3月26日 日曜 雨 旧暦 2月29日
d0101846_08042052.jpg
年に何度かのお楽しみ、街まで生地を買いに行った。
こんなに買い込んでどーするの、と自問しているが、行った時に買っておかなくてはという気持ちが働いて、ついつい⋯
だってここは安いとこだもん。

真ん中辺りの幾何学模様二点が見つけものであった。
幅が150以上あり~のの1メーターで、たったさんびゃくえん!
と、安買い自慢をついしてしまう。
全体に色が明るいよね。
そうさ、明るい色を着なくっちゃ楽しくないよ。

生地屋に行く前に一軒画廊に行ったが、久しぶりに画廊のオーナーさんと生身の人間とのコミュニケーションを取れて、やっぱりたまには出掛けなきゃね、と思ったよ。出掛ける前は面倒だったけどね。

そのオーナーさんも自分で作ったものを展示していて、作ってる時がもういっちばん楽しいんだ、って言っていた。



[PR]
1月12日 木曜 晴れ 旧暦 12月15日
d0101846_07282389.jpg
冬ってこのくらい寒くないと冬じゃないよね。
キリッと引き締まってよいのだけれども、キッと冠状動脈なども縮みあがってる感じで、ヘタすると儚い命になるやもしれぬ。

なぁんてことも無いとは思うが無きにしもあらずなお年頃。
気をつけませう。

というようなことは置いておいて、また新しい生地を買ったのでルンルンな気分。
濃紺なのだが、一見、黒に見える。
おもしろい織りの生地。
分厚く見えるが、透かすとスキスキで割と薄い生地ね。
素材はウール、、だと思う。
これでね、長袖のゆったりしたワンピースを作っておこうと思って。
リトルブラックドレスじゃなく、ビッグブラックドレスってのをイメージしてる。
ちょいフォーマルを狙ってる。
今回型紙を購入。
届いたらまたご紹介。


[PR]
12月4日 日曜 曇り
旧暦 11月6日
d0101846_07264916.jpg
ヘアースタイルが蘇ったので、ちっとはお洒落もしなきゃな、という気分になってきた。
こういう生地が溜め込んであったので気になっていた。
黄色とグレーのストライプ、ストライプというのが何気にトレンドじゃない?
これをどう料理するのか、ちと難しいけどね。
冬は、セーターを着て、上にチュニック風のを着るというスタイルだが、やはりゆったりしたものの方が脱ぎ着がしやすい。
それと普段に着るには猫の毛が付かない、いや、目立たないのでないと寛げない。
白い方のは一目惚れしてたんだけど、値段が高かったので躊躇してたら、シーズンオフに半額になってたのを手に入れた。
これはコートが作れるくらいの長さがあるが、どうしようかな。
ワンピースなんていう選択もありかも。


‥と、呑気なことを言っている場合でない。
ひと月前に取得した大事な書類を何処に仕舞ったか、何も記憶がない。

物忘れがひどいのは今に始まった訳ではないが、こういうふうに新しくうちにやってきたものを、即、何処かに仕舞ってしまうと、まったく記憶に残らないという事が多くなった。
例えば便利そうな手芸用品とか買って何処かにすっと入れ込んでしまうと、もうどこに仕舞い込んだのかわからなくなる。
取り敢えずここに仕舞っておこう、というのもご法度である。

今日はちょっと年末掃除も兼ねて周辺を整頓しないといかん。
同じ仲間どうしきっちりまとめておかないといけない。


[PR]
9月30日  金  晴れ       旧暦 8月30日
d0101846_06492854.jpg
d0101846_06500347.jpg
晴れですよ、晴れ。
晴れてると、アレもしよう、コレもしよう、と身が軽くなるのですが、昨日みたいにどんよりしてると、ジョキジョキっと切って一休み、ガチャガチャと縫って一休み、という具合にはかどりません。

さてこの生地は、パンツ用と、ガウンコートを作る予定で6メートルも買ってまいりました。
最近、同じキレで上下作っておいたほうが、何かとコーディネート的に便利ということで、特にこういうシンプルでクセの無い無地は、大量買いする傾向にあります。

ただ、この生地の素性がよくわからんのです。値段は安い。
どこまで耐久性があるかが問題です。
手触りはとてもいいのです。ふわっとして。
毛羽立つといやだなぁ、ってことです。
素材をしっかり確認してこなかったです。綿には違いないのですが、多分化繊がいくらか入っている。縦に伸びるからストレッチ入ってるのかな。

今朝なんか急に寒くなってきてますが、今、この生地ちょうど良さそう。

今日は月末じゃないですか。
9月は、とにかく鬱陶しい天気が続いたっていう記憶しかないなぁ。
世の中はどうなっているのかなぁ。
今日は包丁を研ぐことにしよう。先月確か月末に研いだはず。



