タグ:雑貨 ( 101 ) タグの人気記事

d0101846_5432570.jpg

色鉛筆にも、いろいろ種類がある。 東急ハンズの色鉛筆売り場に行くと、ワクワクする。種類ごとのたくさんの色の色鉛筆が並んでいるからだ。
堅さとかが種類によって違うのだ。 水彩色鉛筆といって、水をつけた筆でこすると、水彩で描いたようになるのもあるが、あまり使いこなせていない。いいものに出会っていないせいもあるかもしれない。
この中では、やっぱり、一番チビているトンボのが描きやすいかな。

※   ※
なんだかどうしても気になるので記事を追加します。
上のちびた鉛筆はどうやってあんな短いので描くのかと、疑問に思われた方もおいででしょうが、↓こういう道具に入れて使うんですが、いったいこの金属で出来た短い鉛筆長くして使う器は、ほんとうは何と言う名前なんでしょう。 
ご存知の方があれば是非教えてください。


d0101846_9535997.jpg

[PR]
d0101846_7465838.jpg

のどが腫れて不調。 8時に寝て2時に起きる。 いくらなんでもと2度寝して今に至る。 こういう日は夢をみる。 また、トイレが登場した。立派なトイレが実家に2つある、こういう内容で話が展開したが、ほぼ忘れてしまった。

昨日の箱の全貌であります。 
お土産のわさび漬けの丸い箱に細工した、エコな物件。
こういう丸い箱はいくつか作った。中身はごみばっかり溜まり、あまりモノの役には立たない。
[PR]
d0101846_65636100.jpg

いつも買うチーズの箱でなにかできないものかと、つい溜め込んでおく。

アイデアはいくつかあるが、大それたことを考えてもなかなか実行に移せないから、
ごくシンプルにコースターをつくってみた。 キルト芯を入れて布をかぶせただけだが
案外、使い勝手がいい。形がしっかりしているので、ちょっとしたトレーがわり、お茶托のように使える。
(消耗品なので、作り方は雑)
 
http://totisan.exblog.jp/7678536/  ←チーズの箱  あれぇリンクがつかない??
[PR]
d0101846_6545645.jpg

なんだか、ごみ箱にポイ出来ずに、こそっと持ち帰り。
どーするのよ、こんなもの持ち帰って?
だって、感じいいんだもん。 いいもん、ふたもついてるし、
どんぐりとか、椿の実を入れたりするのに使おうかななんて。。

(記事を追加するのことね)
この紙コップが、思わず持って帰りたくなる理由、それは、これらは、マクドナルド、Mr.ドーナッツといった、アメリカ資本大手のファーストフード店で、デザイナーもきっと超一流なのだろう。 デザイン命ということもあるだろう。
それに比べて悲しいのは、市営地下鉄のカード型の切符。しょっちゅう遣うものなのに、あまりに悲しいデザイン。 へんな図柄をいれるくらいならいっそ無地にしてもらいたいものだ。   役所仕事というのは、どうしてこういうことをお座なりにするのかねぇ、
あ!そうそう、今度の後期高齢者の保険証、噂以上にひどいもんでした。
それについては、いづれまた。
[PR]
d0101846_7393348.jpg

ガラクタのアクセサリーの入っている引き出しG-7。
ときどき、並べて遊ぶも、いとおかし。

なんだか、珍しくやるべきことが多い今日この頃です。 まず、庭には草が生えてくる、それを
種がついて子孫を残す前にやっけねばならん。 落ちてくる落ち葉もかき集めて (春にも落ち葉っておちるんですよ、 特にクスノキは顕著です) 通路に撒かねばならん (詳しくは里山ガーデン) 黄砂で汚れたベランダも掃除をしたい。 冬服を片付けて、春の服と入れ替えねばならぬ。。。等々、やたら用事が多い。・・・といいつつも、ぼぉ~っとしているこの現実(汗!

今日は一つだけ。 ベランダのお掃除をしよう。
[PR]
d0101846_9591125.jpg

これは、フランスの片田舎の蚤の市だったが、蚤の市にいってアンティークレースを買いたいというのが目的のような旅行だったのだが、ある店で段ボール箱に詰め込まれた汚らしいレースの山を見つけた。言葉も通じず、面倒なので、一箱全部でいくら?と(もち、日本語で聞いたら)
なんと、日本語で返ってきた。 売っている人が日本人だったのだ。 (あやしい?)
彼女の言うには、これは、某伯爵家の倉庫から出たものだ、というのだ。 まぁ、話半分に聞いても、なかなか良さげなものが入っている。で、やや高かったが、ほとんど言い値でお買い上げ。

家に帰って検証していると、あながち伯爵家云々も、嘘じゃないようなものも入っている。
この写真に写っているオレンジっぽいものなど、ドレスの胸当て部分だ。下々の人の身に付けるものでもなかろうかんじ。

で、これらは、大切な私のお宝になったわけです。
[PR]
d0101846_8212923.jpg

飾り棚の中に、なんだか一年中いらっしゃるお雛様。
郷土人形か、土人形だったかの本に、こういうお雛様が載っていて、真似して紙粘土で作ってみたもの。 紙粘土の上から紙でコーティングしてある。
[PR]
d0101846_8424657.jpg


全体像
[PR]
d0101846_7371645.jpg

伐採した樹の枝などを、少し斜めに角度をつけてノコギリでひきます。もう一方も、斜めにして切ると、こういうスイカ型の木片になります。 それに絵の具で色を塗ると、こんな可愛いスイカになります。

もう、1年ほど前になってしまいましたが、この記事のコメント欄でmican-lingoさんが、この着色する前の木片を、たまごせんべいに違いない、、とおっしゃっていたものの正体はこれでした。

あちゃ・・!今日は27日、大事な御用を忘れてた。tito、お出かけしてきます。

d0101846_738067.jpg
[PR]
d0101846_734884.jpg

これが、我クロスステッチ歴最大の作であります。 例によって、刺しただけで形にはなっておりません。  もう、クロスステッチのストックはないぞ。。 いっちょ新作に取り掛かるか、、小さいものをね。
(コサージュのようなのは、フリーマーケットで入手。マフ、あのロシア人が手首に手袋代わりに使うものね、それに付いていた飾り。 どこのだったか忘れたが結構なブランド品)
[PR]