人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輪廻転生

輪廻転生_d0101846_7594617.jpg

お茶菓子の「松露」がスーパーの棚で品切れになっていたのは残念。ないと思うと余計に食べたい。
っとか、しぶい珈琲を飲みながら思う朝であります。

一昨日は久しぶりに図書館に行きペラペラ眺められる本を何冊か借りてきた。
読む本は一冊にした。あと、映画を2本。

「クラウド アトラス」という映画を二日続けて観た。一回ではよくわかんなかったからね。
二回観ると、あ、このおかしな東洋人の顔は特殊メイクなのか、とか、えっ、これあの人じゃん、えっ、これもトムハンクスだったのか、とかの発見と、時代の繋がりがわかって、なるほどと納得する映画でありました。
あまり喋るとネタバレになっちゃうので(というか説明がむつかしいので)省略するが、
この映画マトリックスの監督が作っていて、だいたいその流れの映画である。
輪廻転生ということがテーマで19世紀から24世紀までの6つの時代の物語が同時進行して行って、少々わかりにくい、そして長いが、いい映画でした。
ハリウッドはこういう映画を娯楽映画として味付けしなきゃいけないみたいだけど、それもまぁ仕方ないかな、まじめに作り上げると退屈かもしれないし。
ということで、娯楽映画的な所を自分で差し引いて観てみるとたいへん意味深い映画なのでした。

櫛と簪の写真集を眺めている。
うつくしいいなぁ。こういうのを身につけた女の人も嬉しかっただろうけど、これを作った職人さんの喜びというのもオバさんには伝わってくる。
こういうのをコツコツ心を込めて作って、それで生計が成り立った時代って本当は素晴らしかったんだ。

ところでこうして古い櫛が残っていて、もしもこれが自分が前世に使っていたものだったとしたらどないなものだろう、、とか考えたのであった。
Commented by momojelly at 2014-05-15 11:58 x
daikatotiさんの宇宙のご興味とはちょっと違っていたかな?と思っていたのですが、二回もご覧になったのですね。クリント・イーストウッド監督の「ヒアアフター」のほうが映画として良かったのですが、津波のシーンがあるので、、、でも機会があればいつかぜひに。
その系統で詳しい方が、西暦で1の時代(たとえば1980年とか)はローマ数字の |で男性のシンボルだから男の時代だったけれど、今の2の時代(2014年など)はローマ数字の || で女性のシンボルの乳だから、これからは女性の時代。と言っていました。
daikatotiさんもそういう方の一人になるのかもしれませんが、感じている人は感じているみたいで、気づきがあるらしいです。私は人から聞くだけで、現次元の社会にまんまと嵌まって溺れそうですw ホント、宇宙が脱皮してほしい!と逃げですね。
「クラウド アトラス」は「マトリックス」と同じ監督とは知りませんでした!^^;
Commented by daikatoti at 2014-05-16 06:29
★momojellyさん  怖い場面がたくさんありそうなのでハリウッドものは敬遠してるんですが、印象に残る映画になるでしょうね。
ヒアアフターもさがしてみますね^^。
momojellyさんおススメだった裏切りのサーカスも大好き映画です。
クラウドアトラスに007のQが出てますね。
あの人上手い役者さんなんでしょうね、凄く印象に残るもの。

1の時代と2の時代、なるほどね。
一年に二回お彼岸があるみたいな感じで、ものすごく長いスパンでそういう宇宙的周期があるみたいね。
2万6千年とか1万3千年とかで切り替わるとか、
今、その切り替わる時期に来ている様ですね。2012年のマヤ歴騒ぎは、当時は何とも思わなかったのですが、あれはやはり何かを表わしていたんだなと今は思います。
何を信じていいのか判断に困りますが、とにかく一旦受け入れて引き出しに仕舞っておこうと思っています。

脱皮したいですね^^、行き詰まりを感じますものね。同じく逃げです^^。
Commented by nabetsuma at 2014-05-19 21:24
あ・・ここにも・・
Commented by daikatoti at 2014-05-20 06:59
★nabetsumaさん って、なにかと思えば。はー、40年前に。
名前
URL
削除用パスワード
by daikatoti | 2014-05-15 08:19 | 日々のこと | Comments(4)

毎日綴る絵日記帳    まるかバツか答えがふたつしかないって オカシイ


by toti
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30