人気ブログランキング | 話題のタグを見る

葦舟

1月23日  金  晴れ   旧暦12月4日
葦舟_d0101846_07383295.jpg
二日ぶりくらいの日差しでしょうか、こちらは晴れております。風がやや強め。

葦舟ってので検索したら、あるんですね〜、葦で編んだ舟。
伊勢や出雲の神事にも使われていて、
形はちょっと想像と違ったけれども、あれなら沈みそうもないですわ。
そしてペルーの標高3千メートル級のところにある、あのチチカカ湖にも同じような形の舟があるのです。
チチカカ湖では葦で出来た浮島まであるのだとか。

チチカカ湖って行ってみたいですね、しかし酸素が薄そうだし、遠いし、疲れそうだし、妄想だけにしておきますが、あそこはいいなぁ。

浮島といえば、映画、ライフ・オブ・パイにも謎の浮き島が出てきましたよね。
なんだったんでしょうね、あの浮き島。
幻覚だったのか、それとも本当に太平洋の真ん中にああいう浮き島があるってこともあるのか?なぞ、謎、なぞ。

もうひとつ舟で思い出す映画はデッドマンで、傷を負ってもう長くない命のジョニーデップがインデアンの舟に一人乗せられて、あれはミシシッピ川でしょうか、流れ下っていくのですね。最後は海に出てしまうのでした。
あれはまさに葬送ですよね。
うちにある辞書で舟を引いてみると棺桶って意味もあるそうなんですが。

ところで謎というと、ここ二三日のab氏のドタバタ、ああいうのはどういうことなんだろう、謎に満ちておりますねぇ。







Commented by bibourokutosite at 2015-01-23 16:34

葦船って何だか想像力をかきたてられますよね。
明日は1日使ってアユタヤに行って来ようと思っているのですが、
アユタヤには江戸幕府の朱印船貿易の政策で多い時には日本人が三千人近く住んでいたらしいです。
もちろん他の国の人たちの街もあったらしいけど。
すごいことだなあと思います。
私も歴史の本を読みたくなりました。^ ^
Commented by daikatoti at 2015-01-24 08:50
★bibouさん  朱印船ってありましたね。なるほど、調べると江戸時代初期まではそういうので貿易してたんですね。
そうかアユタヤ、日本人町みたいなのがあったのですね。
そこからヨーロッパにもつながりますよね。
まだ本は読んでないけど、どうもそういうルートで秘密の何かがあったんですよ。
おもしろいよね、ご報告楽しみに拝見させていただいてます。
名前
URL
削除用パスワード
by daikatoti | 2015-01-23 07:59 | 図案屋 | Comments(2)

毎日綴る絵日記帳    まるかバツか答えがふたつしかないって オカシイ


by toti
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30