※  ※

投稿欄、またなにかリンクのやり方が変わってますよ。
試しに付けてみました。

ん? 今までのようなリンクはどうやって付けるんだろうね
里山ガーデン2

あ、テキストリンク というのに切り替えれば今まで通りに出来ますね。

なんだか、最近、バーが消えたり出たりするので困っているよ。



あれ?プレビューに出ないなぁ?? いいのかなぁこれで。。


[PR]
9月29日  木  雨        旧暦 8月29日
d0101846_06345911.jpg
なんとも暗い日々で。
今朝も降ったり止んだりして、夜中には相当の雨量があったよう。

昨日も天気は悪かったが、相方が車で生地屋さんまで乗せて行ってくれたのでお買い物を堪能する。
お目当てのシーツ地はイマイチ気に入らなかったのでやめた。

いつものごとく、生地屋さんに行くとしばらくは呆然としてしまう。
パンツ用の生地と、ガウンコート用の生地なんかを物色して、ハギレも見て、
最後にこれに出会って、
ジャージのプリント地の気に入るのがないかと、前から捜していたので、
う〜む、これいいんでないのと、しばらく眺めていたら、通りがかりのオバサマに、それ似合いまっせ、なぁんてことを言われて、そうだよね、これ似合うよね、なんてことで、しばらく見知らぬ人とお喋りをし、その方のお召しになっているスカーフで拵えたというブラウスや、手作りの帽子を見せてもらったりしたのでした。

イタリア製で少々お高かったが連れ帰りました。
じょうずに縫えるだろうか。

他にもゲットしたハギレなどもお見せしたいが、まだ写真を撮っていないのでまた後日。
人の買った生地ってなんだか見たいよね^^。




[PR]
9月15日  木  曇り       旧暦 8月15日
d0101846_06225896.jpg
昨日は毎年慣例になってしまったJR名古屋高島屋「フランス展」で、友くんのお姿をちらっと拝見し、生地屋巡りというコースで出かけてみた。

フランス展はたいへんな人出。
近頃籠りっきりなので異世界。 買ってきたちょっとしたブツは今日磨いてみよう。

買ってきた生地の披露はこういう感じね。
着るものはほぼ飽和状態だが、普段に穿くパンツが与太ってきたので新しく作るという課題が出来た。
今回、難しいキレのとこはやめて、普通に大塚屋と、一年ぶりの布だいこんに行ってきた。
生地屋さんに行くと何分かはぼぉーっとする。
何を選んでいいのか頭がパニクるのだ。

パンツ用には両端の無地ね。
柄物が多かったが、秋はシックに無地で。
普段用なので、白は避けて濃いめの色で。
白のパンツは作り過ぎて、様々な素材で10枚ぐらいある。そのうち普段着に転用するが、汚しそう。

水玉は、また、水玉かよ、って感じだけどなんとなくお目にかかったので連れ帰る。
ジャージね。軽くいつも通りの服にするつもり。

アジア風の模様のはインド綿。縮むのが難点だけど、縫いやすいので、お試し服作りに良い。3メーター以上買っても千円ちょっとだから。

さぁ気分転換したし、元気出して作ろう。




[PR]
5月5日  木  晴れ      旧暦 3月29日
d0101846_07503610.jpg
今朝は何を着ているかというと、オムレツ色の黄色地に焦げ茶の水玉の半袖服を着ている。用心の為、腹巻はしている。
一気に夏日になりまして候。

世間は休日でクヤシいので、われもドライブがてら生地屋に行きたいと運転手に命ず。
水曜はハギレの日だもので期待。
今回大きめの生地がなかったので、ハズレだったかなと、帰り際に見るとこんなお宝を発見。
乙女心くすぐるソレイユ柄。
50センチしかないので、エプロンだなと閃く。
合わせて緑色の数字柄、これを紐部分に使おう。このような緑など身につけたことがなかったのだが、最近心境の変化であります。

d0101846_07500886.jpg
いつもよく行く和食弁当の店でランチと、テイシュが言うが、同じとこばっかり、ようそんなに飽きもせず行くよのう、と舵を切り、新規開拓した店がわりと当たりでありまして、前菜、スープの後に、本日のランチメニュー鶏のカラシ焼きってのがどんっと出て来て、何ともも肉まるっと一枚分。あとデザート、珈琲付きで野口さん+硬貨3枚ほど。
おいしゅうございました。

