に同じように線を引くのだ、と想い念じて描くのとそうでないのとでは違ってまいります。

色を塗る場合もはみ出さずにきっちり塗るぞと想念するときっちり塗れます。

丸を描く時も、まん丸の丸を描いてやると想って描くのと、そうでないのでは違ってきます。

若い頃はこれを念力とか言ってましたが、これはこの世の法則だったんですね。





[PR]

1月28日  木  晴れ     旧暦 12月19日
d0101846_07274751.jpg
起き抜けに、急に悟りを開いたようになる時がある。

おばあちゃんは、自分の13才くらいの時に老衰で亡くなったが、最後の時がきて、寝付いている時に、ああ、蒸しタオルで顔や手を拭いてあげることぐらい、あの時の自分にもできたはずだ、
だいじなことはそういうことだったんだ、と。

人より多くを持つことを望んだり、多くの栄誉を望んだり、そんなことはどうでもいいことだったのだ。
学校でいい成績をとるとか、そんなことはほんとにどうでもいいことだったんだ、
と、今頃気が付いてもしかたないのであるが、そういうことだったのだ。


d0101846_08153376.jpg
実写版追加。


[PR]
12月8日  火  晴れ    旧暦 10月27日
d0101846_07134863.jpg
上等の朝であります。
星と三日月がとてもきれいで、朝焼けも上等。

先程、道に、猫のような猫にあらず、なんだろ、たぬきか?あらいぐまか?という生きものがいて、隣家の生垣の中に消えていくのを二階の窓から目撃しましたが‥

昨日は亭主のきらいな粕汁をたっぷり作り、今朝も飲んで温まったのであります。
毎日粕汁でもいい、あたたまるし。

さて、これから先、認知症の人がすごい数になっていくという予想がありますが、自分は関係ないとは決して言えないのです。
よく、アルミ鍋がいけないだとかの説がありますが、どうも、これまでの経験から言うと、人がボケてしまう時ってそういうことではなくって、何かしらの精神的な負担が掛かった時に、それに堪えられなくて鬱っぽくなったことをきっかけにして、人は壊れていく、という説に私は頷くのです。

朝ドラのカーネーションのしっかり者のおばあちゃんがボケ始めたのも、息子さんがハッキン懐炉でボヤを起したのがきっかけでした。
ああいうの解りやすい設定でしたわね。

なんというか、今までは何か起こっても頑張りが利いたけども、もうあかんわ、と燃料が切れた時、人は自らをほうけさすんじゃないのかなぁ。
なんだか自分もそうなりそうないやーな予感がいたしますわ。
この先、解決がつかないような大きな問題が持ち上がったら、もうあかんって感じよ。


[PR]
12月5日  土  晴れ    旧暦 10月24日
d0101846_07273134.jpg
西の方は晴れて、東は曇っている、そういう天気です。引き続きじわーっと冷え込みます。
制作中のワンピースは出来ましたが、エプロンに格下げで写真はありません^^。

さて、昔CMで機嫌の悪い人が出てきて、「あなた下着がキツいのではありませんか?」とかいうのがありましたが、実際、身に合っていない下着を着ていると不機嫌になります。
ここは男性の方も見に来て下さっているのだが、男物のパンツなんか仕立てが複雑だし、履き心地のいいものわるいものに別れるのだろうなとか想像します。
メンズ履き心地いい下着なんてのでググっても、男子のほうは情報少ないですね。
そういう情報は共有していった方がいいですよね。

それでショーツなども履き心地のいいものってなかなかむつかしいのですよ。
困っていたのですが、ブログでトリンプの出してるスロギーというのがいいよって、教えてもらってずっと愛用で問題解決。ありがたいね、こういう情報。
そこで、私も今度いいのを見つけたので情報を漏らす。

同じくトリンプのスロギーのゼロフィールのブラはすぐれものです。
まったく身に付けてる感覚ありません。
縫い目もありません。
一応気に入った型があってそれをずっと使い続けようとしていたのですが、この頃肩ひもが苦しい。
このゼロフィールなら肩こりもなんにもなしのらくらく。
で、シルエットが自然体なのです。←ここんとこ初老にはだいじ。

夏にグンゼで似たようなのを見つけたんですが、グンゼは生地がすぐにヨタヨタになって、値段は安いが、長保ちはむつかしいので、値段は倍以上するが結局トリンプの方がお得。

