人気ブログランキング |

その後の顛末/試し摺り

d0101846_7125290.jpg

何事も気の急くワタクシ。彫り上がった型を早速試し摺りしてみました。
ちょうどシミがついて捨てる予定の手作りの服があったのでそれに染めてみました。
ね、いいでしょう?シンプルだけど粋な感じ。とっても気に入ったわ。

d0101846_7131881.jpg

これが染めているところ。
何回も型紙をずらして均等に配置するというのがポイント。印をつけてあるので、そこをよく合わして。アクリル絵の具を使って刷毛で摺り込んでいきます。

そんなこんなでいいもの出来そうだから、きのう夕方布地を買いに行ってきました。

いちおう作るものの目処が立ったので、カッカしてた熱はちょい冷めた感じ。
(これから冷え続けるのがこわい。。)

関係ないけど「摺る」と「刷る」とどう使い分けるのだろ、どちらがこの場合正しいの?

そそ、上の服の前側も面白いのでご紹介しとくわ。
シミがついちゃったのでもうダメなんだけどこのツルもベタをステンシルで入れて、あと筆で手作業で手描きしたの。ロゴも手描きね。
アクリルは洗濯しても大丈夫ということは証明できるね。
d0101846_7332973.jpg

by daikatoti | 2013-10-07 07:13 | 雑貨アート | Comments(8)
Commented by rui-studio at 2013-10-07 10:42
「摺る」はこするというイメージがあります。
やっぱり印刷とおいうことで「刷る」でいいのでは?

それにしても楽しいことをめっけますね。
私もやってみたい!
そして鳥も飛んでいるではありませんか!
(なんか日本画風にみえますが・・・わざと?)
Commented by daikatoti at 2013-10-07 16:09
★るいさん
いいのでしょうかね、これで。

楽しいですが今日は腰が痛くなって休んでます(^.^);;
いいでしょう、鶴です。
昔の着物の本に載ってた留袖の模様からです。
Commented by 魔女メグ at 2013-10-08 11:43 x
大き目の図柄を飛ばしてステンシルすれば、しみ隠しになって、素敵にまだ着れそだわ^^。
Commented by at 2013-10-08 18:02 x
「摺る」と「刷る」 摺るは手偏が付いているから手仕事は摺るが良いのかも知れませんね。 版画は摺ると言います 摺師という言葉も有りますね。
Commented by daikatoti at 2013-10-09 07:12
★魔女メグさん
それもそうだが、これはもう寿命がきとる感じ。
縞模様に柄が入っているのは好みだから、この上に何か図柄を乗せるというのも思案の内。楽しいわ。
Commented by daikatoti at 2013-10-09 07:15
★柳さん
どうも手へんがついてるので手作業でする場合は摺るのような感じですね。
摺師という分野もあったんですね。摺り方によって随分かわるんでしょうね。
Commented by rui-studio at 2013-10-09 15:37
字が気になって調べてみました。
印刷は機会を使って鯛領に写し取る場合に多く用いられるが、「刷る」は版画のように手で行う物まで広く用いられる。
版木から写し取る場合は「摺る」とも書く。

刷・・・同じ版の中で印刷時期が異なる物を刷りと呼ぶ。
    (思うに、なんどもすり重ねる時のことかしら)

摺る(=刷る)というのもあります。

友人に版画をやっている人がいて多く作る場合は摺り師に頼むと言っていました。
また別の知人に摺木という名前の人もいますよーーー
刷木じゃないの。

あぁ、ややこしいーーーー
Commented by daikatoti at 2013-10-10 07:05
★るいさん おはようございます。今朝はよい天気ですね。
もう手でちまちまする方を摺るにしておきましょう。

浮世絵なども摺り専門の職人さんがいたようですね。
浮世絵は廃れたけれど、ああいう彫る事の好きなDNAって生きていて、それで消しゴムハンコをする人が多かったりするのかもね、とか思います。
彫ると摺るって日本人好きなんですよきっと。
名前
URL
削除用パスワード