人気ブログランキング | 話題のタグを見る

仮想世界を描く

仮想世界を描く_d0101846_533347.jpg

雨。夢で家の前の道路が川になってしまって郵便配達の人のバイクが水に浸かってしまっていた。夢。
そういうことが起こりませんように。

夢は夢でも気持がほんわかとなる夢を持つことは健康にもよさそう。悪い事ばっかり考えてると気持が塞ぐからね。

そこで、また、こんな暮しができたらな、というテーマで絵を描いてみた。
近未来である。
今、人々は都会の近くにゴミゴミと寄せ集まって暮らしているが、近い将来宇宙的エネルギーが使えるようになったらば、どんな辺鄙な山奥でも暮らしていける。
会社に行くのは天使の羽装着で5秒で通勤可能。週2〜3日働いて自給自足暮らし。
今のモノの対価は、ほとんどがエネルギー代にかかっている、という意見もなるほど、そんなかんじ。
それが只になれば、生活に必要なものはうんと安価で手に入れられる。

ただね、宇宙的エネルギーは使い方でたいへんな兵器にもなるから、人間が精神的にもっと上昇する必要はあるかな。
そこで、人間の選別がおこなわれるかもしれないな。
それは、宇宙からくる周波数を受け取れるか、受け取れないかで決まるんじゃないかなと思っている。

仮想の話として聞いてくだしゃんせ。わたしゃけっこう本気だけどね(笑
Commented by ruriruri123 at 2014-05-13 10:37 x
わたしも本気で読みました(笑)!。
Commented by momojelly at 2014-05-13 12:50 x
服部みれいさんという方が発行されているmurmurmagazineという雑誌を創刊から購入しているのですが、服部さんも似たような事を感じているみたいです。

9という数字も、完成とか成熟という意味の数だと、その服部さんが紹介していたダン・ミルマンという方の本に記していました。
服部さんは↑この手のオカルト的というかマイナーなイメージを、おしゃれに?明るいイメージで発信している方で、『アナスタシア』という本もすごくお勧めしていましたが、私はこの本は途中で挫折しました。でもdaikatotiさんの仮想世界に共通するものがあるかも。

私は奇跡のりんごの木村さんの本『すべては宇宙の采配』を読んで衝撃を受けました。この方、竜からメッセージを受けたり、宇宙人に拉致されたりしてるのですよね。でも、あくまで木村さんが世間にメッセージしているのは無農薬のりんごのことで、木村さんが嘘つくようにも見えないですし・・・笑 
『クラウドアトラス』という映画、ご覧になりましたか?おっしゃるとおり、要するに映画の『マトリックス』なのだと思います。たぶん。よくわからないけれど。汗笑
Commented by yuriko_chan at 2014-05-13 21:16
↓私はジムキャリーの「ナンバー23」っていう映画を思い出しました。
ネットで見てみて!
Commented by daikatoti at 2014-05-14 07:58
★ruriruriさん 書いてる本人も時々夢見てるんちゃうかな、と思ったりしております(笑
Commented by daikatoti at 2014-05-14 08:07
★momojellyさん いつも変わった情報いただくので参考になります^^。
そういう本もあるのですね。
オカルトとかヒーリングだとかアセンションだとか言う言葉に(今でも)拒否反応してしまうんですが、そういう切り口で出してもらうと、また違ってきますね。

奇跡のりんごの人って、そういう人だったのですね。
有機農業の話だとばっかり思ってましたが、それって宇宙からの導きなのかもしれませんね。
最近肉食は出来る限り減らして行きたい、果物や野菜とかで生きて行きたいと思ってるんですよ。

クラウドアトラス、借りて夕べ観てみましたよ^^。
今まで輪廻転生なんて思想の事知ってはいたけど、捨て去っていた考えですが、やっぱりそれは違うんだなと、今、そういうことが考えの真ん中あたりにいますね。アメリカ人も気が付いたのかな。
Commented by daikatoti at 2014-05-14 08:08
★yurikoさん うん、検索してみた。おもしろそうだ。
いろんな仕掛けがあるんだよなぁ。
名前
URL
削除用パスワード
by daikatoti | 2014-05-13 05:54 | パレット | Comments(6)

毎日綴る絵日記帳    まるかバツか答えがふたつしかないって オカシイ


by toti
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30