しばらくユニクロのブラキャミも使ってましたが、あれ、着る時が複雑。裏にゴムも使ってる。形が太って見えるなどの難が。
この着るときが複雑というのが難なのです。
こういう形はいっぱい発売されているのですけどね。

というような事なんですが、こういう方面でいい情報あったら教えてもらえるとありがたいな。あくまで初老用ですけどね。



[PR]
11月21日  土  晴れ     旧暦 10月10日
d0101846_07562032.jpg
気が付けば、また三連休なのですね。紅葉なんてのはどうなっているのか、今年はよくわかんないのですが、うちの桜の葉っぱは紅葉してもう落ちちゃいましたが。

毎日地味な絵が続きますが、通路際に水仙の芽が出てきて気を付けてても踏んづけてしまって、真っすぐ伸びるべき所が曲がりくねって育ってます。
切り花で描くよりやっぱり庭に出て地面から生えてるしぜんな草を描くのがいいなということで、庭でスケッチやってます。

え〜、戦争に至るべき道スジ、というのも研究テーマなのですが、ちょっとメモを。

戦争プロパガンダの法則(ミシェル・コロン)

※ 利害を隠す。歴史を隠す。
※ 犠牲者の振りをする。あるいは、犠牲者を弁護する振りをする。
※ 敵を悪者にする。討論を独占し妨害する。

以上の事を踏まえてワイドショーを見てみるとおもしろいんじゃないですかね。
ネズミ男ワイドショーキャスターの番組では、フランスは人権だとか自由だとかの甘っちょろい事言ってるもんで、あんなテロがおこったんや、というプロパガンダを展開してるそうです。
これの先は世論を恐怖をもって誘導して、人民を監視、締め付け、言論統制、をやっちまおうやないか、ということですわね。

アフリカのマリが襲撃されましたが、あそこは金やらウランやらの資源が山ほどある国らしいです。結局、この騒動を企んでいるのは大強盗団ちゅうことですね。
奇麗事で世の中は動いてなく、強盗団に操られてるんですよ、
って、ワタクシ、洗脳されてます?
さて、洗脳されているのはどっちかな?







[PR]
11月19日  木  晴れ   旧暦 10月8日
d0101846_06533416.jpg
ネット環境にトラブル発生の朝であります。
昨日は晴れるかと思いきや雨が降って洗濯に失敗しました。

さて、こうして毎日定住生活を飽きもせず送っている身ではありますが、馬で草原を駆け抜けていった騎馬民族というのにも何かしらの憧れを感じるのでありますよ。
定住地を持たず、地球のアッチ側からコッチ側に移動して生涯を終える、というのもいったいどういう生活なのかあまり見当がつきませんが、なにかスガスガしいものを感じます。
スキタイという騎馬民族がいたのですが、金細工など、すごいものを作ってます。
ん?馬に乗りながらの生活で金細工師も仕事をしていたのか?とか、女や子供はどうやって付いていったのだ、とか、各種の疑問がありますが、毎日動いていた訳でもないのかな。

馬が走る姿にワクつくんですが、いや、競馬には興味はないんですが、昔見た映画、ブラット・ピットが出てたレジェンド・オブ・フォールに野性馬が集団で爆走するシーンがあるんですが、あれよかったなぁ。
騎馬民族の遺伝子も多少入ってるのかなぁ。






[PR]
11月18日  水  晴れるのかな、霧が少し  旧暦 10月7日
d0101846_07194843.jpg
あ〜、さて、今日は頭の中に何も残ってない感じ。
そう言えば朝起きたときも何も頭になかったっけ。
きのう歯医者にいって、喪失感に満ちあふれている、というのが本音だが、まぁいいや。
また出直しよ。
死ぬときまで生きてやる、なんちゃって。

さて、雨が多くて庭はなかなか仕事がはかどりませんが、モデルになるような渋いものはこの時期多いですね。
植物のスケッチは気が安まります。
左から、ホトトギスの種、エリゲロン、ニチニチソウの終りかけの、など描いてみた。


[PR]
10月25日  日  晴れ    旧暦 9月13日
d0101846_07045492.jpg
電車が何時何分にナニナニ駅に着く、なんてことも考えてみればすごいことではないか。
時計というものが出来たせいでわれらの生活は秒刻みになったのである。
何月何日までにこの仕事を仕上げなさいとか、何時何分までにドコソコへ集まるとか、時計があるからこうもこぜわしいのだ。‥と、思いません?