ここ、母の日コースとかもやっていまして、それらしきお客様が何組かいらっしゃいましたが、みなシーンと静かだったのが気に掛かるところでございます。





[PR]
4月4日  月  雨      旧暦 2月27日
d0101846_06412235.jpg
雨降りでどんより暗い。
服、出来上がってるのもあるが、写真撮ったら、まっくらけ。(ちゃんと昼間に撮っておかんかい。朝撮るな)
というようなわけで、暗いが買い込んである生地の写真を。
ジャージ?ニットものばかり並べてみた。
右のオレンジ以外はハギレである。
用尺は足りないが、インナーにするつもり。
左端のは薄くて地模様が織り込んである。
どれも手触りばつぐん。
右端のオレンジもなかなか信頼のおける生地だ。落ち感がいい。ややしっかりめのニット。

d0101846_06414648.jpg
ご家庭ソーイングにはいくつかコツがあるように思える。
ポイントのひとつが襟ぐりかな。
ここがピタッと仕上げてないと、あら、手作りね、ということになる。
バイヤステープでくるむ技はまだ修行していない。
面倒だが見返しを付けている。
そして、襟ぐりのカーブしてるところは伸びるので、伸び止めテープを貼ってから縫うとカチッと仕上がる。
見返しにも接着芯を貼る(あ、この貼り方は本に書いてあるのとは違ってるのかな)

‥っと‥、こういうの出すと、それ違うよ、という意見も出て来そうだな、、
なにせ、我流です。

それともう一つのポイントは裾の始末が奇麗に出来てるかどうかだと思っている。
これはまだまだ悪戦苦闘である。
やっぱり、裾だけは「切りしつけ」とやらをやった方がいいかもその方が遠回りだけど確実に仕上がるかな。

やり始めた頃は、合い印も知らなくって、そういうのはあちこちの洋裁ブログさんを見て、ああそうなのか、と気付くのでありました。
みなさま、コッソリ教えていただいてます。ありがとうござんす。

最近、ああそうかっ、って気が付いた技は、「大人の日常服」さんに書いてあった、裁ちバサミは型紙の左側に、という技。
まぁそういう基本中の基本のようなことを知らないのであります。


なんと言いますか‥(石飛んでくるかもですが‥
何かをしようと思うとき、何処かに習いに行かなくっちゃ出来ないものだと思い込んでいるとしたら、それはどうかな?と思うのであります。
習いに行っても受け身ではグライダーにはなれても飛行機にはなれない、って何かに書いてあった。
(グライダーってのはゴムを巻いてもらわなきゃ飛べないからね)

痛っ。







[PR]
3月19日  土  雨     旧暦 2月11日
d0101846_07193080.jpg
雨の音が‥
この音で季節が変わっていく。
今日咲き出した花は雪柳。
ナニも考えずにお餅を搗いたのだが、明日からお彼岸に入るのだった。

さて、ゲットしたハギレの記録。
ハギレを買う目安は、なるたけ大きいもの、服一着出来るくらいの大きさのものを狙う。
今回冬物半端物が一掃されていたのか左ふたつは超お安い。
左端の栗色のは表がスエード調で裏がつるっとしている。
ジャンパースカートが出来るだけの分がある。
たったの80円でっせ、と安買い自慢をする。

その隣のチェック、平凡で面白みはないが、これもジャンパースカートにするつもり。これもなんてったって100円でっせ、とまた自慢をする。

今年家で着た服はジャンパースカートが多かったので、家用にと思っているが、案外外用のものになるかもしれない。

薄茶色のはアーガイル柄の普通の木綿。なぜか生地幅が140くらいありそうなので、襟元にギャザーの入ったブラウスの試作用にしよう。
安く買った生地は試作用にしている。
昨日の左端のワンピもそういう生地である。

右端は80センチしかないのでテーブルクロスに。
裏起毛になってるので、ちょうどいい。
こういう半端なのは目的をちゃんと見極めて買わないとどんどん生地が溜まっていく。

さて、雨のせいか、眠いですね。
明日晴れたらツクシを取りに行こう。




[PR]
3月14日  月  雨      旧暦 2月6日
d0101846_08044429.jpg
雨の月曜日であります。
たんまり夢を見てしまったが、忘れてしまった。なぜか3日前に見た夢は覚えている。

さて、この夢のような生地を眺めてニタニタしているのであります。
これで、カジュアル過ぎない服、というのを目指そうと思っている。
かと言って、その逆の方向にも行き過ぎない服ね。
おお、技術を向上させねば、ねば。

左の方は写真ではやや見にくいが、織りの生地である。材質は何なんだろ、聞くの忘れたが、ウールではないようだが、やや暖かい手触り。
3月4月にちょうどいいかな。白いドットに見える所がレーヨンかなにかの糸で織られている。
右は似合わないのは判っているが買わずにおれなかった。
どうよこの刺繍。クラクラするわい。
どちらもややお値段は高いが腰が抜けるほどではない。
既製服ってネットで見てると、えっ、これが1万円も?というようなものばかりである。それに比べれば、うほほと笑えてくる。

さぁ、今日もぬいぬいざんまいの雨の日。





[PR]