マッチラベル〜ひとこぶ駱駝の図

d0101846_7433460.jpg

こういうマッチは主に輸出用に生産されたらしく、輸出先のお国柄に合わせて図案を考えたらしいのだが、なんだか、いちおう駱駝であることは分かるが、謎の生物に近い。
きっとこの頃は駱駝の写真も探してもそう見つからず、ほとんど想像の世界であったのであろう。
今はパソコンで画像検索すれば山ほどの情報が入手可能である。便利になったわ。


朝のうちに毎日ゴミ袋一杯,草とりや、樹の伐採をすることとす。
運動になってお腹が減って、ホットケーキを二枚も食べてしまった。
by daikatoti | 2009-10-24 07:49 | マッチラベル | Comments(16)
Commented by mototot at 2009-10-24 08:06 x
足がマッチ棒のようやね。
LEさんの現地写真だと、すわった後ろ脚なんか人間くさかったね。
Commented by new-kero at 2009-10-24 09:19
遠く彼方の国から入ってくる本や絵などを参考に、
足りないところは想像力でおぎなって描いてはったんでしょうね。
キリンとか象とか犀なんかも、昔の絵はエライことになってて面白いです^^

このラクダさんは目が人間くさいですね。分別ありそうな。
Commented by yocchi0220 at 2009-10-24 11:46
ケロさんの言うように、分別ありそうな駱駝だ^^
駱駝って足先がおまんじゅうみたいですよね。ざぶとん付けて歩いてる
みたいなね。^^ミヒャエル・エンデの世界にいそうな動物ですな、これ。
Commented by mamaさん at 2009-10-24 12:01 x
想像でこれだけ描けたらたいしたもんだ。子供が幼稚園時代に描いた象は長い足ですた。絵本のは太くて短いのにね。
(コメ入れ直し。読み飛ばしてましてん、ゴメン)
Commented by daikatoti at 2009-10-24 15:32
★motototさん  ほんとだ、足がマッチ棒に見えるね。
LEさんとこに載ってた駱駝の後ろ足、ほとんど人間だったね^^
どうもどの駱駝も後ろ足だけ妙に人間くさい。というか、駱駝って妙なバランスの動物だ。人間が途中から動物になったみたいな変な動物だと気が付いた。
Commented by daikatoti at 2009-10-24 15:40
★new-kero さん  調べてみると面白いですね。始めて駱駝が日本に来たのが1821年ですって。オランダ人が長崎に連れてきたそう。将軍に献上しようとしたけど、断られて、見せ物になって巡業して、北国の冬の寒さに耐えられず死んでしまったという、可哀相なことでありましたそうな。
その全国巡業で日本中の話題になったのかもしれませんね。歌にも登場したり、ジジシャツのことラクダのシャツとか言いますもんね。

顔は、描いた人の困惑が伝わるようでありますね^^
Commented by daikatoti at 2009-10-24 15:43
★yocchiさん  さすが、ラクダのこともよくご存知。足がどうなってたとか、見ずに描けなどといわれたらとんでもないことになりそうです。動物園で見る駱駝はやさしそうな目といつも口をもぐもぐしていて、匂いがすごい、という記憶。
キリンビールのキリンに近いものがあるような‥架空のものみたい^^
Commented by daikatoti at 2009-10-24 15:45
★mamaさん  足の長いぞうさん、かわいいじゃないですか。
実際、像って足長いですよ。
動物園に連れてこられた動物って、ほんとはとってもかわいそうだな。
Commented by tripper_01 at 2009-10-24 17:16
これは駱駝じゃなくて西アジア原産の"Armor Camel Dog"であります。
Dogとは云っても犬ではなく馬の一種、18世紀にイギリス人によって発見されたものの、すでに絶滅種だったとか。
嘘だけど。
Commented by daikatoti at 2009-10-24 18:49
★tripperさん  噓ですかい^^;いかにもほんとらしい話で‥
そういえば、あのウィーンの黒駱駝亭?あれ、1618年創業の老舗らしいですね。アレ?ほんとかな?
Commented by Kmama at 2009-10-24 20:37 x
totiさん。今晩は。

ラクダさんを拝見して、ずっと昔Kmamaが子供の頃に動物園に行った時の事を思い出しました。
「その女の子は、ラクダさんにおやつを差し出したり引っ込めたりして遊んでいました。ラクダさんの口の周りはヨダレだらけ。でも、女の子は相変わらずおやつを差し出したり引っ込めたりしていました。
終いにラクダさんは怒って女の子の首をパクリ。女の子は泣き出して・・・。私の父がステッキでラクダさんをポカリポカリ・・・。
ラクダさんは、女の子を離しました。女の子はヨダレだらけでしたが無事でした。」
Kmamaは、子供心に悪いのは女の子だ!!ラクダさんは悪くないー!!と思いましたぞい。

↓ご近所でもヒートテックは評判です。昨年買われた方は、今回はワンサイズ小さいのを買われました。ピッタっとした方が暖かいそうです。
私も無くならないうちに買いに行かねばー。
Commented by LE at 2009-10-24 23:59 x
この駱駝、キリンビールの麒麟ぐらいすごいですね。漢字で書く駱駝、だね?Tripper説、信じるところでした。
Commented by Nicole-ay at 2009-10-25 00:18
私はこういう昔の動物の絵が好き^^小さい頃読んでいた絵本に、なんだか得体の知れない動物がよく登場していて、そういうの思い出すからでしょうかねぇ?
Commented by daikatoti at 2009-10-25 08:03
★Kmamaさん  うっわ^^!、気持ち悪くてかわいそうだったねぇ、その女の子。意外と凶暴なんだ駱駝って。 駱駝さんをおちょくっちゃいけませんね。
ヒートテック、私はワンサイズ大きいのと思いましたが、そうなんですか、ピチピチの方が暖かい? でもゆったりしてないと苦しいので、わたしはゆるゆるサイズがいいな〜
Commented by daikatoti at 2009-10-25 08:07
★LEさん  そちらに載ってた駱駝のお尻から足にかけてのラインは、妙に生々しかったです^^
この明治だか大正だかわかりませんが、その頃の人間に比べて情報量というのは比べ物にならんくらい多いのですが、そのことによって、人間の知能というのは発達していくものなんでしょうかねぇ?

t説はすごい創作ですね。
Commented by daikatoti at 2009-10-25 08:10
★Nicoleさん  どんな絵本だったんだろね? 小さい頃見ていた絵本にもう一度巡り会えたらいいね。
猫が下駄箱の上とかに3〜4匹描いてある絵本で猫好きに火がつきました。
ままごとの絵に赤いルコウ草なんかも描いてあって、エキゾチックで憧れました。
名前
URL
削除用パスワード