さて、「夜と霧」観てみました。
30分ほどのドキュメンタリーだったんですね。
感情抜きで観たかったので音を消しました。

最初に汽車に乗り込んでいくシーンが出ますが、そんなに悲壮感はありません。この段階では人は健康そうです。1933年だったかな。
汽車のドアも収容者自ら閉めてたりします。
ガス室の場面ですが、ほんの一瞬、天井からシャワーが下げられた細長い部屋が写っただけでした。
シャワー室だと騙されてガス室に送り込まれた、というようなことになってるようですが。
焼却施設も写ってました。何台かあったようです。
これに関しては、言われてる数をここで焼却するのは、計算的にやはりムリがあると感じました。

収容所の全体の画像は、アメリカの日系人の収容所の様子とよく似ていました。

アウシュビッツだけが収容所じゃなかったということも頭に入れておかなきゃいけませんね。

収容所というのは多かれ少なかれ残虐な事が行われた、というのは確かでしょう。

ショベルカーでたくさんの遺体を穴に投げ込むシーンがありましたが、あれが何処で、あれらの遺体はどういうものなのかの説明はなかったです。
遺体はみなずいぶん痩せていました。あれは発疹チフスで亡くなった人達だったのでしょうか。
焼却炉が少なくて対処しきれなくて穴に埋めたのでしょうか。

この収容所の件で、気になるのは、生き残って解放された人はこの後どうしたか、ってことですね。
イスラエル建国で入植して来た人達はどういう経路であそこに集まってきたのか、という視点で調べていきたいと思っています。






[PR]
10月23日  金  晴れ   旧暦 9月11日
d0101846_06564151.jpg
と、言いつつ、昨日は植物の写生をしてみました。
やり始めると、やはり脳が活発化して楽しゅうございました。ちょい追求の仕方が甘いですが‥
何か描きたいものが現れる、というのが大事なんですが、鳳仙花の種がぷくぷくに膨らんで、触れば弾く頃となっていたのでした。

世界の動きがめまぐるしくなってまいりました。
近平さんちのお札が身分が高くなったことやら、いすらえるの妬みやふさんが、ホロコーストはパレスチナのせい、なぁんてこと言い出していて、これがどういう報道になっていくかで、大きな火種になりそうですが、メルケルさんがきっぱり否定、うちがやったんです、って言ってますね。
メルケルさんがきっぱり否定の部分がだんだんかすれて報道されているようですけど。。(コトの真実はわかりませんが)

見なかったんですけど、おとついNHKで大阪夏の陣にエリザベス女王が関係してた、なんていう番組が放送されたんですけど、どうしたの、NHK、情報開示がはじまったのかしら。

ゲオに行ったら、たまたま「夜と霧」が目についたので借りてみたのでした。
タイミング的にぴったりでしたけど、、
日本で1970年くらいに公開された時に観ましたが、観た後、かなーり落ち込みましたが、今、もう一回ちゃんと観てみようとしていますが、ちょっと憂鬱でもあるのでありますが、気になる所をちゃんと検証してみようと思います。





[PR]
8月10日  月  晴れ    旧暦 6月26日
d0101846_06164532.jpg
夜明けはまだ蝉の声で始まるが、夜になるとコオロギの鳴き声など、かすかに聴こえだし、お約束どおりの立秋過ぎの自然の成り行きに満足。
暑さにも寄り添うようにして逆らわないこと、なにごとも戦わないことですか。
と言いつつも、毎日同居人とタタカウ毎日ですかのう。。
修行が足りませぬのう。。
一昨日、カットに行き、さっぱり。
夏は髪の伸びるのも速い。たしかに速い。

ぁ、立秋過ぎになぜに虫が鳴き出すかというと、コオロギ、バッタ、カマキリとか、鈴虫とかいろいろ、この時期になるまでは羽がないのです。
何回か脱皮を繰り返し、この秋を迎えるこの時期に最終脱皮の末、羽のある生物となり、生殖活動に入るという訳です。
違ってたら御免、思い込み激しいものだから。。




バッタの抜け殻
[PR]