人気ブログランキング | 話題のタグを見る

またキュウリ ARR

またキュウリ ARR_d0101846_05492506.jpeg
これは、昨日取れたキュウリ。 
キュウリは自家栽培のはなぜか美味しくないね。皮が硬いし水分も少ない。

えらく大降りの雨、今上がった。

雨だとギックリ腰の調子は良くはないが、休養する事が出来たので却って疲れが取れて身体は軽くなった。
こういうのも休養しなさいというお告げっぽい。痛むということは合図なのだ。

連休から後、何だか疲れが溜まっていて朝起きた時にすごい疲労感を感じてた。
とても起きてすぐ踊り出すなんてふうではなかった。
失ってみて分かるが、朝身が軽いというのは素晴らしい事だ。

またキュウリ ARR_d0101846_19034778.jpeg
またカエルのタマゴが産み付けられている。
雨の中傘をさして見に行ってるのがバレるね。

もうすぐメダカの卵も発見する日がくるだろう。
池Aも修繕して蘇っている。 そちらの方は何やらメダカの卵を買い入れて孵化させてるようだ。




あの船が引き上げられたが途中で落ちた?
引き上げられると聞いた時からそうなるんじゃないかなと思ったんだけど、アタリだった。


またキュウリ ARR_d0101846_19033486.jpeg
今日の一品は失敗だが美味しかったもの。
コウケンテツさんの動画で「もやしとシーチキン焼き」というようなタイトルだったが、モヤシが無かったのでキャベツにして、シーチキンはあったけど、竹輪を消費してしまわないといけないので、
キャベツ千切りと竹輪薄切りをごく少量の粉でまとめて玉子も入れ、お好み焼き風に焼くのだが、
まとまらなかったという物件。
竹輪ではまとまりにくかったんだね。きっと。


最近面白いYouTubeが無かったが、マニア向けに アヴァンギャルド・リサーチ・リポート
AVANT-GARDE RESEARCH REPORT
地球はほんとうはどういう形なのか、私達の住んでいるのは本当はどんな場所なのか、
と言ったハナシ

何年か前にかなり凝った画像で出ていたような気がするが日本語訳がついてなかったが、日本語訳付きで出してくれている。ナレーションでね。ナレーションも質がいい。

何だか知らないけど義務教育でこうなってるんですよと教えられてそのまま信じ込んでいるというのもね。 おかしなことはいっぱいあるんだから追求しないと。






# by daikatoti | 2022-05-27 06:19 | パレット | Comments(2)

久し振りにギックリ腰

久し振りにギックリ腰_d0101846_07030923.jpeg
狭い木立ちの下で草を刈っていたら やっちまったよ、ギックリ腰。
幸い軽症で済んだ。
昨日は1日の半分は天井を眺めて暮らす。

久し振りにギックリ腰_d0101846_19190871.jpeg
※ ※ ※


久し振りにギックリ腰_d0101846_19195639.jpeg
池、、水溜りと言った方がいいかもしれない。
新しく野生のメダカを入れた。
去年のには外来種が混じっていたらしく、ほんまもんのメダカは駆逐されていた。

メダカが泳いでいると水の中がイキイキしてくるのが不思議だ。

きっと地球にも人間や動物がいないとつまらないはず。

花が咲けば虫が来る、それが自然。

水の周りにも虫が来る。トンボが来て産卵していったらいいなぁ。

蛙もやって来ているし、既におたまじゃくしも生まれている。

久し振りにギックリ腰_d0101846_19564330.jpeg
嫌いな方はごめんなさい。殿様蛙です。

当地ではもうすぐ田に水が入る時期。

久し振りにギックリ腰_d0101846_19201044.jpeg
またこれだけど、今日は蛙が小さいね。この前のとは違うカエル。

# by daikatoti | 2022-05-26 07:21 | パレット | Comments(8)
家庭菜園の収穫  ピザにはタバスコ_d0101846_05333646.jpeg
植え付けた野菜苗の生育は順調です。
胡瓜も何本か既に採れております。 変な胡瓜ですが早めに収穫したものです。

トマトはすぐに脇枝が伸びてしまうね。見てるつもりが見逃すと複雑なことになっている。

春先に植えたジャガイモを収穫するのが待ち遠しいが、いい加減に植えたので果たして芋は出来ているのか?

アスパラが家庭菜園の女王さまだと思っているが、株が絶えてしまった。
植え直したいが根っこは今の時期売っていたっけ。

家庭菜園の収穫  ピザにはタバスコ_d0101846_05441734.jpeg
倒れ込んだ枝や、元々茎の弱い雛罌粟などが支え合ってる。
この場所に次は百合の花。
右側の葉っぱはブルーベリー、今年は凄いたくさんの実が。
雛罌粟は何箇所かに植えてある。勝手に生えてきたのもある。
早く次の夏用の苗を植え付けたくてたまらんのだが、まだまだ春の花は咲き続けそう。



家庭菜園の収穫  ピザにはタバスコ_d0101846_05073771.jpeg
今日の一品はよく出るピザ。小麦断ちしてるが、最近パンもサンドイッチの魅力に負けてよく食べている。
これはピザシートだけ買ってきて、ピザソース塗って野菜とチーズ乗っけてトースターで焼く。
緑のは胡瓜じゃないよ、ズッキーニさ。もうちょっと焦げ目がつくとよかったけど。

半自家製ピザを食べるたびに、ああ、タバスコが有ればなぁ、味が締まるよね、と思いながらこういうどうでもいいものは買い物に行っても頭から消えていて、それこそ何年もタバスコ ラヴっと思い続けていて、やっと何かの拍子に思い出して買う事ができた。



家庭菜園の収穫  ピザにはタバスコ_d0101846_05440365.jpeg
咲いたんです!



# by daikatoti | 2022-05-25 06:05 | 日々のこと | Comments(10)
麦茶で子供用コーヒーはできるのか_d0101846_19140510.jpeg
この飲み物は?
いやその前に、いつやら今月の刺繍とかやるといいいね、なんて事を言っていたのでした。
全くいい加減なヒトでスッカリ忘れていて、でも此処はお裁縫関係のブログでもある訳でたまにはこういうものも出さないとと、過去作だけど添えておきますね。

それでこの飲み物の話に戻りますが、
麦茶を煮詰めて濃〜くして砂糖とミルクを入れると子供用のコーヒーになるんだよ、という事を前に山口もえさんが言っていたので、一度試してみようとやってみたのです。
量が極端に少ないのは鍋に掛けて忘れていたのでこんなに量が減ってしまったのです。
あぶない、あぶない。。

お味の方は、確かに子供用のコーヒーって感じです。納得しました。
その話聞いたのもう少なくとも10年は前でずっと気になってたんです。
コーヒー牛乳とかこういう方法で作ってあるのかなと思いました。


麦茶で子供用コーヒーはできるのか_d0101846_19151970.jpeg
今日は庭の吊りものをご紹介。
去年からこの手のものに興味が湧き出し2、3買い求めたり頂いたりしたもののお世話をずっとしてるわけです。
ほら、花が咲きそう。

麦茶で子供用コーヒーはできるのか_d0101846_19145319.jpeg
こちらもなんだか元気がなかったのだけど、急にイキイキしてきました。花芽はまだ見つけられません。
この前、天恵緑汁のなんちゃってもので、草の発酵したものを水で割って与えたんですけど、気のせいかなんだか効いてるんじゃないのかな。
実験するとか言ってて、もっと証明できる形でやらなきゃ気のせいで終わってしまいますね。

クローバーのお漬物みたいなのは現在仕込み中です。

麦茶で子供用コーヒーはできるのか_d0101846_19144061.jpeg
こちらははっきり花芽が出て来てうれしいな。すみれも生きてる。

こういうのとか、鉢もののお世話を毎日やる訳ですが、そういう時間ってすごくいいのです。
ペチュニアの花柄摘みとか大好き。
そういう 言ってみればしょうもない事をのんびりやっている時間こそが一番いい時間なのかも。

忙しそうな人が、アクリルタワシを編むような暮らしがしたいのよ、って真に迫って言ってましたが、それ分かるな。何かしら忙しい時って、そういうしょうもない事がやたらやりたくなるよね。



麦茶で子供用コーヒーはできるのか_d0101846_19350596.jpeg
売れ残りで安売りされてた人形を引き取ってきたんだけど、此処の場所が嬉しそう。

# by daikatoti | 2022-05-24 06:41 | 雑貨アート | Comments(10)

昆虫雑記

昆虫雑記_d0101846_12214820.jpeg
なんだか玩具のアヒルみたいだ。

さてさて超特急で月日が経つ、ほんとに連休が終わってから速かったね。
このところ動き過ぎて疲れが溜まっている。
以前までちょっと力仕事をすると色々痛いところが現れて、そこで自重するというふうだったのだが、最近、例えばスコップで土を掘ったりすると直ぐに顎関節の辺りに痛みが来ていたのだが、痛くならない。だもんで休むことなく動き続ける。
これは果たして吉か凶か?

よくお年寄りが夏でも暑いということが自覚できなくて熱中症になると言うような類のことかもしれないね。


昆虫雑記_d0101846_05272130.jpeg
オルレアの上に偶然にもかすみ草が被さってなんだかいい感じになった。
かすみ草は結えておかないと広がってしまうようだが、ちょうどオルレアが支え棒の役目をしている。

この何週間か昼間に外に出るといつも黒いアゲハ蝶がヒラヒラ周りを飛んでいた。なんだか付け回されてるとでも言える感じだった。えらく友好的だったのだ。
そしたら昨日また飛んできて側の葉っぱに止まった。
あら、こんにちわ、と挨拶したが、蝶々さん羽がもうボロボロになっていた。
雨に叩かれたのと寿命が来たのだろうね。
なんだかふと別れの挨拶に来たような気がした。
何かの御使いだったのかもしれない。妖精の化身かもしれない。また帰ってくるだろう。


青いメドウセージも咲き始めた。
メドウセージが咲くと熊ん蜂がやって来て蜜を吸う。
熊ん蜂は恐ろしい姿だが、基本刺すことはない。
知らないと恐れる。知っていると怖くない。
知識と経験とで、熊ん蜂はブンブン音を立てて怖い姿をしているが被害は及ぼさないと知っている。
なんでも知らないでいると恐れる。間違った知識で恐れる。
だから、知るということは大事だと思っている。…何事もね。


昆虫雑記_d0101846_12222372.jpeg
これは作りかけでどうなっただろうと思われてる方もおられるかと。
ほぼ出来ていて使っていて、上の紐だけなかなか付けられなかったのだが、やっと付けた。
鍋で炊いたご飯の蒸らし及び保温用のカバーね。


昆虫雑記_d0101846_12221113.jpeg
あまり代わり映えしない朝ごはん。
ニラ玉、とろろスープ、トマト酢玉葱乗せ、ラデッシュのお漬物など。




# by daikatoti | 2022-05-23 05:57 | Comments(6)

毎日綴る絵日記帳    まるかバツか答えがふたつしかないって オカシイ


by toti